7年

テーマ:
あの頃は7年なんて気が遠くなるほど遠い未来だと思っていたけど、
あっという間にきてしまったような感覚。


年々自分の思いを言葉にするのが苦手になってきているので、簡潔に。






今でもPIERROTを愛しています。

これからもAngeloに全力でついていきます。






Android携帯からの投稿
AD

気がつけば

テーマ:
一年近くブログ書いてなかったみたいで。
しかも最後の更新が超ネガティブってゆう…(^-^;

まあね、ちょうどいろいろあって大変だったんですよね。
大きな変化があって、自分も変わらなくちゃいけないと覚悟を決めてみたり。


…したはずなんですが結局なにも変わらず現在に至ります(´ω`;)

相変わらずラーでキリターで。
去年よりもずっと必死にAngelo追いかけてます。
ここ一年ほぼ月一で遠征してたしね。

今月はドグマも行きますよ!(●´ω`●)
3days!!超楽しみ!!
今年はドグマやめて2日の爆寸verP行こうと思ってたはずなのにね。
発表されちゃうとどうしても行かなきゃ!って気持ちになっちゃうよね。

今年は初の主催イベントもありますし。
どちらかというとそっちの方が楽しみでw
何気にギルガメさん大好きで。
イベント発表された瞬間「ギルガメこい!!」とか思ってたのでチラシ見てギルガメの名前あって非常にテンションあがりましたww
ほかのバンドも気になっていたバンドばかりでしたので楽しみなのです♪


そんな感じで相変わらずな茜つんなのであります。
これからはもうちょっとこちらも更新していきたいと思います(希望)





Android携帯からの投稿
AD

ギター隊

テーマ:
なんだあの二人。二人してめんこい(*´Д`*)


ギルさんはなんか気になるし、karyuさんもかわいいです。眉なしは怖かったけどww
二人とも純粋に真剣にAngeloに向き合って愛してくれてるんだなぁって。
BABELからも、ブログの文面からも伝わるね。


Angeloに入るって決めるとき、
いろんな重いものと向き合って背負っていくって覚悟決めてくれたんだろうなぁ。



早くツアーでBABEL聴きたい!(*´∀`)
AD

BABEL

テーマ:
新生Angeloの新しいアルバム、早速聴きまくってます。


もうね、「かっこいいです」の一言です。


新しさと、安心感。


ツアーがますます楽しみで、
既にBABELに続く新曲も楽しみw
ツアー中盤あたりにファーストシングル出してくれないかな(`・ω・´)




いつもは全部好きだけど特にこれとこれとこれがお気に入り!ってあるけど、
今回は本当に選べない!!

karyuさんの曲もかっこよくて新鮮で大好きだし
キリトさんの曲は、これまでのキリトさんらしさと新しさとあってドキドキワクワクするし

メンバー同士、刺激受け合ってまさに化学反応起こして創り上げられたアルバムなんだろうな。
物凄い愛情と執着心を感じるw



言葉も、どの曲も響く。
フルコンセプトアルバムだからアルバム通して聴いたときの物語もそうだけど、
一つ一つの言葉が凄く突き刺さる。



しかしAngeloさんの曲は毎回そうだけど、
全神経を集中して聴くからだいぶ体力消耗する!
世界観に入り込んで力抜いて聴いてるといつの間にか寝ちゃうし(笑)





Angeloかっこいいよおおおおおおおおおお!!!!!☆(≧∀≦*)ノ


名前

テーマ:
theinterviewsで質問応募してみたら普通にリプで質問いただいたので。
どこで答えればいいんだろう…とちょっと悩みましたが、とりあえずブログでお答えしてみます(`・ω・´)


「茜って名前は誰がつけたのー?」って質問でした。

茜って名前は普通に本名です。
ライブネーム考えたこともあったけど自分の名前が凄く好きなので特につけませんでした。

名付け親は父親です。

由来はまあ非常に適当なもので(^-^;

私、三人兄弟の一番下なんですが。
上二人の名前は結構悩んで真剣に考えてつけたのに対して、三人目は考えてなかったそうで。

「父親の同僚の家のご近所とっても元気なお嬢さんから名前いただいた」

とのことだそうです。



…これね、初めて聞いたときショックでしたよ。
こんな子になってほしい!とかいう願いが込められてるわけでもなく。
昔からこの名前を付けたいって夢があった、とかでもなく。

ちょっと身近に良さげな名前があったのでそこから貰った、と。



凄く気に入ってる名前だから良いんだけどね(´・ω・`)

響きも、字面も気に入ってます。
茜って色の名前でもあるし。大好きな夕焼けの空の色。
夕焼けの優しい空の色みたいに、優しい人になりたいなあと思っております。



以上!theinterviews番外編でした☆