今後目が離せないお店発見!!o(^▽^)o
名前は『鮭(salmon)と鱒(trout)』・・・ってどういう意味なんだーーー!!!
kako-PEuS7Up2Bh7Mcw4U (1)


この日私は風邪をひいててね。
話ていても言葉は出てこないし、支離滅裂だったし・・・。
寒いし、だるいし、食べるだけ食べて早く帰ろうと思っていたのですよ。

が・・・しかし・・・。

なんか不思議と居心地がいいし、お料理は楽しくて美味しいしねぇ~。

友達の食後酒まで付き合っちゃって。
かなり長時間お店でおしゃべりしてました。


そんな楽しい時間とお料理を作ってくれたのが
こちら、森枝幹シェフ。まだ27歳とか言ってたけど・・・。
妙に落ち着いてて、妙に包容力がある!!
DSC08537 (3)


「お料理は美味しく食べるのがいちばんですよね」

食事中もそんなセリフを何度も聞きました。
本音でそう思っているんだと思います。

森枝幹シェフは、シドニーの「Tetsuya's」や
「湖月」マンダリンオリエンタルの「タパス・モラキュラーバー」
などで修行をされていたそうで、
その経験が随所にみられるお料理が繰り広げられました。




店内は打ちっぱなしの空間に、廃材や古材を使って程よいリノベーション
されていて、このあたりもセンスを感じる。だってリノベーションって
センスがないとできないんです。以外にやってみると難しい。センスが重要ってわけ。
DSC08483 (2)



アンティークの自転車はディスプレイかと思いきや、
実は自転車も売ったりして。
モーニングもやっているカフェになったり、
ここを切り盛りするシェフたちでどれだけフル活用されているんだろう。
DSC08484 (2)



コースは3種類ほど。
おなかの空き具合やポーションなどによって変わります。
どんな感じがいいのかご希望をょ言っていただければ
適当にアレンジしますよ。なんて臨機応変な対応もしてくれる。
なんと、ありがたいお店なんでしょう~!!




お酒はお料理に合わせてマリアージュ。
この日は3000円で5種類くらいだったっけ?
友人はマリアージュしていました。
お酒は全部じゃないけど一部ご紹介いたしますね。
DSC08492 (2)



卵、卵、卵
うずらの卵入り鹿肉のクロケット
ちょっと不安定でゆがんだ形の器だなあ~と思ったら、
なんと!この器はダチョウの卵!!ダチョウの卵の器の中には、
ひよこ豆が入れてありますが、その上にはうずらの卵が入った
鹿肉の卵形のクロケットです。ジュラシックパークな組み合わせですね。
フルーティーで酸味のあるビーツのソースが彩りと味のアクセント。
DSC08495 (2)



中には半熟のウズラの卵!!
DSC08498 (2)



生牡蠣
生牡蠣にはふわっと生姜が香るドレッシング。
春を告げる独活や平貝と山葵菜のマリネが添えられていました。
DSC08503 (2)




鯖の麹のマリネ。なれ寿司みたいな感じ。
ちょっと苦手な感じですが、一応食べられました。
生臭さは全くなし。たぶん一番の敵は私の苦手意識かな・・・。
勝手に出てくるから、嫌いなものやアレルギーは最初に言っておいてくださいね。
DSC08507 (2)




カリフラワーのサラダ
トマト、苺、モッツアレラチーズ、それと生のカリフラワーがサラダになっていました。
味付けはライムとオリーブオイル。白い雪の中から赤い花が咲いている感じ。
ローズマリーのお花が雪の合間から花を咲かせたようです。
味のアクセントは生胡椒。噛んだ瞬間に軽い刺激が広がります。
ライムの強めの酸味で爽やかな味に仕上げられていました。
DSC08513 (2)



私たちがおしゃべりに花を咲かせている間
カウンターの向こうではシェフが塩を大胆に降ったり、チーズを削ったり、
細かい作業をしたりしてどんどんお料理を作ってくれます。
DSC08509 (2)



完成!!キウイとハーブのサラダです。
パクチーや季節の強い風味のある野菜が入っていたのですが
のそ風味の強さが生胡椒などとよく合います。
ある野菜ってなによ・・・って?
それは内緒。お店にいって食べてみて~。
DSC08554 (2)



実はこのキウイ。ぐんまちゃ~ん。
群馬県でキウイを作っているなんて知らなかったです。
皮ごと食べらけちゃうんです!!
このままガブリ!!行っちゃうよ~!!
サーモン



りんごで追熟してあるキウイはジューシぃ~。
キウイのさっぱりした甘さとハーブの組み合わせがかなりナイス!!
DSC08558 (4)



DSC08520 (2)



さすがにこちらのカラフルなのでモノクロにしませんけど・・・。
こちらのお店の写真はなんかモノクロがかっこいい感じがするんですよね。
DSC08521 (2)



柑橘類のサラダ
ブラッドオレンジ、清美オレンジ、文旦、温州みかんを使った柑橘類のサラダです。
季節によって少し組み合わせを変えるんだそうですよ。
DSC08525 (2)




カウンターのすぐ向こうで調理しているので、待っている間も
そのライブ感や香りが楽しめるのがいいのです。
DSC08529 (4)



半熟卵と鶏ハムのサラダ
先ほどのブルーチーズを削っていたのはこちらのお皿。
半熟卵がどーんとメインに添えられています。
下にはアスパラやニンジン、アボカドなどのお野菜。
そして仕上げにアボカドのオイルがかけられています。
とろとろぉ~濃厚の中に、鶏のハムからぎゅっとお肉の味が出てきます。
鶏風味ってやっぱり強い。噛んだ瞬間全体がまとまります。
DSC08533 (2)



お皿に先ほど味付けされたチップスが並びます。
これ、ポテトチップスですが半分は里芋チップスぅ!!!
エビと帆立のパウダーで味付けされています。
DSC08540 (2)



何が出てくるんだ!!!と気持っていたら
フィッシュ&チップス!!
ちょっと意外なものが出てきましたがしっかり味付けされたお料理だぁぁぁ!!
衣はサクッ、中はしっかりした身のカレイ。チップスは少し厚めでさっくりでした。
DSC08545 (2)



やっぱフィッシュ&チップスにはビールでしょぉ~。
DSC08546 (2)



あったかいんだからぁ~♪
と歌いだしそうなマッシュポテトが盛り付けられました。
なに?なに?
もうシェフがこの上に何かを盛り付けていくのは
承知しているので待ち遠しくてたまりません。
DSC08561 (2)



地鶏のグリル
周りはこんがり。中はやわらかいお肉で作られた地鶏のロール。
そしてしっかり味付けられたお肉の2種類の盛り付け。
マッシュポテトも一緒にいただきました~。
DSC08571 (2)



最後はデザートはムースでした。
DSC08581 (2)



コーヒーはこちらのカウンターで淹れてくれます。
DSC08595 (2)


うわっ。ネルドリップ!!
コーヒー談義に花が咲きました。
DSC08591 (2)


スキッとしたクリアなコーヒーを淹れていた炊きました。
DSC08596 (2)


食後酒はなんと・・・○○○。
みんなが飲んだことのあるものです。
いやぁ~、最後まで驚き桃の木山椒の木!!
DSC08584 (2)


フルーツたっぷりなのに、お酒に合うお料理がいっぱい。
しかもカラフルで美しく仕上げられていて、女子にはトキメキがいっぱい。


三軒茶屋からも、下北沢からも徒歩10分ほど。
一番近いのは、小田急バスの代沢小学校前で下車1分。
代沢小学校近くの、ここは自転車屋さん?と思ったら
中には美味しい空間が待っていますよ。
DSC08598 (2)



家サーモンアンドトラウト (salmon&trout)
東京都世田谷区代沢4-42-7
080-4816-1831








サーモンアンドトラウト割烹・小料理 / 世田谷代田駅下北沢駅池ノ上駅




AD