この記事はEDチューブと無呼吸発作(前編)の続きです。

前のお話がまだの方は
こちらからご覧になって下さい。

{96FC42B3-5409-4595-AC8E-E363A1C67CEB}
回診が終わってホッとしていたら、、

"口からミルクが飲めていないから エレンタールPを注入しましょう。"となりました。

エレンタールPは150ccを3時間かけて腸に注入します。(血糖値の急上昇や急降下を防ぐ為と、下痢防止の為にゆっくり注入します)

前の発作以降、とても機嫌が悪いsakuraさん。

あやしても笑わず、眉間にシワを寄せて体調が悪そうでした。

でも発熱は無し。

大丈夫そうなので注入が始まりました。

開始して1時間も経たないくらいの時に、急にsakuraさんがオエオエと吐きそうになり、苦しそうに咳込みだしました。

注入は腸まで入っているので、逆流は考えにくいのですが、この時、何かが戻って来ているような感じがしました。

それと同時に顔色が悪くなり、サチュレーションが下がって無呼吸発作が起こりました。

1日に2度も発作…。

しかもこの短時間(約2時間くらい)で発作が起こるなんて ただただビックリ。

『タンが絡んでいそう。』

と看護師さんがサクションをしようとした瞬間…


【※画像あり。閲覧注意!】















{DB9ED7E1-AA6D-4664-955E-EAD26A5683A9}
EDチューブがループになって口から抜けかけてきました。

"このチューブが 抜けかけていたから発作を誘発した可能性があるなぁ。。"

とのことで、担当の研修医の先生がループを解消。

外科の先生がEDチューブを深めに設置してくれていたおかげで、レントゲンで確認した結果、ループを解消しても腸からは抜けていませんでした。

とりあえず良かったー。。

と、思ったのも束の間…





まさかのこの日

3度目の発作が…(´;ω;`)!!



寝ていたらスーッと、心拍数もサチュレーションも下がって、顔色が青白くなって、胸の動き、お腹の動きが全て止まって、鼻からの息もなくなりました。

心拍数51、spo2  37。

バギングされている途中から目が上天して 両手が規則的に痙攣しはじめました。

なかなか心拍数が戻らず。

顔色も悪いままで、回復に時間がかかりました。

怖くて。

ただただ名前を呼び続けました。

その後 5分後くらいで回復。





1日に3回も…

しかも、徐脈を伴う無呼吸発作が こんなにも連発するなんて過去最多記録で。

それを聞きつけて、医局に残ってお仕事をしていた主治医の先生が駆け付けて来てくれました。

このとき夜11:30を過ぎていて。

発作の状況を聞いてくれて。


"今日変えた事と言えば EDチューブを挿れた事くらいだし、チューブを挿れてから発作が増えているように感じるから残念だけどEDチューブは抜きましょうか"

という事になりました。

1日の最低哺乳量を600mlに設定してあるんだけど、この日は295mlしか 飲めていなかったsakuraさん。


"採血の準備と、ルート確保をしましょうかね。僕がルートをとるので、脱水症状や低血糖の予防に朝までは点滴でいきましょう"

と主治医の先生の判断でルートをとることになりました。


採血をしたり、ルート確保をしたり…

結局 夜中12:45頃に終了。

当直でも無いのに 遅くまで残ってくれた主治医の先生。

血管選びが上手いし、サクッと終わらせてくれるので、さすがでした。

発作の後に主治医の先生が居てくれると、母としては心強いです。

その後、EDチューブを抜いてからの夜中は 発作が起こることがありませんでした。



1日に3回もの徐脈を伴う無呼吸発作。。



sakuraさんはグッタリしていて、そのまま朝まで寝続けました。




ーーーーーーーー

原因が分からなくても、せめて無呼吸発作が起こらないような方法があればなぁ…。

ーーーーーーーー



ゆっくり寝たいのに、なかなか眠れず、ずーっと 無呼吸発作が起こらないようにする対策 を考えて 朝を迎えました。






長くなりましたが、最後まで読んで下さってありがとうございました!




今日(11/14)は 朝方に中枢性っぽい無呼吸発作があって。。


やっぱり気管切開しか 命を助ける方法は無いのかな。。と、悲しくなりました。





※アメンバー申請をされる方は必ず↑↑こちらをご一読下さい^ ^

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント(5)