【不安をコントロールして毎日イキイキママになれるカウンセリング】ダウン症の娘をもつママカウンセラー

娘が生まれ、毎日不安に押しつぶされそうでした。
でも、『○○すべき』という心のクセを手放したら、とっても生きやすくなりました。
心のクセを手放して、毎日イキイキとキラキラ輝きたいママを応援いたします‼

NEW !
テーマ:

4歳ダウン症の娘を持つ、心の魔法スイッチカウンセラーの

かないみきです。

 

 

 

ダウン症の子どもは、筋力が弱く、体幹が弱いんです。

 

ですので、のんちゃんの場合、お座りやつかまり立ち、歩きはじめも遅かったです。

 

 

 

お座りに関しては、初めの頃は、変なお座りでした(笑)

 

思いっきり前傾姿勢で、関節も弱いので、足は大きく広がっていて、

 

両手で身体全体を支えているような感じでした。

 

 

 

そう、まるでストレッチをしているようなイメージ‼

 

びっくりするくらい身体がやわらかいので、その姿を見た人には、よく驚かれましたびっくり

 

 

 

こんな状態がしばらく続きました…

 

これも、筋力が弱く、体幹や関節がグラグラだからなんですよね。

 

 

 

今は、歩くことはもちろん、小走りも出来るようになりましたが、

 

階段の昇り降りや、何かによじ登る、といった行為は、手助けが必要です。

 

 

それから、片足立ちは出来ません…

 

どうして片足立ちが出来ないことに気づいたのかというと、

 

Eテレ『おかあさんといっしょ』のブンバ・ボーンがきっかけです‼

 

 

 

ブンバ・ボーンというのは、『おかあさんといっしょ』の最後に体操のお兄さんと踊る体操です。

 

ここ3,4か月の間に、ブンバ・ボーンを上手に踊れるようになりましたキラキラ

 

まねっこ大好きのんちゃんは、細かいところまで忠実に踊りますびっくり

 

テレビに出ている子どもたちにまぎれても分からないくらいです(笑)

 

 

 

そのブンバ・ボーンのなかに、片足立ちをするところがあるんですね。

 

ここを見て気づいたんです‼

 

「あっ、出来てない」って。

 

 

 

そして、思いました。

 

このブンバ・ボーン、のんちゃんにとってはもってこいの筋力、体幹トレーニングになる‼って

 

楽しく踊りながら、実は身体を鍛えられます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近知ったのですが、ブンバ・ボーンの体操の監修をされているのは、地元山梨の大学、

 

山梨大学大学院の中村和彦教授だったのですびっくり

 

 

先生は、身体教育学、発育発達学の先生だそうです。

 

まさか自分の身近なところに、あのブンバ・ボーンに関わっていた先生がいらっしゃったなんて、

驚きました‼

 

 

 

そして、体操のねらいがあることも知りました。

 

・2~4歳を対象にした体操

・動物のまね、飛び跳ねるなど

・前後左右の移動・ジャンプ・かがむ・座る・立つ・走る・止まる・片足バランス・手で身体を支える・指先を動かすなど

・毎日繰り返すことで、自然と幼児の身体が発達する、総合的な運動能力が向上

・幼児が楽しみながら体をたっぷり動かせる

 

 

こんなにたくさんのことが盛り込まれていたんですね~びっくり

 

これを読んで、ますますのんちゃんにはピッタリのトレーニングになるな、と思いましたおねがい

 

 

やっぱりEてれってすごいですねキラキラ

 

 

「大人しくしていてくれるからテレビを観させておこう~」

 

なんて気持ちでテレビを観させていることも多々ありますが、

 

こうやって成長につながっている、と思うと、ママの罪悪感も少し軽くなるのではないでしょうか?

 

 

 

 

それにしても、ブンバ・ボーンを踊るのんちゃん、本当にかわいいんですよ(笑)

 

私の癒しにもなってますハート

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。