こんにちは。サクナの松成です。

アタマでは分かっていても、なかなか実行に移せない現実(^^;;

忘年会、年末年始シーズンは、どうしても飲んだり食べたりする事が多くなります。

やはり家族や素敵な仲間達との食事のひととき、かけがえのない時間ですよね。

暴飲暴食の戒めとして.....(^^)

 

食事の量と質が運勢と人生を変えているという事実。

・食から開運と健康を手に入れるなら先人の知恵から学べ

江戸時代中期に観相学の祖とも言われ、「節食開運説」という現代でも通じる大変重要な説を唱えた水野南北という人物がいました。
彼の教えは今の時代だからこそ耳を傾けねばならないことだらけです。水野南北が唱えた「節食開運説」は実にシンプルかつ的を射ています。

水野南北は、自身の体験と他の多くの人を観てきた経験から少量の食事を心がける人は運が開け、健康になり、吉相な人相となることを悟りました。

彼は、大人になるまで不運と度重なる悪事により牢屋に入れられた後、「悪運の相で一年以内に剣難に会い死ぬだろう」と著名な易者に言われ、人生最悪の終わりが来ることを悟ります。
易者は彼に「ただし、出家し、1年麦と大豆だけで質素に過ごせば難から逃げられる」と告げます。彼はそれを忠実に実行し、1年後再びその易者に会うと、すっかり悪運の相が消えていると驚かれます。
以後、水野南北は、自身の人生を観相家として多くの人の為に費やし、食の量や質で人生が好転することを広め偉大な観相家へとなっていきました。

確かに現代でも成功者に小食な人は多いのです。1日1食か1日2食で、食べる物も旬の野菜やフルーツを取り入れながらオーガニックな食材をバランス良く量を調節しながら食べています。 
成功者ほど常に自分にストイックで、どうしたら最高のパフォーマンスが発揮できるか、病気にならず強い健康体を維持できるかを考えると小食に行き着くんでしょうね。
面白いのは、元々人相が良い(吉相)の人も適量以上の食事や暴飲暴食をしている人は、生涯良い運勢といかなくなると言われており、一方であまり人相が良くない人(まさに若い頃の水野南北のような人)でも、小食であれば運勢は吉へと転じ、晩年になる程運が良くなっていくそうです。

つまり、とにかく食の質と小食を心がければ、良い運勢の人生歯車がドンドン加速していくという事です。

健康面において江戸時代では科学的な研究はなかったので、まさに水野南北による研究や経験などから出た結論だったのですが、現代ではその食べない健康法の効果が立証されています。
また、小食で空腹を感じる時間を持っている人ほど、集中力アップや質の良い睡眠が取れることも分かってきています。

結果として、心身が健康だと人生を前向きに考え、人相も良くなり運気が上がるのでしょう。

ヨガに「腹六分目で老いを忘れる」という有名な教えもあります。どの時代、どの世界でも人類の生命の真理とは、食の量と質が全てということが分かっているのです。
とは言え、早く死んでもいいから美味しいものを毎日いっぱい食べて死にたい!と思っている人もいますし、健康な人生を送りたい、あるいは心身を磨くために小食な生活を送っている人もいます。

自分の人生の選択は自分でしかできませんから、どんな食の生き方をしたいかは個人の自由です。
しかし、大事なことは食が自分の運気と限りなく隣り合わせであること。それを知っているのと知らないのとでは人生が大きく変わるということです。
いまの飽食の世の中ではその考えは皆無なんでしょうか、、、
人生は一度きり。どうせなら良い運勢・幸せな人生を過ごすため、食との関係を注目してみてはいかがでしょうか。

 

飲み過ぎ&食べ過ぎ、デトックスのおともにも!

【Sakunaオンラインショップ】

 

AD