かなり前にオークションで譲っていただいた本です。


寝る前に1ページ、数ページ、1行読んだけで寝ちゃったり、戻っては進みながらようやく読み終わりました。


この本の語りに入り込めず、第一章はなかなかすすまなくて、失敗したかなと思いましたが、徐々に面白く第三章あたりから興味深く読みました。


子育てに限らず、働く場などにもいろいろと深く感じられる「おとな心」のお話でした。


実際には難しいことですが、ちょっと心の隅にでもあると楽になれそうです。


魔法の子育てカウンセリング―お母さんのイライラがニコニコに変わる 「おとな心」の親になるために/阿部 秀雄
¥1,365
Amazon.co.jp

魔法の子育てカウンセリング―お母さんのイライラがニコニコに変わる(楽天ブックス)

AD

★ちょっとだけ(こどものとも絵本)/楽天ブックス


2月に友達へ絵本をプレゼントした時に、自分にも絵本を買いました。


購入後、声に出して読んでみたのですが、胸がつまって数行で読めなくなりました。


赤ちゃん返りして甘えるお兄ちゃんを叱る事が多くなってきて、「お兄ちゃん」として頑張る気持ち、「お兄ちゃんとして」我慢する気持ち痛いほど分かり、反省しました。


今も涙がでるので、なかなか読み進めません。


読める頃にはお兄ちゃんも私も成長しているのだろうなと思います。

AD

絵本のプレゼント

お友達のKちゃんが2月に2歳の誕生日を迎えた時にプレゼントした絵本です。


★「めっきらもっきらどおんどん」(こどものとも傑作集)

題名の「めっきらもっきらどおんどん」というフレーズが気に入ってしまい、中を見てみるとお化けの話で、これはお化けが嫌いで好きなけん兄ちゃんに欲しい!と思っていた本です。

Kちゃんの方が主人公と共通点があるのでママも読み聞かせに力が入るんじゃないかな?(笑)


★「ひとりでうんちできるかな」(あかちゃんのあそびえほん おでかけ版)



5月から園でトイレトレーニングが始まると思うので。

けん兄ちゃんは5月から始めて半年、おしっこが出来てもウンチが出来なかった頃に効果抜群でした。
けん兄ちゃんを出産した際に、友人が保育士さんのアドバイスを受けて私にプレゼントしてくれた絵本でもあり、子供たちのお気に入りです。

★「ちいさなあなたへ」(主婦の友はじめてブックシリーズ)



これはKちゃんママへ。

女の子の赤ちゃんを持つママ向きの内容かなと思うけど、2歳児のやんちゃぶりに疲れた時に見てもらいたいなと思って。
翌日「良かったよ~!」と。
気に入ってくれたみたいです。^^

私のもそのうち買おうと思ってます。


あともう一冊。

4冊贈ったような、、、思い出せないから、3冊だったのかな。^^;

同じ本を持ってるかな?と思ったけど、絵本はまだ買っていなかったから全然かぶらないよ~!と喜んでもらえて良かった♪

日・祝日も出勤のフルタイム勤務で私以上に忙しく頑張ってるママさんだから助けになれたかな?

AD