広告業界に役立つ販売促進ブログ

昨日より楽しい今日。今日より成長する明日にするために。

冊目の本が出版されました

「急加速で成長できる仕事力アップの教科書」

↓↓amazonで購入可能です!


http://www.amazon.co.jp/dp/4799104500

  広告業界に役立つ販売促進ブログ

冊目の本冊目の書籍

「戦略的な人のデータ・統計分析の技術」

↓こちらからご購入が可能です!!

http://www.amazon.co.jp/dp/4046001631

「心の再生計画書 

~仕事とプライベートは別、なんて真っ赤な嘘~」は

↓こちらからご購入が可能です!!

http://www.amazon.co.jp/dp/4341085115


佐久間パーソナルブランドブックがこちら!
皆さまにも作成を推薦する大好評の中身です。
http://ebook.pbb.jp/shunichi_sakuma/



【佐久間メルマガ毎週月曜日配信中!】

熱いメッセージ、週の始めに届けます

http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1310719623_1.html



【佐久間への講演・研修・執筆・経営相談のご依頼は】

s-sakuma@funaisoken.co.jp


テーマ:

100年後このままいくと日本の人口は4300万人くらいになるそうです。

 

現在進行しているプロジェクトで

100年後の未来年表というものを作りました。

 

これから100年で起きること、起きそうなことを年表にしたのです。

 

人を採用するのではなくてロボットを採用する採用活動なんてのも

遠い未来ではないかもしれませんね。

 

次の新店は月です、なんてことも。

 

その未来年表は主人公の30歳の男性が結婚や出産、息子の結婚、孫ができて

自分の死亡まで、そして主役が亡くなった後までをも描き

いつごろ何が起きるかという未来年表です。

 

この未来において自社はどのようなビジョンを描いているかというものを

映像にしようと試みています。

 

ある方がこう言っていました。

 

「安倍首相も、たった一言、私は絶対に人口を1億人以下にしません」

 

そう言ってくれたら、それだけ言ってくれたら

いろんな産業の人たちに夢もうまれるのにね。」

 

と。どんな産業も人口が4300万人にいずれなると

思ったら天井が見えてしまいます。

 

けれどとにかく人口1億人を切らない政策を取る

ということをやってくれたら私たちもよっしゃ、じゃあ私たちも

また一生懸命家を作ろう!(不動産業の場合)

って気になるよね。

 

こんな感じでおっしゃっていました。

 

人口が3分の1になってしまっていたら

企業も3分の1の数に減っているのかもしれない

ということは、300万社くらいが100年かけて

消滅してしまうのか・・・

 

もしくは5000万人くらいの海外からの移住者がいて

もう日本なのかどこの国なのか分からない状態で

経済を支えることになるのか。

 

もし単純計算で300万社がなくなるのだとしたら

1年で3万社の倒産で100年で300万社

 

今の年間倒産件数が約9000件だから

人口減少によりどこかで加速すると

本当にあり得なくはない数字で

ちょっとゾッとします・・・

 

100年後って遠いようにみえて

実は30歳前後の人たちの孫の

人生だからそんなに無関係な話ではないのです。

 

人口減少・・・・どうやって食い止めるのか・・・

 

本当に深刻で重要な問題。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

聞き飽きるほどに一般用語になっている

プロフェッショナルという言葉。

 

これって本当にそれぞれの定義次第だな

それぞれの会社次第だなと実感します。

 

この内容の違いがあまりに大きくなってきていると

感じます。

 

お金をもらってりゃそれでプロって言う人もいれば

とにかく多く稼いでいる人がプロって言う人もいれば

お客様に結果を出しているのがプロと言う人もいる。

 

大手企業向けのレベルの高いことをできる人を

プロフェッショナルと言う人も多い。

 

コンサルタントも広告マンもその定義はどうなのでしょうか?

 

この専門領域なら、この業種なら何でもこい!

その段階でプロフェッショナルと呼べるのか、

それともそれもある上で横断的なテーマのことや

総合的なコンサルタント、総合的な広告マンとしての

力を備わっている人をプロフェッショナルと言うのか。

 

中小企業向けも大手企業向けもたくさんの引き出しを

持っている人をプロフェッショナルというのか。

 

私の中でもまだまとまりきってはいませんが

プロフェッショナルになる大前提だけは確信を持っている。

 

それは、たった2つの大前提。

 

自分なりで思うプロフェッショナル像を描いているか。

 

そしてそのプロフェッショナル像に向かってチャレンジをしているか。

 

このどちらかが欠落していたらそれはいつまで経っても

プロフェッショナルにはなれない。

 

スタート地点にも立っていない、受身のビジネスマン人生を

過ごしていくしかない。

 

常にその挑戦の最前線に身を置くことがプロフェッショナルの

条件のように私は思います。

 

ここから何歳になっても逃げてはいけない。

 

周りがどうこうではなく、自分で決めて自分でチャレンジを

し続けなくてはいけない孤独な道がプロフェッショナルには

必要だと思います。

 

そしてそれを華麗に、努力のドタバタを周囲に見せずに。

 

そんな自分なりのプロフェッショナル像を改めて想像して

そこに向かってまたギアを上げていくタイミングが

きているなと感じているこの頃です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近WEBプロモーションのことばかり毎日毎日手がけています。

 

紙媒体、マス媒体を中心に展開している広告主の企業様や

広告会社の方はWEBに対して苦手意識や難しいというイメージを

持っている人が多いように思いますが、

踏み込んでみれば本質は同じです。

 

WEB専門プレーヤーの方でも起きうる課題や隙は同じ。

 

SPで競合と提案をしのぎあっていた時に

勝つポイントと、WEBマーケットにおいても

大きくは変わりません。

 

伸びている市場なだけに、競合に完璧に勝たなくても

仕事は山ほど生まれる可能性があるので

紙媒体のマーケットよりも厳しさは軽減されるという

印象さえあります。

 

ただし、東京以外で。

 

東京は激戦区なので、WEBにおいても参入が

日本で最も難しいエリアのように感じます。

 

その分リターンも大きいという話ですが

そこまでに要する時間と敗戦リスクが大きく存在します。

 

だから地方がチャンス。

 

地方の広告主ももうWEBプロモーションへの

取り組みが待ったなしの様相になっていると感じます。

 

折込チラシとのバランスの保ち方

相乗効果の出し方

店舗の企画力

WEBにおける企画力、デザイン力

数値の検証力

 

などなど。

 

そして全ては売り上げや客数、利益という業績に

向かっているという点とブランディングという側面の

2つの大きな役割と目的があるということに

本質的にはかわりはありません。

 

だからマーケティングの知見が本当に

深い人はWEBでも紙でも同様に通じる。

 

その知見が甘い人や企業はWEBの作業工程や

言葉の知識だけに詳しく、分析項目だけはよーく知っているが

それはあくまでWEB上の数字なだけであって

企業全体のことを包括した考え方にはステップアップしていかない。

 

商品戦略やクリエイティブ、企画力という側面が特に弱いのが

WEB専業のプレーヤーにありがちなところ。

 

しかしクライアント目線で考えればこれらは分断されるものではなく

両立すべきこと、正確に言えば両立したいこと。

 

そしてそれを広告会社に助けてほしいことでもあるのです。

 

これを行えるポジションにあるのが地方の広告会社や一部の印刷会社で

あると思うのです。

 

プロモーションということにこだわりやプライド、探究心がある企業が

これに最適で、これから私が最も期待している方々です。

 

このような思考の人や企業が、派手さではなく真にお客様に

喜ばれる現場感溢れるモデルを作り上げていくような

気がするのです。

 

あくまで私の主観であり数字的な根拠などはありません。

 

山ほど全国の現場を見てきた主観です。

 

私がブログでこうやってざっと書くと

端的で簡単なようにも聞こえるかもしれませんが

実際にこれを企業対企業で、形にして結果につなげていくのは

当たり前のようで当たり前でない、大変情熱や労力のいること。

 

何の縁なのか、偶然新卒の23歳の頃

プロモーションに携わってからもう怒涛の16年。

 

16年かけてもまだ理想となるプロモーションの姿は

形になったことがない。

 

時代の変化と自分の成長がいつか交わって

その理想形にたどり着いてみたいものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。