ひろきくんえ ぼくより

テーマ:
僕の後を継いで全国農業青年クラブ連絡協議会(日本4Hクラブ)の63代目の会長になったのが青森県の農業青年、会津宏樹君です。

{5BAD636E-F41B-4E8E-99D8-892B0763EDF1}


彼との出会いは四年前くらいに4Hクラブ主催で開催した東京での商談会でした。

大きな体にボウズ頭でキャラクター性がありましたし、話を聞くと農業に真っ直ぐ向き合っているのが伝わってきました。

第一印象は、「あー、この子には仲間がたくさんいるだろうな」です。



そんな記憶もあって、僕がクラブの会長に就任するタイミングで事務局次長として全国の舞台に上がってきてもらいました。

はじめてじっくり話したのは東北の農業青年の大会に呼んでもらって山形に行った時でした。

僕の誕生日のすぐ後だったので夜の大交流会の時に、サプライズでバースデーソングを歌ってくれてステージの上でケーキを食べさせてくれました。

{6588A12B-B820-49B1-85DB-52EB17F8ECE8}


飲み会の席で主役になったりサプライズを受けるのがなにより一番苦手な僕は「ダメだよ〜これは!恥ずかしいよ〜!勘弁して〜!」と慌てふためいていましたが、人を喜ばせるのが好きなんだろうな、ありがとう、嬉しいよと、心の中では感謝していました。

そんな彼と一緒になって盛り上げてくれた青森、東北の4Hクラブメンバーとは交流会後も宿の部屋で語り明かしましたが嬉しくて嬉しくて今でもみんなの顔を覚えています。

会長二期目に突入する時に、彼には副会長として隣に座ってもらいました。

どちらかというと仲良し子良しではなかったと思いますし、僕は彼らに対して何もできなかったのですが、副会長や事務局長をはじめとする役員理事がしっかりしてくれたおかげで僕は僕の思う会長としての道をワガママに突き進む事ができました。

感謝しています。

{95AF75CD-E673-4A64-B221-3997B6C061DE}
▲決めポーズをとるとき乙女な表情をするのは自分の需要のある層をはっきり理解しているマーケティング上手だからです。笑

みんなが言いました。

「会津っちのりんご本当に美味しいですよね!え?鈴木さん食べたことないんですか?!」

いやー、長い間お預けをくらっていましたが待ちに待ったりんごが届きましたよ!

いや、人を喜ばせるのが大好きな彼の事ですから寝かせたワインの味が深くなるように、時間をかけて味わいを深くしてくれたんでしょう!

年代物二十年熟成であったり、お取り寄せ何年待ち、予約を取れるのが三年後などなど「時の深さ」は高い付加価値になりますからね。

{2414F602-A332-4912-B7CC-E7BC99403017}

赤い宝玉のようなりんご、【高徳(こうとく)】

手にした時から甘い香りがします。

サクッと切ると、ほぼ蜜!!というほど蜜の入りが良いりんご。

頬張ると、りんごなのになぜか南国の風が吹きます。

噛むほど溢れ出る果汁を味わいながらなぜ南国の風が吹いたのか気づきます。

この蜜の風味、パイナップルだ!

南国の果実のような芳醇な香りと、バランス最高の酸味と爽やかで上品な甘さ。

これが生産者も少なく、幻のりんごとも言われるりんごか!!と驚かされました。

食べてみたいでしょ?

一本の樹からわずかしか収穫できない三年待ちの幻のりんごが食べてみたくなったアナタはもう今のうちから会津宏樹のアルファームをチェックしておいたほうが良いですよ!

アルファーム 



12月もスタートから飛ばし気味のスケジュールを組んでます。

まぁでもこのりんご食べたから余裕だわ。

ありがとう、ひろき!!
AD
農産物直売所にてクソ馬鹿野郎を発見しました。

生産者が持っていった野菜を棚に並べる係りの人間が、

「おいおい…なんだよ今日はみんなして野菜もってきやがって。どうなってんだコンチクショウ」

と小さな声でボヤいていました。

おい、そんなに大変か?

野菜並べるために体動かすのがそんなに面倒か?

なめんな。

農家も農家で努力して育てた野菜を出荷してるんです。

おそらくみんな野菜を棚に並べる以上に身体を動かして、

野菜を棚に並べるその数分間とは比べものにならないくらいの時間をかけて、

そうやって育てた野菜を持ってきてると思うんです。

70歳をこえたおばあちゃんが腰曲げて野菜もってきてよろしく頼むねってあなたに言ってるんです。

なにが「持ってきやがって」だバカヤロウ。

今日は堪えたけど次聞いたらケンカします。


多くの店舗で店員さんは、野菜持ってきてくれてありがとう と言ってくれます。

こちらも、いえいえしっかり販売してくださってありがとうございます、そういう気持ちの良い関係性が大切です。

あんな失礼なセリフを吐く人間は、未だに   売ってやってる   と思っているんでしょうね。

{2E2059FB-4700-42F3-8DB6-3E6A49A7EACC}


あと、近頃僕がこういう怒りをブログに書くと結構色々と巻き込んだ事件に発展しがちです。

たくさんの方が見ていてくれて、気にかけてくれているという事だと思うととても有難いです。

でも今回の件は個人的な怒りですので、どこの誰とは絶対言いませんので関係者はご安心ください。

僕も「また鈴盛さんがブログで苦言を呈したから問題になるかもよ」みたいなキャラクターになるのは不本意です。



いやー、忙しいとき、焦っているとき、悩み事があるとき、そんなときにポロポロっと本当の人間性が出ますね。

人の振り見て我が振り直せ、お前もそういう未熟なところかなりあるぞ、と自分に言い聞かせるためのブログでした。

文字にしたおかげで冷静になれました。

感謝、感謝^ ^

AD

THE RADIO

テーマ:
農作業時の楽しみのひとつになっているのがラジオです。

朝の配達時は基本的に77.8MHz  ZIP-FM。

 大好きな小林拓一郎さんのモーニングチャージを流しています。

番組でも大変お世話になりました。

{E6E05D90-CE90-4373-BD69-E6AAEB1E6875}

日中の作業時は、それぞれ前日の放送の録音を聴きます。

ほぼ必ず聴いているのは、

月曜は、有吉弘行 サンデーナイトドリーマー。

水曜は、アルコアンドピース DCガレージと爆笑問題 カーボーイ。

金曜は、おぎやはぎ めがねびいきと岡村隆史オールナイトニッポン

土曜は、三四郎のオールナイトニッポンゼロとバナナマン バナナムーンゴールド

日曜は、オードリー オールナイトニッポン

(実際の放送は一曜日前です)

ラジオNIKKEI  東証+YOUのPodcastも面白いです。

火曜と木曜がさみしいのでオススメがあれば教えてください。


実はお笑いが大好きで、小学校の頃には台本書いてクラス会の時に友達とコントやってました。

題目は「ぼけた寿司屋」でしたね。懐かしいです。



夕方陽が暮れて農園に戻ってからは再びZIP-FM、

永田レイナさんのラシックセンチュリーセッションから始まります。


こんな感じで、ラジオ大活躍です。

中には無音のが集中できるという人もいらっしゃるかもしれませんが、僕は常に音楽が必要です。

夏場は8時間の間ひたすらただただ畑と向き合い草取りするんです。

音楽が無ければ途中で叫びだすかもしれませんね。笑


面白いラジオ、いかしたHIPHOPは僕の農業の強い味方です。

AD