ハブのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
こんにちわ。
船井総研の永田です。
先日起こったあるコトが、頭から離れません。
たまには、物申すブログでも書いてみたいと思います。
 
先日、地域の介護会社様向けに、
高齢者住宅参入に向けた個別相談会を開催しました。
 
お越しいただいたある会社様から、
「介護報酬改定で先行きが不透明でどうやって高齢者住宅をやるのか」
「人手不足なのに高齢者住宅なんてムリじゃないですか?」
といったご意見をいただきました。
 
ごもっともです。
 
しかし、
やるためにはどうすればいいか、の相談会のはずですが、
そうした建設的な意見をいただけなかったことがとても残念。
 
90分制の相談会なので、
負のエネルギーを浴び続けるのは、
相当な体力が要します。
何を言っても否定されてしまうと、
こちらも心穏やかではいられません。
 
集客は二重丸でしたが、
相談内容がこんな感じでは、
完全にマーケティングの失敗です。
 
何より、主催いただいた工務店様には
大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 
こうしたご意見をいただとき、
私が心の中で思っていること。
 
オブラートに包まずに言ってしまうと、
「今すぐあきらめた方がいい。」です。
 
鏡の法則ではないですが、
否定的な意見には否定的な意見を返したくなるもの。
(実際は受け流しましたが)
 
それは一旦脇に置いても、
 
相談会に来る人が前向きにならずして、
どうやって高齢者住宅をやれるのか、と言いたいのです。
 
介護報酬が、、、
人手が、、、
 
ズバリの答えなんてありません。
強いて言えば、
変化に対応するしかないですね、ということ。
 
介護事業は制度ビジネスです。
政府の意向次第で業績も変わります。
不人気業種の代表格です。
人手不足も、今に始まったことではありません。
 
わかりきったことなのです。
 
それを、今になって否定したところで、
プラスなことは何一つ得られません。
 
気持ちは、よくわかります。
理不尽に感じることも多々あると思います。
 
しかし、せっかくわざわざ相談会という場に
参加するのであれば、否定的な意見に終始して、
「高齢者住宅をやらない理由を探しに来る」、
「やれない自分を正当化する」のは、
絶対にお辞めいただきたい。
 
事実。
高齢者住宅は、
やる会社はやりますし、
やらない会社はやりません。
 
この1~2年でますます2極化が進んでいます。
 
もっと言えば、
 
やれる会社はやりますし、
やれない会社はやれません。
 
一度高齢者住宅で成功した会社は、
その後もどんどんやります。
報酬改定でも人手不足でも、
高齢者住宅をやればすべてが解決することがわかっているので、
2棟目、3棟目とどんどんやり続けます。
それも2~3年周期で。
 
 
介護報酬が、、、
人手が、、、
 
マイナス意見を言う会社の共通点は、
「現状の経営がうまくいっていないから」
これに尽きます。
 
経営がギリギリなので、
他のことを考える余裕がないのです。
他社がうらやましいという気持ちもあるでしょう。
 
逆に、前向きな会社は、
経営がそこそこ順調で、
地域に根付いていて、
利用者がたくさんいて、
入居者の見込み客が
そこそこ見えている、そんな会社様です。
 
特段、めちゃめちゃ利益が
出ているわけでもありません。
法人税を払えば、
なけなしの利益ですが、
とりあえず3期の決算は黒。
そのレベルです。
 
ただ、
利用者に恵まれており、
今の事業での成功体験があるので、
初めての高齢者住宅でも、
埋める自信があるのです。
最低でも4~5人は即入居者候補がいるのです。
高齢者住宅はオープンまで1年かかりなので、
「それまでに10人くらい確保しておけば、半年以内には満室かな」
という発想になるのです。
 
むしろ、それが自然。
 
そういう意味では、今回の相談会は
こちら側の打ち出し方のミスでもあります。
ご参加いただきたいのは、
経営が健全だけど高齢者住宅は初めての会社様。
業績が芳しくなく、世の中に不満を抱えている会社様向けではありません。
 
いちコンサルタントとして、
マーケッターとして、
次回の企画は練りに練りたいと思います。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。