大分今更ですが、

2016年8月に資金調達をしました。

 

 

6月末からプライベートでも本当に色々と続きました。

それも引き金になり、

自分の株式も、

他の株主の株式も、

大きく動く事になりました。

 

 

ただ、
「自分にとって会社とは何なのか?」

をこのタイミングで確認出来て本当に良かったと思います。


 

私にとって会社は、

私の夢や欲求を達成するための箱では当然なくて、

私がかつて決めた淡い希望が法人のビジョン・ミッションとなり、
今や関わる方々がそれ(ミッション・ビジョン)を果たすための箱になった
のだと強く再認識出来る調達となりました。

 

 

資本提携していただいた会社は、

シンガポールにあるリープラという会社です。

※紹介記事はこちら

 


リープラ社の

CEOの諸藤さんは東証一部上場のエス・エム・エスの創業者であり、

CFOの松田さんはエニグモ、グルーポンジャパンの元CFOです。

 


この2名には、

アグリゲートのボードメンバーに加わって頂いています。

・これから起こるであろう事
・それがために急速に整えないといけない事
など

経験や知りうる事例からアドバイスを頂きながら、

外部的にですが経営に参画を頂いています。

子どもみたいな書き方をしますが、
かつてないほどに経営が楽しいです。
引き寄せたい未来が見えた時に、
人は心から楽しいと思えるのだと思います。

 

 

そんな楽しいと感じる未来を
社員の皆に伝えきれているのか、
ステークホルダーのみなさんに伝えきれているか、
今はまだ胸を張って「はい!」とは言えません。


ですので、伝えようとし続けるしかないのですが、

口で伝える事よりもさらに早いペースで、
高収益な事業を次々と創り、
社内体制(人事労務福利)を整えていかねばならないと、

静かにですが鼻息がらーあーになっている今日この頃です。



という資金調達のご報告でした。

 

 

 

一緒に、
未来に"おいしい"をつなぎたい方、
ぜひご連絡ください。

AD