郵便番号変換ウィザードについて

テーマ:

年賀状の住所データーを

エクセルに打ち込み

ワードで利用しようと思い本日やってみました。

郵便番号変換ウィザード

これは便利ですよね。


データ入力の仕事にもかなり役に立ちます(^^)v

住所→郵便番号

郵便番号→住所

どちらも可能です(-^^-)

郵便番号変換ウィザード
   
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=6f6af8ef-b9dd-4e21-9e63-af4a0ff4e7ce&DisplayLang=ja


ダウンロードが完了したら、

ダウンロードしたファイルをダブルクリック

するとセットアップ画面が始まるので

画面の指示に従ってセットアップを
してください。

ダウンロードしたものを

エクセルで実際に使うために

メニューの[ツール(T)]→ [アドイン(I)]をクリックし、

[アドイン(A)]一覧から

[郵便番号変換ウィザード]にチェックを入れ、

[OK]をクリックします。


ここからはエクセルでの、操作手順です。

↓   ↓

(1) メニューの[ツール]-[ウィザード]-[郵便番号変換]をクリック
  

(2) [郵便番号変換ウィザードステップ ]
  [郵便番号から住所を生成する]を選択し、


  [次へ]をクリックします。

(3) [郵便番号変換ウィザードステップ]



  [郵便番号データのセル範囲)] 

    郵便番号:100-0000(半角)


    このように縦列にうちこんだ郵便番号のセルを選択


  [住所を出力するセル範囲] 


住所を打ち出したいセルを範囲指定



  [次へ]をクリックします。

(4) [郵便番号変換ウィザードステップ ]
  エラーなどの表示をどのようにするかを指定します。


  
(5) [完了]をクリックします。

これでOK!です(^^)v


これは使えます、ほんと!



AD

コメント(8)