前回までのブログで東洋のマチュピチュと言われている東平(とうなる)地区の写真をいろいろ紹介してきましたが、ちょっと幻想的な素敵な場所をたっぷり散策した後は、新居浜市内に行く前に、一旦マイントピア別子まで戻ってきました。

 

 

マイントピア別子の正面玄関。

道のわきには、名物いよかんソフトなども売ってます。

 

 

向かい側の道路沿いにある旧水力発電所。

 

 

中もゆっくり見たかったのですが、この後に予定していた、舞台「刀剣乱舞」のライブビューイングの時間もあったため、とある目的の場所へ向かいました。

 

 

この建物の外側はちょっとした庭にもなっていて好きな場所のひとつです。

 

 

レストランの外にあるテラス。

 

 

木で隠れてますが、急水力発電所を望んで。

 

 

外階段を通って4階まで上がってきました。

 

 

同じ階にある、ちょっと風流な京風数寄屋造りの泉寿亭。

 

 

この4階庭園は外にも繋がっていて、写真にある場所で砂金採りもできます。

 

 

と、ちょうど鉱山観光列車が来たのでパシャリ。

有料ですが、新居浜出身の声優、水樹奈々さんの案内ガイド音声付きです。

 

 

列車を見た後は、マイントピア別子に立ち寄った理由の場所へGO!

 

 

「別子温泉~天空の湯~」です!

 

東平地区を思いっきり歩き回ったので、ライブビューイングの前に温泉に入ろうと着替えを用意してきていたのですが、入浴料500円で露天風呂もあってめっちゃ気持ちよかったです。

 

ただ、前の日の夜は仕事だったため朝帰って来てそのまま来たため、あまり芯から温まると眠気が来ることも予想されたので、楽しみにしていた舞台のライブビューイングに集中するためにも、さっと軽めにお湯に浸かって上がりました。ゆっくり温泉に浸かれなかったのは残念でしたが、それでも、めちゃくちゃ気持ちよかったです。

 

 

温泉から出ると、ちょうど出発したばかりの列車が走っていました。

 

この角度から観ても、ちょっといい雰囲気で、この後に観た感動のライブビューイング含め、とても充実した満足の新居浜でした。

AD

東洋のマチュピチュと言われているマイントピア別子の東平(とうなる)地区ですが、以前に来た時には行かなかった場所へ、今回は行ってみました!

 

 

ちょっと素敵な雰囲気。

写真の説明はまた後でさせて頂きたいと思いますが、

今回は第三通洞と変電所跡の方へ行ってみました。

 

 

途中にある第二駐車場。

歩くのが大変な方は、ここまで車を移動してもいいかと思います。

 

 

私は歩いて行きましたが、ちょっとした広場みたいになってます。

 

 

この案内標識が見えたら矢印の方へ。

 

 

ここからは、やや細い遊歩道を歩いて行きます。

 

 

途中にある社宅跡。

 

 

今では土地だけが残ってます。

 

 

そして遊歩道を歩いていると、いきなり開けた場所に出ます!

 

 

ここまで来たのは初めてだったので、ちょっと感動でした。

 

 

どの角度から写真を撮ってもいい感じです。

 

 

ちょこっと休憩も出来ます。

 

 

そして、変電所跡。

 

 

近くまで来てみました。

 

 

中に入って見学ができます。

入り口のところ。

 

 

既に廃墟となってるので、あちこちボロボロですが、

なんと、写真に撮ると、めっちゃ素敵な雰囲気になります。

 

 

実際に自分の目で観ると、もっと廃墟なんですが(笑)

 

 

写真に撮ると少し違う雰囲気なって感動です。

 

 

2階へ上がる階段。途中壊れてます。

 

 

ブログの一番最初にアップしたのと同じ角度から。

建物の中から入り口に向かって撮った写真。

実際には、もっと廃墟感があるのに本当に不思議です。

ここに来た時は、ぜひ、風景を写真に収めてみてください。

 

 

変電所跡を下りると、正面に第三通洞が見えてきます。

 

 

近寄って撮った写真。

 

 

変電所跡と第三通洞を見た後は、

最初に止めた駐車場あたりまで帰ってきました。

実は、この上が展望台になっています。

 

 

展望台には、駐車場の上にあるマイン工房(旧保安本部)から行きます。

 

 

マイン工房です。

ここにも紫陽花がきれいに咲いていました。

 

 

このマイン工房の横の道を進んでいきます。

 

 

展望台へと続く道も、ちょっと素敵な雰囲気でした。

 

 

到着!

この階段を下りると広場全体が展望台になっています。

 

 

展望広場の一番先から撮った写真。

山がめっちゃ近い気がしました。

 

 

展望台へ行ったあとは、周辺の紫陽花の小路をおさんぽ。

 

 

7月中旬でしたが、きれいに咲き誇っていて癒されました。

 

 

紫陽花の中を散歩していると、こんな場所へ出ました。

 

 

接待館跡です。

実は、駐車場ヘいく時に通った道でした。

帰りはここを通って帰ります。

 

 

最後に、駐車場へ戻って撮った一枚。

 

久しぶりに来た東平でしたが、ちょっと幻想的で素敵な場所でした。

一度、雨の東平にも来れたらいいな、って思ったりもしましたが、

昼過ぎに着いたこともあり、結構ゆっくり回ることが出来てよかったです。

 

そして、東平で癒された後は、マイントピア別子に戻りました。

そこでの写真は、また後日紹介させていただきたいと思います!

AD

先日、舞台「刀剣乱舞」のライブビューイングを観に行った時、映画館のある新居浜に少し早めに行って、東洋のマチュピチュと言われているマイントピア別子の東平(とうなる)ゾーンへ行ってきました!

 

 

道路から見下ろしたところ。ここは何年か前にも来たことがあるのですが、

どうしても、もう一度行ってみたかった場所のひとつです。

 

 

こちらはは駐車場。本当に山が近くて天空にいるような気分になります。

ここ、東平地区へは車で行くことが出来ますが、道路が狭く離合が出来ない

場所も多いので、マイントピア別子からバスを利用することも出来ます。

 

 

これも、駐車場から撮った写真。

ちょうど紫陽花が見頃でした。

 

 

こんな感じ。

ちょうどこの横が下へ下りる階段となっています。

 

 

ということで、下へ下ります。

 

 

めっちゃ雰囲気出てます。

 

 

凄く天空を散歩している気分です。

 

 

貯鉱庫跡。

 

 

近寄ってみました。

そして、180度回転してみると。

 

 

策道停車場跡です。

 

 

少し近寄ってみました。

 

 

こちらも。

 

 

横から見るとこんな感じ。

 

 

さらに下に下りて見上げると、こんな感じ。

 

 

下には策道基地跡があります。

 

 

ちょっと幻想的な雰囲気。

 

ここは雨の日に来ると、霧が立ち込めて、それは、とても幻想的な風景になる

こともあるそうなので、機会があれば、今度はぜひ雨の日にも来てみたいです。

 

 

庭園の端の方から撮った1枚。

 

 

さらに見下ろすと居住区跡があります。

 

 

ここにも紫陽花が咲いていました。

 

 

居住区跡にある庭。

これより下へは行けないので、ここで駐車場まで戻ります。

 

 

 

駐車場から再度山を眺めてみました。

この場所凄くお気に入りの場所です。

 

 

東平歴史資料館のよこにある展示場へと行ってみました。

 

 

鉱山運搬機器の展示がしてあります。

 

 

少し中へ入って撮った1枚。

 

 

外へ出てもう一度下を見下ろして撮った写真。

この雰囲気が凄く好きです。

 

この後、前に来た時には行かなかった変電所跡にも行ってみたのですが、

長くなりそうなので、そちらはまた後日紹介させていただきたいと思います!

AD