うつろひ ~ 笹木 砂希 ~

大和撫子ラテン系 ☆ 今日もお茶目なエブリディ  


テーマ:
 展覧会の情報は、新聞や雑誌から仕入れることが多い。
「ん? 何だこのキレイな陶器は。アール・ヌーヴォー?」
 実のところ、陶器ではなく磁器だったのだが、三井記念美術館で開催中の「アール・ヌーヴォーの装飾磁器」という展覧会の写真に目を奪われた。
「三越前か。金曜なら17時から1000円だから、ミキと夕飯食べて帰ろう」
 フットワークは軽いほうだ。気になったら、パッパと行動に移す。
 それにしても、三井記念美術館は恐ろしく豪華な施設だった……。
 エレベーターの扉を飾るデザインや、展示品の微妙な間隔に床の色、係員の優雅な物腰まで「ザ・財閥」という看板を背負った雰囲気である。「上野そこらの、大衆的な美術館とは違うのよッ」と無言で主張しているようで、非日常感が全開になる。
「鉛筆? はい、こちらにございます。お返しいただかなくて結構ですので」
 メモ用の鉛筆だってプレゼントフォーユー。太っ腹であった。
 アール・ヌーヴォーとは何か。
 19世紀末から20世紀初頭にかけて全盛期を迎えた装飾様式のことで、花、樹木、虫、動物などをモチーフにし流れるような曲線によって構成される特徴を持つ。

1

 チラシの女性は、この作品の美女を拡大したものである。(以下リーフレットより)

2

「上絵金彩エジプト女性センターピース」
 センターピースとは食卓の中央を飾るアレンジメントを指すそうだが、大昔の貴族社会ではメインコースが終わると、その家の美術品がテーブル中央に持ち込まれ、鑑賞する習わしがあったという。この美女たちも、目の肥えた貴族たちからねちっこい視線を受け、絶賛されたに違いない。
「ふーん、青椒肉絲とかを入れたわけじゃないんだね」
「……」
 ミキはお腹が空いていたらしく、料理が盛られている場面を想像していた。
 だったら、カルボナーラのほうがピッタリするような気がするのだが。
 猫や白鳥、熊といった「動物」が続き、新聞に載っていた大物が登場する。
「釉下彩鷺センターピース」

6

「わあ、おっきい! キレイだねぇ」
 これは本当にエレガントだった。白を基調に、ところどころに青や金を散りばめており、上流社会の象徴に見える。上部は丸く平坦になっており、ちょうどピザが収まりそうだと思った私は、間違いなく庶民であった。
 動物や植物はいいのだが、「虫」は曲者である。
「うへぇ、何これ」
 展示室4以降は、バッタにカタツムリ、トンボにゲンゴロウ、ウソでしょうの蛾に、まさかの蜘蛛までが皿やカップにへばりついていた。なぜ、よりによって、虫をテーマにするのか理解できない。
「Oh」
 私たちの後ろでは、外国人女性2人組が鑑賞していた。
「I don't like it」
 私も娘も「プププッ」と噴き出しそうになったが、かろうじて抑えた。それとも、振り返って「Me, too」と応じるべきだったか。
 でも、ニュンフェンブルクの「カタツムリ」は可愛かったから許容範囲だ。

4

 展示室7のローゼンブルフの「上絵花図ティーポット」は素晴らしかった。

7

 これは何だったか忘れたが、素敵であることには違いない。

3

「よかったね」
「うん、虫以外はキレイだった」
 満足してレストランに向かった。
 さて、この先のお楽しみも待っている。
 10月7日から始まる「デトロイト美術館展」の前売り券をゲットしたのだ。

5

 通常の前売りと同じ1400円で、クリアファイルの特典がついているところがうれしい。
 さあ、今度はこれに行くぞ~!
 虫はいないでしょうね?

※ 他にもこんなブログやってます!
 「これはしたり~笹木砂希~」(エッセイ)
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
7月は繁忙期。
勤務時間は8時半から17時までだが、連日20時、21時まで働いている。
部内7名、全員がかりでも終わらない。
1週間、2週間と続けば、さすがに疲れがたまる。
トイレに行くことも食事をすることも忘れて、電話や書類、PCとにらめっこが続く。
3週目になると、努力の成果が見えて、仕事が片付いてきた。
チャンス到来!
ようやく息抜きができそうだ。
飲み友達を誘って、パークハイアット東京でビールを楽しむ企画を立てる。
目指すは1階のデリカテッセン。
この時期は、サンクトガーレンのオリジナルクラフトビール2時間飲み放題を実施している。
去年、初めて参加して、美味しさに感動したから、今年も行こうと決めていたのだ。
「いらっしゃいませ。2名様ですか」
ここは予約ができない。
時間によっては満席になるらしいが、運よく空席があった。
飲む順番が決められていて、1杯目は、華やかな香りの「パークブリュワリーエール」。

クラフト1

口に含んだときから、20種のホップがクラウチングスタートでダッシュを始める。
予選並みにゆるく加速し、喉を通って胃袋にゴールした。
「ここを通過しましたよ」ということを感じる深い味わいに、思わず唸る。
「うま~い」
キリンラガーやギネスも好きだけど、まったく違う美味しさだ。
グラスが空になるころ、アペタイザーもやってくる。

クラフト2

2杯目は、カラメルモルトを使用した「パークブリュワリーIPA」。
ウエイターいわく「少し濃いめ」だそうだ。

クラフト3

たしかに赤みがかった色合いだが、日没で暗くなったせいもある……。
こちらは重量感があり、本格派ビールの印象を受けた。
3杯目からは、どちらでも好きな方を頼めるが、交互に飲むのがよさそうだ。
たっぷり飲んで、心おきなく息抜きをした。
あれから1週間がたち、仕事はだいぶ楽になった。
余裕ができると、サンクトガーレンのビール2種類が恋しくなる。
今度は呑兵衛の姉を誘ってみた。
姉も忙しくて、とても今は動けないが、来月は大丈夫だとか。
「クラフトビールで打ち上げしたい!」と叫んでいた。
そうでしょ、そうでしょ。
頑張った自分へのご褒美は、とびっきりの美味しいビール!

※ 他にもこんなブログやってます!
 「これはしたり~笹木砂希~」(エッセイ)
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日28日まで、池袋の東武百貨店で「有田の魅力展」を開催している。

有田3

有田焼が大好きな私は、仕事帰りに立ち寄ることにした。
柿右衛門や今右衛門など、美術館を意識した作品はもちろんある。

有田2

だが、それ以上に、「庶民が手軽に買える素敵なもの」が多い。
まずは、小皿に目が行く。
次にコーヒーカップ。
茶碗も華やかだ。
赤や青、金の映える食器は日々の暮らしを豊かに変えてくれる。
しかし、わが家には皿もカップも余っている。
これ以上増やすわけにはいかない。
一方で、シャンパングラスは持っていない。
あれば欲しいけど、有田焼のグラスなんて無理だろうと決めつけていたのだが……。
あったのだ。
うそ~!
液体の入る部分はガラス製で、長い脚は磁器製という意外な組み合わせであった。
色は何種類かあり、迷った末に赤と黄色を買った。

有田1

どうです?
なかなか粋でしょう。
すぐにでも使いたいが、次の日曜日はプールに行きたい。
太っていたら見苦しいではないか。
仕方なく、今週は禁酒するのだ。
早くデビューさせてやりたいなっ!
有田の魅力、しかと受け止めました。

※ 他にもこんなブログやってます!
 「これはしたり~笹木砂希~」(エッセイ)
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨日はPTAのお母さんたちとの飲み会だった。
 ほどほどに飲んで、ビンゴゲームでレトルトカレーをもらう。
 帰宅したら23時を回っていた。
 風呂に入り、さっさと床に就いたため、ニュースは見なかった。
 日付が変わってから、ようやく朝刊を読む。
「オバマ大統領 広島訪問」
 一面はこの記事だ。当然だろう。
 現職米大統領として初めて、被爆地・広島を訪れたのだから。
 原爆ドームを背景に、声明を発表する大統領の写真が印象的だった。
 3面には献花する場面、37面には被爆者の坪井さんと握手する姿が掲載されていた。
 大統領と握手したもう一人の被爆者・森さんは、感極まって涙を流されたそうだ。
 オバマ氏が、森さんを抱きかかえる写真も大きく取り上げられていた。
「ううっ」
 これを見たとたん、私の両目からも、温かいものがあふれてきた。
 続いて鼻水も出てくる。
 まさか、新聞を読みながら、もらい泣きするとは思わなかった。
 中学3年のとき、修学旅行で広島に行った。
 半年前から平和学習に取り組み、原爆で亡くなった人の数や死因、原爆症などを学習した。
『はだしのゲン』も見たし、『原爆を許すまじ』『似島(にのしま)』などの歌も歌える。
 原爆資料館では、熱線で皮膚にブラウスの模様が焼き付けられた写真を見た。
 腰かけていた人間が灼熱で蒸発し、黒い影だけが残っている石段は強烈だった。
 生き延びても、待っている差別が追い打ちをかける。
 核兵器は、どんな理由があっても使用してはならないと、子ども心にも強く感じた。
 そんな経緯もあり、特別な気持ちになったのだろう。
 もし、飲み会がなくて、テレビで昨日のニュースを見ていたら大変だったと思う。
 家族の前で、私は号泣したかもしれない。
 それはちと恥ずかしいので、留守してよかったと安堵する。
 午後4時ごろ、夕刊を取ってきた。
 中を開けると、「核廃絶 希望の朝」とのタイトルで、広島訪問の続編が載っていた。
「ううっ」
 あーあ、また泣いちゃった……。

大統領

『大根おろしアート』よりオバマ大統領

※ 他にもこんなブログやってます!
 「これはしたり~笹木砂希~」(エッセイ)
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
何年か前に異動した職員から、いただきものをした。
「富士山クランチチョコレート」

富士山1

富士山はいい。
定年退職したら、富士山の麓に住みたいと話したことをおぼえていたのだろう。
自分を理解してくれる。
そういう人がたくさんいると、気負わず自然体で暮らせる気がする。
個装を開けたら、立体的なチョコレートが登場した。

富士山2

ん? これって、どこかで見たような……。
それもそのはず。
以前に買った、箸置きに似ているのだ。

富士山3

ふと、新商品が浮かんできた。
チョコレート製の箸置きなんてどうかしら。
汚れたり溶けたりしないよう、銀紙で包装しておくのだ。
食後には、銀紙を剥いてお口にポーン。
誰か、私に資金提供してくださーい!

※ 他にもこんなブログやってます!
 「これはしたり~笹木砂希~」(エッセイ)
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
調理台の棚を整理していたら、美濃吉の重箱が見つかった。

重箱

これは、父の日弁当が入っていた器だ。
結構しっかりしているので、何かに使えるかもしれないと取っておいた。
結局、その後は何にも使っていないのだが。
お彼岸に娘がぼた餅を作った。
「上手にできたよ! おじちゃんのうちにも持っていきたい」
「じゃあ、お皿に入れようか」
しかし、どうにも貧弱な印象……。

ぼたもち1

「うーん、何だかマズそうだな」
「別の入れ物ないの?」
「あっ、そうだ!」
とっさに、美濃吉の重箱を思い出した。
「これに入れたらどう?」
ためしてみると、まったく違うイメージになった。

ぼたもち3

「よし、これでいいや」
春らしいハンカチで包み、おつかいものらしく変身させる。

ぼたもち2

人もおやつも、まずは見た目ですね。

※ 他にもこんなブログやってます!
 「これはしたり~笹木砂希~」(エッセイ)
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 年末の大掃除で見つけたものがある。
 一つは、しばらく使っていなかった重曹だ。
 台所用の洗剤も転がっていたが、変色していたので捨てた。
 この重曹は15年以上前に購入したおぼえがある。
 一体、いつまで使えるものか疑問だが、ひとまずしまっておいた。
 さて、先週はわが家でホームパーティーをした。
 来客が多いと、食器をたくさん用意しなければならない。
 普段は使っていないスプーンを取り出してビックリ。
 茶渋がベタッとついているではないか。

スプーン1

 いくら身内といっても、清潔感がないのでは失礼だ。
 キッチンハイターという手もあるだろうが、私は重曹を使ってみたくなった。
 ナイロンたわしにとって、ゴシゴシ、ゴシゴシ。
 よっしゃ、落ちる落ちる。
 くたびれたスプーンが、買ったときの姿に戻った。

スプーン2

 重曹、まだまだ現役です!

※ 他にもこんなブログやってます!
 「これはしたり~笹木砂希~」(エッセイ)
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016年Amebaおみくじ結果



ブロ友さんの記事を読み、私も引いてみた。
「大吉だ、やった~!」
この占いによると、笑うことが開運の鍵のようだ。
怒ってばかりいるとがんになる、と聞いたことがある。
これとは逆に、笑うと免疫力が上がり、健康になるらしい。
顔の造りはともかく、笑顔でいれば人からも好かれやすい。
商売だって、うまくいく。
なーんて、勝手な判断に結びつけた。

実は、神社で引いたおみくじもよかった。
いつも「凶」や「平」ばかりだったのに、今年は「吉」だったのだ。
この神社には20年近く通っているが、吉はほとんど記憶にない。
ここにも同じようなことが書かれている。
「病気  はやくなほる」
「まち人  きたる」
「しょうぶごと  なにごともかなふ」
今年は、異動の年である。
どの職場になるかは、ある意味勝負ごと。
近くて、やりがいのある職場に行けたらいいな~。

※ 他にもこんなブログやってます!
 「これはしたり~笹木砂希~」(エッセイ)
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
読書は私の趣味のひとつである。
読んだ本の記録をするため、3年前から「読書メーター」なるサイトに投稿するようになった。
本を読み終えたら登録し、コメントも欠かさない。
すると、同じ本を読んだ他のユーザーから「ナイス」をもらうこともある。
交流も持てて、結構おもしろいのだ。
先日、このサイトの運営事務局からメッセージが届いた。
「砂希ちまさんの感想を、ダ・ヴィンチ1月号に掲載することは可能でしょうか」
え? 私の感想を?
対象となる本は、アドラーの『嫌われる勇気』である。
何のひねりもない平凡な感想なのだが、そこがよかったのだろうか。
断る理由もないので承諾したら、掲載者には優先的にダ・ヴィンチを送ってくれるという。
何の変哲もない感想を載せてくれる上、掲載誌までいただけるとは。
「ホントかな?」と半信半疑でいたが、今日、宅配便で届けられた。

雑誌3

早速ページをめくり、掲載欄を探してみる。
このコーナーかな?

雑誌1

あった、あった。

雑誌2

拙い感想だけれども、自分の作品が載るのはうれしい。
ユーザーはたくさんいるから、運がよかったのだろうな。
ひとまず、ひと足早いクリスマスプレゼントにニンマリ。
これからも、せっせと感想を書きまーす!

※ 他にもこんなブログやってます!
 「これはしたり~笹木砂希~」(エッセイ)
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
「明日の6時間目は腕相撲大会をします!」
「えー」
「つまんね~」
 あらら。
 やはり、高校生には物足りなかったか。
 クラスの生徒の反応を見て、私は何とかやる気になってもらいたいと思った。
「賞品があるといいかもしれませんね」
 同じ学年を組む教員と相談して、おおげさにならない程度に、ちょっといいものを用意することにした。
 浮かんできたのはチョコレートパイだ。
 パイシートと板チョコがあれば、帰ってからでも簡単に作れる。
 原価も安いし、お腹も満足するだろう。
 パイシートは3袋、板チョコは5つ用意した。
 これで24個分。
 2枚の天板に6個ずつ載せ、まずは12個分。

チョコパイ1

 これを2回繰り返し、1時間で完成した。

チョコパイ2

「すご~い! 美味しそう」
 まずは、夫と娘に1個ずつ渡す。
 残りはすべて学校に持っていき、生徒への賞品、教員へのおすそ分け、保健室の先生への差し入れにする。
「えっ、賞品あるの? チョコパイ?」
「先生が作ったって、本当?」
「よーし、負けないよッ」
 チョコレートパイ欲しさというより、私のやる気が伝染したらしい。
 どのクラスも盛り上がり、ワイワイと賑やかにトーナメント戦が行われた。
「先生、一番になった! チョコパイ美味しかったよ」
「ごちそうさま」
 勝者からはうれしい一言もあり、素直でいい子たちに感動する。
 コンビニなどで、もっと豪華なスイーツが簡単に手に入る時代である。
 こんなに、手作りが歓迎されるとは思わなかった。
 そして、この翌日、調理実習があった。
 クリスマスが近いから、ブッシュドノエルを作るという。
「難しそうだけど、ちゃんとできるのかしら……」
 そんな心配は無用だった。
「失礼しま~す、笹木先生いますか」
 私を呼ぶ生徒の声がした。
「はーい」
 声のする方に行くと、ケイコがにっこり笑って待っている。
「これ、余ったんです。よかったらどうぞ」

ノエル

「ええーっ、すごい!」
 まるで、チョコレートパイのお返しのように、ブッシュドノエルをちょうだいした。
 ココアパウダーが利いていて、甘さもちょうどよく、とてもいい出来だ。
 見た目は売り物にかなわないけれど、味では決して負けていない。
 いやあ、手作りっていいものですね。

※ 他にもこんなブログやってます!
 「これはしたり~笹木砂希~」(エッセイ)
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。