2009-02-19 18:11:08

限月って知ってますか??

テーマ:商品先物取引の仕組み

元外務員が教える商品先物取引のコツと業界ウラ話!-ブログランキング←応援クリックお願いします ラブラブ

本当にいつも思うのですが、

税金のこと、政治・経済のこと、投資のこと、法律のこと

などって知っておいて損はないなぁ、って思うんです手


というか、知ってないと損すること多いと思うんですあせる


もちろん、他のことも知っておいて損はないと思うんですけどあせる


少しずつでも良いですから、皆さん、

知識のひとつとして、興味を持って下さったら嬉しいなぁ、

と思いますニコちゃん


今日は、株式と商品先物取引の大きな違いについて

説明したいなぁ、と思います。


株式といっても現株です。


まず、3つあります。


・証拠金取引か、そうでないかという昨日までに説明したこと。


・もうひとつも今までに説明したように、

値上がりも値下がりも利益として取れること。

現株は安く買って高く売るということしか出来ないけれど、

商品先物取引など証拠金取引のものは、から売りと言って、

値下がりを利益として取れる売買が出来ると言うこと。


・そして、もう一つは現株は期限が無く、

証拠金取引は期限があるということ。


です。


FXもそうですが、株式でも日経平均の先物とか信用取引は、

商品先物取引と同じように、証拠金取引になりますので、

リスクは似たようなものです。


でも、一般的に、皆さん、株は良いけど、先物は…

て言うでしょう??


それは、前回説明した証拠金取引だから、というのと、

おそらく期限があるから、ていうところだと思うんです。


この期限のことを商品先物取引では、

「限月(げんげつ)」

と言います。


なぜ、限月があるかというと、

商品先物市場というのは、本来、

私たち消費者に一定の安定した価格で一定の量の現物を

提供できるように、商社が現物を予約して買う市場なんです。


急激な為替や経済の変化で値段が高騰したり、暴落しても

一定の価格で一定量を確保するために、先々の方まで

買います!という契約をして現物を仕入れているわけです。


分かりやすい例で言うと、原油価格が高騰したとき、

値段が上がるのも、値段が下がるのも、1ヶ月くらい遅れて

やってきますよね。


飛行機のサーチャージとかもそうです。


その市場を私たちは投資の対象として利用している訳ですね。


なので、この「限月」というのは、そういった現物を

必要とする業者が、現物を受け取るための期限

なんです。


私たちも現物を買うことは出来るのですが、

その売買されている最低単位が莫大な量なので、

一般的に私たち投資家は、現物を買うことを

対象としては、商品先物市場には参加していない訳です。


例外として、「金」や「プラチナ」のように現物として価値があるものを

買う場合もありますけどね!


そして、その期限は商品によって定められていて、

半年から最長1年と決められているのです


いつも皆さんにお勧めしている「金」は、

ちなみに期限は1年になります。


これは、どういうことかというと、

現株の場合、例えば300円で買った株を400円になったら

売ろうと思っていたとします。

でも、300円で買った後、値段が下がってしまって、

1年経っても5年経っても値段が300円以上にならなかった

としましょう。


その場合、株は「塩漬けにする」と良く言いますが、

希望の値段がくるまで、含み損(計算上出ている損失)を

抱えたまま、何年でも保有していられますよね?


でも、証拠金取引の場合、期限が決められているので、

その期限が来るまでの間に必ず決済しなければなりません。


つまり、「金」の場合であれば、

今から1年先に値段がどうなるかを予想して、

上がると予想し、買ったとしましょう。


例えば1年間希望するような値段が来なかったとしても

必ず今から1年後までには決済するか、現物を買うかを

決断しなければいけない、ということなんです。


つまり、利益も損失も1年以内に決定すると言うことです。


これをメリットとするか、デメリットとするかは、

その人の投資に対する考え方、スタンスによりますので

ここでは私は何とも言いません。


ただ、ひとつ言えることは、利益の大小はあれ、

株式と違って、1年間全く利食い(りぐい…利益を確定させる

ために決済すること)するチャンスが全くなかった…ていうことは

ほとんどないと思います。


それに変動が激しいので、1年間持っていられるとしても

1年間ただ、保有しているだけ、と言う人はまずいないでしょう。


それくらい、チャンスの多い相場だということです。


裏を返せば、それだけ、日々利益も損失も出やすい、

と言うことですが…。


「限月(げんげつ)」 がなぜあるのか、何のために必要なのか、

何となく分かっていただけたでしょうか???


元外務員が教える商品先物取引のコツと業界ウラ話!-ブログランキング←応援クリックお願いいたします 好


詳しくは、こちらからダウン

元外務員が教える面白いほどわかる商品先物取引


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


・・編集後記・・

最後まで読んで下さってありがとうございましたラブラブ!
前回の記事はこちらから音譜


☆記事発行者:lily
☆公式サイト:http://www.shohin-sakimono.net/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

lilyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■幸華さんへ

コメントありがとうございます!!
相場のことになるといつもコメントが減っちゃうんですけど、幸華さんには、いつもコメント頂き、本当に嬉しく思います★

場所は遠いですけど、お互い仕事に恋愛に頑張りましょうねぇ♪

3 ■ほんとに。

税金のこと、政治・経済のこと、投資のこと、法律のことは、絶対知っておくべきだと思います。
今日も限月について、勉強させて頂きました。
ありがとう御座います。

2 ■falconさんへ

コメントありがとうございます。
ガソリンと灯油なんかは特にそうですよね。
穀物もそうですけど…。
でも、ここでは、初心者の方向けに「金」をメインとしてお話させていただいているので、ご了承願えるとありがたいです。
わりと理にかなっているということは、何か間違ってましたか?
そうぞ、ご指摘お願いいたします。
falconさんのように大ベテランの方からしたら、私はまだまだ未熟者ですので、ご指導お願いいたしますね。

1 ■限月は重要

同じ銘柄でも、限月によって動きが違う
場合もある。
限月って重要ですし、わりと理にかなっていて
おもしろいですよ。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。