• 21 Jun
    • 7月イベント♪〜発達障がいのあるお子様のための1day親子音楽レッスン〜

      Cafe Fig Treeでの第2弾イベントを 7月 2日(日)に開催することになりましたので、 お知らせさせていただきます!   発達障がいのある 子どもたちのための One day 親子音楽レッスン     (上の写真は、第一回目のイベントの様子です♪  前回の様子については、こちらを御覧ください^^)     このイベントは、 アットホームな雰囲気の中で、 親子で行う"ふれあい歌遊び"や 楽器の体験・合奏を楽しむイベントです♪     今回のテーマは、 七夕や夏にちなんだ 『星のうた・海のうた』。     キラキラとした美しい音色の 金属でできた楽器の体験や、   波の音がする楽器 「ミニオーシャンドラム」の工作等を行います。 手作り楽器はお一つずつお持ち帰りいただけますよ♪     そして、楽しい音楽の後には、 前回大好評だったランチ交流会も・・・♪ (※こちらは自由参加につき、別途ランチ代が掛かります。下記の詳細をご確認ください。)     Cafe Fig Tree の 心と体に優しい絶品ランチを食べながら、 リラックスしてお話を楽んでいただけたらと思います(^^)     (・・・・自慢になってしまいますが。笑 当教室の生徒さんのお母様方は本当にいい方ばかりなので、ご安心して参加していただけたらと思います。)   (ランチの一例です^^ メニューは当日のお楽しみ!)     ****詳細*****   ♪日時 7月 2日(日) 10:00~11:00   ♪対象 2歳〜18歳までの発達障がい(知的障がい、ダウン症、自閉症のお子様を含む)のあるお子様   ♪場所 Cafe Fig Tree (アクセス→http://www.figtree.jp/access)   ♪参加費 1000円(当教室の生徒さんは500円)   ♪別途 11:00~12:30までランチ交流会を行います。 (ランチ料金は大人1000円、子ども300円です。)   ♪お申し込み・お問い合わせ(残り4組) ご興味のある方、お気軽に下記のメールアドレスまでお問い合わせください(^^) notoko2523@gmail.com   (※お申し込みにつきましては、2日前までに上記のメールのアドレスにご連絡ください。)     **************   安心できる空間の中で、 親子で一緒に音楽を楽しみませんか?(^^)   素敵な皆様と お会いできますことを楽しみにしております♪   武藤 さきこ  ---------------------------------------------------------------------- 障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室 heart-ful musical art Labでは、 体験レッスンを受付中です^^ 楽しいレッスンを体験してみませんか?   ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 『音楽の"好き"と"できる"を見つける! グッドポイント分析! 90分マンツーマン無料体験   レッスン』  詳しくはこちらをご覧ください♪ ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ -----------------------------------------------------------------------

      33
      1
      テーマ:
  • 19 Jun
    • スタジオレッスン♪〜本物の楽器に夢中!!〜

      今日はスタジオラット三宮にて、小学生以上の生徒さんを対象にスタジオ体験を行いました!  今回のイベントは、私が入っているバンドのスタジオ練習の日に合わせて、  子どもたちに◎バンドの生演奏を聴くこと◎楽器に触れること◎バンドと一緒に演奏することを体験してもらおう!!!という企画です(^^)  というのも、自分の幼い頃の音楽経験を思い出してみると、鮮明に記憶に残っているのは、 ◎大人のかっこいい演奏を間近で聴いたこと◎初めての楽器に触らせてもらったこと等「本物の体験」なのです。  目の前で体験する生演奏や楽器の体験は、耳からの音楽そのものに加えて、楽器の振動や感触を肌で感じたり、演奏者のパフォーマンスや表情を目で見たり等五感を使った「本物の体験」ができます。  私はレッスンや家でピアノを弾くこと自体も好きで夢中になっていましたが、 「音楽って素敵だな!もっとやってみたい! あんな風に演奏できるようになりたい!」等、やる気に火がつくのは、上記のような体験をした時でした。(思えば、今でもそうだなと感じます。笑)  なので、もちろん普段のレッスンも大切ですが、子どもたちにはレッスンの枠を飛び出して、様々な場所で「本物の体験」をしてもらいたいと思っています(^^)それが何よりの成長に繋がると思いますから♪  **さて、前置きが長くなってしまいましたが、レッスンの様子をご紹介します。  オープニング演奏は「Sunday Morning」。最初は大きな音にちょっとびっくり!そして、すぐに”やりたいモード”へ!!笑)    各楽器の紹介をしながら、バンドメンバーと楽器体験を進めていきました♪    楽器を手にして5秒後、ノリノリで弾き歌い中〜〜♪    興味深々!!!慣れてきて強く弾いてみると・・・・    「わっ!!!大きい音!」とびっくりのいいお顔(^^)   ベースの体験で、お兄さんとも仲良しに〜〜(^^)    普段弾いているピアノの曲の発表も、みんなに褒められて嬉しそうでした(*^^*)   1番人気はドラム!!二人とも夢中でした!!    順番を待っている間、あまりの熱量に「やりたい〜〜〜!!!」と泣いてしまう姿に一同ほっこり。笑    そして、ラストはバンドメンバーと一緒に全員で「アビニョンの橋で」を演奏し、大いに盛り上がりました♪ご家族の感想も合わせて紹介させていただきます♪  **ご家族の声** ・今日は、うれしすぎて、帰宅してからも余韻に浸っていました。ビデオを何度も見て。家族にも見せて!何度見ても笑みがこぼれます。涙よりも笑みが。音楽って本当にいいものですね。主人も、「ドラムを楽しんでいる姿が見られててうれしかった」と、繰り返し言ってきます。ドラム買いたい!と言っています(笑)ぜひぜひ次もその次も誘ってください。 ・初めてのスタジオで大丈夫かなぁと思っていたのですが、そんな心配は無用でした^^やっぱり、楽器や音楽が好きなんだなぁと再認識しました。色んな楽器を弾かせてもらって大満足だったと思います。あと、メンバーさんの演奏に合わせてタンバリンをリズムよくたたいていた姿が印象的でした。ベースやボーカルの方と楽しそうに演奏していましたね!知らない曲でも、あんな風に皆さんと演奏するのも貴重な経験です。ステキなメンバーの皆さんとご一緒出来て、楽しかったです。すごくリラックスしていました。ぜひ、またスタジオレッスンの際は誘ってください! ***   〜さいごに〜子どもたちの夢中になっているいい顔が見られるのは本当に嬉しいものだなと何度も何度も感じた1日でした(^^) また、それを親御さんと一緒に喜べること、今回はさらに、普段障がいのある方とかかわる機会がなかったバンドメンバーと共有できたことも良かったです♪(バンドメンバーもまたやりたいね!と話していました^^)  ◎子どもたちがもっともっと様々な音楽や楽器に触れられるように ◎一人でも多くの人に障がいへの理解がより広まっていくように ”障がいのある子どもたちと音楽家をつないでいく”ということも、今後少しずつ取り組んでいきたいと思います♪   今日も長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました! 武藤さきこ----------------------------------------------------------------------障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室heart-ful musical art Labでは、体験レッスンを受付中です^^楽しいレッスンを体験してみませんか? ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!90分マンツーマン無料体験   レッスン』 詳しくはこちらをご覧ください♪✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎-----------------------------------------------------------------------

      33
      テーマ:
  • 15 Jun
    • もとまちハートミュージアム2017♪

      少し遡りますが、6月上旬にもとまちハートミュージアムへ、行ってきました♪  もとまちハートミュージアムは、「人つなぐ道、人にやさしい街づくり」をスローガンにすべての人がともに生きてゆくことを喜びあえる福祉コミュニティづくりをめざして、毎年元町商店街で開催されるイベントです。(概要はこちらをご覧ください♪) ◎障がい者・障がい児による個性豊かで力強い作品の数々の展示 ◎障がい者施設や作業所で作られたクッキーや雑貨販売 ◎ゲストによるコンサートやワークショップ等々。 会場は沢山の人で賑わっていました!!!  (コンサートの様子。穏やかで優しい空間でした〜^^)  **中でも、私が1番印象に残ったのは、アート作品展示「ドギドギ展〜生きるもの」。 撮影OKでしたので、いくつか作品をご紹介させていただきます。       **そして、さらにその中でも私が目を奪われたのは、こちらの女性のアーティストの作品。 あざやかな色彩が美しく、吸い込まれてしまいそうな感覚でした。        **こういった障がいのある方の◎才能や個性を生かせる場◎一般の方が知ることができる場(障がいがあっても頑張っている・・・というような、涙を誘うものではなく、対等な立場で互いに認め合える場)がもっともっと増えていくといいですよね。 私自身も、音楽の分野で、そういった活躍の場を作っていきたいと思っています。 夢は大きく、目指すは、障がいのある子どもたちのための夏フェス開催です〜〜!!!どうぞ、お楽しみに(^^)今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 武藤さきこ ----------------------------------------------------------------------障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室heart-ful musical art Labでは、体験レッスンを受付中です^^楽しいレッスンを体験してみませんか? ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!90分マンツーマン無料体験レッスン』 詳しくはこちらをご覧ください♪✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎-----------------------------------------------------------------------

      16
      テーマ:
  • 13 Jun
    • 1Day親子音楽レッスンを開催しました♪【満員御礼】

      昨日は、Cafe Fig Tree でダウン症のお子様のための1Day親子音楽レッスンを開催致しました(^^) 私自身この日をとても心待ちにしていました!  昨日は2歳〜18歳まで、8組の生徒さんに参加していただきました♪  6月のテーマは「雨の音楽」でした。(梅雨の季節と思ってのことでしたが、、いい天気になってよかったです^^)-------------------------------------*プログラム紹介 * ・オープニング「幸せなら手をたたこう」 ・名前呼びの歌(歌にのせた自己紹介) ・雨にちなんだふれあい歌あそび ・2グループに分かれてのハンドベル演奏 ・親子一緒にMYレインスティック工作♪ ・Heart-ful の代表生徒さんによる歌発表-------------------------------------  *レインスティックは、雨のような、はたまた波のような音がする楽器です♪ 中には爪楊枝がさしてあり、小豆が爪楊枝にあたりながら筒の中を落下していくことで、きれいな音が出ます。 * 今回は、デコレーションと小豆を入れて蓋をするところを生徒さん&親御さんに体験していただきました♪生徒さんの作品がこちらです。 (綺麗ですね! 皆さん、抜群のセンスでした〜^^!)全体を通して、子どもたちの年齢に幅があっても、同じ空間で音楽を楽しんでいる姿や、親御様同士が仲良くお話しされている姿、連絡先を交換されている姿が見られ、このイベントを開催できてよかったな、と心から思いました(*^^*)〜さいごに〜今回初のイベント開催ということで、ドタバタの準備となりましたが、当日を迎えられたのは周りの皆さんの温いお心遣いと子供たちの元気に支えられてのことです。心から感謝申し上げます。 また、親御様からのご意見・ご感想もいただくことができ、ありがたく思っています。一部ご紹介させていただきます♪ **・子どもも大人も楽しめました!・まだ落ち着いて参加することは難しかったですが、安心して参加できる雰囲気がありよかったです。 ・お家に遊びに来たような雰囲気で居心地がよかったです。 ・生の楽器や様々な音楽に触れられて、子どもがとても楽しんでいました。積極的に楽器を触りに行く姿にびっくりです! ・ダウン症の年上の方との交流がないので、年上のお子さんをもつご家族に会えて楽しかった。イベントで交流が広がるのは嬉しいです。 ・工作以外の時間は、テーブル無しで輪になると、皆さんの距離感がより縮まるのではないかと思いました。 ・子どもが幼少期の頃を思い出しました。情報が無かったので今後の進路や将来で不安なことがたくさんありました。年上のお子さんをお持ちの親御さんに聞きたくても、聞く場面がなかなか持てませんでした。ランチ交流はとても貴重な場なので、意見交換がスムーズに出来る環境があるといいなと思いました。例えば、事前に不安なことや聞きたいことをアンケートしておいて、『こんな質問がありますが、どうですか?』みたいに誘導していただくのではどうでしょう?(→すごくいいと思います!次回早速取り入れられるように検討していきます^^) ** 始まったばかりのこの講座は、生徒さんの様子や親御様のお声をもとに毎回よりよいイベントに改善していきたいと思います♪ 親御様はご遠慮なさらず、どんどんご意見を聞かせてください(^^)! 次回の予定についてはまた追ってブログにてご案内させていただきます♪ 武藤さきこ----------------------------------------------------------------------障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室heart-ful musical art Labでは、体験レッスンを受付中です^^楽しいレッスンを体験してみませんか? ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!90分マンツーマン無料体験   レッスン』 詳しくはこちらをご覧ください♪✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎----------------------------------------------------------------------- 

      35
      1
      テーマ:
  • 31 May
    • 須磨ボーカルスクールFIG TREEとのツナガリ

      こんにちは! heart-ful musical art Labの武藤さきこです♪   今日は前回のブログで少し触れた、『須磨のボーカルスクールFIG TREEとの提携』について少し紹介させていただきます!   (↓FIGTREEのさっちゃん・ショーン夫婦です!)     ***提携について***   提携というと、なんだか掴みどころがなく難しく感じるかもしれませんが、、そんなビジネスチックな話ではなくて   「音楽が大好きで、音楽を通して地域に貢献したい同じ想いを持った仲間ができた!」 「お互いに力を出し合い、助け合って、音楽教室をより良いものにしていこう!」 「どんな楽しいことができて、生徒さんたちにはどんなことが喜ばれるかな!」   そんなことを真面目に話し合い、実現していこう!という関係を築きました!ということです。   ***たとえば***   ◎FIGTREEの教室で週末イベントを開催し、生徒さん同士・音楽好き同士・新しい出会いの場を一緒に作っていく   ◎heart-fulの生徒さんが希望すれば、FIGTREEが定期開催している音楽のミニコンサートに参加して、外に向けた音楽表現にチャレンジしていただける。   ◎音楽以外にもアートや料理など、喜んでもらえることはなんでも!(ぜひ生徒さん・地域の方からアイデアがあれば伺いたいです!一緒に作っていけたらと思います^^)     『参考に・・・』 お二人との出会い・経緯については、 さっちゃんのブログを読んでみてくださいね♪   これからのイベント開催については、 随時ブログにて公開していきます♪ (*6月イベントのご案内はこちらから*)   どうぞお楽しみに^_^   武藤 さきこ   ----------------------------------------------------------------------- 障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室 heart-ful musical art Labでは、 体験レッスンを受付中です^^ 楽しいレッスンを体験してみませんか?   ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 『音楽の"好き"と"できる"を見つける! グッドポイント分析! 90分マンツーマン無料体験   レッスン』  詳しくはこちらをご覧ください♪ ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ -----------------------------------------------------------------------

      58
      テーマ:
  • 19 May
    • 6月イベント紹介♪

      この度、当教室が、須磨のボーカル教室FIG TREEと提携させていただくこととなりました! FIG TREEは「安心できる空間で、自由に楽しく音に触れる♪」をモットーとした、子どもから大人まで120名の生徒が通う海沿いの素敵なボーカル教室です。(HPはこちら→http://www.figtree.jp/)  (個性豊かなFIG TREEのスタッフさん〜^^!)  FIG TREEとは、これから定期的に音楽等のイベントを開催したり、Heart-ful の生徒さんがFIG TREEのライブに一緒に参加させていただいたりなど、深く楽しくつながっていくことになり、とてもワクワクしております!!  そして、早速ですが、、第1弾イベントを2本立てで、6月11日(日)開催することになりましたので、お知らせさせていただきます! *午前(11:00〜11:50)は、ダウン症のお子様を対象としたクラス 午後  (13:00〜13:50)は、発達障がいのお子様を対象としたクラスです。親子でふれあいながら歌ったり、音楽に合わせて身体を動かしたり、合奏を楽しんだりする音楽イベントです。  今回は「雨の音楽」をテーマに、雨や風の音、カエルの鳴き声の音がする楽しい民族楽器を「体験」するコーナーもあります~♪  *また、12:00〜13:00にはカフェランチ交流会を行う予定です。 (メニューは当日のお楽しみ・・・♡) CAFE FIG TREEの体に優しい、美味しいランチを食べながら、リラックスしてお話を楽しむ時間にできればと考えています♪ お子様同士・親御様同士の新しいツナガリが生まれる場となれば幸いです(*^^*) 以下詳細です。  *♪日時6月11日(日)◯ダウン症のお子様のクラス11:00〜11:50●カフェランチ交流会     12:00〜13:00◯発達障がいのあるお子様のクラス 13:00〜13:50(13:50終了後、個別相談可) ♪場所CAFE FIG TREE(アクセス→http://www.figtree.jp/access) ♪料金  1000円※ランチ代は別料金となります。(大人1000円、子ども350円)♪お申し込み・お問い合わせ(先着8組)ご興味のある方、お気軽に下記のメールアドレスまでお問い合わせをいただけたらと思います(*^^*)お申し込みにつきましては、2日前までにご連絡ください。notoko2523@gmail.com  ✳素敵な皆様とお会いできますことを楽しみにしております♪ 武藤 さきこ ----------------------------------------------------------------------障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室heart-ful musical art Labでは、体験レッスンを受付中です^^楽しいレッスンを体験してみませんか? ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!90分マンツーマン無料体験   レッスン』 詳しくはこちらをご覧ください♪✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎-----------------------------------------------------------------------

      44
      2
      テーマ:
  • 14 May
    • 涙がほろり、母の日レッスン♪

      昨日は何の日でしたっけ?そう!母の日ですね! 昨日のレッスンでは、生徒さんにある提案をしました。 それは・・・「お母さんのために感謝の気持ちを込めて歌おう!」というもの! 生徒さんに、「やってみる?」と聞くと、「うん!!!」という力強いお返事が♪ 選曲は、彼女の好きな、いきものがかりの『ありがとう』  お母さんの顔を見つめて、手振りをつけながら想いを込めて歌う姿に、お母さんの目には温かい涙が。私も見ていて胸がいっぱいになりました。  ちなみに歌い終わった後、「お母さん、喜んでくれたね! Nちゃんはどんな気持ち?」と聞いたところ・・・・ 「ハズーーー!!!」(恥ずかしい^^) という返事が返ってきました(笑) ”感謝を伝える”という意味合いをしっかり意識して取り組んでくれたのだな、と嬉しく思いました(^^)感謝を音楽にのせてみると、普段より少し素直になれる気がします♪ 武藤さきこ ----------------------------------------------------------------------障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室heart-ful musical art Labでは、体験レッスンを受付中です^^楽しいレッスンを体験してみませんか? ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!90分マンツーマン無料体験   レッスン』 詳しくはこちらをご覧ください♪✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎-----------------------------------------------------------------------

      48
      テーマ:
  • 10 May
    • GWの思い出♪〜バンド合宿〜

      こんにちは!heart-ful musical art Labの武藤さきこです。 久しぶりの更新となってしまいました。(反省)4月下旬〜5月上旬のことも駆け足でアップしていきたいと思います!今日はまず、GWの思い出について(*^^*)山梨へバンド合宿に行って参りました!     **4人の音がピッタリ合うように練習をしたり、(テンポを一度落として、少しずつ速くしていく) 曲の雰囲気や歌詞の意味に合わせて、演奏の仕方を変えたり・・・(切なげに、爽やかに、大人っぽく、機械のように等) じっくり時間を掛けて、仲間と一緒に音楽を作っていくというのは、いくつになってもワクワクします^^そして達成感も!!   (練習に飽きてきた時はカラオケタイムに限ります。笑)  **音楽教室やピアノの先生というと、クラシックをやっていて上品・・・♪というイメージをもたれる方が多いかもしれませんが、 私はポップスやロックといったジャンルも好きです(*^^*)(クラシックも大好きですが♪) そして、子どもたちにも様々なジャンルの音楽に触れて、好きなもの・夢中になれることを見つけてほしいという思いから、レッスンには様々ジャンルの音楽を取り入れています^^ ロックやポップスが好きまだ好きな音楽が見つかっていないお子様・親御様もお気軽に遊びにいらしてください♪  武藤さきこ----------------------------------------------------------------------障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室heart-ful musical art Labでは、体験レッスンを受付中です^^楽しいレッスンを体験してみませんか? ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!90分マンツーマン無料体験   レッスン』 詳しくはこちらをご覧ください♪✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎----------------------------------------------------------------------- 

      36
      テーマ:
  • 18 Apr
    • トアロード・アコースティック・フェス♪

      昨日は トアロード アコースティック フェスティバル2017に行ってきました!     三宮~元町にあるトアロード界隈のカフェや 旧小学校、ライブハウスを会場とし、 50組のアーティストが出演するイベントです♪ 今年はチケットがsold out になるほどの人気ぶり(^^)     春の陽気と神戸のロケーションを 楽しみながら、 それぞれの会場を巡り、         アコースティックの心地のよい音楽を ゆったりと楽しむ・・・ なんとも贅沢な時間でした(*^^*)     *** せっかくなので、 特に心に残ったアーティストを 2組ご紹介します♪     ♪ D.Wニコルズ 思わず笑顔になってしまうような、 元気が出る曲ばかりで、 子どもたちにも大人気でした(^^)   例えば、 「フランスパンのうた」の 歌詞はこんな感じ。   『人生はバランスが大切。  人生は長いよね、  長いといえばフランスパンだね。』   言葉遊びのような楽しさがありつつ。笑 日々の暮らしで大切にしたい 温かいメッセージが詰まっている印象でした(*^^*)     【D.W.ニコルズ ー フランスパンのうた】       ***   また、バンジョーという陽気な響きのギターと 綺麗にハモる歌声も素敵でした〜♪   【D.W.ニコルズ ー ハッピーラッキーデイ】           ***   ♪ 上白石 萌音 昨年の大ヒット映画「君の名」のヒロイン役と 挿入歌を担当した上白石萌音さん(*^^*)   透き通った真っ直ぐな声はスッと心に入り、 聴き惚れてしまいました〜。 ぜひ、こちらから聴いてみてくださいね。     【上白石萌音 ー なんでもないや】         【上白石萌音 ー 366日】         ***   私自身、 久しぶりのライブだったのですが、 音楽が大好きだと しみじみと感じた1日でした(^^)     当教室でも、 演奏者も聴いている人も、 「この瞬間に立ち会えて本当に嬉しい!!」 と思えるような感動の瞬間を 子どもたちと一緒に作っていきたいと思います!     今日も最後までお読みいただき、 ありがとうございました!   武藤 さきこ ----------------------------------------------------------------------- 障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室 heart-ful musical art Labでは、 体験レッスンを受付中です^^ 楽しいレッスンを体験してみませんか?   ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 『音楽の"好き"と"できる"を見つける! グッドポイント分析! 90分マンツーマン無料体験   レッスン』  詳しくはこちらをご覧ください♪ ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ -----------------------------------------------------------------------    

      62
      テーマ:
  • 07 Apr
    • 【シリーズ2-③】言葉が変われば、心が変わる!

      前回の記事では、 子どもの自己肯定感を育てるために ・挑戦する機会やよさを発揮できる役割を作ること ・適切な言葉かけやかかわり方を心がけること が重要であることをお伝えしました(^^) (前回の記事をまだ読んでいない方はこちらからどうぞ)   3回目の記事となる今回は、 ひとつ具体例を挙げて、 子どもの自己肯定感を育てる言葉かけ について考えていきます。       次のAくん、Bくんの気持ち、 そしてそれぞれのお母さんの気持ちを 想像しながら読んでみてください。     ・・・   小学校1年生のAくんとBくんは、 4日後のピアノの発表会にむけて毎日ピアノの練習をしていました。ただ、小学1年生ですから、ピアノに向かっても集中は長く続かないことが多く、お母さんがちょっと目を話すとすぐに違うことをしてしまいます。   (B親子の場合) B母  「ちょっと!何やってるの?       ちゃんとやらなきゃだめでしょ、時間ないよ!           Aくんはもっと練習してるよ!           ちゃんとがんばんなさい。」 Bくん「もう、分かってるよ。    (・・・やろうと思ってたのに。)」   Bくんは渋々ピアノには向かいますが、 意欲がわきません。 お母さんはBくんが練習を始めたので、 声を掛けずに家事に戻りました。 しかし、また少しするとBくんはピアノとは違うことを 始めてしまうのでした。       ・・・   (A親子の場合) A母 「Aくん、今は何をする時間だった?」 Aくん「・・・ピアノの練習」 A母 「ピアノを練習してるときのAくんはすごくかっこいいよ〜?もう一回お母さんに弾いて聴かせてほしいな!」   Aくんはピアノに向かいます。   A母  「聴かせてくれてありがとう! すぐ切り替えができたね、えらかったな〜! あと20分練習したら、おやつにしようか! 頑張れるかな?」 Aくん「うん!ぼくがんばる!    (・・・よし、おやつまで頑張るぞ!」   お母さんは笑顔で家事に戻りました。 Aくんはその気になり、 その後20分間、集中して練習することができました。   ・・・   両方共、よくある親子の光景です。 Aくん母もBくん母も、 ”ピアノの発表会で悔いが残らぬように 今はピアノに集中するんだよ” という同じ想いを伝えています。   ところが、 こどもたちの心境は どうでしょうか?   Bくんはこのやりとりを通して、 ピアノへのモチベーションが下がってしまうだけでなく、 自己肯定感の成長が低くなってしまう可能性 さえあります。   たとえば、 「だめ」「時間がない」といった 否定的な言葉を言われ続けていると、 ピアノの練習をポジティブに捉えることは難しくなっていきますし、「自分はどうせだめな子だ。」 という自分のことを否定的に捉える感情が 強くなってしまう可能性が高いです。     また、 「Aくんはもっと練習しているよ」といった、 他のこどもと比べられることで力が発揮されるかどうかは、本人の性格や状況次第です。   少なくともこのケースでは、 お母さんに叱られている状況ですので、 他人と比べられることは拒否感情を煽り、 お母さんの話を素直に聞けなくなってしまうでしょう。       ・・・   一方、A親子はどうでしょうか。   まずはじめに 「今は何をする時間?」とヒントを与えて、 Aくんに自分で考える時間を作り、 自分でやるべきことに気付けるように アプローチしています。 (大人でも言われてからやるのと、自分で気づいてやるのとでは、取り組む気持ちが変わりますよね^^)     また、 「お母さんに聴かせて」というアプローチは (自己有用感=必要とされる感覚) に訴えかける方法です。 「ピアノを弾くとお母さんが喜んでくれる!」 というのはモチベーションにつながります。     さらに、 「ピアノを練習している姿」 「切り替えができたこと」など Aくんの頑張りを認めて褒めています。 (自己効力感=できるという感覚)   A母は、 ピアノの演奏スキルではなく、 努力することの大切さや尊さをAくんに伝えています。 それによって育った自己肯定感は、 当然ピアノ以外にも活きると想像できます^^   ・・・   今日の例からもわかるように 大人がいかに接するかで 子どもの自己肯定感の成長は 大きく変わります。   ですので、 子どもとかかわる大人(親御様、教員など全ての方)は 正しい知識を身につけて、 適切なアプローチで成長を促す必要があると考えています。   私がheart-ful musical art Labで 実現したいのはこの部分です。   個別レッスンを通して、 子どもの自己肯定感を育てるとともに、 親子カウンセリングを通じて、 親御さまに適切な関わり方をお伝えしています。       ここまで読んでくださった方は お気づきかと思いますが、 相手の自己肯定感を大切に行動を促すアプローチは、 親子の関係にとどまらず、 夫婦仲、職場同士など どんな関係性にも応用ができます(^^) (これは、接する相手にとってよいだけでなく、  自分が楽しく、穏やかに楽に接するコツでもあります。)   ・・・・ 興味をもっていただけた方、 もっと詳しく知りたい方は こちらの本が分かりやすくておすすめですので、 ぜひ読んで深めていただければと思います♪     今日も長くなってしまいましたが、 最後までお読みいただき、ありがとうございました!   武藤 さきこ ----------------------------------------------------------------------- 障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室 heart-ful musical art Labでは、 体験レッスンを受付中です^^ 楽しいレッスンを体験してみませんか?   ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 『音楽の"好き"と"できる"を見つける! グッドポイント分析! 90分マンツーマン無料体験   レッスン』  詳しくはこちらをご覧ください♪ ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ -----------------------------------------------------------------------  

      63
      テーマ:
  • 28 Mar
    • 【シリーズ2-②】自信を育てる2つの軸

      前回の記事では、 シリーズ2の初回として、 自己肯定感が高い状態・低い状態の違いから、 自己肯定感の大切さについて お伝えさせていただきました。 (前回の記事をまだ読んでいない方はこちらからどうぞ^^)     2回目となる今日の記事では、 自己肯定感を育てる2つの軸 について、お話していきたいと思います。     自己肯定感は大別すると 次の2つの要因からできています。   1.  自己効力感 2.  自己有用感   1. 自己効力感とは、 「できる、できた」という感覚のこと。 自分自身の長所や得意なこと、達成したこと等を自覚し、 肯定的に考えられるマインドです。       2. 自己有用感は、 「必要とされている」という感覚のこと。 自分の存在感や役割のやりがいを感じて、 自分を肯定的にとらえられるマインドです。         具体例を挙げると、次のようになります。 自分のことを肯定的にとらえる能力の 重要性が伝わるのではないでしょうか?     自己効力感 自己有用感 高い状態 「私はピアノが弾ける」、「私は友達に優しくできる。」 (特技、長所) 「テストで100点採れた!」、「部活を頑張れた!」 (達成感) 「飼育係を任された!頑張ろう!」、 (役割) 「お手伝いをしたらお母さんが喜んでくれた」 (やりがい) 「おばあちゃんは私に会うのを楽しみにしている!」 (存在感) 低い状態 「(失敗した時に)やっぱり私には無理。こんなんだから私はだめなんだ。」 「どうせ失敗するかもしれないからやりたくない。」 「私がいなくても、誰も困らないじゃない。いない方がいいのかも。」 「やっぱり、必要とされてないんだ。」 「ほっといてよ!」       それぞれのマインドが育っていく環境に着目すると、 1. 自己効力感は  自分自身のチャレンジと経験によって育つ   2. 自己有用感は  他人とのかかわりや集団の中で育つ   という特色があります。   つまり、周りの大人としては、 子ども自身が挑戦する機会、よさを発揮できる役割を作ること、 そして適切な言葉かけやかかわり を行い、認めていくということが重要なのです。       次回の記事では 具体例を交えながら書きたいと思います。 キーワードは「言葉かけ」です(^^) 今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!   武藤さきこ   ----------------------------------------------------------------------- 障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室 heart-ful musical art Labでは、 体験レッスンを受付中です^^ 楽しいレッスンを体験してみませんか?   ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 『音楽の"好き"と"できる"を見つける! グッドポイント分析! 90分マンツーマン無料体験   レッスン』  詳しくはこちらをご覧ください♪ ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ -----------------------------------------------------------------------  

      37
      テーマ:
  • 22 Mar
    • 【シリーズ2-①】自信を育てる子どもとのかかわり

      シリーズ2では、 自信を育てる子どもとのかかわり について書いていきます。   私のブログでは以前にも何度か書いていますが、 特別支援学校の教員時代に とても気になっていたのは 自己肯定感の低い子どもたちが多いことでした。     どんなところに 自己肯定感の低さが表れるかというと ・・・・   例えば、 ・やったことがないことや難しいと思うことへの挑戦を拒む。 ・失敗することを極端におそれる。 ・「だめ」「違う」などの、否定的な言葉に敏感。 ・他人と比べられることを嫌う。 ・人に対して批判的・攻撃的になってしまう。 などです。   ・・・・ きっかけは様々だと思いますが、 ・苦手なことが多く、できないことで1日中叱られる。 ・一生懸命頑張っていてもやる気がないと責められる。 ・友達にできることが自分にはできなかった。     このような失敗体験(彼ら自身が失敗と思ってしまう体験)を重ねて 自信を喪失してしまうケースが多いです。     もし、彼らの自己肯定感が育てばどう変わるのか。   ・・・・ 例えば ・私ってすごい!こんなことができる! ・やればきっとできる!やってみたい! ・私の頑張りが届いた! ・みんなの役に立っている!みんなが喜んでくれて私も嬉しい。   ・・・・ このように 同じ体験、同じ課題にぶつかったとしても、 物事の捉え方が大きくかわります。   挑戦自体が楽しくなります。 つまずいても、ここぞという時に頑張ることができます。 自分の頑張りを自分で認めてあげられます。   自分をどのように捉えるかによって、 その人の振る舞いや成果、 さらには人生の幸福感までもが変わってくるのではないでしょうか?     次回の記事では、 子育ての軸となる自己肯定感について書きます。  次回の記事も是非チェックください(^^) 今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!   武藤さきこ ----------------------------------------------------------------------- 障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室 heart-ful musical art Labでは、 体験レッスンを受付中です^^ 楽しいレッスンを体験してみませんか?   ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 『あなたの"好き"と"できる"を見つける! グッドポイント分析! 90分マンツーマン無料体験   レッスン』  詳しくはこちらをご覧ください♪ ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ -----------------------------------------------------------------------      

      53
      テーマ:
  • 16 Mar
    • キーボード導入で気分上々!

      障がいのある子どもたちの 自己肯定感を育てる音楽教室 heart-ful musical art Labの武藤さきこです。   つい先日、三ノ宮の町でふらっと立ち寄った中古楽器屋さんで、 キーボードをゲットしてきました!     柔らかい音色と軽いタッチ。 ボックス型の鍵盤と 赤のラインの入った配色が本物のピアノに近いのも嬉しいところ(^^)     コンパクトなので、どんなお宅&施設でも設置に困りません♪ これからは訪問レッスン時には、キーボードを背負って伺いますよ!     hear-ful musical art Labでは、 訪問レッスンも受け付けております。(関西圏限定) ご自宅に楽器がなくてもご心配なさらず(^^) まずはお気軽に無料体験レッスンをお申し込みください♪   ----------------------------------------------------------------------- 障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室 heart-ful musical art Labでは、 体験レッスンを受付中です^^ 楽しいレッスンを体験してみませんか?   ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 『あなたの"好き"と"できる"を見つける! グッドポイント分析! 90分マンツーマン無料体験   レッスン』  詳しくはこちらをご覧ください♪ ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ -----------------------------------------------------------------------   武藤さきこ  

      33
      テーマ:
  • 14 Mar
    • 体験レッスンの感想〜こんなことができるんだ!〜

      3月に入り、新生活に向けて 体験レッスンのお申込みを多数いただいております!   今日の生徒さんは先週卒業式を迎えたばかりの高校3年生。 お母さんからのお話では、 「4月から新社会人として働き始める中で、  週末は大好きな音楽でリフレッシュできるように  お教室を始めたい」とのことでした。   今日の体験レッスンは、 事前にお好きだとお聞きしていた曲を中心に プログラムを設定しました^^   ・〈歌唱〉彼女の大好きな、いきものがかりの『ありがとう』 ・〈器楽〉『きらきら星』をピアノ連弾で♪ ・〈ダンス〉は星野源の『恋』を体験レッスン用の簡単アレンジで♪       「楽しい!」と感じられることを大切に!    実は私の頭の中はフル回転で、     ・今の段階でどんなことができるのか。  ・どんな良さをもっているのか。  ・課題は何か。  ・関心が強いものは何か。  ・これから一緒にどんな未来を作っていけそうか。    じっくり見ていきました(^^)   途中、少しつまずいたところも、 視点を変えてアプローチすると3回目でできるように!   すると本人は嬉しそうにニヤリ。 また、お母さんから思わず、 「今、いけましたね!  ◯◯ちゃんすごい〜!」   できたことを生徒さんご本人と、お母さんと一緒に喜べることを 本当に嬉しく思いました!       以下感想の一部をご紹介です。   ♪ーーーーーー   ・訪問でレッスンをしてもらえることがありがたいです。   ・人見知りをするかと思って心配していたけれども、  和やかな雰囲気の中ですぐに打ちとけて、  レッスンを受けられて安心しました。   ・歌・ピアノ・ダンスを勉強する姿は初めて見ました。  いろんなことができることにびっくりしました!  生き生きとしている姿が見られて、  親としてもとても嬉しいです。   ・学校を卒業しても、これからの成長が楽しみです!   ーーーーーー♪     リズム感がとてもよく、ノリノリなダンスが特に素敵なNちゃん! 抜群のセンスがこれからどのように伸びていくか、 どんな未来を一緒に作っていけるか、 これからがとても楽しみです!     ----------------------------------------------------------------------- 障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室 heart-ful musical art Labでは、 体験レッスンを受付中です^^ 楽しいレッスンを体験してみませんか?   ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 『あなたの"好き"と"できる"を見つける! グッドポイント分析! 90分マンツーマン無料体験   レッスン』  詳しくはこちらをご覧ください♪ ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ ----------------------------------------------------------------------- 武藤さきこ      

      23
      テーマ:
  • 28 Feb
    • 20歳になった卒業生〜成人を祝う会〜

      先週末は、はるばる東京へ。特別支援学校で担任をしていた卒業生の成人を祝う会へ参加してきました(*^^*) 私が教員になって初めて受け持った学年で、卒業までの3年間を共に過ごした生徒たち。 卒業して以来、2年ぶりの再会をとても楽しみに待っていました!! (毎日通勤時に見ていたスカイツリーとも久々の再会^^) ・・・・・会場に入ると、、なつかしい顔ぶれ。ついこの間まで制服を着ていた生徒たちが、今日はスーツやドレスを着こなし、メイクもしている・・!! 「大塚先生〜!!」「先生、お仕事頑張ってます!!」 あの頃と変わらない笑顔と元気な声に囲まれ、一緒に再会を喜んでいると、2年前にタイムスリップしたようでした。笑 (お母さんたちとの思い出話も大いに盛り上がりました^ ^!!)  ・・・・2年前。卒業間近の高校3年生の生徒たちは、企業や作業所での慣れない現場実習に挑んでいました。 これから社会に出て行くという不安を抱えながらも、生徒もご家族も教員も一緒になって悩み・励ましあった日々を思うと、みな晴れやかな表情で再会できた今日の日は、大変特別に感じました。  新成人のみなさん、20年間支えてこられたご家族のみなさん、本当におめでとうございます。これからも幸せな出会いに恵まれて、自分のよさを発揮して活躍していけますよう願っています。武藤  さきこ -----------------------------------------------------------------------障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室heart-ful musical art Labでは、体験レッスンを受付中です^^楽しいレッスンを体験してみませんか? ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!90分マンツーマン無料体験   レッスン』 詳しくはこちらをご覧ください♪✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎-----------------------------------------------------------------------   

      58
      テーマ:
  • 15 Feb
    • 音楽療法セッション♪〜手と手でLowタッチ〜

      今日は月に一度お伺いしている大阪の老人ホームへ、 音楽療法のセッションに行ってきました(*^^*) いつも利用者の方同士のボケとツッコミが飛び交う、 浪速の賑やかな施設です♪     高齢者音楽療法セッションで、 私がとても楽しみにしている活動の一つが 『LOWタッチ』というものです。     HIGHタッチを座ったままの状態で行うので、 LOWタッチと呼んでいます。   活動の流れはこのような感じです。 ①セラピストと参加者の方が1対1で向き合い、両手の平を合わせる。 ②セラピストが参加者の方と手を平を打ち合わせながら、 『ごきげんいかが♪』と歌いかける。 ③参加者の方に、その日の気分を『元気です〜♪』や『眠た〜いわ〜♪』等、  創作の歌で返していただく。といった流れです。   相手の方の呼吸、 手の平の温度や柔らかさ、 真正面から見た表情、 想い想いの言葉による歌声。   1つとして同じものは無い、 その方の情報を 私の手や目、耳、全身を通して感じ取ることのできる瞬間です。   つくづく人の身体は最高の楽器だなと感じます^^ 少し照れたような素の笑顔が見られたり、 元気な反応を引き出せると喜びもひとしおです!     日常ではなかなかない、 真正面で向き合い、超至近距離で歌いかけ合うという活動。 参加者の皆さんにも人気の活動の一つです♪     ・・・・・・ 実は体に触れ合うと、 オキシトシンという愛情ホルモンが 分泌されて幸せな気持ちになるのだそうですよ^^     音楽療法の場面に限らず、 大切なお子様やご両親、パートナーとのかかわりの中で、   手をぎゅっと握ったり、頭をなでたり、 抱きしめたり、肩を揉んだり。 意識的に取り入れてみてくださいね(*^^*)     ・・・・・ さて、今日は最後に ”手”にちなんだ私の好きな曲 「手と手」をご紹介します♪ かりゆし58の明るいサウンドが気に入っています^^ (ああ沖縄にいきたい〜〜笑)     よかったら聞いてみてくださいね^^ 今日もブログを見てくださり、ありがとうございました!   武藤さきこ ----------------------------------------------------------------------- 障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室 heart-ful musical art Labでは、 体験レッスンを受付中です^^ 楽しいレッスンを体験してみませんか?   ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 『音楽の"好き"と"できる"を見つける! グッドポイント分析! 90分マンツーマン無料体験   レッスン』  詳しくはこちらをご覧ください♪ ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ -----------------------------------------------------------------------    

      51
      テーマ:
  • 10 Feb
    • どうして障害のある子どもたちの先生になったの?

      特別支援学校の教員として働いていた頃から、 よく質問されていたことの1つが どうして 障がいのある子どもたちと かかわる仕事を選んだのか? ということ。   今日はそのことについて 書いていきたいと思います^^   それは、 ある一人の男の子との出会いがきっかけです。   大学生の冬。 教員免許を取るための介護体験にて、 私は肢体不自由の子どもたちが通う学校へ実習に行き、 その男の子と出会いました。     ・・・・ 車椅子に乗ったその男の子は、 ずっと険しい顔で、時折大きな声を出していて、 その子のフラストレーションは私に十分に伝わっていました。   言葉が話せない子でしたが、気持ちを理解したくて、 その子に話かけようとしたその時、   「この子は手が出ますから、  近づかないでください!!」 と、職員の方から強く注意を受けました。   当時の私はとてもショックでした。 学校の中で”近づかないように”と言われる子どもがいる。 それっておかしい、けど、どうすることもできない。。     ・・・・ そして次の日の実習でも 男の子の様子は1日目と変わらず、 ずっとイライラした様子。 険しい表情で物を投げたり、 周りの先生を叩いたりしていました。     そんな中、 私はクラスの先生から15分間の時間をもらい、 歌のミニコンサートを開くことになりました。   子どもたちの前で私が歌い始めた時、 あの男の子に変化が見られたのです。     さっきまでイライラいていた男の子の表情は穏やかになり、 いつしか とびきりの笑顔に…!!   手をふってリズムをとる様子もあり、 一緒に音楽を楽しんでいるという実感がありました。   そして、歌い終わった時。 彼は腹ばいで私の近くに来て 優しくトントンと 私の体に触れたのです。   この時の温かい気持ち。 純粋な子どもの感情に触れたときの感動そのものでした。   彼は言葉を話すことはできません。それでも、 「歌が好き」「もっと歌って」というメッセージが 十分すぎるくらいに伝わってきました。     同時にこのとき、 実習中に感じていたモヤモヤが晴れ、 ストンとお腹におちてきました。   彼の素敵な笑顔やコミュニケーションが 音楽によって引き出されたように、 それぞれの子どもにあった コミュニケーションの方法が見つかれば、 この子たちの感情や魅力はもっともっと伝わるはず。     普通学級の子どもたちよりも、 障がいある子どもたちは、その子の特性を理解したり、 適した指導・支援を考えたりすることが難しいかもしれません。     その分、一人一人の子どもとじっくり時間をかけて向き合い、 子どもたちの可能性を引き上げていく。 この丁寧なやり方が自分に合っていると感じました。   そして、 子どもたちの感性や表現力、伝える力を 音楽が引き出す。 その可能性を強く感じたのです^^     ・・・・・・ これが、 私の障がいのある子どもたちとのかかわりの原点です。 伝わったでしょうか?^^ 今でも思い出すと、胸が熱くなる大切な記憶です。   すべてはここから。この出会いから、 音楽療法の研究や特別支援教育についての 学びの日々が始まったのでした!   長くなってしまいましたので、今日はここまでにしますね^^ 最後までブログを見てくださり、ありがとうございました!   武藤 さきこ ----------------------------------------------------------------------- 障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室 heart-ful musical art Labでは、 体験レッスンを受付中です^^ 楽しいレッスンを体験してみませんか?   ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 『音楽の"好き"と"できる"を見つける! グッドポイント分析! 90分マンツーマン無料体験   レッスン』  詳しくはこちらをご覧ください♪ ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ -----------------------------------------------------------------------  

      20
      2
      テーマ:
  • 06 Feb
    • 【シリーズ1-③】教室を抜け出す子の気持ち 後編

       先日お伝えしたAくんの問題行動の対応についてお伝えします。(前回の記事『シリーズ1−② 教室を抜け出す子の気持ち』については、こちらをチェックしてくださいね。 ) 前回のつづき。 教室を抜け出してしまうお調子者のAくんの行動は、次のように分析できました。 ①(環境)先生が見ていない時に②(行動)教室を抜け出すと③(結果)先生が自分のところに来てくれる つまり、Aくんの行動は『自分に注目して!』を満たすための行動だったのです!  では、ここで「勝手に抜け出すことを止めさせる」ために、考えるべき指導は大きく2つあります。  ①消去:行動の結果を変えて、「行動の機能」を消去すること。例)Aくんが教室を抜け出しても、先生は関心を向けず追いかけない。  ②代替行動:異なる行動で、同じ結果が得られるようにすること。例)Aくんが元気に挨拶できたら、先生が沢山褒める。 もう少し具体的に言うと、①消去は、教室を抜け出しても、欲求が満たされないように操作することです。Aくんにとって、自己注目を受けられない教室の脱走は、意味がなくなってしまいますので、時間がたつと止めるようになります。 (ただし今回の場合、①についてはやはり難しいと思います。 Aくんに危険が伴うため、先生として見て見ぬふりはできないからです^^;) ②代替行動は、「教室を抜け出す」以外の行動に対し、欲求が満たされるよう積極的に働きかけることす。私が実際に行ったのは、こちらの指導です。 具体的には、『Aくんがんばりカード』です。  (1)Aくん専用のポイントカードを用意しました。(彼の大好きなアイドル仕様^ ^)(2)係の仕事や授業の課題ができたら先生のところにカードを持って行き、「できました」と報告をしてもらいました。(3)そのときに、「すごいね~!できるじゃん!やっぱりAくんはかっこいいいな~!Aくんがいてくれて本当に助かる!ありがとう!」など、先生がめちゃめちゃ褒めます。笑(4)さらに30ポイントたまると、みんなの前で賞状がもらえると約束しました。 ・・・結果、彼の欲求はプラスの行動で満たされるようになり、彼の教室を抜け出すというマイナス行動は少しずつ減少していったのです。(褒められて得意げにポーズを決めたり、カードを嬉しそうに眺めていたりするAくんの様子を今でもよく覚えています^^)  とてもシンプルな対応ですが、指導の前後では、Aくんも、周りの大人にも大きな違いがあることが伝わるでしょうか? 指導前はAくんは「見てほしい」という気持ちを伝えると大人が困り、Aくん自身も怒られてしまう。 それが、指導後はAくんは正しい方向で気持ちを伝えるために頑張ることができ、大人たちも心からAくんを褒めてあげられる。   このように、ABAを用いた指導は、本人の自己肯定感を高めながら成長を促す効果があります。 それだけでなく、周りの大人も効率的に・穏やかに指導・支援をすることができるというのはとても嬉しいことですよね^^  ・・・さて、今日まで3回に渡って、シリーズ1「できないことをできるに変えるメソッド」では、ABA(応用行動分析)についてお伝えさせていただきました。いかがでしたか?^ ^ heart-ful musical art Labでは、ABA(応用行動分析)に基づいたオーダーメイドレッスンを組み立てることで、自己肯定感を高めながら、確かなスキルを身につける指導を行っています。   次回からは、heart-ful musical art Labの想いや具体的な指導方法について書いていきます^^ 今日もブログを見てくださり、ありがとうございました! 武藤 さきこ-----------------------------------------------------------------------障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室heart-ful musical art Labでは、体験レッスンを受付中です^^楽しいレッスンを体験してみませんか? ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎『あなたの"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!90分マンツーマン無料体験   レッスン』 詳しくはこちらをご覧ください♪✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎-----------------------------------------------------------------------     

      10
      テーマ:
  • 29 Jan
    • 【シリーズ1-②】 教室を抜け出す子の気持ち 前編

      今日は、私が特別支援学校で担任をしていたクラスの子のこんな一幕をご紹介します。 私のクラスのAくんは、クラスではお調子者でムードメーカー的な存在の男の子。 教員とのコンプライアンスは比較的良かったのですが、、 「教員が見ていない隙に 教室を抜け出していなくなってしまうという問題行動」が目立つ子でした。  教員としては、目の届かぬところで怪我をしてしまったり、校外に遊出してしまったら大変ですから、それはもう必死に探して見つけます。 Aくんもその度に、私や他の先生方から厳しく叱られ、時には泣きながら反省するのでした。 しかし、次の日にはまた同じ行動を・・・。 ・・・ さて、このAくんの行動、教員の立場からしたら「教員を困らせる行動」と捉えがちですが、ABAの視点から見るとこうなります。①(環境)先生が見ていない時に②(行動)教室を抜け出すと、③(結果)先生が自分のところに来てくれる。 つまり、Aくんからすると、「教室を抜け出す」という行動をすることで、「先生が自分に注目して来てくれる」という結果を生み出している。 もともとお調子者のAくんにとって、注目が集まることが喜びであったのは言うまでもありません^^笑泣きながら反省するのに、何度も繰り返してしまう理由はここにあったのです! (ABAの考え方についてお忘れの方は、前回の記事をご覧になってください^^) いかがでしょうか!?私は、言語聴覚士の先生から、初めて、こういった分析方法を学びましたが、当時の私は、本当に「目からウロコ」といった気分でした!!  このようにABAでは、本人の立場に立って「行動の持つ機能」に着目します。行動そのものよりも、行動で得られる結果、環境の変化に注目するということです^^  では、Aくんにこの後、どう対応をしたのかと良いますと、、、。 今日は長くなってしまったので続きはまた次の記事で続きを書きますね^^今日も読んでくださり、ありがとうございました! 武藤 さきこ-----------------------------------------------------------------------障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室heart-ful musical art Labでは、体験レッスンを受付中です^^楽しいレッスンを体験してみませんか?  ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎『あなたの"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!90分マンツーマン無料体験   レッスン』 詳しくはこちらをご覧ください♪✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎----------------------------------------------------------------------- 

      16
      テーマ:
  • 28 Jan
    • 【シリーズ1-①】「できない」とあきらめていたことを「できる」に変えるメソッド!

      こんにちは!障がいのある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室heart-ful musical art Lab主宰の武藤さきこです♪今日もブログを見てくださり、ありがとうございます。 本日より数日にわたり、heart-ful musical art Labの理念のベースとなっている、【シリーズ1】「できない」とあきらめていたことを「できる」に変えるメソッドについて書いていきたいと思います。 まずはじめにお伝えしておきますが、障がいの有無にかかわらず、お子様の能力は正しい理論のもと、適切なトレーニングを積むことで格段に伸ばすことが可能です。  さて、タイトルにある「できない」とあきらめていたことを、「できる」に変えるメソッドとは、ABA(応用行動分析)です。ご存知でしょうか? ABAとは、Applied Behavior Analysisの略で、発達障がいの子どもたちの療育方法として、日本ではまだまだ認知が低いですが、アメリカでは最もポピュラーな方法で、科学的に効果が実証されている療育方法です。 基本的な考え方は、人の行動は「環境によって引き起こされ、結果(周囲の反応、変化)によって強化される」というものです。 例えば、一つ例を挙げます。①(環境)スーパーで好きなお菓子が目の前にある時②(行動)泣いて駄々をこねると③(結果)お母さんが買ってくれた。 よくある風景ですよね^^この「駄々をこねる」という行動は、親御さんからしたら、『困った行動』ですが、子どもからしたら、泣いて駄々をこねることが、好きな食べ物を手に入れる『有効な手段である』という認識になります。  ではもし、「泣いて駄々をこねる」行動を直したいと思ったら、みなさんならどうしますか? ABA療育の考え方では①の環境を変える、もしくは③の反応(結果)を変える、もしくは反応しないという方法をとります。 例えば、③の対応として、「泣いて駄々をこねたとしてもお菓子を買わない」という反応を1週間続けます。 はじめはいつにも増して大きな声で泣いてしまうかもしれませんが、すぐに落ち着くようになり、一週間経つ頃にはスーパーでお菓子を見ても泣いて駄々をこねるという行動はしなくなります。この時、子どもにとっては、駄々をこねることがお菓子を買ってもらうための『有効でない手段』に替わったためです。 ABAでは人の行動をどのように捉え、いかに療育をするか、伝わったでしょうか?^^ 今日は長くなってしまったので、ここまでにしたいと思います。  次回も引き続き、ABAについてより詳しくお伝えしていきます。 どうぞ、お楽しみに(*^^*) 武藤 さきこ----------------------------------------------------------------------- heart-ful musical art Labでは、無料体験レッスンを受付をしております。楽しいレッスンを体験してみませんか? ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎無料体験レッスン受付中!詳しくはこちらをご覧ください♪✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ -----------------------------------------------------------------------      

      38
      テーマ:

プロフィール

障害児の自信を育てる音楽教室@武藤さきこ

お住まいの地域:
兵庫県
自己紹介:
はじめまして。 『障がいのある子どもたちの 自己肯定感を育てる音楽教室 heart-ful m...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旧ランキング

このブログは旧ランキングに参加していません。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。