• 15 Feb
    • 音楽療法セッション♪〜手と手でLowタッチ〜

      今日は月に一度お伺いしている大阪の老人ホームへ、 音楽療法のセッションに行ってきました(*^^*) いつも利用者の方同士のボケとツッコミが飛び交う、 浪速の賑やかな施設です♪     高齢者音楽療法セッションで、 私がとても楽しみにしている活動の一つが 『LOWタッチ』というものです。     HIGHタッチを座ったままの状態で行うので、 LOWタッチと呼んでいます。   活動の流れはこのような感じです。 ①セラピストと参加者の方が1対1で向き合い、両手の平を合わせる。 ②セラピストが参加者の方と手を平を打ち合わせながら、 『ごきげんいかが♪』と歌いかける。 ③参加者の方に、その日の気分を『元気です〜♪』や『眠た〜いわ〜♪』等、 創作の歌で返していただく。といった流れです。   相手の方の呼吸、 手の平の温度や柔らかさ、 真正面から見た表情、 想い想いの言葉による歌声。   1つとして同じものは無い、 その方の情報を 私の手や目、耳、全身を通して感じ取ることのできる瞬間です。   つくづく人の身体は最高の楽器だなと感じます^^ 少し照れたような素の笑顔が見られたり、 元気な反応を引き出せると喜びもひとしおです!     日常ではなかなかない、 真正面で向き合い、超至近距離で歌いかけ合うという活動。 参加者の皆さんにも人気の活動の一つです♪     ・・・・・・ 実は体に触れ合うと、 オキシトシンという愛情ホルモンが 分泌されて幸せな気持ちになるのだそうですよ^^     音楽療法の場面に限らず、 大切なお子様やご両親、パートナーとのかかわりの中で、   手をぎゅっと握ったり、頭をなでたり、 抱きしめたり、肩を揉んだり。 意識的に取り入れてみてくださいね(*^^*)     ・・・・・ さて、今日は最後に ”手”にちなんだ私の好きな曲 「手と手」をご紹介します♪ かりゆし58の明るいサウンドが気に入っています^^ (ああ沖縄にいきたい〜〜笑)     よかったら聞いてみてくださいね^^ 今日もブログを見てくださり、ありがとうございました!   武藤さきこ ----------------------------------------------------------------------- 障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室 heart-ful musical art Labでは、 体験レッスンを受付中です^^ 楽しいレッスンを体験してみませんか?   ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 『音楽の"好き"と"できる"を見つける! グッドポイント分析! 90分マンツーマン無料体験   レッスン』  詳しくはこちらをご覧ください♪ ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ -----------------------------------------------------------------------    

      45
      テーマ:
  • 10 Feb
    • どうして障害のある子どもたちの先生になったの?

      特別支援学校の教員として働いていた頃から、 よく質問されていたことの1つが どうして 障がいのある子どもたちと かかわる仕事を選んだのか? ということ。   今日はそのことについて 書いていきたいと思います^^   それは、 ある一人の男の子との出会いがきっかけです。   大学生の冬。 教員免許を取るための介護体験にて、 私は肢体不自由の子どもたちが通う学校へ実習に行き、 その男の子と出会いました。     車椅子に乗ったその男の子は、 ずっと険しい顔で、時折大きな声を出していて、 その子のフラストレーションは私に十分に伝わっていました。   言葉が話せない子でしたが、気持ちを理解したくて、 その子に話かけようとしたその時、   「この子は手が出ますから、 近づかないでください!!」 と、職員の方から強く注意を受けました。   当時の私はとてもショックでした。 学校の中で”近づかないように”と言われる子どもがいる。 それっておかしい、けど、どうすることもできない。。     ・・・・ そして次の日の実習でも 男の子の様子は1日目と変わらず、 ずっとイライラした様子。 険しい表情で物を投げたり、 周りの先生を叩いたりしていました。     そんな中、 私はクラスの先生から15分間の時間をもらい、 歌のミニコンサートを開くことになりました。   子どもたちの前で私が歌い始めた時、 あの男の子に変化が見られたのです。     さっきまでイライラいていた男の子の表情は穏やかになり、 いつしか とびきりの笑顔に…!!   手をふってリズムをとる様子もあり、 一緒に音楽を楽しんでいるという実感がありました。   そして、歌い終わった時。 彼は腹ばいで私の近くに来て 優しくトントンと 私の体に触れたのです。   この時の温かい気持ち。 純粋な子どもの感情に触れたときの感動そのものでした。   彼は言葉を話すことはできません。それでも、 「歌が好き」「もっと歌って」というメッセージが 十分すぎるくらいに伝わってきました。     同時にこのとき、 実習中に感じていたモヤモヤが晴れ、 ストンとお腹におちてきました。   彼の素敵な笑顔やコミュニケーションが 音楽によって引き出されたように、 それぞれの子どもにあった コミュニケーションの方法が見つかれば、 この子たちの感情や魅力はもっともっと伝わるはず。     普通学級の子どもたちよりも、 障がいある子どもたちは、その子の特性を理解したり、 適した指導・支援を考えたりすることが難しいかもしれません。     その分、一人一人の子どもとじっくり時間をかけて向き合い、 子どもたちの可能性を引き上げていく。 この丁寧なやり方が自分に合っていると感じました。   そして、 子どもたちの感性や表現力、伝える力を 音楽が引き出す。 その可能性を強く感じたのです^^     ・・・・・・ これが、 私の障がいのある子どもたちとのかかわりの原点です。 伝わったでしょうか?^^ 今でも思い出すと、胸が熱くなる大切な記憶です。   すべてはここから。この出会いから、 音楽療法の研究や特別支援教育についての 学びの日々が始まったのでした!   長くなってしまいましたので、今日はここまでにしますね^^ 最後までブログを見てくださり、ありがとうございました!   武藤 さきこ ----------------------------------------------------------------------- 障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室 heart-ful musical art Labでは、 体験レッスンを受付中です^^ 楽しいレッスンを体験してみませんか?   ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 『音楽の"好き"と"できる"を見つける! グッドポイント分析! 90分マンツーマン無料体験   レッスン』  詳しくはこちらをご覧ください♪ ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ -----------------------------------------------------------------------  

      17
      テーマ:
  • 06 Feb
    • 【シリーズ1-③】教室を抜け出す子の気持ち 後編

       先日お伝えしたAくんの問題行動の対応についてお伝えします。(前回の記事『シリーズ1−② 教室を抜け出す子の気持ち』については、こちらをチェックしてくださいね。 ) 前回のつづき。 教室を抜け出してしまうお調子者のAくんの行動は、次のように分析できました。 ①(環境)先生が見ていない時に②(行動)教室を抜け出すと③(結果)先生が自分のところに来てくれる つまり、Aくんの行動は『自分に注目して!』を満たすための行動だったのです!  では、ここで「勝手に抜け出すことを止めさせる」ために、考えるべき指導は大きく2つあります。  ①消去:行動の結果を変えて、「行動の機能」を消去すること。例)Aくんが教室を抜け出しても、先生は関心を向けず追いかけない。  ②代替行動:異なる行動で、同じ結果が得られるようにすること。例)Aくんが元気に挨拶できたら、先生が沢山褒める。 もう少し具体的に言うと、①消去は、教室を抜け出しても、欲求が満たされないように操作することです。Aくんにとって、自己注目を受けられない教室の脱走は、意味がなくなってしまいますので、時間がたつと止めるようになります。 (ただし今回の場合、①についてはやはり難しいと思います。 Aくんに危険が伴うため、先生として見て見ぬふりはできないからです^^;) ②代替行動は、「教室を抜け出す」以外の行動に対し、欲求が満たされるよう積極的に働きかけることす。私が実際に行ったのは、こちらの指導です。 具体的には、『Aくんがんばりカード』です。  (1)Aくん専用のポイントカードを用意しました。(彼の大好きなアイドル仕様^ ^)(2)係の仕事や授業の課題ができたら先生のところにカードを持って行き、「できました」と報告をしてもらいました。(3)そのときに、「すごいね~!できるじゃん!やっぱりAくんはかっこいいいな~!Aくんがいてくれて本当に助かる!ありがとう!」など、先生がめちゃめちゃ褒めます。笑(4)さらに30ポイントたまると、みんなの前で賞状がもらえると約束しました。 ・・・結果、彼の欲求はプラスの行動で満たされるようになり、彼の教室を抜け出すというマイナス行動は少しずつ減少していったのです。(褒められて得意げにポーズを決めたり、カードを嬉しそうに眺めていたりするAくんの様子を今でもよく覚えています^^)  とてもシンプルな対応ですが、指導の前後では、Aくんも、周りの大人にも大きな違いがあることが伝わるでしょうか? 指導前はAくんは「見てほしい」という気持ちを伝えると大人が困り、Aくん自身も怒られてしまう。 それが、指導後はAくんは正しい方向で気持ちを伝えるために頑張ることができ、大人たちも心からAくんを褒めてあげられる。   このように、ABAを用いた指導は、本人の自己肯定感を高めながら成長を促す効果があります。 それだけでなく、周りの大人も効率的に・穏やかに指導・支援をすることができるというのはとても嬉しいことですよね^^  ・・・さて、今日まで3回に渡って、シリーズ1「できないことをできるに変えるメソッド」では、ABA(応用行動分析)についてお伝えさせていただきました。いかがでしたか?^ ^ heart-ful musical art Labでは、ABA(応用行動分析)に基づいたオーダーメイドレッスンを組み立てることで、自己肯定感を高めながら、確かなスキルを身につける指導を行っています。   次回からは、heart-ful musical art Labの想いや具体的な指導方法について書いていきます^^ 今日もブログを見てくださり、ありがとうございました! 武藤 さきこ-----------------------------------------------------------------------障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室heart-ful musical art Labでは、体験レッスンを受付中です^^楽しいレッスンを体験してみませんか? ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎『あなたの"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!90分マンツーマン無料体験   レッスン』 詳しくはこちらをご覧ください♪✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎-----------------------------------------------------------------------     

      9
      テーマ:
  • 29 Jan
    • 【シリーズ1-②】 教室を抜け出す子の気持ち 前編

      今日は、私が特別支援学校で担任をしていたクラスの子のこんな一幕をご紹介します。 私のクラスのAくんは、クラスではお調子者でムードメーカー的な存在の男の子。 教員とのコンプライアンスは比較的良かったのですが、、 「教員が見ていない隙に 教室を抜け出していなくなってしまうという問題行動」が目立つ子でした。  教員としては、目の届かぬところで怪我をしてしまったり、校外に遊出してしまったら大変ですから、それはもう必死に探して見つけます。 Aくんもその度に、私や他の先生方から厳しく叱られ、時には泣きながら反省するのでした。 しかし、次の日にはまた同じ行動を・・・。 ・・・ さて、このAくんの行動、教員の立場からしたら「教員を困らせる行動」と捉えがちですが、ABAの視点から見るとこうなります。①(環境)先生が見ていない時に②(行動)教室を抜け出すと、③(結果)先生が自分のところに来てくれる。 つまり、Aくんからすると、「教室を抜け出す」という行動をすることで、「先生が自分に注目して来てくれる」という結果を生み出している。 もともとお調子者のAくんにとって、注目が集まることが喜びであったのは言うまでもありません^^笑泣きながら反省するのに、何度も繰り返してしまう理由はここにあったのです! (ABAの考え方についてお忘れの方は、前回の記事をご覧になってください^^) いかがでしょうか!?私は、言語聴覚士の先生から、初めて、こういった分析方法を学びましたが、当時の私は、本当に「目からウロコ」といった気分でした!!  このようにABAでは、本人の立場に立って「行動の持つ機能」に着目します。行動そのものよりも、行動で得られる結果、環境の変化に注目するということです^^  では、Aくんにこの後、どう対応をしたのかと良いますと、、、。 今日は長くなってしまったので続きはまた次の記事で続きを書きますね^^今日も読んでくださり、ありがとうございました! 武藤 さきこ-----------------------------------------------------------------------障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室heart-ful musical art Labでは、体験レッスンを受付中です^^楽しいレッスンを体験してみませんか?  ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎『あなたの"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!90分マンツーマン無料体験   レッスン』 詳しくはこちらをご覧ください♪✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎----------------------------------------------------------------------- 

      15
      テーマ:
  • 28 Jan
    • 【シリーズ1-①】「できない」とあきらめていたことを「できる」に変えるメソッド!

      こんにちは!障がいのある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室heart-ful musical art Lab主宰の武藤さきこです♪今日もブログを見てくださり、ありがとうございます。 本日より数日にわたり、heart-ful musical art Labの理念のベースとなっている、【シリーズ1】「できない」とあきらめていたことを「できる」に変えるメソッドについて書いていきたいと思います。 まずはじめにお伝えしておきますが、障がいの有無にかかわらず、お子様の能力は正しい理論のもと、適切なトレーニングを積むことで格段に伸ばすことが可能です。  さて、タイトルにある「できない」とあきらめていたことを、「できる」に変えるメソッドとは、ABA(応用行動分析)です。ご存知でしょうか? ABAとは、Applied Behavior Analysisの略で、発達障がいの子どもたちの療育方法として、日本ではまだまだ認知が低いですが、アメリカでは最もポピュラーな方法で、科学的に効果が実証されている療育方法です。 基本的な考え方は、人の行動は「環境によって引き起こされ、結果(周囲の反応、変化)によって強化される」というものです。 例えば、一つ例を挙げます。①(環境)スーパーで好きなお菓子が目の前にある時②(行動)泣いて駄々をこねると③(結果)お母さんが買ってくれた。 よくある風景ですよね^^この「駄々をこねる」という行動は、親御さんからしたら、『困った行動』ですが、子どもからしたら、泣いて駄々をこねることが、好きな食べ物を手に入れる『有効な手段である』という認識になります。  ではもし、「泣いて駄々をこねる」行動を直したいと思ったら、みなさんならどうしますか? ABA療育の考え方では①の環境を変える、もしくは③の反応(結果)を変える、もしくは反応しないという方法をとります。 例えば、③の対応として、「泣いて駄々をこねたとしてもお菓子を買わない」という反応を1週間続けます。 はじめはいつにも増して大きな声で泣いてしまうかもしれませんが、すぐに落ち着くようになり、一週間経つ頃にはスーパーでお菓子を見ても泣いて駄々をこねるという行動はしなくなります。この時、子どもにとっては、駄々をこねることがお菓子を買ってもらうための『有効でない手段』に替わったためです。 ABAでは人の行動をどのように捉え、いかに療育をするか、伝わったでしょうか?^^ 今日は長くなってしまったので、ここまでにしたいと思います。  次回も引き続き、ABAについてより詳しくお伝えしていきます。 どうぞ、お楽しみに(*^^*) 武藤 さきこ----------------------------------------------------------------------- heart-ful musical art Labでは、無料体験レッスンを受付をしております。楽しいレッスンを体験してみませんか? ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎無料体験レッスン受付中!詳しくはこちらをご覧ください♪✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ -----------------------------------------------------------------------      

      37
      テーマ:
  • 22 Jan
    • 【関西・神戸】【3〜18才までのお子様】【随時募集中】音楽教室の無料体験レッスンご案内!

      heart-ful musical art Labでは新年より、『無料体験レッスン』の受付を開始いたしました! 子どもの成長において、ご家族に今の現状を理解してもらうこと、成長したポイントに気づき認めてもらうことは自己肯定感・やる気の向上にとても大切です。 この体験レッスンでは、お子さまの「得意なこと」「チャレンジする意欲」「夢中になれること」「目がキラっと光った瞬間」などお子さまの活動の取り組み方、仕草や表情をじっくり分析して、ご家族が第三者の視点からお子さまを知るお手伝いをさせていただきます。 ✳︎✳︎✳︎✳︎無料体験レッスンについてのご案内✳︎✳︎✳︎✳︎ ◆1. 対象3歳~18歳まで、大歓迎です。・音楽が大好きなお子さま、親御さま・子育てで相談事のある親御さま・障がいのお子さま(発達が気になる方) ◆2. 体験レッスンを通して得られる成果・お子さまの現状を分析し、ご家族にフィードバックいたします。・お子さまのこれからの成長や音楽との関わり方について、親御さまよりヒアリングを行った上で、現状分析と合わせてご提案いたします。 ◆3. プログラム(体験レッスン)   『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!90分マンツーマン無料体験   レッスン』  《流れ》 ①ヒアリング・説明 (15分) ②音楽レッスンの体験(60分) ③フィードバック(15分)   ①ヒアリング・説明 (15分)保護者様から、お子様についてお話を伺います。・ご家庭や学校での様子・音楽への興味・希望・これから音楽とどのように付き合っていきたいか・その他発達について気になっていること等 ②音楽レッスンの体験(60分)「歌って、踊って、弾いて」3つの領域を体験していただきます。リラックスして音楽の楽しさを体験してもらいながら、音楽面・認知面のいろんなところをじっくりチェックして、グッドポイント分析を行います。 ③フィードバック(15分)体験レッスンにおいて把握した「グッドポイント分析」結果をお伝えします。この時、得意なところだけでなく、「もう少しでできそうなこと」や「今は難しいけれど。子供が熱心になっていたところ」などこれから伸ばしていきたいことについても、明確にお伝えします。  ◆4. 日時・所要時間はおよそ90分です。・お問い合わせフォームよりご希望の日時を第2希望までおしらせください。・下記以外の日時または3月を希望される際には、備考欄にお書きください。希望に沿えるようご対応いたします。 《2月空き状況 随時更新》・20日(月)16:00-19:30・21日(火)18:00-19:30・23日(水)10:00-13:00・27日(月)15:00-19:30 ◆5. 場所・神戸市垂水区の当教室(JR垂水駅より徒歩13分です。 場所の詳細につきましては、お問い合わせ後のご案内となります。)・関西地区のみ、生徒さんのご自宅への訪問レッスンも可能です。(交通費は別途頂戴しております。) ◆6. お申し込み・こちらのフォームよりお申し込みください。https://ws.formzu.net/fgen/S10254224/ ・お申し込み後2日以内に講師よりご連絡をさせていただきます。  ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ heart-ful musical art Labの楽しいレッスンを体験してみませんか?素敵な皆様との出会いを心よりお待ちしております(*^^*) 武藤 さきこ  

      14
      テーマ:
  • 13 Nov
    • 才能をのばし、伝えていく場所

      こんばんは、大塚紗貴子です♪この週末は、2度目の福岡に行ってきました!(美しく迫力のある太宰府天満宮。気持ちが引き締まる、好きな場所の1つです。)(元祖長浜屋とんこつラーメン、あっさり美味)(白金茶房は再訪。私の中のNo.1パンケーキです!食も抜群の魅力がある福岡、大好きです〜^ ^)福岡には、特別支援学校で働いていた時の同期であり、とても尊敬している友人に会うことを1番の目的として行ってきました!人やモノの素敵なところを見つける才能のある友人が教えてくれる場所や食べ物は、いつも見事に好きになってしまうのですが、今回もまた然り〜〜(^.^)その素敵な場所の1つを紹介させていただきます。studio nucca福岡県久留米市にある、障がいのある18歳以上の方を対象にしたアトリエ型就労支援事業所です^ ^事業所名のnuccaは筑後弁の、ヌッカ"暖かい"からきているそう。言葉の通り居心地のよいあたたかい空間に、アーティストの方々の一点ものの素敵な作品が並んでいました。「なかなか言葉では表現できないことがあっても、アートでなら自己表現が豊かにできるのではないか」という考えから、この事業所はできたのだそうです。(なっとうシリーズは売り切れ続出だそう。たれや辛子まで描いているところがもうたまりません。笑)(言葉のチョイスにも魅力が^ ^)(太田宏介さんは日本野鳥の会80周年記念Tシャツデザインコンテスト、最優秀賞受賞。様々な場所で個展を開催されています!)こうしたアトリエ型の障がい者施設は、近年少しずつ増えているようです。「障がいの困難さがあるのに頑張っているから買おう。」「社会貢献のために買おう。」といった視点も決して間違いではないと思いますが。私は、「なんだ!この可愛さは〜〜〜!!!欲しい〜〜〜!!!」と思い、買いました。笑この可愛さは、障がいがあるから?ないから?そこが重要なのではなくて。素敵なものは素敵(*^^*)このアートの才能を伝えていくこの場所もまた素敵だな〜〜〜と思います。『個人の魅力が伝わり、欲しいから買う。』そんな風に誰かに個性を認められたり、必要とされたり、感謝されたりする経験は、自己肯定感を高めていく。そして、意欲に繋がり、また才能がのびていく。そんな流れがどんどん増えていったら、素敵だと思いませんか?^ ^福岡に訪れた際は、ぜひ行ってみてくださいね〜^ ^studio nucca【スタジオヌッカ】福岡県久留米市諏訪野町2742-4-1Fhttp://cocomi.cotton-time.jp/2015/03/20904.html✳︎✳︎✳︎✳︎大塚   紗貴子

      59
      テーマ:
  • 08 Nov
    • お教室の名前が決まりました!!

      こんにちは、大塚紗貴子です。 今日もブログを見てくださり、ありがとうございます。 早いもので、あっという間に11月。寒さが一気に増し、冬らしくなってきましたね。時が経つのが余りにも早くて、カレンダーを見るたびビックリです!! さて、本日からブログ再開!ということで、心機一転、ブログでも新たなお教室の名前を使い始めることにしました! 改めまして、 障がいのある子どもたちの一生の軸となる心を土台を育てる音楽教室『heart-ful musical art Lab』主宰の大塚紗貴子です♬  どうぞよろしくお願いいたします^ ^ 半年前に、音楽教室を立ち上げることを決断。8月からは師匠 相葉光輝さんのもとでビジネスを学び、開講準備を進めてきました!  私にできることは何か。誰と出会い、何を伝えたいのか。心からワクワクする、尽力したいと思える仕事は何か。音楽を通して、子どもたちやそのご家族に何を提供したいのか。  とことん自分と向き合い、具体的に言葉にする。このことを繰り返す中で強くなっていったのが、『一生の軸となる心の土台を育てたい』という想いでした。  昨年度まで特別支援学校の教員として、子どもたちとかかわっていく中で素晴らしい魅力をもった子どもたちとの出会いを嬉しく思う反面、(このことに関しては、何時間でも語れる自信があります。笑)とても気になっていたのが、自己肯定感の低い子どもたちが多くいることでした。  自己肯定感は、ありのままの自分をよいと思えること。自分を大切に思えること。  自分を肯定的に捉えることができれば、新しいことにも恐れずにチャレンジできる。失敗しても、また頑張ろうと思える。人との違いを感じても、相手を尊重できる。自分の未来に期待できる。  どんな環境にあっても、『自分はこれでいいんだわ〜♬』と思えることが、大切だと思うのです。  だから、私は子どもたちに自分の個性を知ってほしい。その魅力を周りの大切な人たちと共有してほしい。 自分に自信をもち、自分の「できる」を信じて、前向きに進んでいってほしい。  この想いを音楽を通して実現するために『heart-ful musical art Lab』を全力で作っていきたいと思っています!! 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします^ ^       

      39
      1
      テーマ:
  • 28 Aug
    • 生の楽器に興味津々!~8月親子音楽教室お知らせ~

      こんばんは♪大塚紗貴子です(*^^*)(神戸市垂水区で教室開校予定です♪)先日開催したCafe戸田日和lab.での「親子おんがくきょうしつvol.2」のレポート&ご感想をご紹介させていただきます。このクラスは、0~3才までのお子さまを対象としたクラスで、親子でのふれあい歌遊びや生の楽器体験を中心とした活動を行っています♪また、その場だけではなく、お家でも持ち帰って遊んでいただけるように楽器の手作りコーナーを毎回設けています(^^)(今回は、波の音がするミニオーシャンドラムを作りました!みなさんそれぞれに色味の異なるステキなオリジナル楽器が完成しました~♪)このクラスは少人数開催なので、いつもゆったりとした時間が流れています。初めて同士の方でも不思議と馴染めてしまうのは、音楽の活動ならでは(*^^*)*****【ご感想】・想像以上に息子が楽しそうにはしゃいでいて驚きました! 特に、生の楽器(ツリーチャイム)の体験には興味津々の様子でした! 見ている私も嬉しくなりました。・音楽に合わせて、親子でふれあい遊びをするのは初めての体験でした。 お家でもやってみたいと思います。・今回も最初から最後まで楽しく参加できました。 手作り楽器をお持ち帰りできるも嬉しいです。 また来月も楽しみにしています!*****素敵な皆様と一緒に時間を過ごせたこと、心から感謝しております。また「親子おんがくきょうしつ」に遊びに来てくださいね♪それでは、最後に「親子おんがくきょうしつvol.3」のお知らせをさせていただきます。(ブログでのお知らせが直前になっていまい、申し訳ありません。)今回は南の島の音楽をテーマに、ハワイの音楽に合わせて身体を動かす活動や、民族楽器やツリーチャイム(金属の楽器)の体験、楽器の手作りコーナーでは、フルーツマラカスの製作を行います♪*****♪日時 8月31日(水)10:30~12:00(残席2)♪場所Cafe戸田日和lab. http://tabelog.com/saitama/A1102/A110202/11035914/♪料金 2500円(ランチ代含む)♪対象0~3歳のお子さま♪お申し込みfacebookメッセージにてご連絡ください。*****楽しい音楽の後には、Cafe戸田日和lab.の大人気のランチも・・・♡美味しいランチを食べながら、お子さまのお家での様子等をお話する時間もお楽しみの1つです(*^_^*)一緒に夏らしい爽やかな音楽を楽しみませんか??ご興味のある方、お気軽にお問い合わせください♪大塚 紗貴子

      99
      3
      テーマ:
  • 04 Aug
    • 楽しくなくちゃ続かない!楽しいだけでは物足りない!~リトミック講師養成講座~

      こんにちは!大塚紗貴子です。(音楽教室開講に向けて準備中です♪)怒涛の7月を駆け抜け、あっという間に8月に入りました。なかなか梅雨が明けず、涼しかったことが嘘のようですね!7月中、ブログをしばらくお休みしてしまっていたのですが、この間の新たな素敵な人・音楽との出会い・学びについては、大切に振り返りながらお伝えさせていただきたいと思います。さて!今日は振り返り第一弾として、先月末に参加させていただいた日本子ども教育センター認定リトミック講師田島一美先生のリトミック講師養成講座での学びについて書いていきます♪1歳児クラスから幼稚園年長クラスまで、発達段階ごとのレッスンを実際に体験し、その後に解説をしていだきました。なんと言っても、素晴らしいのは、最初から最後まで楽しい!!!と感じられるような、活動であり、随所に工夫が施されていること。魔法のように惹きつける表現豊かなピアノ即興演奏を全身で感じながら、音楽のように弾んだり、つくしがグングンのびていく様子を表現したり可愛いカードを持ってリズムをとったりする活動は、大人の私たちでも気持ちが高ぶるワクワクするものでした(*^^*)また、レッスン後の解説では、1つ1つの課題に全て意味がある

      98
      1
      テーマ:
  • 12 Jul
    • テレビ出演情報!!

      こんにちは(^^)大塚紗貴子です。(音楽教室開講に向けて準備中です♪)突然ですが、テレビ出演のお知らせです!!!本日19時から放送のBS-TBS「日本名曲アルバム」という番組にharmonia ensembleの団員として出演させていただきます(*^^*)今回は放送150回記念ということで、名曲揃いのスペシャルなプログラムとなっております。司会はなんと、大人気のアナウンサー安藤弘樹さんです!*harmonia ensembleは、以下の曲目を演奏致します♪◎なごり雪(編曲:福廣秀一朗)◎伊勢佐木町ブルース(編曲:井上一平)◎川の流れのように(編曲:井上一平)特に、「川の流れのように」の編曲は繊細で本当に美しく、私自身もこの素晴らしい編曲で歌うことできて幸せな気持ちになりました(*^^*)他にも全9団体の演奏や、合同演奏と見どころがたっぷりの2時間です!!

  • 10 Jul
    • コーチングをピアノレッスンに取り入れる効果とは??

      こんばんは(^^)大塚紗貴子です。(神戸市垂水区で教室開講予定です♪)昨日は、ぽこあぽこ音楽教室主宰でありながらも、プロコーチとしてコーチングセミナーでもご活躍されている松本美和先生のコーチングを使ったピアノ教室見学ツアーに参加してきました♪ずっとお会いしたかった美和先生は、ブログで拝見していた通り、愛情溢れる温かいお人柄で、お会いできてとても嬉しかったです(*^^*)午前中は生徒さんが普段練習している曲を演奏するミニコンサートとコーチングを取り入れた振り返りのワーク、発表会に向けてのお話。午後はピアノ教室に取り入れるためのコーチングの講座、とたっぷりの内容でした。すこ~しも惜しみなく、沢山の学びをくださったことに感謝しております。*さて、今回のブログでは、ピアノレッスンに「コーチングを取り入れる効果」というテーマで、コーチングのアプローチと効果についてご紹介していきます♪その1【ゴールを具体的にイメージすることで行動が変わる!】ここでのポイントは、ゴールを決めるのは指導者ではない、ということ。コーチングは、ティーチやアドバイスとは異なり、相手の自発的行動を促していくアプローチを行います。指導者(聞き手)は生徒さん・保護者の方(話し手)がご自身でゴールを決めていくことができるように対話を進めていきます。*生徒さんに対して・○○ちゃんは、どんな時が1番楽しい?・どんな曲を弾きたいの?・どうなりたい?・どうしてそうなりたいの?・それが上手くいったときはどんな気持ちになる?・いつまでにそうなりたいの?等*保護者の方に対して・ピアノに期待することは何ですか?・1日どのくらい練習できたらいいと思いますか?・ピアノに関することで、お子さまにイライラしてしまうことはありますか?・お子さんの目標は何だと思いますか?・その目標のために、お母さんはどんなお手伝いができそうですか?等子どもたちは、自分のなりたい未来を、保護者の方は、願うお子さんと自分の姿を具体的に思い描けるように、思いを引き出し、整理し、道筋をつけていく。そうすることで、自分の本当に理想とするゴールをイメージし、モチベーションを上げて、目標に向けた行動を重ねていくことができるのです!*ぽこあぽこの生徒さんたちも、ミニコンサートの後のコーチングワークでは、10月の発表会に向けて、「アラジンの曲を弾いてみたい」「ステキに演奏したい」等お話しをしていく中で、目の輝きが増していく様子がとても印象的でした。こんな風になれたら、こんなことができたら…と想像することはワクワクしますよね(*^^*)また、生徒さんたちに自分の想いを言葉にする力が育っているのは、継続してきたコーチングの成果なのではないかと感じました。その2【承認という魔法でモチベーションを上げる!】コーチングのアプローチの一つに【承認】があります。人は、食欲や睡眠欲、性欲と並ぶもう一つの欲求である【承認欲】というものをもっています。承認というと、イコール褒めることと考えられがちですが、実は褒めるというのは承認の一部なのです。美和先生はミニコンサートやグループワークの様々な場面で、【承認】を取り入れていらっしゃいました。例えば、・演奏が終わった後に、「頑張ったね」と声をかけること。・頭をなでること。・拍手をすること。・共感すること。・変化や成長に気付いて伝えること。・経緯や成果についてみんなの前で話すこと。・最後まで話を聞くこと。・お願いをすること。等普段から子どもたちの行動面に目を向け、よく観察し、変化、成長、成果などの気付きを伝えることで、子どもたちは安心感や自信をもてたり、次も頑張ろうとモチベーションを上げることができるのです!*美和先生と生徒さん・保護者の方とのかかわりは、この【承認】があることで終始とても和やかな雰囲気があり、お互いに信頼関係が築けていることが感じられました(*^^*)*この【承認】は、ピアノのレッスンに限らずとも、親子、夫婦、友達、仕事仲間等、誰に対しても効果が期待できる魔法のアプローチだと思います♪ブログを読んでくださった方も、応援したい人信頼関係を築きたい人あなたの大切な人とのかかわりの中でぜひ、意識して取り入れてみてくださね(*^^*)大塚  紗貴子

      39
      1
      1
      テーマ:
  • 08 Jul
    • 音楽療法セッション♪~Malaika~

      こんばんは(^^)大塚紗貴子です。今日は東京都内の扇大橋へ、音楽療法のお仕事に行ってきました。(自動運転の日暮里舎人ライナーに初めて乗りました〜^^)7月は“お中元の季節”ということで、「音楽のおくりもの」として感謝の気持ちを込めて、ソプラノ二重唱をさせていただきました(*^^*)アフリカ民謡のとても美しい曲で、参加された皆様からご好評をいただきましたので、今回のブログでは、その曲についてご紹介したいと思います♪♪曲のタイトルは、アフリカ民謡「Malaika」「Malaika マライカ」とは、スワヒリ語で「天使」という意味で、裕福な隣村の女性に恋をした男性の切ない恋心が描かれています。アフリカ民謡の陽気な雰囲気がありながらも、美しいメロディーで切ない気持ちが表現されています。(歌詞の一部です)Malaika, nakupenda Malaikaマライカ ナクペンダ マライカ(天使よ 僕はあなたを愛しています 天使よ)Ningekuoa mali we, ningekuoa dadaニンゲクオア マリ ウェ ニンゲクオア ダダ(お金さえあれば、あなたと結婚できるのに)Nashindwa na mali sina we, Ningekuoa Malaika ナシンドゥワ ナ マリ スィナ ウェ ニンゲクオア マライカ(だめだ 僕にはお金がない あなたと結婚できたらいいのに 天使よ)*この曲は、アフリカ東部の子守歌が元になっているとされ、今日知られる形のものはケニアまたはタンザニア発祥とのこと。グラミー賞を受賞した南アフリカの女性歌手ミリアム・マケバ(Zenzile Miriam Makeba/1932–2008)が1960年代にカバーしたことで世界的に広まりました。実は、日本の中学校の教科書にも掲載されているんですよ~♪ミリアム・マケバの素敵な歌声を聴いてみてください♪今日もブログを見てくださり、ありがとうございました^^!

      27
      テーマ:
  • 07 Jul
    • 星のうた・海のうた~7月親子音楽教室お知らせ〜

      こんばんは♪大塚紗貴子です(*^^*)(神戸市垂水区で教室開講予定です♪)前回は高齢者音楽療法の記事を投稿させていただき、沢山の方に読んでいただけたこと、とても嬉しく思っております。そして、今回は!!!前回の高齢者からグ~ッと年齢が下がり…0~3才までのお子さまを対象とした親子音楽教室のお知らせをさせていただきます(*^^*)もちろん高齢者と乳幼児では、活動をする際の目的や留意する点は大きく異なります。しかし、アプローチをする上での土台となる考え方は同じです(*^^*)*お一人お一人と向き合い、適したアプローチをしていくこと*できることやその人らしさを大切にしていくこと*心から楽しめるように工夫をしていくこと今回も原点を忘れずに、子どもたちとママたちに心から楽しんでいただけるようにプログラムを準備しております♪それでは、詳細をご案内致します。♪日時 7月13日(水)10:30~12:00(残席2)♪場所Cafe戸田日和lab. http://tabelog.com/saitama/A1102/A110202/11035914/♪料金 2500円(ランチ代含む)♪対象0~3歳のお子さま♪お申し込み2日前までにメッセージにてご連絡ください。会場は前回に続き、Cafe戸田日和lab.という地元で大人気のカフェです。アットホームな雰囲気の中で、親子で楽しむ"ふれあい歌遊び"を中心とした音楽活動を行います。今回は「星のうた、海のうた」をテーマにキラキラした音色が美しい金属の楽器を体験したり、波の音のするミニオーシャンドラムを手づくりするコーナーもあります♪(オーシャンドラムはお一人様お一つずつお持ち帰りいただけますよ〜♪)*写真は先月の様子です。(掲載の許可をいただいております。) 手に持っているのは、 みなさんのオリジナルレインスティックですよ~! それぞれの個性の光る素敵な楽器が出来上がりました♡後日、「お家でも気に入って遊んでいます!」と、嬉しいご連絡もいただきました(*^^*)楽しい音楽の後には、Cafe戸田日和lab.の大人気のランチも…♡(ランチは日替わりのメニューになっています。お店のfacebookページよりご確認いただけます。)一緒に夏の音楽を楽しみませんか??残席ありますので、ご興味のある方、メッセージにてお気軽にお問い合わせください(*^^*)大塚 紗貴子

      15
      テーマ:
  • 01 Jul
    • 音楽療法セッション♪~音楽の力~

      こんにちは!大塚紗貴子です。(神戸市垂水区で開講予定です♪)今日は音楽療法のアシスタントのお仕事で聖蹟桜ヶ丘へ行ってきました。聖蹟桜ヶ丘は、ジブリ映画「耳をすませば」の舞台になった素敵な風景の街です。なんと、映画に出てくるアンティークのお店や、雫が杉村に告白された神社なども実在するそうですよ~(*^^*)ジブリファンの方、ぜひ足を運んでみてくださいね♪さて、今日のテーマは「音楽の力」ということで、セッションの中で感じたこともふまえて、お伝えしていきたいと思います。みなさんは音楽の力と聞いて、どんなことをイメージされるでしょうか??◆ストレスを感じている時に、大声を出して歌ったり、大きな音を出して演奏したりすることで気持ちがスッキリしたこと。◆悲しい時に、自分の気持ちと同じような曲があなたに寄り添ってくれたこと。◆勇気ややる気を出したい時に背中を押してくれたこと。◆失恋や、仕事で辛い状況に陥った時に好きな音楽を聴くことでちょっと気分転換ができたこと。自分の気持ちや言いたいことを音楽やその歌詞が代弁してくれてホッとしたこと。また、◆脳の活性化、心配機能の向上◆社会性、コミュニケーション能力を育てる◆集中力を高めるといった健康への影響や、教育的な価値を思い浮かべる方もいるかもしれません。それだけ、音楽には様々な力があるということですね(*^^*)本日の高齢者音楽療法のセッションでも、「楽しみながら健康の維持していただくこと」を目的としたプログラムを行い、素敵な笑顔とよい変化が見られました!・始めは疲れた表情をしていた方が、 楽器の演奏の場面で生き生きとした表情で演奏されていた。(情動)・昭和の歌謡曲を歌うことで、昔の記憶が思い出されて、 旦那さまとのエピソードを嬉しそうにお話ししてくださった。(記憶)・継続してきたことで、 お声が以前よりも出るようになった。(運動機能)・音楽の活動に一緒に取り組む中で 周りの方と打ち解けていく様子が見られた。(コミュニケーション)参加された皆さんの歌声と素敵な笑顔に私も沢山エネルギーをいただきました!!私は、音楽教室においても、このような音楽の力(機能性)を考慮し、一人一人に合ったプログラムを組み立てていくことで、音楽の技術の向上のみではなく、音楽によって心を満たしたり、生活上の課題解決や、なりたい姿に向けて成長していくことができると考えています(*^^*)このことについては、また少しずつお伝えしていきたいと思います♪ぜひ、最後まで読んでくださった皆さんも、私たちに寄り添い、励まし、共感し、助けてくれる音楽の力を上手に暮らしの中に取り入れていってくださいね♪

      47
      テーマ:

プロフィール

武藤 さきこ

お住まいの地域:
兵庫県
自己紹介:
はじめまして。 『障がいのある子どもたちの 自己肯定感を育てる音楽教室 heart-ful m...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ランキング

このブログはランキングに参加していません。

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。