世界一周 恋する咲ログ

旅行ライター・編集者の窪咲子のブログです。
訪れた国は約70カ国。2011年から1年8か月世界一周をしてきました。


テーマ:

いつも温かいコメント&クリックありがとうございます。 (ノ´▽`)ノ その1クリックで明日も頑張ってブログが書けます♪

■世界一周ランキングに参加中!
PC・スマートフォンの方はこちら→ にほんブログ村

携帯の方はこちら→→にほんブログ村 世界一周 

ハロウィン編も終わり、ブログはメキシコに戻ります!!

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚




旅に出る前から、憧れ、ずっと行きたかった場所があったんです!!




セノーテ。




もしかしたら、その名前を耳にしたことがある方がいるかもしれません。




セノーテとは、ユカタン半島の石灰岩地帯の鍾乳洞がそのまま水没し、そこに雨水が溜まった地底湖。




…と言葉で説明するより、実際に見て頂いた方がわかりやすいと思うので、説明はこの辺にしておいて。



まず、初めに訪れたのは、グランセノーテ!!!



ツアーなどもあるそうなんですが、安く行きたい方は個人でもアクセス可能!



場所は海に面した有名な遺跡があるトゥルム。私たちはプラヤ・デル・カルメンから日帰りで行きました。




トゥルムのバスターミナルからグランセノーテまでは、タクシーで約10分ほど(60ペソ)。時間によっては、シャトルバスもあるそうです。



入り口で入場料100ペソを払い、セノーテを目指します。




イメージ的になんかジャングルの奥とかにあるのかと思っていたら、すぐにセノーテに着いてしまいました。(´・ω・`)





シュノーケルマスクやフィン、ジャケットのレンタルもありましたよ。





肝心のセノーテは…



わ! 水が真っ青で透き通ってるヽ(*'0'*)ツ





とくに太陽の光が差し込んでいる場所は美しく、水面がキラキラと輝いていました。



水の中に入ってみると…



めっちゃ冷たい(((( ;°Д°)))) 


淡水なので、水の中で体が浮きません。さらに深さもあるので、泳ぎに自信がない人は、ライフジャケットを借りた方がいいかも…。




さて、セノーテと言えば、その透明度。



天然のプールとも言われていて、プランクトンなどがほとんどいない淡水の為、遠くの方までよーく見えるんです。これなら水着のお姉さんを遠くから眺めることが可能ですねw





まぁ、透明度が良すぎるせいで、見たくないものも鮮明に見えてしまうんですけど…(;´Д`)ノ





魚もいた!! 


まるで水槽の中に入り込んでしまったかのような感覚。




小さなカメもいました♪ 透明度が高いから、何がどこにいるかがすぐにわかるんです(・∀・)



水の中から見たセノーテはこんな感じ。




光りが差し込んでいるところが青く光っていて、とってもキレイ!!




超オススメ!! これは必見です♪




めちゃくちゃ水が冷たいので、タオルや着替え、羽織るものを持って行くことをオススメします。



そして、セノーテをさらに楽しむため、やってきたのはダイブショップ!!!




プラヤ・デル・カルメンにある、カメのマークのこのダイブショップにお願いしました。場所はバス停のあるメイン通りからCalle10を海の方に曲がるとあります。





このダイブショップがなかなかナイスで、経営者のフランス人夫婦も親切だし、値段が安い!!



他のショップは大体セノーテダイブ2本$110+機材レンタル料$20とか言われたんですが、ここはセノーテダイブ2本(機材込)で$90でした( ´艸`)




プラヤ・デル・カルメンの近くには、いくつものセノーテが存在するんですが、




今回潜ったのは、チャックモール!!



こんな林の中に、いきなりセノーテが姿を現します。




1本目はここから。




うん。なかなかキレイそう♪(`∀´)




さっそくエントリー!!



!!!!!!!



わ!わ!何ココ!!ヽ(*'0'*)ツ


先日、行ったグランセノーテとは比べものにならないくらいの美しさ。





太陽の光がカーテンのようにゆらゆらと揺れていました。



まるで水中のオーロラ!!




すごいすごい♪ 他のダイバーの陰までも神秘的な光景の一部となります。




写真ではちょっとわかりにくいけど、淡水海水が二層になっていて、水温も全然違うんです。ちょっと移動するたびに、水が温かくなったり、冷たくなったり。






ダイバーたちはライトを持って、暗い洞窟の中を進んでいくんですが、途中、淡水と海水が交ざって前が全然見えなくなったりするのがとっても不思議。




淡水と海水が交ざるとまるで目の前にモザイクがかかったかのようになるんです。不思議だけど、本当の話。最初、マスクが曇っちゃったのかと思ったくらいヽ(;´Д`)ノ





セノーテは洞窟のため、もしここでパニックを起こしたら大変。狭い穴や真っ暗な洞窟を泳ぐため、ある程度の技術が必要とされています。



大事なのは、中性浮力!(ですよね?ヨシさん、わかさん!笑)



中世浮力がきちんと取れていないと、岩にぶつかってしまったり、砂を巻き上げてしまいセノーテの美しさが損なわれたり。



キレイなセノーテを見るのは、意外と難しいんです。



めちゃくちゃキレイで大満足( ´艸`)




…だったんですが、楽しかったのはここまで。





2本目のポイントはここ。


先ほどのセノーテと比べ、見るからに水もあんまりキレイそうじゃないけど…





エントリーしてびっくり。セノーテの中はもう真っ暗!!!




ダイバーたちは、ライトの光を頼りに洞窟の奥へと進んでいきます。



あ、言っていなかったですが、実は私、暗いところが大の苦手なんです(((( ;°Д°))))お化け屋敷とか、とんでもないです!!!





1本目のセノーテはわりと光が差し込んでいて、明るかったんですが、2本目はひたすら暗闇。




しかも、めちゃくちゃ寒くって、指先の感覚がなくなりかけてた。ダイブスーツ2枚重ね着してたのにな。



寒くて、怖くって、正直はやく終われ―ヽ(;´Д`)ノって思っていました。



ダイビングでそんなこと思ったのは今回が初めて。




洞窟内のつらら。




たいさんは写真を撮るのに夢中になって浮上し、つららに刺さってましたΣ(・ω・ノ)ノ!インストラクターも私もびっくりw



その後、何事もなかったかのように泳いでいたので、一安心。犬にかまれても、ピラニアに噛まれても、つららに刺さっても大丈夫なタフな男ですw




ダイバーが通り残していった空気が岩の間に溜まり、まるでのようになっていました。





…って、もうそんなのどうでもいいから、早く上がりたいぃぃぃぃ!!地上の世界が恋しいぃぃぃ・°・(ノД`)・°・



寒いよぅ。


恐いよぅ。




よく、ダイバーは魚派地形派の2種類に分かれる…と言われているんですが、間違いなく私は魚派のダイバーでした。




セノーテはキレイだけど、魚が全くいないので飽きちゃった。ガラパゴスダイブのが100倍楽しかったな(ノω・、) ガラパゴスダイブのブログ→『史上最強のダイビング』




過去にセノーテダイビングをしたブログとかを読むと、みんな「最高だった!!」って書いてあったので、飽きてしまったのは私だけかと思ったら、たいさんも途中で嫌になってあくび連発してたそう(笑) それに、ちょっと酔ったって。




そして、やっと地上へ。やっと終わった―!とホッとしました(笑)





とってもキレイだったけど、「もう一度やりたい?」と聞かれたら、答えはNO!!!



1回で十分ですw




メキシコを訪れ、セノーテダイビングをやるか悩む人は多いと思いますが、この景色をみる価値ありかな。グランセノーテのシュノーケルでも十分楽しめるけど、この景色はやっぱり格別。







水の中にはこんな神秘的な世界があったんです。それを知れただけでもよかったな。


今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

■ブログランキングに参加中!
下のアイコンからたくさんの世界一周ブログが見れます↓↓

PC・スマートフォンの方はこちら→ にほんブログ村


携帯の方はこちら→にほんブログ村 世界一周


■地球の歩き方HPにて世界一周しながら各国のイケメンを紹介するブログも更新中♪

 こちらも要チェックですよー(`・ω・´)ゞ

世界イケメンハンター


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

窪咲子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。