{EE73B55D-C2D3-4DE4-9B17-A9E0D58F89A9}

{FBE699B2-6ED2-40FB-9654-9CE984CC3B3F}

赤は、アルザスのルネ・V・フライト
ピノ・ノアール・レッツェンベルグ2013
開けると、うふぁ〜  いい香り〜照れ
ベリーというよりも、少し上品な香水やタバコのような香り。口に含むと、何の抵抗もなくスルーと喉の奥へ行ってしまうので、口に含んで少し空気を混ぜてやると、急にグッと自己主張してきます。ものすごい透明感とベリーといろいろな要素の香りが余韻に残ります。
赤の酸っぱいのはダメな方にも是非飲んでみて戴きたい。こういう凝縮感は酸があるからこそなんだと思う。そしてこの透明感。薄いんじゃないんです。良いブドウだけをシンプルに(何も混ぜず)醸造すると、こんなにきれいでエレガントな味わいになるんです。
白は、ロワールのシャトー・テボー
ミュスカデと思えないポテンシャルの高さ。カスタードクリームのような香りとオレンジ。フルーツにサバイヨンソースかけてちょっと焦げめいれたデザートなんて言ったっけ。あんな香り。口に含むと一瞬、夏みかんの薄皮のような苦みがほんの少ーし。開けてから時間が経つと、ボリューム感と果実味がふくらんでくるらしいので、楽しみ。
{D9BE3482-DCDF-41FA-AA79-C480B24C4366}

{8A53BE2A-2F9A-426C-A43E-6BD65A3A1551}


AD