日本酒の出荷量のランキング

テーマ:

大震災も早くも1週間が過ぎました。

被災地の皆様には、まだまだ厳しい日が続きますが、一つのけじめが付いたとして、自粛してきた酒関係の記事を再開します。


先に昨年(2010年)の日本酒の出荷数量の速報を記載しましたが、より近い概数が手に入りました。

2010年(1月から12月)の出荷数量

589,779kl(326万9440石)、前年比93,1%


今年こそはと「底打ち」が期待された中での、60万石(350万石)割れという厳しい数字です。

その出荷内容を見ると2ℓ、3ℓの大容量パックの比率が36%(前年29%)と一気に伸び、全体の3分の1を超える数量になりました。

その一方で小瓶化が進んでいますから、一升瓶の比率は11,5%位にまで下がっています。


上位30社の出荷状況


順位 銘柄 都道府県 出荷量(kl) (千石) 前年比%

1 白鶴 兵庫県 59,710 331 97,5

2 月桂冠 京都府 50,329 279 95,7

3 松竹梅 京都府 45,819 254 100,1

4 大関 兵庫県 35,176 195 95,1

5 オエノンG 東京他 25,332 141 104,0

6 日本盛 兵庫県 25,219 140 94,3

7 世界鷹G 埼玉他 24,095 134 97,0

8 黄桜 京都府 19,482 108 95,7

9 菊正宗 兵庫県 17,859 99 98,4

10 白雪 兵庫県 12,955 72 92,8

11 清洲桜 愛知県 12,319 68 94,2

12 白鹿 兵庫県 12,122 67 96,8

13 沢の鶴 兵庫県 9,606 53 91,0

14 剣菱 兵庫県 7,543 42 94,5

15 朝日山 新潟県 7,487 42 102,6

16 菊水 新潟県 5,769 32 93,6

17 高清水 秋田県 4,766 26 94,5

18 北冠 栃木県 4,378 24 100,1

19 爛漫 秋田県 4,225 23 92,7

20 立山 富山県 3,965 22 94,1

21 ねのひ 愛知県 3,796 21 95,6

22 白牡丹 広島県 3,714 21 93,0

23 賀茂鶴 広島県 3,532 20 92,3

24 千福 広島県 3,502 19 92,4

25 土佐鶴 高知県 3,240 1 8 97,1

26 谷の越 福島県 3,092 17 90,6

27 国盛 愛知県 2,881 16 95,7

28 一ノ蔵 宮城県 2,806 16 93,3

29 福正宗 石川県 2,717 15 100,1

30 会津ほまれ 福島県 2,585 14 90,2


以下、前年比が100%を越している

31 吉乃川 新潟県 2,536 14 100,0

36 金鹿 兵庫県 1,599 9 116,3

39 男山 北海道 1,398 8 100,7

50 花の舞 静岡県 1,173 7 106,5

55 司牡丹 高知県 1,013 6 107,2

65 獺祭 山口県 778 4 135,3

68 蓬莱 岐阜県 690 4 106,0

78 酔鯨 高知県 493 100,0


ベスト30の中で、前年比100を越した蔵がわずか4蔵という数字が、現状の厳しさを物語っています。


※ オエノンGは(合同酒精、福徳長酒類、富久娘酒造、秋田県発酵工業、

北の誉酒造、越の華酒造など)のグループ

※世界鷹小山家Gは(小山本家酒造、京姫酒造、北鹿、雪椿酒造、賜杯桜酒造

浜福鶴酒造、越後桜酒造など)のグループ


高知県の司牡丹、酔鯨などはNHKの大河ドラマ「龍馬伝」の後押しがあったそうです。


この数字はあくまでも出荷量だけで、その中身は分かりません。(中身の分析は次回に書く予定です)

AD

コメント(4)