お酒をより楽しく呑み続けるために

日本酒って奥が深い!
利き酒師として7年間の経験を活かして、
お酒のことを伝えていきます。


テーマ:

みなさん、お酒を楽しんでいますか?

女利き酒師ともりんです。

 

今日は、『あらばしり、なかぐみ、せめ』について

お話しします。

 

『あらばしり、なかぐみ、せめ』とは、

お酒の搾りを3段階に分けた、それぞれの段階の

お酒のことを言います。

 

☆あらばしり:荒走・新走

お酒を搾る段階で最初の方に出てくるお酒のことを

『あらばしり』といいます。

自動圧搾機でのしぼりにおいてはしぼり出しの最初に出てきたお酒、

槽しぼりにおいては袋を重ねたときの重み(上から圧力を加える前)に

搾られたお酒、

雫しぼりも同様に、吊り下げた時に最初の方に滴り落ちるお酒のこと

をいいます。

 

やや濁りがあり、ほのかに残る炭酸ガスとほどよい酸味が特徴で、

アルコール度数は少々低め、新酒独特の新鮮な香りが漂います。

 

 

☆なかぐみ:中汲み、中取り(なかどり)、中垂れ(なかだれ)

三段階で区別されるお酒の搾りの中心部分、

濁ったお酒が出尽くした後のお酒のことを言います。

槽しぼりにおいては袋を重ねていき、ゆっくりと上から

圧力をかけ始めた頃です。

 

なめらかで、もっとも舌ざわりのいい旨味のある部分です。

風味が安定していてバランスがよい、いい部分と言われています。

鑑評会出品酒は、この部分だけを取り出し、出品されることが多いようです。

 

 

☆せめ:責め

三段階目になると、終盤、圧力をかけて搾りきることを責めといい、

それにより出てくるお酒のことも責めといいます。

 

アルコール度数が比較的高く、雑味が多くなることもあります。

あらばしりや中汲みは市場に出回りますが、この責めで搾られたお酒のみを

使ったお酒が出回るのは、珍しいようです。

 

 

自動圧搾機で、一気に圧力をかけてお酒を搾ることが主流となっているため、

あらばしりから責めまでを区別して搾るということは、

それだけ手間暇をかけて造ったお酒でもあるのです。

 

同じお酒で、この3つの段階のお酒を飲みくらべてみるのもいいですね。

 

 

★毎月定期開催しています★

中日文化センター 20171月からの受講生を募集しています!

毎月第4火曜日19:0020:30に開催しています。

毎回5種類の日本酒を呑みくらべます。

日本酒について、毎回テキストも配布して学んでいます。

 

毎日文化センター 20171月からの受講生を募集しています!

毎月第2火曜日19:0020:30に開催しています。

毎回5種類の日本酒を呑みくらべます。

日本酒について、毎回テキストも配布して学んでいます。

 

御園通商店街

毎月11日に開催しています。(※日祝日の場合変更有り)

わが日本酒ブースの営業時間は、10:0013:0016:3019:00です。

ちょこっと立ち寄ってくださいませ。

 

『WAを楽しむ利き酒会 in だいだい』

毎月第1水曜日19:3022:00に開催しています。

毎月、ひとつの都道府県のお酒とお料理を楽しんでいただく利き酒会です。

次回は2017111()です。

 

★日本酒講座、利き酒イベントなど、日本酒を楽しく飲んでいただくための企画運営を行っています。

日時、場所、内容など、お気軽にご相談ください。

 

そのほか、ご質問・お問い合わせは、tomorin@cherry-stone.co.jp までお気軽に。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ともりんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。