無料映像授業のさかぽん先生.tv

大手有名進学塾などで15年以上指導している
人気講師さかぽん先生がなんと完全無料で授業を公開中。
お気に入り登録しておけば、いつでも見に来られますよ


テーマ:

ハッピープリン

 

子どものやる気を一気に失くしてしまう、

悪魔のような言葉があります。
「あんなに勉強してたのに…なんで点数とれへんの?」
定期テストの後などに発してしまいがちです。
正直、私たちもそう思うことはあります。

 


テストの1週間前から毎日3時間、

休みの日は朝から晩まで机に向かって、

確かに勉強しているのです。

 


それなのに、テストの結果が出ない。
テストが終わった日に本人に手ごたえを聞くと

「全然わからへんかった。」「解けへん問題ばっかりやった。」
「え?あんなにやってたのに?何してたん?」

と言いたくなるでしょう。

 


でも、決してそれは言ってはいけません。
一番そう思っているのは、本人なのです。

 


テレビや漫画やゲーム、友達と遊ぶことなど、

自分の好きなこと、したいことを我慢して、

勉強に取り組んでいたことは確かなのです。

 


自分なりにそのときは最善を尽くしていたのです。
それなのに、結果が出ない。

 


自分には勉強なんてできない、

向いていないんじゃないか。

どれだけやっても報われないんじゃないか…。
でも勉強はしないといけないし…
先生や親になんて言われるかな…

 


きっと子どもは自分なりに反省をしているのです。
そんなときに、
「あんなに勉強してたのに…なんで点数とれへんの?」
なんて言われたら…
そこはぐっと我慢して、一つ深呼吸です。

 


そしてこんなふうに言ってあげてください。

 


「うまくいかへんかったんか。

頑張って勉強してたのに、

悔しいなあ。

何かうまくいってないことがあるんじゃない?」

 


「また次のテストに向けて、

今度はやり方を変えたほうがいいのかも。」

 


「今思いつくこと何かある?

こうやって勉強したけど、

覚えられてなかったとか、

同じような問題がでたけど

テストになると解けなかったとか。」

 


今回の結果のことを責めても意味がないので、

次に気持ちを持って行ってあげてください。

 


そうすると、

あんなに勉強したのに

点数が取れないことにショックを

受けている自分の気持ちを

わかってくれているんだな、よかった。

次は結果も出るように頑張ってみよう、

と思えます。

 


こちらが思っていたことをそのまま言葉にすると、

子どもに追い打ちをかけて

やる気をなくしてしまう悪の言葉も、
ちがう声掛けをすることで、

こちらが思っていることが伝わるうえに、

それをやる気に変えるきっかけにすることもできます。

 


そんなにうまくいくもんかな、

と思われると思いますが、少なくとも
「あんなに勉強してたのに…なんで点数とれへんの?」
と言うよりは子どもにいい影響があることは確実です。

 


もちろん声掛けのタイミングや、

イライラせずに子供と接することができるか、

など工夫は必要ですが、
どうかテストが終わった後の声掛けで

その子の今後が変わるということを

知っておいていただきたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハッピープリン

 

さかぽん先生の寺子屋のある男の子のお話です。
中学1年生のA君は、勉強が苦手。

 


社会や英語の勉強中、

「ん~、これ知らんことばっかりや。難しいからまた今度やろう!」
そう言って問題集をぱたんと閉じてしまいます。

 


そして、テスト前日。
「先生~社会も英語もわからへん~。時間がない~。」
「でも、今からでも1つずつ覚えていくしかないよ。」
「ん~…今からやっても、オレ覚えるの苦手で時間かかるし、絶対明日に間にあわへんし…。」

 


家でやるわ、と言い残して帰っていきますが、

テスト結果は当然うまくいきません。

 


寺子屋ではこんな場合、

これまでにもお伝えしていることですが、

例えば居残りをさせて

無理やり覚えさせるということはしません。

 


本人のやる気がない状態で

無理やり勉強させるのは、

まったく意味がなく何より本人のためにならないからです。

 


ますます勉強嫌いになってしまいます。

 

 

毎日の声掛け、働きかけで

本人の気持ちを前向きにしていくしかないのです。

 


そんなAくんが、ある日、

寺子屋の授業で実施している

英語の単語テストで、0点を取りました。

 


さすがにAくんもまずいと思ったのか、
「先生、単語の覚え方教えてください…」
と言いに来ました。

 


そこで、一緒に10個の単語を覚えました。
以前紹介したやり方です。
①しっかり見て写す。
②見ずに描けるか自分でテストしてみる。
③間違ったものだけ再度練習。
④間違ったものだけテスト。
⑤間違いがなくなるまでテスト。
⑥間違いが無くなれば、もう一度初めからテストしてみる。
⑦一発満点になるまでこれを繰り返す。

 

 

この時、Aくんは自分が覚えられなかったのは

間違ったものをそのままにしてたからだ

ということに気づいたようです。

 


この日以来、Aくんは覚え方をマスターし、

英単語のテストは毎回ほぼ満点。(たまにミスはあります…)

 


そして、社会も同じように覚えるんやで。

と一言いうと、なるほど!と言って、

自分からテスト勉強をし始めました。

 


授業日以外に自習に来て、社会の勉強をし、

「先生、このやり方でやったら覚えるの

めっちゃ簡単やな。見て!このページも次のページも全部〇や!」

 


とどんどん問題集を進めていきました。

Aくんは、単語を一緒に覚える練習を

したあの15分で変わりました。

 


覚えられることが楽しくなり、

○がつくのが楽しくなり、

自信がついたのでしょう。

 


わかるということが楽しくなったのです。

単語の覚え方は、小学生のころから

ずっと言い続けていることで、

Aくんにもこれまでにも何回も説明して、

一緒に練習もしてきました。

 


でも、本人の気持ちができるようになりたい

と思っていないうちは、

どれだけ教えられても身につかないのです。

 


今回のAくんのようにタイミングが

ばっちり合えば効果が目に見えてわかります。

 


タイミングを合わすには、教える側があきらめず、

子どもを信じ、いろいろな言い方や

場面で接していくしかありません。

 


「何回言ってもわからないから、

この子にはもう無理だな」

 


と思ってしまわず、トライし続けてみてください。
変化は急に現れます。
そしてどんな子にも必ず変わるチャンスがあります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハッピープリン

最近いっきに寒くなってきましたね。
こうなると、大人も子どもも苦手な人が

多いのが朝起きること。ではないでしょうか。

 


ひとつ、朝ちゃんと起きられるコツをご紹介しましょう。
それは、夜寝る前に「明日のお楽しみ」を思い浮かべることです。

 


明日への期待感が、夜眠ている間に

脳から体中を駆け巡り、朝すっきりと目が覚めます。

 


小さいころ、遠足や楽しみな旅行の日は

早くから目が覚めませんでしたか?

 


その楽しみを自分から作り出すのです。
朝が苦手なお子さんには、

一緒に考えて盛り上げてあげてください。

 


例えば、

朝ごはんは大好きなソーセージをふたつにしよう!


明日は学校の授業で好きな音楽がある!

どんな歌を歌うかな?

 

学校から帰ったら一緒にDVDを見よう!


明日の夜ご飯は大好きなカレーライス!

 


など簡単なことでいいのですが、

それが楽しいよね、楽しみだよね、

という気持ちを作ってあげることが大切です。

 


私も、夜の間におでんを作っておいて、

一晩ねたおでんを明日は朝から

あったかく食べるぞ~と思うだけで起きるのが楽になります。

 


サッカーが大好きなA君は、

毎朝学校に行く前に近くの公園で

サッカーの練習をするのが楽しみで、

真冬も朝日と同時に外へ出かけていくそうです。

 


Aくんに

 

「寒いし今日は寝坊したいなって思う日はないの?」

 

と聞くと、

 

「えー寝てるよりサッカーしたいもん!」


とキラキラ返されました。

 


自分で楽しみを見つけられると最高ですが、

そうなるまでは、どうぞいっしょに

楽しみ探しをしてあげてください。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハッピープリン

 

「うちの子、競争心がないので、

もっと頭のいい子のことみてほしいんですけどね。」

 


お母さんから聞く言葉です。
確かに、

○○ちゃんよりかしこくなりたい!

○○くんより上手になりたい!

というのはモチベーションが上がりやすいと思います。

 


でも、他の人と比べることでだけが

自分のモチベーションアップのスイッチだとすると、

あまりよくありません。

 


それは、その○○ちゃん、

○○くんが基準になってしまうからです。
もし○○ちゃんが勉強をさぼりだしたら…?
○○くんが練習をしなくなったら…?
自分はどうなるでしょう?

 


一番いいのは、自分と競争することです。
前はできなかった問題が今は解ける!

昨日できなかった技を今日は成功させた!

 


過去の自分よりも成長していることを実感し、

喜ぶことができれば他人と比べなくても

モチベーションアップのスイッチになると思います。

 


もちろん、ノーベル賞を取った大隅さんのように

 

頭がよくなって世界に貢献したい!

 

イチロー選手のように

 

長い間世界の​トップアスリートとして活躍した!

 


のような目標となる人、憧れとなる人を

心に持つことはとても大事なことです。

 


それは自分と他人を比べて競争心をつける

ということではありませんよね。

 


もし、お子さんに競争心を持って頑張ってほしい

と思われているのなら、身近な○○ちゃんや

○○くんとくらべるのではなく、
その子自身のこれまでの成長を気づかせてあげ、

目標や憧れの人を一緒に探し、

自分でモチベーションアップができるような

声掛けをしてあげてほしいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハッピープリン

家で勉強をしやすくするコツは、

簡単なことや自分の得意なことから始めることです。
せっかく勉強をし始めても、

いきなり数学の難しい問題がでてきて、

わからない!となると、一気にやる気はさがってしまいます。

 


数学ならまずはできそうな計算問題から。
できた!と思えれば、

よし、もう少しやってみようという気になります。

 


寺子屋でも、小学生も中学生も宿題は

自分で決めるのですが、簡単そうな、

これならできると思えるページを

宿題として出すように言います。

 


宿題の目的は、授業で学んだことを

忘れないようにすること、

家での勉強の習慣をつけることです。

 


それならばわざわざ難しい問題に

家で頭を悩ましたりしなくていいですよね。
もしおうちでお子さんに勉強してほしくて、

どうしたらいいのか悩まれている方は、

ぜひその子ができる問題から

取り組むよう促してみてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。