無料映像授業のさかぽん先生.tv

大手有名進学塾などで15年以上指導している
人気講師さかぽん先生がなんと完全無料で授業を公開中。
お気に入り登録しておけば、いつでも見に来られますよ


テーマ:

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、2020年から大学入試が大きく変わります。
2020年からこれまでのセンター試験がなくなり、それに代わるテストは今までよりも難易度が上がるとも言われています。

この新しい大学入試制度の一番の特徴は、「学力の3要素」と言われる以下のものを評価する仕組みになっているということです。
「学力の3要素」
①基礎的な知識・技能
②思考力・判断力・表現力
③主体性をもって多様な人間と協働して学ぶ態度(主体性・多様性・協働性)


それにともない、当然高校入試にも大きな影響があります。
一つの例としては、今年の大阪府公立高校の英語の入試問題の一部は、問題文も英語になり、これまでの知識を問うものよりも読解力を問われる形に変わっています。

難易度はものすごく上がっています。


これまでは、大学入試も高校入試も①の「知識・技能」を問うものが中心だったので、学校や塾でも、

どれだけの知識を身に着けているか、
どれだけ早く計算ができるか

といった評価を得るための指導が中心でした。
しかしこれからは、②③の力をつけていくための指導に変わっていくこととなります。
もちろん、①の基礎基本の徹底があってこそ、②、③の力が養われるので、これまでの学習の徹底も必要不可欠なのです。

寺子屋の理念は、『イキイキと目標に向かって進んでいける人間になってほしい』
です。

勉強を通して、自立してほしいと思っています。
自立とは、「自分で考えて、自分でやりたいことを見つけて、それに向かって自分で行動していく」
ということだと考えています。
何事も受け身ではなく、自ら「学ぼう」、目標を設定し「それを達成しよう」とする姿勢を身につけ、
そのためにはどうしたらいいのか、自分で考えて行動できるようになってほしいのです。

その過程で、夢や目標に向かって前向きに取り組むことの大切さを実感してほしいと思います。

今回の大学入試の改革は、子どもや保護者も教育現場の指導者の方たちも初めは戸惑いがあるとは思いますが、
今までよりも、役立ち、楽しいものになると思っています。
ドキドキわくわくしながら、私たちにできることを探り、試行錯誤しながら子どもたちのために取り組んでいきたいと思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「子どもに勉強を教えようと思うんですけど、どうしてもイライラしてしまったり、
なんでこれがわからへんの?って思うとつい、あかんと思ってもきつく言ってしまって…」

保護者の方からよく聞く悩みです。

解決策の一つとして、今日は提案を一つ。

「教えるときに子どもと同じ目線になること」です。

子どもは座って勉強していますよね。
その子どもに対して、前や隣に立つと、上から目線になって教えることになります。
自分では意識していなくても、目線が上からだと、つい口調も荒くなったり、‪
体勢が落ち着いていないので気持ちも落ち着かずイライラしやすくなったりしてしまいます。

だから、教える側も、勉強をしている子どもと同じ目線まで下がってみてください。
テーブルなら向かい合わせか隣の椅子に座る、勉強机で子どもが勉強しているなら、隣に椅子を持ってきて座る。
膝立ちでもいいと思います。

とにかく子どもと同じ目線の高さに合わせてみてください。
それだけで不思議と気持ちが落ち着きます。
心に余裕が出て、子どもがなぜわからないと言っているのか、どんなふうに考えているのか、
子どもの立場で考えることができるようになります。


 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「この子は勉強ができるようになるだろうな。」
「この子は毎日充実してるな。」
「これからもこの子は自立していろんなことにチャレンジするんだろうな。」

と思える子に共通していることは

 

自分を良く見せようとしているのではなく、自分を良くしたい

 

思っているということです。

 

「○○くんより点数が良かったら褒められるから頑張ろう。」
「今お母さんが家にいるから勉強している姿を見せておこう。」
「今こう言った方が先生に褒められるから言おう。」

といったモチベーションは、誰かがありきで、自分をその誰かに良く思ってもらうため、周りを気にしてできたものです。

 

「前より点数を上げるためにもうちょっと勉強時間を増やそう。」
「帰ったらテレビを見る前に宿題を終わらせてしまおう。」
「あの子が言っていることは悪いことだと思うから、言わないよう注意しよう。」

 

といった気持ちは、すべて自分の中に判断基準があります。
自分をよりよくするためにはどうしたらいいかを考えているのです。

 

同じ行動でも、その発端となった動機がどのようにできたかで、その子の成長が変わってきます。

 

もちろん、褒められたい、認められたい、という欲求は誰にでもあります。
子どもならなおさらですが、それだけを求めていては、大人になってからの成長につながりません。

 

 

子どもを叱るときの悪い例でよく出されますが、
「そんなことしたら、あの怖いおじちゃんに怒られるからやめとこうね。」
では、子どもは「怒られるからやめておこう。」
という風に思ってしまいます。


なぜダメなのかを子どもに伝えて納得させてあげないと𠮟る意味もありません

 

実は褒める時も同じです。
「今回○○くんより点数よかったんやね。すごいね。」
では、基準が他人になってしまいます。
自分の頑張りや成長を褒められているのではありません。
○○くんが点数が下がれば自分はラクしても褒められるのに、という思考になる恐れもあります。
「前よりも10点も点数が上がったね。すごいね。きっと勉強時間増やして努力したからやね。」
と言ってもらえると、子どもは自分の努力が結果につながったことを実感でき、次も頑張ろうと思えます。

 

褒めることはもちろん大切ですが、言葉に気を付けないと、知らず知らずのうちに子どもが
自分をよく見せようという気持ちばかりを大きくさせてしまうかもしれません。

子どもが
自分を良くしたいと思えるように、日々の声かけを意識していきたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

日々子どもたちと接していると、自分の子どものころはどうだったかなあと考えることが良くあります。
私は勉強が苦手だったので、反面教師のように子どもたちに伝えられることがたくさんあり、今思うとそんな自分も役に立っているのです。

 

小学校高学年から、私は中学生の兄の影響もあり、「勉強をする」ということ自体に憧れ、かっこいいと感じ、机に向かって何かノートに書くということが好きになりました。
ココアとおやつを机に置いて、ひたすら手が痛くなるまで勉強机に向かっていました。


その「ただ書く」行為自体が好きだったので、もちろん効果的な、実のある勉強はできていません。
でも不思議と勉強したなーという満足感は残るのです。

 

中学1年生の最初のテストで、その「勉強をする」「ただ書く」という行為に違いに気づかされました。
でも、どうしたら覚えたり理解したりできるのかが分かりません。


覚えようとするのですが、ノートに何か書かないと気が済まないので

とりあえずノートにまとめだします。
まとめことを考えるのがしんどくなるので、

そのうち写しだします。
写してから覚えようと思っていたのですが、写し終わったらもう満足感でいっぱいなので、

覚えるなんてしんどい作業は後回しです。


この連続で、1日何時間も勉強しましたがほとんどが無意味なものになっていたのです。

これではだめだと気付き、ちゃんと「勉強をする」ことができたのは、高校3年生の夏を過ぎてからでした。


写すのではなく、

ただ書くのではなく、

覚えて、

理解して、

確認をして、

復習をしたら

どんどん勉強ができるようになり、これが「勉強をする」ということだとわかると、楽しくなりました。

 

なんでもっと早くから「勉強をする」ことをしてこなかったんだろう。もっと早くに気づいていれば、もっと賢くなっていたのに!
とも思いますが、この経験があったからこそ、大人になってから役立っていることもたくさんあると感じるのも事実です。

 

昔の私のような子どもたちをたくさん見ています。

おそらく、ちゃんと「勉強をする」ことをしてきた大人からすれば、なんて効率の悪い意味のないことをしているんだろうと理解できないかもしれませんが、
その子にしたら、真剣に勉強をしているつもりなのです。
もちろん、「こんな方法があるから、こっちの方でやってみれば?」とアドバイスはしてあげたいですが、
決してバカにしたりしないであげてほしいと思います。

あたたかく、その子を見守りつつ、早くほんとうの「勉強をする」ことの楽しさに気づかせてあげたいものです。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

明けましておめでとうございます!

 

さかぽん先生のお話です。

 

これまでにいっしょに勉強を教えるというお仕事をさせてもらってきて、いくつもの

「さかぽん先生、すごいなあ」

エピソードがあるのですが、
今日はその中からひとつ。

 

中学3年生の女の子Aちゃん。
いつもニコニコはしているのですが、Aちゃんから私たちに話しかけてくることはほぼありませんでした。
お母さんの話では、昔から人見知りで、特に大人との距離を取る傾向にあるようでした。
これまで、小学校の先生、中学校の先生とも特に心から信頼した先生はいなかったようです。

 

そんなAちゃん、質問も自分からはしません。
こちらから説明をして、「わかった?」と聞くと必ず「うん。」と言います。

素直で頑張り屋さんなのですが、やはり受験勉強となるとその受け身の姿勢では点数が取れるようになりませんでした。

 

そこでさかぽん先生は、授業が始まる前の時間帯を利用して数人の子どもに声をかけ、

早めに自習に来てはどうかと提案しました。


もちろん、無理やりではありません。

家ではなかなか集中しにくい、クラブを引退して夕方時間があるのに何を勉強したらいいかわからない、といった悩みを解決する手段の一つです。

 

Aちゃんも夕方自習に来ることになりました。
そこでさかぽん先生は、Aちゃんのわからない問題に徹底的につきあい、勉強の仕方や暗記の方法など、何度も何度も教え続けました。
質問が出やすい問題を与えたり、

同じテストを2回して、2回目で満点が取れるようにするという目標を立て、実行させることで自信をつけさせたり。

 

すると、気づけばAちゃんはさかぽん先生ととても仲良し!
自分からどんどん話しかけます。
「この問題がわからへん。」
「これはどうやって覚えたらいいの?」
「ここまでは解説読んでわかったけど、その先が理解できひん。」

など。

 

質問すればするほど自分に足りないものが見えてきて、やるべきことがはっきりします。
そうすると勉強に向き合いやすくなります。
やればやるだけ自分が賢くなっていくのが分かるので、楽しくなります。

 

そうして、Aちゃんは2学期から3学期にかけて、ぐんと成績が上がりました。
はじめは志望校もなんとなくで決めていて、行けるところに行けたらいいと言っていたのが、
自分で行きたいと思える高校を見つけ、見事その高校に合格したのです!

 

そんな姿を見ていて、改めて先生との信頼関係、自分で成長を感じることの大切さを実感しました。


私たちができることは、そんな信頼関係をこちらから築こうと子どもにアプローチすること、そして、子供が成長を感じられる仕掛けづくりや
成長を一緒に喜んであげることなんだと思います。

一人でも多く、Aちゃんのような経験をして寺子屋を卒業してもらえるよう、がんばろうと、新年抱負として感じています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。