225缶外 今日のランチは大船軒あじさい ちらしずし で

JR東神奈川駅構内に大船駅の駅弁屋 大船軒が
出店しています。

改札近くなら駅構内に入場しなくても買えるのですが
改札から離れているので駅に入場しなくては買えません。
したがつてJRを利用したときに購入します。

昔なら改札口の駅員さんに駅弁を買いに行きたいので
と断ると無料で入れてくれたのですが
悪用して電車に乗ってしまう悪人が増えたとかで
入場券を買うように言われます。

入場券を買ってまで買いたい駅弁ではないので
JRを利用したときでしか買いません。

そんな訳でJRを利用して崎陽軒の駅弁も目新しいものが
無かったので購入。



全体はこんな感じ
昔はもっと大きくてきれいな掛け紙が
かかっていたように思いますが経費節減か
バカ社長追放とともに廃止されたのか
こんなに小さくて貧弱な掛け紙になってしまいました。



掛け紙とプラキャップを外すとこんな感じ



全体はこんな感じ



上半分



下半分

食べてみるとなんだか冷蔵庫の残り物を
ちらし寿司にぶっかけてようでポイントがありません。
これで700円は高いです。

東神奈川駅前のマルエツの398円のちらし寿司のほうが
美味しくリーズナブルです。

蓋がプラキャップで中が見えるので良心的ですが
価格と内容を考えると ボッタクリ駅弁です。
もうこの あじさい ちらしずし は買うことはないでしょう。






大船軒 あじさい ちらしずし 700円(税込)
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
AD
225缶 あけぼの 釧路産さば味噌煮 限定生産品

アスクルで買いました。
売れ残っていたのかアウトレット商品で
かなり安く買えました。
 
 

外観はこんな感じ
いつものようにニャンちゅうがご紹介
箱から出すとこんな感じ
 


いつものように身体測定
担当は喪黒福造氏



缶を開ける途中



缶を開けたところ



いつもの小さい方の皿に出しました。
 


ひとくち食べてみると鯖味噌缶特有の脂っぽさと
臭みがありません。
いつも食べているのはノルウェーでとれたノルウェー鯖のようですが
この缶詰の鯖は釧路沖でとれた鯖のようです。
 
これはおすすめの鯖味噌缶です。
 



ごちそうさまでした。



★★★脂っこくなく美味しいので★★★星 みっつ
品 名 あけぼの 釧路産さば味噌煮 限定生産品
販売者 マルハニチロ株式会社
購入日 2017年1月19日
購入場所 アスクル
購入価格 148円
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
223缶外 今日のランチは崎陽軒おべんとう「春」で

病院の帰りに崎陽軒の売店を覗くと発売されていました。
もうすぐ 春 なんですね。
 
 
 
駅弁のホームページ風に撮影
 
 
全体はこんな感じ
 
ご飯
 
花型海老真丈煮と野菜の煮たもの
 
 
 
昔ながらのシウマイといつもの玉子焼き
 
鰆(さわら)の幽庵焼きと小粒大福(桜餡)
 
 
菜の花と筍姫皮(たけのこひめかわ)と玉子そぼろの和え物
 
食べてみるとシウマイと鰆(さわら)の幽庵焼きと玉子焼きを除き
全て野菜ばっかり
 
まるでベジタリアン向け
 
おかずの煮物(ふき煮、いちょう切り筍煮、乱切り人参煮、乱切り蓮根煮、
こんにゃくピリ辛煮)もほかの弁当と同じ
値上げをしたのだからもう少し工夫をしてほしいものです。
今まで食べた崎陽軒のお弁当の中で最低最悪でした。
このお弁当を買うのならもう少し足してシウマイ弁当を買ったほうが
幸せになれます。



商品名    おべんとう春
価格    700円(税込)
エネルギー    482kcal
内容    筍ご飯(トッピング:筍、山セリ)、鰆(さわら)の幽庵焼き
花型海老真丈煮、煮物(ふき煮、いちょう切り筍煮、乱切り人参煮
乱切り蓮根煮、こんにゃくピリ辛煮)
菜の花と筍姫皮(たけのこひめかわ)と玉子そぼろの和え物
昔ながらのシウマイ、玉子焼き、桜漬け、小粒大福(桜餡)
販売方法    常温
販売期間    平成29年2月1日~平成29年4月15日(予定)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

224缶 SUNYOトロピカルフルーツ

 

今回ご紹介する缶詰は、サンヨー堂トロピカルフルーツです。
酒の肴ではありません。
安かったのでご紹介。

 

外観はふなっしーがご紹介

 

身体検査は喪黒福造氏の担当

 

缶を開ける途中で撮影
中がよく写りませんでした。

 

缶を開けたところ

 

パン祭りでもらったミニボールに出してみました。

 

フルーツを接写

 

ひとくち赤いマンゴーを食べてみろと
歯ごたえがあり硬いです。


生のマンゴーは熟していて柔らかいのに
この缶詰のマンゴーは硬いです。


多分熟したマンゴーを缶詰にすると
密封後の高温と高圧で溶けてしまうのかもしれません。

 

マンゴーの硬さが気になり他のフルーツの
美味しさが味わえませんでした。

 

 


ごちそうさまでした。


★★★マンゴーが硬かったので★★星 ひとつ
品 名 SUNYOトロピカルフルーツ
販売者 株式会社サンヨー堂
購入日 2016年12月4日
購入場所 ビッグヨーサン
購入価格 98円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

222缶外 今日のランチは崎陽軒お弁当「冬」で

 

 

今回は手抜きバージョンでご紹介

 

全体はこんな感じ

 

駅弁のホームページ風に

 

 

 

 

 

 

 

ごちそうさまでした。


商品名    おべんとう冬
価格    700円(税込)
エネルギー    559kcal
内容    茶飯:(トッピング:牛そぼろとごぼうの甘辛煮、
錦糸玉子、グリーンピース)、赤魚の昆布風味塩焼き、
鶏肉の香味あんかけ、小松菜のおひたし、昔ながらのシウマイ、
蓮根白煮、人参煮、筍煮、玉子焼き、しば大根漬け、
小粒大福(白餡)
販売方法    常温
販売期間    平成28年12月1日~平成29年1月31日(予定)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

223缶 家バル ムール貝のスモーク

 

 

PX-STOREで購入しました。
この店は他店の在庫処分品を安く仕入れて
売っている店のようです。

 

 

外観はこんな感じ

 

喪黒福造氏が大きさを計測

 

缶を開けている途中で撮影

 

缶を開けたところ

 

 

いつもの皿に出してみました。

ひとくち食べるとスモーク臭が口に広がり
その後、大豆油の味がします。

 

一粒が小さいので何粒かまとめて食べます。
以前牡蠣のスモーク缶を紹介しましたが
あの味に似ています。

 

ムール貝特有の味は感じられません。
牡蠣と言われれば信じてしまう味です。


スモークすると貝特有の味は消えてしまって
スモーク味が勝ってしまうのでしょうか。

 

ウイスキーのツマミには合うと思います。
ただ、発売元が小さい会社のようでこの缶詰を
探すのは容易ではないでしょう。
見つけられれば 買い の缶詰です。


ごちそうさまでした。


★★★小粒ながら美味しかったので★★★星 みっつ
品 名 家バル ムール貝のスモーク
販売者 株式会社アライドコーポレーション
購入日 2016年11月14日
購入場所 PX-STORE
購入価格 129円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

222缶 MEIDI-YA 豚角煮大根 豚肉40%以上 おいしい缶詰

 

ネット通販のアスクルで買いました。
普段はこういうものは買わないのですが
アウトレットで安くなっていたので購入。

 

外観はこんな感じ

 

紙包みの裏側
色々書いてあります。

 

中の缶はこんな感じ
最近の傾向でパッケージを印刷して
缶の周りには表示をしないものが多いです。

計測係の喪黒福造氏は風邪でお休みです。

 

 

 

 

 


ひとくち大根を食べてみます。
口の中に悪い大根の臭い味と香りが広がります。
思わず吐き出しそうになりましたが
ぐっと思いとどまり飲み込みました。

 

なんだか大根がとても臭いです。
大根を仕入れるときに試食をしなかったのでしょうか

 

次に豚肉を食べてみます。
豚肉も不味いです。


臭い大根の味が移ったのか
不味い豚肉を仕入れたのか
どちらもとてもまずいです。

 

アウトレットで安くなった理由がわかりました。
大量に作ってしまったとか消費期限が近いとかで
アウトレットになったわけではなく
単純に 不味いから売れなくアウトレットで処分
していたわけです。

 

これは買ってはいけない缶詰でした。

 

 

 


とてもごちそうさまと言えない缶詰でした。

★★★大根が臭く不味いので★★★星 なし
品 名 MEIDI-YA豚角煮大根豚肉40%以上おいしい缶詰
販売者 株式会社明治屋
購入日 2016年9月28日
購入場所 アスクル
購入価格 398円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

221缶外 今日のランチは大船軒鯵の押し寿司で


珍しくJRを使った帰りの東神奈川駅で大船軒の売店を発見。
日本レストランに吸収される前のバカ若社長時代には
鎌倉や大船に行った帰りに駅そばを食べたり駅弁を
買っていました。

 

売店のおばちゃんと仲良くなりバカ社長の話をしたものです。
バカ社長時代の大船軒は錐揉み飛行状態でひどい駅弁を出したり
変な駅そばを売ったりしてやる気のある社員はみな辞めたそうな。

 

バカ社長 ひとりを辞めさせればうまく行ったものを
それが出来ないのは世の中の道理。

当時の大船軒の社員も「ゴルゴ13が居てくれればなぁ」と
思ったことでしょう。

 

さて、本題の鯵の押し寿司ですが東海道線沿線には
明治36年発売の小田原駅東華軒の小鯵押寿司1030円と
沼津駅桃中軒の港あじ鮨960円があります。

 

内容も少しずつ異なり小田原駅東華軒の小鯵押寿司は
鯵寿司以外に赤紫蘇の寿司が口直しに入っています。

 

沼津駅桃中軒の港あじ鮨は鯵鮨だけでなく太巻きや
伊豆天城山の本山葵まで入っていてこの山葵をおろして
食べることが出来ます。

 

TAMが一番好きなのは沼津駅桃中軒の港あじ鮨で
一番コストパフォーマンスが良いように思います。

 

次は赤紫蘇鮨の入った小田原駅東華軒の小鯵押寿司で
食べてつまらないのは大船駅大船軒の鯵の押し寿司です。


バカ社長時代に内容の充実ではなく鮨のバラエティを
図ってしまった為に似たような鮨ばかりで
つまらなくなっています。

 

 

横浜のスーパーの方
地産地消の一環として、東海道線駅弁祭りをやってくれませんか
鯵寿司や鯛めしの食べ比べなんて面白いと思うのですが。

 

 


ごちそうさまでした。

大船駅大船県 鯵押し寿司960円
http://www.ofunaken.co.jp/page037.html

小田原駅東華軒の小鯵押寿司1030円
http://www.toukaken.co.jp/ekiben/A-2.html#aa

沼津駅桃中軒 港あじ鮨960円
http://www.tochuken.co.jp/ekiben_01_2.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

221缶 讃岐缶詰 小原虹みかん


東急ストアで見つけました。
普段みかんの缶詰など気にはないのですが
小原虹みかんのネーミングに惹かれて購入。

外観はニャンちゅうがご紹介

 


缶の計測は喪黒福造氏が担当

 

 

缶を開けたところ 忍者ハツトリくんが参加

 

 


パン祭りでもらった皿に出してみました。

 

アップで撮影

 

 

ひとくち食べてみます。
みかんの缶詰特有の甘いシロップの味が
そんなにきつくありません。

 

みかんの缶詰は最近中国製ばかりで
舌にまとわりつく甘いシロップが嫌で
買わないのですがこの缶詰は違いました。

小原虹みかんというネーミングです。
中国製と比べて味に気品があるように思えます。


中国製みかん缶詰は甘い甘いシロップで
煮付けた感じです。

一度は買ってみても良いかもしれません。

 

ごちそうさまでした。

 

 


★★★意外に美味しかったので★★星 ひとつ
品 名 讃岐缶詰 小原虹みかん
販売者 讃岐缶詰株式会社
購入日 2016年11月14日
購入場所 東急ストア
購入価格 187円