がん治療と美容を内科で一気に解決 東大阪 坂本医院

抗がん剤の副作用、がん治療でお悩みの方、透明肌を求める方が、高濃度ビタミンCとオゾン療法で悩みを解決されています。医師に聞きにくいことも、パイプ役であるメディカルディレクターがいる医院なら安心。事例などあなたの不安を解消する情報を発信しています。


テーマ:

 

 

 

オゾン療法血液クレンジングとは?

 

オゾンガスを用いた様々な治療法の総称である「オゾン療法」の中の一つに、「大量自家血オゾン療法」という治療法があります。

100~200ccの血液を脱血し、そこにオゾンガスを混合、オゾン化した血液を体の中に戻すという治療法です。

 

 

オゾンを入れる前の血液です。

 赤色が濃いですね。

 


 

 

 

 

 

           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オゾンを入れた後の血液です。きれいな明るい赤色に変わりました。

 

 

 

オゾン療法の効果

 

オゾン療法は、ヨーロッパなどでは、B型C型の肝炎や、HIVのウイルスの増殖を抑えるために用いられています。虚血性疾患に対しては、保険適用にもなっています。狭心症や心筋梗塞など、虚血性心疾患の後にオゾン療法が治療として行われています。他にも、老人性網膜変性疾患、アトピー性皮膚炎などアレルギー・自己免疫疾患にも用いられます。(投与量により免疫調整作用)、また、免疫力を上げる作用に優れ、がんの補完療法として外科手術後に使用されています。

 

こんな疾患に適しています

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

・ がん、悪性リンパ腫
・ 自己免疫疾患(慢性関節リウマチ、多発性硬化症、クローン病、アトピー性皮膚炎、エリテマトーデス)
・ 線維筋痛症
・ ウィルス性疾患(B型,C型肝炎、HIV、パピローマウィルス、帯状疱疹)
・ 慢性腎不全
・ 慢性疲労症候群
・ 脳神経退行性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病、痴呆)
・ 呼吸器疾患(肺気腫、COPD )
・ 真菌感染症
・ 眼科疾患(白内障、緑内障、加齢性黄斑変性症)
・ 動脈閉塞性疾患(心筋梗塞、脳梗塞)
・ 下肢静脈瘤
・ 糖尿病(糖尿病性末梢神経障害、糖尿病性壊疽)

 

 

 

血液クレンジングの効果

 

・​体内の酸素化(特に虚血部位の酸素化)
・​血液流動性の改善による末梢循環の改善

・​免疫機能の向上 

・​細胞を活性化による抗酸化力向上 

・​アンチエイジング効果

 

 

 

血液クレンジングの副作用

 

1999年まではポリ塩化ビニルのバッグを使用していたので、オゾンと反応し有毒ガスが発生していた為、副作用の報告もいくつかありました。しかし、2000年以降の現在はオゾン耐性のあるシリコンのルートやガラス瓶を使用しているので副作用報告はありません

 

 

 

血液クレンジングを受けられない方

 

甲状腺機能亢進症やG6PD欠損症の方は受けられません。

事前にG6PD欠損症でないかの検査を行います。

また、安全性を考慮して、妊婦に対しては血液クレンジングを行わない方がいいでしょう。

 

 

 

血液クレンジングの料金

 

 

オゾン療法血液クレンジングの受け方

 

 

 坂本医院
内科 消化器科 小児科 
皮膚科 内分泌科
 
〒579-8057 大阪府東大阪市御幸町11-3

TEL: 072-981-1551
(番号をタップすると発信します)
・・・・・・・・・・
休診日 第2・4・5木曜、日曜、祝日
 
 
 

 

超高濃度ビタミンCオゾン療法血液クレンジング
がん治療と美容を一気に解決する内科・坂本医院

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

がん治療と美容を内科で一気に解決 東大阪 坂本医院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>