日本画家・榊山敬代 SAKAKiYAMATAKAYO
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-20 22:22:06

6月の制作のとき。

テーマ:制作

6月がはじまりましてから
早くも6月後半の月曜日が

スタートいたしました

5月では

美術館巡りや
両親と京都さんぽや
妹や姪っ子たちに会えたり
友人の新たな命へ会えたり
懐かしい友人と再会したり

普段会いたくても
なかなかお会いできない人たちと
不思議と出会える時間だったようにおもいます

そして6月の前半は。。

ぷく。
。ぷく。

…と

{5EB27C4E-17C0-46BE-B1D4-24EB3B0445F7}






絵の世界なる迷える海底へと
沈んでいるような…

制作時間が流れておりました。。

そのような時間の現実では

描き込んできた作品が
イメージから遠ざかってしまい
おもいきって1から描き直してみたり

日本画って
むつかしい

と 落ち込んでみたり

そのかたわら 
日本画の素材を

あらためまして
やっぱり大すき

とほれなおしてみたり

1日1日の制作の過程がドラマのようで
ドキドキヒヤヒヤしているかんじでした
  
…と いつもに増して
このようなキモチになりますのは

ただ今取り組んでいる作品が
今までの描き方とは異なるかんじに
挑戦していることもありまして

意外にも苦戦中です。。

イメージの下絵が
完成しました当初は

いつもの慣れた素材から
新作を考えていましたが

今回は作品さま曰く

この素材で描いてほしいのと
おっしゃってる気がしまして

イメージに近づくように
慎重に挑んでいる次第です。。


新たな絵肌へ挑んでみるとき

失敗はつきものですが
あらためて素材たちの 
新しい発見と出会えたり
素材を見直す機会となり
基本を見直す時間となり

慣れたはずの絵具や絵筆さんたちから
新鮮な感覚をいただく瞬間も多いです
 
そして

素材はいつもしずかに同じなのに

こちらの角度を変えて見つめてみますと
ァ…と新しい表情を発見できるかんじは

いつもの身近な日常にも
通じる感覚のようにおもうのでした 

それは

毎日同じことをくりかえしているようで
こちらの焦点を積極的に変えてみるだけで

気付かなかった小さなコトに気付いたり
小さなコトにおもいやる眼差しになれたり

…と

こちら側からの意識で
いつもの風景が変わって映るかもしれない眼差しがあるとしたなら

そんなふうに
日常の景色を

眺めてみたいなぁとおもうのでした。。


…と いうことで

そんなふうな眼差しから
日本画の素材たちと向き合うこと


かれこれ二週間…


{89E0A8C1-6DA8-4254-B049-74DED2E402E6}

 
プカりと

迷える海底の世界から
迷いなき水面の世界へ

ときおり顔を出せるような段階へと
泳げるようになってきたでしょうか

すこしずつ

プクプク。から
スーハー、へと

絵のなかで
呼吸ができるようになってきたのでした

けれども

またくるりとひっくり返ったりして
迷える海底へと沈んでいきませんように

油断はできない今週です、、


とりあえず
しばらくは

絵のなかで呼吸ができる
シアワセをかんじながら

集中してゆきたいとおもいます。。


LINEStore

インスタグラム

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
榊山敬代さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み