福祉車両専門店「福祉車両の中古車を全国に販売」

西日本最大規模の在庫台数を誇る福祉車両専門店「坂出自動車のブログ」中古福祉車両の在庫数は常時30台以上。西日本最大級の在庫数を誇ります。多くの中古福祉車両の中から、見て、さわって、実際に動かすことのできる、数少ない福祉車両の専門店です。


テーマ:

リクライング式の車いすを使用しています。

長時間乗車する場合には、リクライングを倒してゆっくりしたい。

相談に乗ってもらえませんか?

 

もちろん、大歓迎です。

お客様が検討していた車両は、車いす1台固定タイプのハイエース。

座席が3列あって、その後ろに車いすの方が乗ることになります。

しかし、これではリクライングを思いっきり倒してゆっくりすることができません。

そうなると、車いす2名タイプのハイエースにすれば良いのですが・・・・・。

予算的に40万円もアップしてしまいます。(当店在庫比)

 

ということで、私からのご提案!

3列目シートを外して、そこに車いすを固定できる金具を取り付けること。

3列目を外せば、ストレッチャーを載せられるぐらいの広大なスペースが出来ますから。

これなら、リクライニングを最大限に倒しても余裕です。

デメリットは、乗車定員が10名から9名になること。

 

そのご提案にお客様が賛成して下さったので、改造を施しました。

 

(改造前、3列目シートがある状態)

 

3列目シートを外し、車いすを固定できる金具を取り付けました。

 

障害の度合いや家族構成、ライフスタイルなど人それぞれです。

私たちはそのお客様お一人お一人としっかりお話をして、最適なご提案をしています。

だから、福祉車両の専門家と呼ばれているのです。

 

 

そして、改造を施したハイエースを島根県松江市へ納車してきました。

ついでに松江城を見学してきました。

これからも、福祉車両の専門家としてお客様お一人お一人にに合った福祉車両の提案と改造の提案を続けていこうと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まさか自分が車いす生活になるとは・・・・。

想像もしていなかった。


12月に、お客様が来店。

車いす収納装置(アームリフト)を取り付けたいと。

アームリフトとは、折畳んだ車いすを電動ウインチで持ち上げてくれるモノです。






お客様は、杖を突きながらではありますが、歩くことは出来ます。

でも、長時間は立つことが出来ないのです。

そのため、車いすは欠かせません。


2年前に購入したラクティス。

当時は、普通に歩くことが出来ました。

なので、デザインと取り回しの良さに納得して購入。

気に入って乗っていました。


がしかし、病気を発症してから一変。

快適だったラクティスが、そうではなくなりました。

とにかく、トランクの床が高いのです。

そのため、折畳んだ車いすを載せるのに、かなり持ち上げなければいけません。

これはかなりの重労働です。

杖をつかないと歩けない身体。

そんな身体で10kgもある車いすを持ち上げるのは本当に大変。

ほとほと困っていました。

なので、WEBで調べてアームリフトの存在を知りました。

急いで新車を購入したディーラーへ改造の依頼。


がしかし、ディーラーの担当者にはどんなに説明しても暖簾に腕押し状態。

これではらちが明かない。

そう考えて、福祉車両で有名な当店へ連絡を頂いたのでした。

実はこの装置は、ただ単純に取り付ければ良いというものではありません。
車種によって、トランク部分の広さや高さが違います。
なので、車種ごとによって装置の形状と取り付ける場所を変えなければいけません。
そして、お客様の車いすの重さによって、モーターのパワーと回転速度も変える必要があります。
重さ30kgまで対応できます。
ですから、お客様とヒアリングと打合せをしっかりと行います。

のため、ちょっと時間がかかっちゃいましたけどね。

でも、お客様が納得のいくものをご提供することが出来ました。








納車時、「これで毎日の生活がラクになる」と喜んで頂きました。

私たちは、福祉車両の専門家です。

このような改造はお任せください!!!



-------------------
車いす収納装置  220,000円
改造費用        60,000円
合計          280,000円
-------------------

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

折り畳んだ車いすをラクに収納したい。

所有しているクルマへ改造は出来ますか?



香川県内のお客様からこんなお問い合わせがありました。

もちろん、出来ます。

車いす収納装置・格納装置、または車いす用アームリフトと呼ばれている商品があります。

これがあれば、折り畳んだ車いすを電動インチで持ち上げてくれるので、非常にラクです。









普通の車いすは約10kgあります。

なので、毎日の作業はとっても大変。

でも、この装置があればこんなにもラクになります。(画像参照)

ヨッコラショという行為をしなくてすみます。

ヒョイッという感じでラクに車いすを収納することが出来るようになります。


しかし、大切ことがあります。

この装置は、ただ単純に取り付ければ良いというものではありません。

車種によって、トランク部分の広さや高さが違います。

なので、車種ごとによって装置の形状と取り付ける場所を変えなけれいけません。

そして、お客様の車いすの重さによって、モーターのパワーと回転速度も変える必要があります。

重さ30kgまで対応できます。


ですので、お客様との対話が非常に大切になります。

だから、何度もヒアリングと打合せをします。

だって、そのほうが良いものが出来るから。


今回のお客様の愛車は、現行ラクティス。

車いすの重さは約10kg。

これで見積もりをさせてもらいました。

また、正式な注文をもらったら、最終の打合せを行ってから改造に取り掛かる予定です。



-------------------

車いす収納装置  220,000円

改造費用        60,000円

合計          280,000円

-------------------


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

右足が義足なので、左足でアクセルを踏める様に改造してもらえませんか?



もちろん、大歓迎です。

当店には、左足アクセルのデモカーがあります。

いつでも試乗して頂けます。


今回ご依頼があったのは日産デイズルークス。



(改造前)





デイズルークスの場合、左端にパーキングブレーキがあります。

左足アクセルへ改造するとなると、このパーキングブレーキが干渉してしまいます。

ですので、その改造も必要となります。

つまり、左足で操作するパーキングブレーキを手で操作するようにします。

手動式パーキングブレーキを取り付けます。

そうすることによって、ブレーキペダルの左側にアクセルペダルを取り付ける余裕のあるスペースを生み出します。

そして、既存のアクセルペダルには遮へい版を取り付けて、誤って踏めないようにします。


(改造後)





左端にアクセルペダルがあります。

そのため、パーキングブレーキは手動式になりました。

そして、既存のアクセルペダルの上には遮へい版。

このアクセルペダルの遮へい版は取り外しが可能です。

ツータッチで簡単に取り外すことが出来ます。

ですので、通常の右足アクセルとしてもご使用出来ます。


このように当店は、障害のある方が運転するための改造を行っております。

お客様ひとりひとりに合った改造をご提案します。

デモカーもございますので試乗もして頂けます。

是非、お問い合わせ下さい。


-----------------

左足アクセルへの改造

  部品価格     78,000円

  改造費用     32,000円

     合計    110,000円

------------------


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

下肢が不自由な方へは、手動運転(運転補助装置)の取り付けを行っています。

手でアクセルとブレーキを操作できます。

ステアリングにはアシストグリップを取り付けますので、軽い力で片手でハンドルを操作出来ます。




片麻痺の方へは、左足用アクセルへの改造を行っています。

左足でアクセルが踏めるようにして、右側(本来はアクセル)を踏めないようにロックします。

そして、左手でウインカーを操作できるように改造します。




サイドサポート

車いすからシートへ移乗するときの橋渡しとなってくれます。




車いす収納装置

車いすをトランクやラゲッジスペースに収納する際に、電動で持ち上げて作業の負担を軽減してくれるように改造します。





このように、当店は障がい者の方が自由に出かけることが出来るようにお手伝いを行っています。

障がいがあるからといって運転することを諦めるなんてもったいない。

私たちがサポートしますから。

もちろん、障がいの度合いは人それぞれ。

ひとりひとりに最適な改造をご提案します。

だから、運転することを諦めないで下さい。




小さな工房ですが、お客様に最適な装置を真心こめて作ってます。










障がいがあるけど、運転したい!!!

そんな、あなたからのお問い合わせをお待ちしています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

左足アクセルペダルへの改造もお任せ下さい!!!




左足アクセルペダルは、右足または右半身が不自由な方が左足でアクセルとブレーキを操作して運転するためのものです。

ウインカーも左手で操作することが出来ます。



そんな中、始めて運転される方にとっては不安もあることでしょう。

改造した後に、やっぱり運転することが出来ないなんてことになると、非常にもったいないですから。

そのため、試乗車(デモカー)を用意しました。




(左足アクセルペダル)



(左手で操作するウインカー)







お試しで使ってみてください。
見て、触れて、動かしてみてください。
操作方法は、当店スタッフが丁寧にお教えします。
実際に乗ってみてから改造を検討してください。





なお、試乗車(デモカー)はレンタカーとしても貸し出しを行っています。
ですので、試乗のご希望の場合は事前にご予約をお願いします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

手動運転(運転補助)装置付きの試乗車(デモカー)を用意してます!!!






手動運転(運転補助)装置とは、下肢障害のある方が手でアクセルとブレーキを操作して運転することができるものです。

ほぼすべての車両において改造出来ます。




そんな中、始めて運転される方にとっては不安もあることでしょう。

改造した後に、やっぱり運転することが出来ないなんてことになると、非常にもったいないですから。

そのため、試乗車(デモカー)を用意しました。













お試しで使ってみてください。

見て、触れて、動かしてみてください。

操作方法は、当店スタッフが丁寧にお教えします。

実際に乗ってみてから改造を検討してください。






なお、試乗車(デモカー)はレンタカーとしても貸し出しを行っています。

ですので、試乗のご希望の場合は事前にご予約をお願いします。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

下肢が不自由な方が自分で運転するために必要な手動運転装置。

右半身が不自由な方が自分で運転するために必要な左アクセルペダル。





最近、このような改造の依頼が増えています。

現在のところ、手動運転装置を取り付けたデモカーはあります。

当店のレンタカーとしても大活躍しています。











しかし、お客様の幅広いご要望にお応えするにはまだまだです。

手動運転装置だけではダメなのです。

左アクセルペダルや車いすを格納するために便利なアームリフトなど。

実際にお客様に体感してもらわないといけない装備があるのです。





ということで、その多くに対応したデモカーの製作を行います!!!


☆デモカー改造内容☆

 ・手動運転装置

 ・左アクセルペダル

 ・アームリフト(室内クレーン)

 ・左ウインカーレバー

 ・サイドサポート



そして同時にレンタカーとして活用もします。

つまり、改造を検討する前の試乗として。

または、修理代車として。

様々な用途に幅広く対応出来るようになります。

是非、ご期待ください。




なお、デモカーの完成は年内を予定しています。

完成しましたら、このブログで紹介しますね。

なので、もう少しだけお待ちください。




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

手動運転装置とは、下肢に障害を持った方が両足を使わずに両手だけで自動車を運転できる装置のことです。


つまり、障害者の方たちの「自分一人で自由に出かけたい」を実現できる画期的な装置です。




(施工前)



3代目中古車屋の展望 ~ 福祉車両専門店の歩み



3代目中古車屋の展望 ~ 福祉車両専門店の歩み


        



(施工後)



3代目中古車屋の展望 ~ 福祉車両専門店の歩み



3代目中古車屋の展望 ~ 福祉車両専門店の歩み




実はこの装置の取り付けは、熟練の技術と経験が必要です。


なんせ、アクセルとブレーキという自動車にとってとても重要な保安部品を改造するのですから・・・・・・・。


ですので、一朝一夕にできるものではありません。


事実、当店では改造することは出来ません。







でも、ご安心下さい。


私には強い味方がいます。



3代目中古車屋の展望 ~ 福祉車両専門店の歩み



手動運転(運転補助)装置の販売・取付け・加工・改造を行う会社を経営している西尾義明さんです。


事故で、脊椎を損傷。


車いす生活になって14年。


車とお酒が何よりも大好き。


彼は、もう10年以上も前から手動運転(運転補助)装置を使って運転しています。


一人でも多くの障害者の方に運転することの楽しさ、出掛けることの喜びを知ってほしいという強い想いから、手動運転(運転補助)装置の販売・取付けの会社を起ち上げました。


障害を持つ者同士だからこそ分かり合える不満や不安。


それらを解決するために利用者の立場に立って真摯に向き合っています。


その結果、手掛けた車両改造は500台以上。


小さな改造から大きな改造まで、幅広く手掛けています。


彼は自信をもって断言します。


「指2本動けば、運転できる。」と・・・・。





なので、私はいつも西尾さんにお任せしております。


今回の改造費用は、約18万円(軽自動車の場合)。


そんなに高くないでしょ!?


運が良ければ、県からの補助金10万円がもらえることもあります。


私たちは、彼と一緒に障害者の方たちに最適な改造のご提案を致します。


是非、お気軽にお問い合わせ下さい。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

乗るときは良いけど降りるときがちょっと怖い。


なんとかならない?






先日、来店されたお客様からのご要望。


このお客様の車いすは電動式の特注もの。


バッテリーが車いすの下に搭載されているため、とても重いのです。


いくらスロープの傾斜角度が緩いといっても、介助者にはとても大きな労力が必要になります。




3代目中古車屋の展望 ~ 福祉車両専門店の歩み



乗り込む際には、介助者が力いっぱい押して乗せる必要があります。


そして一番の問題は、降りるときに起こります。


かなり重量のある車いすなので、ゆっくりゆっくりと降ろさなければいけません。


もし万が一、手が滑ったとか足が滑ったとかなると・・・・・・。


想像したくもありません。


最悪の場合は、大事故になってしまいます。


これは車いすの方と介助者の方の両方にとって大きな問題です。


そこで私はとある提案をしました。


それは・・・・・・。


電動式のウインチを付けること。


これなら、乗るときは引っ張り上げてくれるので介助者にとってラクになります。


そして降りるときは、ゆっくりのスピードで降りていくので車いすの方も安心です。


まさに一挙両得。


ということで、電動ウインチを取り付けました。



3代目中古車屋の展望 ~ 福祉車両専門店の歩み



3代目中古車屋の展望 ~ 福祉車両専門店の歩み




モーターのスピードを調節するのに苦労しました。


引き揚げる際の速度は、速すぎてもいけないし遅すぎてもいけません。


なので、非常に難しいのです。


そのため、納車まで約1カ月近くもかかってしまいました。(反省)


でも、お客様には大変喜んで頂きました。


これからも、お客様にご要望に真摯に向き合って取り組んでいきたいと思います。




3代目中古車屋の展望 ~ 福祉車両専門店の歩み









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)