福祉車両専門店「福祉車両の中古車を全国に販売」

西日本最大規模の在庫台数を誇る福祉車両専門店「坂出自動車のブログ」中古福祉車両の在庫数は常時30台以上。西日本最大級の在庫数を誇ります。多くの中古福祉車両の中から、見て、さわって、実際に動かすことのできる、数少ない福祉車両の専門店です。

西日本最大規模在庫台数を誇る福祉車両専門店 坂出自動車ブログ


私たちは香川県坂出市「福祉車両専門店」の坂出自動車です。
中古福祉車両の在庫数は常時30台以上。西日本最大級の在庫数を誇ります。
多くの中古福祉車両の中から、見て、さわって、実際に動かすことのできる、数少ない福祉車両の専門店です。

福祉車両専門店をはじめて10年以上、北は北海道から南は沖縄まで、福祉車両の販売台数は1,000台を超えます。介助者や要介護者さまに寄り添ってきた経験豊かな福祉車両の専門家が、数多くの在庫の中からあなたの家族にとって最適な1台との出会いをお手伝い致します 。あなたが抱える介護の不満や不安は、数多くの経験を持つ私たちが必ず解決してみせます。

テーマ:

このクルマに愛着があります。

だからこそ、専門家に買い取ってもらいたいのです。

福祉車両が必要になった方に活用してもらえれば嬉しいです。

 

香川県高松市のお客様が買取りで来店してくださいました。

そう言って頂けると光栄です。

喜んで買取りさせて頂きます。

私たちは、福祉車両が必要なくなった方から必要な方への橋渡しが得意なのです。

それが使命なのです!!!

 

今回、査定させて頂きましたのはヴォクシー。

平成16年式、助手席リフトアップシート。

走行はたったの2万キロ。

年式は古いのですが、状態がとっても良い。

なので、まだまだ十分に活用して頂けます。

 

ということで、私の出来る限りの買取り価格をご提示したところ・・・・・。

ご成約となりました。

ありがとうございます!!!

 

外装には、少しキズ等があります。

がしかし、当店は板金塗装工場も運営しております。

当店の職人が丁寧に修理してからWEBに掲載する予定です。

もう少しお待ちくださいね。

 

今回は地元のお客様でしたが、当店は全国から福祉車両を買取りいたします。
買取り査定はとっても簡単。
 
・車検証をメール及びファックス
・必要書類をメール及びファックス
・電話及びメールでヒアリング
・出来れば詳細な画像をメール
・査定価格を算出
・ご成約

 

簡単でしょ!?
その時に、その福祉車両との思い出やストーリーを語って頂ければ嬉しいです。
そのストーリーを次のお客様へと紡ぎますから。
福祉車両の買取りは私たちにお任せください!!!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

お店へ行きたいけど、主人の介護が忙しくて行けません。

自宅まで福祉車両を持ってきて、見せてもらうことは可能ですか?

 

香川県高松市在住のお客様からTEL。

もちろん、大歓迎です。

高松なら当店から40分。

近いものです。

 

【お客様が知りたいこと】

・助手席リフトアップシートに主人が乗ることが出来るのか?

・頭が当たらないか?

・膝が当たらないか?

・自分は、どのようなサポートをすれば良いのか?

 

以上のことは、実際に見ないと分かりません。

カタログだけ見たって、机上の空論ですからね。

だから、私たちは数多くの在庫車両の中から、『見てさわって実際に動かせる』をコンセプトにしています。

ということで、出張デモンストレーションを行いました。

 

 

ご主人様に乗って頂くことが出来ました。

介護する奥様もとっても簡単ということも体感して頂きました。

だから、福祉車両は実際に試してみないといけないのです。

 

障害の度合いや家族構成など人それぞれ。

私たちは、お客様とじっくりお話しして最適な福祉車両を提案しています。

出張展示会も承ります。

県内の方はもちろん、近隣県の方なら無料で行います。

お気軽にご用命ください!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

当店は、遠方ばかり納車へ伺っているわけではありません。

県内への納車も多いのです。

そんな中、今回は地元の医療法人様へレジアスエースの福祉車両を納車致しました。

 

 

納車の際、私たちが大切にしていることは使い方をしっかりとお伝えすることです。

まずは、私が説明しながら実演します。

その後、スタッフの方たちで試してもらいます。

これを何度も繰り返すのです。

安全に使って頂きたいですからね。

 

間違った使い方は、非常に危険ですし故障の原因にもなります。

福祉車両の適切な操作方法は、専門家へご相談ください。

私たち福祉車両の専門家は、安全な使い方、的確なメンテナンス方法をお伝えします。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5ナンバーサイズで、車いすの方が2名乗ることが出来る福祉車両はありますか?

 

香川県綾歌郡綾川町のNPO法人様からのお問合せ。

もちろん、ございます。

タウンエースの車いす2名固定タイプをご提案したところ・・・・・・。

すぐにご成約して頂きました。

 

 

実は、こちらのNPO法人様は10年以上も前からお取引がございます。

当店で購入された福祉車両は10台以上。

私たちの歩みを支えて下さっていることに、とても感謝しています。

 

 

実は、5ナンバーサイズで車いすの方が2名乗ることが出来る福祉車両は、とても人気があります。

女性が運転する場合は、キャラバンやハイエースでは大き過ぎますからね。

なので、当店は常時在庫しています。

是非、ご活用ください!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おかげさまで福祉車両の販売は好調です。

そのため、在庫数が減ってしまいました。

・・・・・・申し訳ありません。

 

でも、ご安心ください!!!

いつもよりも仕入れを強化しています。

ということで、最近仕入れた福祉車両をご紹介します。

 

☆平成19年式 ヴォクシー スローパー 車いす2名個体

☆平成27年式 ヴィッツ 助手席リフトアップシート

☆平成27年式 フリード スローパー

☆平成24年式 レジアスエース 車いす2名固定 ディーゼル

☆平成27年式 NV200バネットワゴン スローパー 介護タクシー仕様

☆平成16年式 ハイエース 理美容車

 

これらは、小傷等を修理した上に全体を丁寧に磨きます。

そして、室内を清掃します。

その後にWEBに掲載する予定です。

今しばらくお待ちくださいね。

 

当店は、「見てさわって動かして選べる」をコンセプトにしています。

たくさんの福祉車両の中から、あなたに最適な福祉車両をご提案します!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

介護施設の事務長さん、施設長さんへ

 

福祉車両は、毎日使うモノです。

特に、デイサービスの送迎となると1日に2回は使うと思います。

だからこそ、事故のリスクが少なくありません。

 

いざ事故が起こると・・・・。

・警察への報告

・保険会社への報告

・上司への報告

・修理の手配

・搭乗者のケア

・搭乗者のご家族への報告

・事故相手との折衝など

 

これらは、責任者である事務長さんや施設長さんが行わないといけません。

とっても大変で手間がかかるのです。

そんな中、時間がかかるのが相手との折衝。

主に、保険会社の担当者が行ってくれます。

なので、事務長さんや当事者が直接に折衝することはほとんどありません。

でもね、どうしても過失割合で揉めるのです。

長年、クルマ屋をしている私だからこそ分かるのです。

 

過失割合で揉めると・・・・。

・示談が成立しない

・車両の修理代が支払われない

・治療費などが支払われない

・精神的に不安定になる

 

こんなのイヤですよね?

それを回避する方法がドライブレコーダー!!!

 

 

これがあれば一目瞭然。

事故をした瞬間がバッチリ録画されているのです。

客観的な真実がそこにあるのです。

もう過失割合で揉めなくて済みます。

毎日使う福祉車両には、是非ドライブレコーダーを。

心労のリスクを減らしましょう。

 

当店には常に在庫がございます。

1台あたり約30分で取り付けが完了します。

是非、ご用命下さい。

 

 

ドライブレコーダー本体 18,000円(税別)

取り付けキット      1,000円(税別)

取り付け費用       4,000円(税別)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

合計          23,000円(税別)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

私たちは福祉車両の専門家です。
そして、救急車の専門家でもあります!!!
 
ということで、中古救急車を熊本県菊池市の医療法人様へ納車に行ってきました。

救急車の登録は普通とは少し違います。

緊急自動車として使用するためには公安委員会の許可がないといけません。

ですので、都道府県の公安委員会へ届け出をして許可証を発行してもらうことになります。

その手順は、各県によって異なります。

熊本県の場合は、車両を公安委員会へ持ち込み、担当者のチェックを受けないといけません。

ということで、熊本県の公安委員会へ。

 

 

赤色灯や装備等をチェックした後、許可証を発行してくれました。

ちなみに、車両を持ち込まなくても良い都道府県もあります。

先週、納車した福岡県は書類だけでオッケーでした。

香川県も同様です。

こればっかりは、仕方がありません。

 

さて、許可証をもらったので熊本県の陸運局へ。

通常であれば、地元の陸運局にて予備検査を受けます。
ですので、現地陸運局では書類を提出するだけで登録は完了します。
がしかし、救急車は違います。
現地陸運局の検査ラインを通らないといけません。
これが手間なのです。
特殊な車両であるがゆえの宿命というか・・・・・・。

 

 

まさかのヘッドライトテスター不合格。

痛恨のケアレスミス。

すぐにヘッドライトの調整をして、もう一度検査へ。

当然のことながら、合格!!!

しかし、当日は検査ラインが混んでいたのでかなりのタイムロスとなりました。

なので、菊池市のお客様の元への納車は18時となってしまいました。

それでも快く迎えて下さった職員さんに感謝です。

 

本来はすぐに帰る予定でしたが・・・・・・。

最終の新幹線に間に合いそうにないのでもう1泊することに。

熊本名物を食べる楽しみが増えました。(笑)

全国へ特殊な車両を納車していますと、しばしばトラブルがあります。

しかし最近では、そのトラブルを楽しむ余裕すら出てきました。

福祉車両の専門家として、救急車の専門家として、これからも様々な試練に立ち向かっていこうと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私たちは福祉車両の専門家です。

そして、救急車の専門家でもあります!!!

 

ということで、中古救急車を福岡県遠賀郡の医療法人様へ納車に行ってきました。

通常であれば、地元の陸運局にて予備検査を受けます。

ですので、現地陸運局では書類を提出するだけで登録は完了します。

がしかし、救急車は違います。

現地陸運局の検査ラインを通らないといけません。

これが手間なのです。

特殊な車両であるがゆえの宿命というか・・・・・・。

 

 

検査は一発で合格!

当店の検査員がしっかりと行っていますからね。

当然です。

その後、測定へ。

これもすんなりオッケー。

いつもは測定の段階で、すったもんだがあるのですが・・・・・。

今回は、スムーズに登録が完了しました。

 

 

ちなみに、こちらの看板は当店にて施工しました。

お客様から法人名とデザインのデータか画像を頂ければ、こちらで施工できます。

救急車を購入されるすべての医療法人様からは看板入れの依頼があります。

 

北九州陸運局にて登録後、遠賀郡のおんが病院様へ納車致しました。

大勢の職員さんや院長先生がお出迎え頂きまして・・・・・・。

とっても光栄でした。

院長先生は運転席に座ってご満悦でした。

 

 

私は、こういった光景が大好きなのです。

だから、遠くても直接お届けすることにこだわっています。

これからもこういった素敵な光景に出会えるように、頑張ります!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リクライング式の車いすを使用しています。

長時間乗車する場合には、リクライングを倒してゆっくりしたい。

相談に乗ってもらえませんか?

 

もちろん、大歓迎です。

お客様が検討していた車両は、車いす1台固定タイプのハイエース。

座席が3列あって、その後ろに車いすの方が乗ることになります。

しかし、これではリクライングを思いっきり倒してゆっくりすることができません。

そうなると、車いす2名タイプのハイエースにすれば良いのですが・・・・・。

予算的に40万円もアップしてしまいます。(当店在庫比)

 

ということで、私からのご提案!

3列目シートを外して、そこに車いすを固定できる金具を取り付けること。

3列目を外せば、ストレッチャーを載せられるぐらいの広大なスペースが出来ますから。

これなら、リクライニングを最大限に倒しても余裕です。

デメリットは、乗車定員が10名から9名になること。

 

そのご提案にお客様が賛成して下さったので、改造を施しました。

 

(改造前、3列目シートがある状態)

 

3列目シートを外し、車いすを固定できる金具を取り付けました。

 

障害の度合いや家族構成、ライフスタイルなど人それぞれです。

私たちはそのお客様お一人お一人としっかりお話をして、最適なご提案をしています。

だから、福祉車両の専門家と呼ばれているのです。

 

 

そして、改造を施したハイエースを島根県松江市へ納車してきました。

ついでに松江城を見学してきました。

これからも、福祉車両の専門家としてお客様お一人お一人にに合った福祉車両の提案と改造の提案を続けていこうと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

当店には、同業者様の視察や講演依頼が数多くあります。

今回は、兵庫県自動車整備振興会姫路支部の方々が講演を聞きにやって来て下さいました。

 

 

講演の内容とは・・・・・。

 

・福祉車両に対する熱い想い

・福祉車両専門家としての今までの道のり

・お客様との心温まる思い出

・福祉車両を扱うための心得

 

というようなお話をしています。

概ね、好評を頂いております。

これからも福祉車両への熱い想いを持った専門家として活動していきます!!!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)