福祉車両専門店「福祉車両の中古車を全国に販売」

西日本最大規模の在庫台数を誇る福祉車両専門店「坂出自動車のブログ」中古福祉車両の在庫数は常時30台以上。西日本最大級の在庫数を誇ります。多くの中古福祉車両の中から、見て、さわって、実際に動かすことのできる、数少ない福祉車両の専門店です。

西日本最大規模在庫台数を誇る福祉車両専門店 坂出自動車ブログ


私たちは香川県坂出市「福祉車両専門店」の坂出自動車です。
中古福祉車両の在庫数は常時30台以上。西日本最大級の在庫数を誇ります。
多くの中古福祉車両の中から、見て、さわって、実際に動かすことのできる、数少ない福祉車両の専門店です。

福祉車両専門店をはじめて10年以上、北は北海道から南は沖縄まで、福祉車両の販売台数は1,000台を超えます。介助者や要介護者さまに寄り添ってきた経験豊かな福祉車両の専門家が、数多くの在庫の中からあなたの家族にとって最適な1台との出会いをお手伝い致します 。あなたが抱える介護の不満や不安は、数多くの経験を持つ私たちが必ず解決してみせます。

テーマ:

軽自動車でリクライング式車いすが乗れる福祉車両はありますか?

 

お得意様である高松市の介護施設事務長さんからのTEL。

私はすぐに返事をしました。

「ございます!

 よかったら、出張展示会を行いますよ。」

 

実は、軽自動車でリクライニング式車いすを余裕で乗せることが出来る車両は限られています。

タントやスペーシアでは、乗ることは出来ますがリクライング出来ないのです。

これはスペースの関係上、仕方がないのです。

ということで、1BOXタイプの軽自動車がオススメです。

アトレーワゴン、ハイゼットバン、エブリィワゴン、クリッパーバン、クリッパーリオ、タウンボックスワゴン、ミニキャブバンなど。

これらの車両なら室内のスペースが広いので、リクライング式車いすが余裕で乗ることが出来ます。

ちょうど、アトレーワゴンが在庫にあったので出張展示会を開催致しました。

 

 

職員さんたちが、実際に使用しているリクライニング式車いすを載せてみたところ・・・・・。

余裕で乗せることが出来ました。

使い勝手も良いので職員さんも大満足でした。

ということで、すぐに購入していただきました。

 

 

このように当店は出張展示会を行っています。

近隣県で福祉車両の購入を本気で検討している方なら、どなたでもご利用できます。

是非、ご相談ください!!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

納車後、ほとんど毎日乗っています。
調子は極めて順調でまったく文句のつけようがありません。
心からお礼申し上げます。

 

先月、千葉県習志野市のお客様がセレナの福祉車両を購入してくださいました。

その時の記事はこちら

そのお客様からお喜びのメールを頂きました。

大変光栄ですし、とっても嬉しいです!!!

 

 

そして、アンケートにも答えて頂きました。

 

①どのようなきっかけで当店を知りましたか?

ネットで探したところ、赤いセレナでリフト付きなので購入しました。


②なぜ当店で購入しようと思いましたか?

価格が適当であり、掲載写真が綺麗だった。それにお店の写真にも好感がもてたから。


③福祉車両を購入する前、どのようなことで困っていましたか?

電動車いすの揚げ降ろしがきつかった。とくに積み上げはむずかしい。
他の軽自動車の車椅子用もあったが、リフト式を選択した。


④福祉車両が納車された後、あなたの生活はどのように変わりましたか?

気分が爽快である。特に、他人に頼る必要がなくなったため、行きたいところへ自由に行ける様になった。


⑤坂出自動車について何か応援のメッセージをお願いします。

当初から、ご親切な友好的な応対で信用した。その後も、最初にも増して友好的であり、感動さえ感じた。
今後、介護車両の必要性は高まるので、これからも求め易く買いやすい販売をお願いします。
乗るたびに好調を感じ、気持ちを晴れ晴れとさしてくれています。

ありがとう。

 

このような嬉しい言葉をもっとたくさん頂けるように、私たちは福祉車両の専門家として邁進していきます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

キャラバンの車いすリフトが途中で止まる。
送迎に支障があるからすぐに修理してほしい。

 

お得意様である医療法人様から緊急TEL。
すぐに同タイプの代車(レンタカー)を持って駆けつけました。
その後、当店のメカニックが故障の原因を突き止めました。

 

【原因】
リフト可動部分及び側面、底部に付いているベアリングが割れている。
そのため、リフト部分が水平を保つことが出来なくなって動かなくなった。

 

実はよくあるケースです。
これはキャラバンだけではなく、ハイエースにもよく見られるケースです。
地面が水平でないところで車いすを乗せようとして、部分的に必要以上に荷重がかかったりするのが主な要因です。
それとベアリング自体の強度不足。
これは、メーカーが対応しないといけないですけどね。

 

 

【修理方法】
擦り切れたり割れたりしているベアリングの交換。

そんなに難しい修理ではありませんが、リフトを一部分外さないといけないので手間がかかる作業となります。
通常は、割れたベアリングだけを交換します。
そのほうが、安上がりですから。
でもね、今回はお客様と相談してすべてのベアリングを交換することにしました。
毎日の送迎に使うことと、まだしばらくは使い続けたいということです。
その方が私も安心です。
ということで、すべてのベアリングを交換。
といっても、キャラバンの車いすリフトには大小合わせて20個のベアリングがあります。
それらすべてを交換するので、リフトを外します。
かなりの重整備です。
普通のメカニックでは対処できません。
これは、福祉車両専門店のメカニックだからこそ出来る修理なのです。

 

 

これだけ大掛かりな修理ですが、当店のメカニックは涼しい顔で作業します。
ひとりで、3時間もあれば仕上がりますから。
修理中は、福祉車両の代車を使って頂けます。
医療法人様の送迎業務を停滞させることはありません。
福祉車両のトラブルは、当店にお任せください。
熟練のメカニックがすぐに解決します。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

愛知県の同業者です。

レンタカーとして使用しているキャラバンのリフトが途中で動かなくなることがあります。

原因不明で困っています。

修理してもらえませんか?

 

ということで、そのキャラバンに乗って来店してくださいました。

愛知県からですよ。

それだけ私たちを信用して頂けたことです。

そのことが、とっても嬉しいのです。

 

【症状】
エンジンをかけて、すぐにリフトを動かすと止まる。

 

 

すぐに診断したところ・・・・。

悪いところは見当たりません。

色々とバラしてみて試行錯誤。

経験上の様々な事例を試してみましたが、正常でした。

 

 

1点だけ思い当たることがあったのでお客様にヒアリング。

そして、私たちの疑問は確信へと変わりました。

それは・・・・・。

車両の使用頻度が少ないこと。

 

キャラバンの福祉車両は、バッテリーが弱っている時にリフトを使うとヒューズが飛びます。

 

これは当店が所有しているキャラバンのレンタカーでもよく起こる症状です。

毎日使用していれば、問題ありません。

バッテリーが充電されていますから。

しかし、使用頻度が少ないとバッテリーが放電してしまいます。

バッテリーの残量が少ないときに、無理にリフトを動かそうとすればヒューズが飛んでしまうのです。

これはキャラバンの特徴です。

 

でも、ご安心ください。

対処法は簡単。

使用頻度が少ないときには、エンジンをかけてしばらくアイドリングして下さい。

5分か10分くらい。

そうすると、バッテリーも少し充電されますから。

たったこれだけです。

 

一番良いのは、毎日使うこと!

 

このように私たちは福祉車両の知識と経験なら誰にも負けません。

同業者様へのアドバイスも行っています。

福祉車両で困ったことがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さいね。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

たとえどんなに遠くても私が届ける理由とは?

 

福祉車両は、あなたの生活を激変させます。

そのお役に立ちたい。

そして、その奇跡に立ち会いたい。

そう考えているからこそ、私が直接お届けすることにこだわっているのです。

 

今回のお客様は、千葉県習志野市在住。

自身の車いすをクルマに積み込むことに苦労していました。

電動式の車いすなので、重量は20kgもあります。

一人では無理なのです。

ということで、車いすリフト仕様車を購入して頂きました。

 

 

電動式なので、ボタンを押すだけ。

これなら簡単に車いすを収納できます。

 

当日は、習志野陸運局にて待ち合わせ。

というのも、自動車税の減免申請をしないといけません。

もちろん、私は数多くの経験をしているので得意です。

でも、障がい者手帳と免許証を持参しないといけないのです。

どちらも大切なものなので、私が預かるわけにはいきません。

ですので、習志野陸運局に持ってきてもらいました。

その後、滞りなく登録と減免申請が完了。

福祉車両の専門家ですから、当然ですね。

そして、お客様宅へお届けしました。

 

 

これで一人で外出できる。

助かったよ。

ありがとう!

 

こんな嬉しい言葉を頂きました。

お土産までいただきまして、恐縮です。

本当にありがとうございました。

 

これからも私たちは生活を激変させるお手伝いを致します。

そして、数多くの奇跡に立ち会いたいと思っています。

遠くても諦めないで下さい。

私たちにお任せください!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

初めまして。
山形県の〇○診療所事務次長の〇○と申します。
現在、当診療所で所有しております古い救急車の処分を考えています。
もし、お引取りいただけるならご連絡頂下さい。

 

こんなメールを頂きました。

もちろん、大歓迎です。

その後、お電話を差し上げてヒアリング。

車検証のコピー送ってもらいました。

それと同時に、車両の内外装の画像を複数、メールにて送ってもらいました。

 

たったこれだけで査定は完了。

すぐに査定価格をお伝えしたところ・・・・・・。

契約成立となりました。

 

このように当店は、山形県からも買取りを行っております。

今回は救急車でしたが、福祉車両も買取り致します。

手順はとっても簡単。

 

・車検証をメール及びファックス
・必要書類をメール及びファックス
・電話及びメールでヒアリング
・出来れば詳細な画像をメール
・査定価格を算出
・ご成約

 

こんな流れです。

私たちは、全国から救急車と福祉車両を買い取ります!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

車いすリフトが動かなくなりました。

途中で止まってしまい、困っています。

 

県外の同業者様からのSOS。

TELで状況を確認し、すぐに対処法をお伝えしました。

なぜ、すぐに対処法をお伝えできるかと申しますと・・・・・。

 

私たちは福祉車両の専門家だから!!!

数多くのトラブルを経験しているのです。

だから、ヒアリングするだけで、たいていの原因は判明してしまうのです。

今回は、3通りの故障パターンをシュミレーション。

それぞれへの対処法をお教えしました。

 

 

そうしたところ・・・・・。

故障原因が分かって、応急措置が無事に完了しました。

助かりました。

ありがとうございました。

というお礼のTELがありました。

 

このように私たちは、福祉車両のことなら誰にも負けません。

この知識と経験を出し惜しみすることなく、同業者様へお伝えすること。

これも福祉車両専門家の使命だと思っています。

 

福祉車両のことなら私たちにお任せください!!!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

愛知県名古屋市の介護事業者様がNV200バネットを購入して下さいました。

ということで、名古屋市へ。

今回は、事前に登録を行い、ナンバープレートを交付してもらっていました。

なので、名古屋陸運局へは寄らずに直接お客様の元へ。

 

 

なぜ、このようなことが出来るかというと・・・・・・。

当店はJU加盟店。

JUとは全国規模の中古車組合のこと。

JUに加入していると、陸運局に車を持ち込むことなく登録とナンバー交付、封印まで行えるのです。

これは、かなりのメリットです。

がしかし、デメリットもあります。

それは、少し日数がかかること。

 

①車庫証明やその他書類が揃ってからJU事務局へ書類を提出。

②登録を行う現地JU事務局へ書類を送付。

③現地陸運局で登録してナンバープレートと封印の交付。

④地元JU事務局へナンバープレートと車検証と封印を送付。

⑤地元JU事務局で受け取り。

 

こんな流れになります。

つまり、納車できるまでに2,3日は余分にかかってしまうのです。

今回のお客様は、急いではいないということなので、JUにて登録を済ませてからお客様の元へ。

陸運局に寄らずに、直接お客様の元へ納車できるのは、とってもラクなのです。

 

 

もちろん、お急ぎのお客様には今までどおりの方法で納車します。

書類が揃い次第、私が納車に伺います。

そして、現地陸運局にて登録後、お客様のもとへ。

お待たせしません!!!

 

このように私たちは様々な納車方法がございます。

是非、ご用命くださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

島根県松江市からお問い合わせのメールがありました。

その後、メールとTELでやり取りをした結果、購入して下さいました。

購入して頂いたのは、アイシスの助手席リフトアップシート。

 

 

ということで、島根県松江市のお客様の元へ納車へ行ってきました。

松江市までは約3時間。

大阪へ行くのと変わりません。

それに、米子道は空いていてとっても走行しやすいのです。

 

 

お客様のお昼休みの時間に合わせて、しっかりと操作方法をお伝えしました。

実は私、このご説明を大切にしているのです。

福祉車両という特殊な車両であるがゆえに操作方法も特殊です。

難しいわけではありませんが、適切な操作方法をお伝えすることは福祉車両専門家として当然のこと。

だから、直接お届けすることにこだわっているのです。

せっかく購入して頂いた福祉車両ですから、適切に使ってもらって日々の介護生活をラクになってもらいたいのです。

そして、適切な使用方法は車両の長寿命化にも繋がります。

長い間快適に使ってほしいと、私たちは願っております。

 

納車の際、お客様にはとても喜んで頂きました。

そして私は、ローカル線とバスに揺られて松江駅へ。

この風情が好きなのです。(笑)

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

福祉車両の登録手続きで面倒で煩雑なのが減免申請

自動車税が減免できるのです。

8ナンバーの構造減免、5ナンバーの減免など。

 

もちろん、出来る車両と出来ない車両があります。

 

私たちは福祉車両の専門家ですから熟知しています。

そのため、このような減免申請代行を無料サービスで行っているのです。

 

自動車税は、都道府県税。

つまり、都道府県によって申請用紙、申請手順が大きく異なります。

これが厄介でして・・・・・・。

簡単に出来る場合と、ものすごく煩雑な手間がかかる場合があるのです。

 

今回のケースは、大阪府。

用意しないとならない書類がとにかく多い。

事前に聞いて、それらの書類を持って陸運局の自動車税分室へ行くと・・・・・。

書類が違うと。

TELで言われた書類を持って行ったのですけどね。

だから、減免できない。

これは困りました。

納車が出来なくなるじゃないですか。

だから、職員と押し問答。

その結果、妥協案を頂きました。

 

まずは、自動車税を払う。

その後、中央府税事務所にて手続きをして返還してもらう。

もちろん、来年度以降も減免になると。

 

 

幸か不幸か、納車するお客様のところの近くに中央府税事務所がありました。
それも歩いて5分。
なので、納車後に私が手続きをしました。

しかし、ここでも問題発生。

押し問答の結果、お客様から訂正印をもらうことに。

また、お客様の元へ。

そして、ようやく手続きが完了。

 

いやぁ~、くたびれました。(苦笑)

でも、良い経験です。

福祉車両の専門家として、さらに知識と経験が増えました!!!

減免申請のことなら、私たちにお任せ下さい。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)