「白が生まれる場所。」白い器の工房より

酒井崇全(さかい・たかまさ)が生みだす、白磁の器たち。


テーマ:
2016年も明け、もう4月半ばになりました。。。

今年初めてのブログです( ̄_ ̄ i)
新年も、旧正月も過ぎ。。。新年度、明けましておめでとうございまーーす(;´▽`A``

実は、毎年恒例の「ノリタケの森」での個展始まっています。。。




★ 個展(名古屋)
『酒井崇全・白磁 ー もっと、ももノもの ー』


2016年4月12日(火)~17日(日)

10:00~18:00 / 最終日は16:00まで
入場無料
ノリタケの森ギャラリー 第2展示室

〒451-8501 名古屋市西区則武新町 3-1-36

tel 052-562-9811

http://www.noritake.co.jp/mori/







この季節は、かつて窯の煙突に鯉のぼりが泳いでいます(^ε^)♪
散歩がてら、是非個展にもお立ち寄りください!








また、来週より所属する、名古屋のグループの展覧会がございます。





クラフトデザイナー中部 創立20周年記念Vol.2「クラフトで生きる」展

2016年4月20日(水)~4月25日(月)
12:00~19:00(最終日は17:00まで)
入場無料
国際デザインセンター・デザインギャラリー
(名古屋市中区栄3-18-1ナディアパークデザインセンタービル 4階)

問い合わせ
クラフトデザイナー中部 090-5616-2854 (中村)
主催 クラフトデザイナー中部
共催 国際デザインセンター

クラフトデザイナー中部創立20周年記念企画第2弾の展覧会です。作家一人一人が、創立20周年を迎えるにあたり、使い手が本当に必要とするものをデザイン、制作するというクラフトの原点に立ち返りました。ぜひ、ご高覧ください。
AD
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
もう何だかわからないうちに2015年が去って行きます(;´Д`)ノ毎年思うのですが、余裕のある年末を迎えたいものだと。。。

と、いうことで、ブログも滞っていたりと、でも新年がやってきてしまうということで、展覧会の宣伝をしなきゃ~ですヾ( ´ー`)

新年1/8より、2本同時スタートでグループ展が入っています。

その1)毎年恒例の「日本クラフト展」は、六本木のミッドタウンです☆彡

『東京ミッドタウン・デザインハブ特別展
ー暮らしが選ぶクラフトー 第55回 日本クラフト展』




2016年1月8日(金)~17日(日)
11:00-19:00(最終日16:00まで)
入場無料
東京ミッドタウン・デザインハブ
東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
tel:03-6743-3776


ーーーーー


その2)今年はオリンピックイヤー&ギャラリーさんの10周年。そして東京オリンピックを意識しての企画展『トロフィー・メダル展』です!

栄誉を讃えよう
『トロフィー・メダル展』



2016年1月8日(金)~16日(土)
11:00-19:00(最終日17:00まで)
入場無料
AC,GALLERY
東京都中央区銀座 5-5-9 阿部ビル4F
tel:03-3573-3676


ーーーーー


そして、事後報告ですが、名古屋で所属するクラフトデザイナー中部(CDC)の20周年記念事業として1年間様々な展覧会が予定されています。第一弾は「あなたにつくる・あなたがつかう」と題して12/2~7まで、国際デザインセンターで開催されました。




年が明け2016年、次々と関連展覧会が続きます。どうぞよろしくお願い致しますo(_ _*)o
AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【先日逝去された、會田雄亮先生との思い出を綴っています】
第1話「會田先生、ありがとうございました。
第2話「ユースケサンタクロース!?
第3話「優秀となっ!?
ー それ以前に綴ったお話し ー
→「ダバダーの違いがわかる男が先生
→「カラオケの画面に映し出された映像は…

ーーーーー

滅多に作品を褒めてくれない先生だけれど、2つだけ褒めてくれた作品のお話。前回は1つ目の作品のお話でしたので、今回は2つ目の作品のお話を…

私たちが、この道で生きて行くには「コンペで入賞する」というのが1つの方法とまだ言われていた頃のお話です。(2015年の現在では、コンペで入賞したところで名を馳せ、一気に有名作家の仲間入りなんて皆無ですね。そもそもコンペの数自体減り、賞金も少額です。)

今ですと、ネットでコンペ情報というのは直ぐに集められるのでしょうが、当時は大学の掲示板とかに応募要項が貼られていました。

その中で、なんとなく応募したテーブルウェアのコンペ。審査員長が會田先生だったんですよね(笑)





初めて応募したコンペで「優良賞」をいただいたんです。しかも賞金もです(^ε^)♪上のお写真は、審査委員長の會田先生が表彰式でご挨拶してるところです。







↑その時の作品。色の違う粘土を組み合わせてある作品。先生は「これも、練り込みだな」とおっしゃってましたので、練り込みと判断してもいいのかな?(本来の練り込みは、もっと複雑な模様が色の違う粘土の組み合わせで作られます。先生は練り込みの作家さんです)

この作品はとても褒めてくださいました。でも、今この作品を見ると幼いですね。恥ずかしいです(/ω\)もしかしたら、審査員長なので、先生が贔屓してくれたのかな?とか(汗)

表彰式の後、入賞者は別室(東京ドームの監督控え室)に入り、ケーキやら紅茶が出てきて、賞金の振り込みの手続きなんかやるんです(・・;) 初めての経験ばかりですごく緊張しました。







その後、先生とは「賞金」のお話になり、先生ご自身が初めて賞金を受け取った時のお話など貴重なお話をお聞きすることができました。



今、私は「白磁」を専門として発表していますが、先生に褒められた2つの作品は、結局「陶器」なんですよねーーー(→o←)ゞ


つづく
AD
いいね!(6)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
【先日逝去された、會田雄亮先生との思い出を綴っています】
第1話「會田先生、ありがとうございました。
第2話「ユースケサンタクロース!?
ー それ以前に綴ったお話し ー
→「ダバダーの違いがわかる男が先生
→「カラオケの画面に映し出された映像は…

ーーーーー

今日、11月12日は會田先生のお誕生日です。毎年ではなかったけれど、電話をすることもあったなぁ。先生の好きなチョコレートをプレゼントしたこともあったり…( ´艸`)ある年のお誕生日の夜には「誕生日だけど、工房で1人だよ」なんておっしゃってましたね。そして長電話でしたね(笑)



先週は、東京まで、先生のお通夜、告別式に参列してきました。弔辞で、東京芸大の宮田亮平学長もおっしゃっていましたが「土の匂いがしない」陶芸家。いつも綺麗なストライプのシャツを着て、ご自身が作った練り込みのカフスをしてました。この日の先生も、ストライプのシャツに、金縁のメガネをしていました。最後のお別れの時は、メガネは外されていましたけどね。宮田先生は「先生、さようなら」とおっしゃっていたけれど、私は「行ってらっしゃい!」と声をかけました。

前回のサンタさんに仮装した先生ですが、写真を見る限り、お茶目で優しそうに感じると思いますが、実はすごく厳しい先生でした。(今の学生さんだったら、泣いちゃうんじゃないかな 笑)

作品の講評会では、褒めてくださることは滅多にありません。「良くないな!」の一言で終わり(苦笑)私の大学院の修了作品は「酒井の今までの作品で、一番良くない」で終了!!!。(´д`lll) (他の先生に聞いたのですが、修了制作の評価は、ご祝儀相場で送り出すそうですが、私の判定は酷かったです。)

そのように、厳しい先生でしたが、2つだけ褒められた作品があります(^ε^)♪




大学3年生の時の作品で、大学の池に設置した作品です。「3素材(陶・金属・漆)」を使って、屋外展示のクリスマスツリーを作るという課題です。(現在は、夏の七夕頃にやっているようですが)これらの「異素材」「環境造形」という課題は、會田先生の影響で、他の学校にはない課題と思います。





大学の池の中央には橋がかかっていて、その橋を渡って大学に入るのですが、ある日(先生がサンタさんの仮装をした数日後)数人のお客様を先導して、橋を渡って大学に入ってこられるところを偶然お見かけました。私は大学の建物の柱の陰にいたので、先生は私に気づかれませんでした。

先生は、お客様に橋に沿って設置した私の作品の説明をされていました。。。

「この作品を作った学生は、とても優秀でね…」

まあ、嫌でもお客様の目に入る作品なので、ここは褒めておかないと、学長としてカッコ悪いってのもあったと思いますが、今まで褒められたことが一度もなかったので、それはそれは、とっても嬉しかったです。





と、ここに書いてて今気づいたのですが。。。あれ?もしかして、作品は褒められてない???





あちゃ~~~っヽ(;´ω`)ノ丸っと17年間気づいてなかったってこと。。。この作品が褒められたと思って、嬉しくて山形から愛知まで持ってきましたけど。。。工房の駐車場に並べてありますけどーーーσ(^_^;)

でも「優秀な学生」ですから~(笑)

そんなこんなで、次回は先生が褒めてくれたもう一つの作品のお話を綴ります!


つづく
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【先日逝去された、會田雄亮先生との思い出を綴っています】
第1話→「會田雄亮先生、ありがとうございました。」Fri, October 30, 2015

と、思っていたのですが、もうすでに2009年に綴っておりましたー(^^ゞ
→「ダバダーの違いがわかる男が先生」Sun, July 12, 2009
→「カラオケの画面に映し出された映像は…」Mon, July 13, 2009

その他にもブログ内検索を先生のお名前でしたら、幾つか出てくるので、あまり意識しないで先生のことが出てきちゃってたんですね(;´▽`A``
青色LEDが嫌いって話→「青い光」Wed, September 17, 2014
焼き物が景色を作るって話→「ブラブラTOKYO (10)/金龍山の金」Sun, August 19, 2012

と、いうことで重複しないお話を…

ーーーーー

すっかりHalloweenも日本に馴染んでしまいました。會田先生も仮装されたことがあるんですよね。と言っても、Halloweenではなく、クリスマスです。(ちなみに、先生は日本のHalloweenの中心?渋谷がご自宅なんですよね 笑)





私が知る限り、先生が仮装されのは、この時の1回しかないので、とても貴重な写真じゃないかと思います。1998年12月15日に大学の食堂でですヾ( ´ー`) 

この頃って、デジカメより、フィルムカメラが中心だし、携帯電話にカメラ機能はほとんどなかったと思うので、写真を撮ってる人も少ないので、さらにレアかと。。。でも、うちの写真はどれも褪色してきていますね (´_`。)

この時の先生は、学長になられて学生との距離ができちゃわないように、「パンチパーティー」を企画されていました。今でこそ、パンチパーティーは日本でも知られるところでしょうが、私はこの時初めて「パンチパーティー」というものを知りました。陶芸コースの助手Nさんが、パンチボウルを短期間で慌てて制作していたのを思い出します。

いつか、自分もこのパンチパーティーをやりたいなぁ~と思いつつ、この17年前の経験しかありません。。。さて、今年の年末あたりしたいなぁ。。。パンチボウル作らなきゃ!


つづく
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。