まぐのアート

特になし。


テーマ:
 先日、あみちゃんのカーセッ○○○クスの話を聞いて興奮したとLINEしたら、「まぐ:将来の夢はカーセッ○○○クスですwwwwww」みたいな返信が来た。それを思い出して、行きつけの居酒屋で「将来の夢はカーセッ○○○クスなんですよ」ってそこの料理長に言ったら爆笑していてずっとそのネタでいじられている。

 あみちゃんにつく修飾語が増えていく。
「アバズレあみちゃん」が「俺のアバズレあみちゃん」に。時に、「俺のアバズレ馬鹿あみちゃん」に。

 彼女は「会ってやらなかったら嫌われたのかと思ってしまうアバズレ脳」と自分で言う。これが俺にはよく分かる。大体ネットで初めて会ったらやるんだよな、俺は最近、即日セックスをあまりしないのだが、それは相手が拒むからで、だから「あ、嫌われたかな?」と思う(よく考えたら、今の俺のスペックが落ちたのもあるけど、昔より会うまでの文章のやり取りが少ないからやれないのかもしれない?)。

 彼女はアバズレなのに純粋で、この同居!この同居こそが自分と同類なのだと感じる。出会い系で絡んでる女性に「なんでまぐさんって女を取っ替え引っ替えしてるの?(;.;)」みたいなコメントされたんだが、いやいや、取っ替え引っ替えしてるつもりは全くない。モテないから会って微妙で相手からの反応が微妙だから次いくだけだ。俺の書き方が自慢気だからそう見えるのかもしれない。「経験人数至上主義」の俺からしたら、やったことを自慢すること、あるいはデートしただけでも自慢することは通常である。そこを誇るのは、愛情の深さを誇れないから。そして愛情の深みに満足できないからでしかない。

 あみちゃんの、一回会った男に避けられてるっぽい、悲しい、ってのを、俺と飲みに行ったその日に送ってくるこのクオリティ。しかも、その男に送ってるLINEが超したてに出てて、「そんな情けないお前、見たくなかった」なレベルであった。

 


「くそ!一回やらせろ!」とは言っているが、これはこれで相当に傷ついているのがよく分かる。

 受け身で、男から付き合ってと言われたら拒めなくて大して好きでもないのに付き合ってしまう気持ちもよく分かる。俺は女性関係でそういうパターンはあまりないが、受け身だから人間関係で特に男に流されてしまっていた。

 昨年から好きな男がいて、LINEではずっとやり取りしていて、バレンタインデーにチョコ買ってラブレターを書いたのに、結局受け取ってもらえなくて六月になってチョコの賞味期限が来て自分で食べて落ち込んでいる。その間、他の男と沢山遊んでいるのに。この純粋と不純の矛盾!これは全く矛盾ではなくて完全に同居している、そういうことがあり得る。その同居している感覚が俺にはよく分かる。俺も好きな子にラブレター書いて送ってる月に人妻と遊ぶとかいってテンション高かったことあるから。(※これは非常に大事だ。俺が誤解されるところだから。人は誤解している。この同居している感覚というのがこの世には存在するのだ)

 彼女はちょっとまだ俺よりも若いのと、女性だからなのか、格好つけているところがある。




「うちらは付き合うと上手くいきそうだww」というのはおそらく本心なんだろうが、それに対する俺の返信も本心だ。俺が酔っ払って「あみちゃん大好き!」とか送ったら引いてスルーするような返信してくるんだが、これもよく分からないところがあって、おそらくお互い、あまり来られると遠慮したり申し訳なかったり照れ隠しとかいう気持ちがあるんだろう。
 おそらくそれを超えてもっとぐいっと来られると喜ぶんだと思う。それが「愛の深み」だと勘違いしてしまうから。

 もし、このブログを彼女に発見されたとしたら、彼女は喜ぶと思う。俺も俺のことをこういう風に書かれていたら喜ぶだろうように。
 自分でオナ○○ニーされてたら「普通の女はキモがるけど、あみは嬉しい」と言っていた。あと出会い系で「自分のことで男の人が悩んでくれると嬉しくなっちゃう。性格悪いのかな」とつぶやいていて、それにすごく共感した。あと、普通女性は家まで送ってくのを嫌がるはずなのに、この子は「家を把握していてもらいたい」と言って、男には家まで送ってもらうらしい。

 帯広にいた時に好きだった子と今では友だちみたいになってて、今年二月にその子札幌来た時に会って、俺のウチ来て、生理ブロック(生理的に受け付けない男と会った時に、女は生理になるという技を持っているのでは?というネタ的な技のことなんだが、実際、この子とは三回会って全部生理である。その子の様子見る限り、嘘ではないし一回はやったし)されたから何もなかったんだけど、帰り際に抱きしめて「また会ってね」と言った。頷いてくれた。嬉しかった。
 LINEなんかで流れが止まっても何も不安に思わないし、俺も止めるし、そのくらいが上手くいくんだなきっと。嫌われるなという不安がなくなった状態だ。
 あみちゃんには、まだ不安がある。合わない部分があるけど、そういうのに触れた時、お互いスルーしてしまうくらいの関係だから。
 俺のそういう部分を超えられるような感じはするし、そこさえ超えれば上手くやっていけそうな気はする。どう上手くやっていけるのか、と問われれば、それに固定的な考えがあるわけでもないのだが。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。