論拠 とは、議論のよりどころとなる話題です。どうぞ、ご自由にコメントやトラックバックを設定してください。但し、プロフィールにもありますように、削除される場合もあります。

過去ログ(日付順)    過去ログ(テーマ順)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-21 19:40:32

日本のメディアの報道がおかしい

テーマ:

日本のメディアの報道がおかしい。
狂っているとしか思えない。

何故って?!、それを感じていないあなたは完全に洗脳されたね。

メディアが正しい報道をしているの?


例えば、今日のTPP11ヶ国のベトナム会合の報道。

日本の報道は、
TPP11ヶ国で結束、検討を合意、
米国の参加を求める、
という内容。

ところが、マレーシア、ベトナム、カナダは慎重な国なのに。



米国のジャーナリスト(日本には存在していない、日本のTVにでてくるジャーナリストとかいう人は似(えせ、偽物)です。)の、この記事をよむと。
https://finance.yahoo.com/news/tpp-trade-deal-members-agree-025845812.html

ロバートライザー合衆国通商代表は米国は戻らないと発言。
TPP メンバーが貿易協定の約束に達しませんでした。
TPP 国からの当局者が7月に日本で再び会合。
11月に提案。

というお寒い状況。


日本の国会(国民)は、米国を抜いてTPP11ヶ国での合意は承諾してない。


日本を堕落させているのは、与党(自民党、公明党、維新の会、他ライトな方々)と日本の大手メディアだ。


------------------引用--------------------------
https://finance.yahoo.com/news/tpp-trade-deal-members-agree-025845812.html

U.S. and Pacific Rim countries at odds in heated trade meeting

Reuters May 21, 2017

By A. Ananthalakshmi and Mai Nguyen

HANOI (Reuters) - Japan and other members of the Trans-Pacific Partnership agreed on Sunday to pursue their trade deal without the United States, as the Trump administration's “America First” policy created tension at a meeting of Asia-Pacific countries.

Turmoil over global trade negotiations was laid bare at a meeting of the Asia-Pacific Economic Cooperation (APEC) forum, which failed to agree on its usual joint statement after U.S. opposition to wording on free trade and fighting protectionism.

The meeting in Hanoi, Vietnam, was the biggest global trade gathering since U.S. President Donald Trump upended the old order, arguing that multilateral free-trade agreements were costing American jobs and that he wanted to cut new deals.

On the sidelines of the Asia-Pacific meeting, the 11 remaining countries of the TPP agreed to explore how they could move ahead without erstwhile leader the United States - partly in the hope that Washington would reconsider leaving.

New U.S. Trade Representative Robert Lighthizer said there was no way back.

"I believe at some point there will be a series of bilateral agreements with partners in this part of the world," the 69-year-old Reagan-era trade negotiator told a news conference. "Bilateral negotiations are better for the United States."

Although the TPP members kept the trade agreement alive, they fell short of a wholehearted commitment to advance immediately with a deal that members also see as a way to contain an increasingly dominant China.

"We're focussed on how we can move ahead with 11 countries," New Zealand Trade Minister Todd McClay said.

One of the biggest challenges is keeping on board Vietnam and Malaysia, which signed up for the deal and promised to make major reforms largely to get better U.S. market access.

"We will need to ensure that our interests remain protected and the benefits derived from it still outweigh the costs," Malaysian Trade Minister Mustapa Mohamed said.

The volume of trade between the remaining countries is barely a quarter of the level it would have been if the United States had remained in the TPP.

Officials from TPP countries will meet again in Japan in July and bring proposals in November, McClay said.



PROTECTIONISM

Fears of protectionism have grown under the Trump presidency and the failure of the Asia-Pacific countries to agree on their usual joint statement did nothing to quell them.

The United States was against wording agreed to by the other 20 APEC countries that supported free trade and opposed protectionism, officials at the talks said.

A statement from the Vietnamese chairman of the talks gave a "commitment to promote trade and investment liberalisation".

But the only announcement from all the members was an "Actions Statement" that contained no such commitments. It mentioned topics such as sustainable growth, small businesses and technical cooperation.

The wrangling is similar to what has been seen at gatherings of Group of 20 and Group of Seven financial leaders, where statements were toned down to fit with the new U.S. agenda.

Explaining U.S. opposition to using the word protectionism, Lighthizer said the term was being confused with the steps that were really needed to promote free trade.

"Our view is that we want free trade, we want fair trade, we want a system that leads to greater market efficiency throughout the world," he said.

On the sidelines of the APEC meeting, Lighthizer held a series of one-on-one meetings with key partners. Those included China as well as Canada and Mexico, members of the North American Free Trade Agreement which Trump seeks to renegotiate.

China, putting itself forward as a global free trade champion in light of the U.S. shift, is pushing an agreement to encompass the vast majority of Asian economies. The Asia trade deal it favours is called the Regional Comprehensive Economic Partnership.



(Additional reporting by My Pham; Writing by Matthew Tostevin; Editing by Simon Cameron-Moore and Stephen Coates)
-------------引用---------------------

機械翻訳
合衆国と激している貿易ミーティングでの不和の太平洋沿岸国

2017年5月21日、ロイター

A・ Ananthalakshmi とマイ・ニューエンによって

ハノイ(ロイター) - 日本と日曜日にトランプアドミニストレーションとして、合衆国なしで、(彼・それ)らの貿易協定を追い求めることに同意しているパシフィック横断の合名会社の他のメンバーの「最初にアメリカ」政策がアジア - 太平洋国のミーティングで緊張を作った.

世界的な貿易交渉の上の混乱が自由貿易での言葉遣いと闘争保護貿易主義に対する合衆国反対の後にそのいつもの共同声明について合意することに失敗したアジア太平洋経済協力会議(APEC)フォーラムのミーティングで空になるようにされました。

ドナルド・トランプ合衆国大統領が、多国間の自由貿易協定がアメリカの仕事を犠牲にしていた、そして彼が新しい取引をカットすることを望んだと論じて、古いオーダーを逆さまにしましたから、ハノイ、ベトナム、のミーティングは最も大きい世界的な貿易集会でした。

傍観してアジア - 太平洋のミーティングについて、 TPP の11の残っている国はかつてのリーダー、合衆国、なしで(彼・それ)らがどのように前に進むことができたかを探究することに同意しました - 部分的にワシントンが去ることを再考するであろうという希望で。

新しいロバート Lighthizer 合衆国通商代表は後ろに方法がなかったと言いました。

「私はある時点で世界のこの部分にパートナーとの一連の双方の協定があるであろうと信じます」、と69歳のレーガン時代の貿易交渉者が記者会見で言いました。 「二国間交渉は合衆国にいっそう良いです。」

TPP メンバーが貿易協定を有効にしておいたけれども、(彼・それ)らはすぐにメンバーが同じくますます最有力の中国を含んでいる方法として見る取引で進むという心からの約束に達しませんでした。

「我々がどのように11の国を続けることができるかについて、我々は焦点を合わせられます」、とトッド・ McClay ニュージーランド通商大臣が言いました。

最も大きい挑戦の1つが機内にベトナムと取引に登録して、そして主としてもっと良く合衆国市場アクセスを得るために主要な改革を作ることを約束したマレーシアを引き留めることです。

「我々は我々の利害関係が保護されたままでいる、そしてそれから得られた利益がまだ経費よりも大きいことを保証する必要があるでしょう」、とマレーシアの Mustapa モハメド通商大臣が言いました。

残っている国の間の取引のボリュームはかろうじてそれが、もし合衆国が TPP に留まっていたなら(今まで)そうであったであろうレベルの四半期です。

TPP 国からの当局者が7月に日本で再び会合して、そして11月に提案をもたらすでしょう、と McClay が言いました。



保護貿易主義

保護貿易主義の恐れがトランプ大統領の職の下で増大しました、そして(彼・それ)らのいつもの共同声明について合意するアジア - 太平洋国の失敗はまったく(彼・それ)らを鎮めようとしませんでした。

合衆国は自由貿易を支持して、そして保護貿易主義に反対した他の20のAPEC国によって同意された言葉遣いに対してでした、と協議においての当局者が言いました。

協議のベトナムの会長からの陳述が「貿易及び投資の自由化を促進するという約束」をしました。

けれどもすべてのメンバーからの唯一の発表はこのようなどの約束も含んでいなかった「行動陳述」でした。 それは持続可能な成長、小さいビジネスと技術協力のようなトピックに言及しました。

論争は20のグループと7カ国グループの金融のリーダーの集会で見られたものに類似しています、そしてそこで陳述が新しい合衆国アジェンダと適合するために和らげられました。

単語の保護貿易主義を使うことへの合衆国反対を説明して、 Lighthizer は任期が本当に自由貿易を促進するために必要とされたステップと混同されていたと言いました。

「我々の光景は我々が自由貿易を欲する、我々が公正取引を欲するということです、我々は世界全体(で・に)より大きいマーケット効率に導くシステムを欲します」、と彼が言いました。

傍観してAPECのミーティングについて、 Lighthizer はキーパートナーとの一連の1対1のミーティングを開催しました。 それらは、カナダとメキシコ、トランプが再交渉しようと努める北米自由貿易協定のメンバーと同様中国を含みました。

中国は、米国の移行を考慮に入れて世界的な自由貿易チャンピオンとしてそれ自身を提出して、アジアの経済の圧倒的多数をカバーする協定を押しています。 それが有利にはたらくアジア貿易協定は地域の包括的な経済パートナーシップと呼ばれます。



(私の Pham によっての追加の報告;マシュー Tostevin によっての執筆;サイモン・キャメロン - ムーアとスティーヴン・コーツによっての編集)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-10 19:45:47

米国トランプ大統領のシリア・アラブ共和国へのミサイル攻撃

テーマ:


米国トランプ大統領のシリア・アラブ共和国へのミサイル攻撃は、シリア政府軍に少ししか損害を与えていない。

米軍が発射した59発のミサイルのうち、目標に当たったのは23発だけらしい。

シリア政府軍は、本当に化学兵器を使用したのか?

どうも真実ではないらしい。

ここにロシアのメディア記事がある。

ーーーーーーーーーーー引用ーーーーーーーーー
Combat utilization of chlorine irrational for Damascus, Russian Foreign Ministry says
Russian Politics & Diplomacy
April 07, 21:57

http://tass.com/politics/940210

"It is only too obvious for us that the utilization of chlorine as a chemical weapon does not make any sense for Damascus either militarily or politically," the ministry said

MOSCOW, April 7. /TASS/. Combat utilization of chlorine is irrational for Damascus either from the military or the political standpoint and only terrorists or the the opposition can have interest in provocations, the Russian Foreign Ministry said on Friday.

"It is only too obvious for us that the utilization of chlorine as a chemical weapon does not make any sense for Damascus either militarily or politically, as it has other far more efficacious instruments for incapacitation," the ministry said.

"For anyone with a bit of common sense and for the governments of sovereign countries it should absolutely clear that only terrorists, extremists and the irreconcilable, as well as those who are standing behind their backs have a need for chemical provocations of this kind," he said.

Reuters said in a dispatch of Tuesday quoting the UK-based Syrian Observatory for Human Rights that 58 people, including eleven children, had died in Khan Shaykhun, Idlib Governorate, as a result of a strike by either Syrian or Russian aircraft.

The news agency claimed the pro-government Syrian forces that had used a toxic gas might have delivered the strike.

Members of the Syrina opposition have charged Damascus of using chlorine on a number of occasions in the past. One alleged instance occurred in September 2013 in Eastern Ghouta.
Accusations geared to impose ban on Syrian air force flights

Accusations of Damascus with the use of chemical weapons are geared to impose a ban on flights by Syrian warplanes, the Russian Foreign Ministry said.

"The goals of such accusations that have not been verified even by the ‘friends of Syria’ are obvious: to bring to land Syrian aviation by any means in a bid to strip the government troops of their key advantage - air support - for the benefit of the opposition," the ministry said.

"And numerous attempts to use various humanitarian pretexts to create no-fly zones like in Libya are of the same sort," the ministry added.

The news agency Reuters reported on Tuesday, citing the London-based Syrian Observatory for Human Rights that an air strike by Syrian or Russian jets had allegedly killed 58 people, including 11 children, and wounded 300. As Reuters said, the air strike could have been carried out by the Syrian government forces in a suspected gas attack.

On Thursday night, the US forces fired 59 Tomahawk Land Attack Missiles (TLAM) on a Syrian military air base located in the Homs Governorate. The attack came as a response to the alleged use of chemical weapons in the Idlib Governorate on April 4. The US authorities believe that the airstrike on Idlib was launched from that air base.

Syria’s opposition High Negotiations Committee (HNC) has called on the United States and its allies to take further steps to ban Syrian warplanes’ flights.
ーーーーーーーーーーー引用ーーーーーーーーー

 

私のPCの翻訳ではこうなった。(各自翻訳を)

=======

ダマスカスのために非合理的な塩素の使用と戦ってください、ロシアの外務省はロシアの政治&外交4月に07、21:57を言います

「化学兵器としての塩素の使用が軍事的にあるいは政治的にダマスカスのために意味をなさないことは我々のためにただあまりにも明白です」、省は言いました

モスクワ、4月7. / タス / . 塩素の戦闘使用が軍あるいは政治的な見地そしてただテロリストだけからダマスカスのために非合理的であるあるいは野党は刺激に対しての興味を持つことができる、ロシアの外務省は金曜日に言った.

「化学兵器としての塩素の使用が、それが虚脱状態のために他のはるかにいっそう有効な手段を持っている(とき・から・につれて・ように)、軍事的にあるいは政治的にダマスカスのために意味をなさないことは我々のためにただあまりにも明白です」、と省が言いました。

「誰のためにでも少しの常識で、そして独立の国の政府のためにそれは絶対的にそれをクリアするべきです、ただ、(彼・それ)らの後ろの後ろに立っている人たちと同様、テロリスト、過激論者と和解できない(人たち・もの)、がこの種類の化学的な刺激の必要を持っています」、と彼が言いました。

ロイターは火曜日に人権のためにUKに本拠地があるシリアの観測所の言葉を引用することについての特電で58人の人々が、11人の子供たちを含めて、(すでに)シリアであるか、あるいはロシアの航空機でストライキの結果としてカーン Shaykhun 、 Idlib Governorate 、に死んでいたと言いました。

通信社は毒ガスを使った政府擁護のシリアの力がストライキを与えたかもしれないと主張しました。

Syrina 対戦相手のメンバーがダマスカスを過去に多くの時に塩素を使ったとして告発しました。 1つの例と主張されているものがイースタン Ghouta で2013年9月に生じました。
非難がシリアの空軍フライトに対する禁止令を押し付けるために適応させられます

化学兵器の使用を持っているダマスカスの非難がシリアの軍用飛行機によってフライトに対する禁止令を押し付けるために適応させられます、とロシアの外務省が言いました。

「「シリアの友人たち」が明白であるほど通り過ぎてさえ実証されなかった非難のゴール:そうするために政府軍から(彼・それ)らのキー利点を剥奪しようとしてまったくシリアの航空業界を降ろすために持って来てください - 航空援護 - 対戦相手の利益のために」、省言う.

「そしてさまざまな人道主義の口実をリビアにおいてと同じように飛行禁止区域を作るために使う多数の試みが同じ種類を持っています」、と省が付け加えました。

ロイターが、シリアか、あるいはロシアのジェット機での空襲が伝えられるところでは持っていた人権に対してロンドンに本拠地があるシリアの観測所に賛辞を表して火曜日に報告した通信社は、11人の子供たちを含めて、58人の人々を殺して、そして300を傷つけました。 ロイターが言った(とき・から・につれて・ように)、空襲は疑わしい毒ガス攻撃でシリアの政府軍によって実行されることができたはずです。

木曜日の夜に、合衆国軍は Homs Governorate に位置しているシリアの軍の空軍基地の上に59機のトマホーク土地攻撃ミサイル(TLAM)を発射しました。 攻撃は4月4日に回答として Idlib Governorate での化学兵器の使用と主張されていることに達しました。 米国の当局は Idlib の上の空襲がその空軍基地から始動されたと信じます。

シリアの野党高い Negotiations 委員会(HNC)は合衆国とその同盟国にシリアの軍用飛行機のフライトを禁止するさらなる処置をとることを求めました。
=======

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-13 19:49:53

サウジアラビアが世界のナンバーワン テロリスト国家

テーマ:
ロン・ポール氏は、リバタリアンである。
彼は政治家を引退しても、研究所として活動をしている。
日本の政治家も見習ってほしいもんだ。

ところで、トランプ大統領は、同じ共和党でも、彼はアイソレーショニストだ。
リバタリアンに近い。

さて、最新のレポートでサウジアラビアが世界のナンバーワン テロリスト国家と言っています。
その記事と私のPCの機械翻訳結果を添付します。


--------------------------------------------------------
Trump is Wrong - Saudi Arabia, Not Iran is the World's 'Number One Terrorist State.

トランプは間違っている-サウジアラビア、イランは世界のナンバーワン テロリスト国家

http://www.ronpaulinstitute.org/archives/featured-articles/2017/february/10/trump-is-wrong-saudi-arabia-not-iran-is-the-worlds-number-one-terrorist-state/




Donald Trump is proving himself a President prone to unleashing inconvenient truths side by side with blatant falsehoods. One of the most scurrilous of those falsehoods is his recent claim that Iran is the “number one terrorist state.”

Throughout his campaign for the White House in 2016, and since assuming office in January, Trump has made Iran the focus of his ire, to the point where the Iranians are more than justified in preparing for the very real prospect of military confrontation with the US - and sooner rather than later.

The Trump administration’s consistent and ongoing demonization of Iran flies in the face of reality in which Iran has stood, alongside Syria, Russia, the Kurds, and the Iranian-backed Lebanese resistance movement Hezbollah, as a pillar against the very same Salafi-jihadist terrorism that poses a threat to the American people. It is a struggle in which the Iranians have expended both resources and blood in recent years, and as such justice demands that the world, including the United States, acknowledges that it owes Tehran a debt of gratitude.

In truth, and as most people are only too aware, the real number one terrorist state in the world today is not Iran it is Saudi Arabia, America’s friend, and ally. What is more, Washington has long been well aware of the fact. In a September 2014 email from John Podesta to Hillary Clinton (one of the many among the batches of emails exchanged between John Podesta, chair of Hillary Clinton’s campaign for the White House, and Clinton that were released by Wikileaks) Podesta writes, “While this military/para-military operation is moving forward, we need to use our diplomatic and more traditional intelligence assets to bring pressure on the governments of Qatar and Saudi Arabia, which are providing clandestine financial and logistic support to ISIL and other radical Sunni groups in the region.”

Further evidence about the role of the Saudis and other Gulf States in actively and materially supporting terrorism is the 2015 sworn testimony of Zacarias Moussaoui, the so-called 20th 9/11 hijacker, claiming that members of the Saudi royal family had supported Al-Qaeda. As part of a civil case that was brought against the Saudis by the 9/11 families, Moussaoui went as far as naming the specific members of the Saudi royal family who had donated money to the terrorist group in the lead up to 9/11.

But even without any evidence of direct links between the Saudis and various Salafi-jihadist terrorist groups, the extreme Wahhabi interpretation of Sunni Islam embraced by the Saudis as a state religion is near indistinguishable from the ideology of ISIS or Nusra or any of those terror organizations. Indeed the funding of mosques and Islamic centers by the Saudis across the world, places in which this extreme and perverse interpretation of Islam is preached, has become a source of mounting concern in recent years.

In 2015 the UK’s Independent newspaper carried a story claiming a leaked intelligence report compiled by Germany’s BfV domestic intelligence agency alleged the Saudis and other Gulf monarchies – the Qataris and Kuwaitis – were actively supporting extreme Islamic groups in Germany. They are allegations that tally with those made by Donald Trump in an interview he conducted on NBC’s Meet The Press in August 2015. During the interview, NBC reporter Chuck Todd presented Mr. Trump with a 2011 statement he made regarding the Saudis, which reads, “It's [Saudi Arabia’s] the world's biggest funder of terrorism. Saudi Arabia funnels our petrodollars, our very own money, to fund the terrorists that seek to destroy our people while the Saudis rely on us to protect them."

The barbarity and mendacity of the Saudis are beyond doubt. When they aren’t terrorizing and butchering their own people at home, they are engaged in despicable war crimes in Yemen – war crimes in which the US and UK are complicit.

So why in the face of all the evidence and acquired knowledge when it comes to Saudi Arabia’s role in supporting terrorism and fomenting extremism, does the US continue to count Riyadh as its closest and most valued ally in the region after Israel? The simple answer is commerce.

Saudi Arabia is the US defense industry’s biggest customer, a mantle that Donald Trump intends to maintain with his recent decision to lift the ban that was imposed by Obama on further arms sales to the Kingdom over its human rights violations in Yemen.

It is also significant that while Iran is one of the seven predominately Muslim countries placed on the Trump administration travel ban list, neither Saudi Arabia nor any of the other Gulf States has been put on it. This alone proves that the President is not as serious about fighting terrorism than he likes to make out.

Iran, to repeat, is not a state that sponsors, funds, or foments terrorism, while Saudi Arabia is. The mere fact that this needs to be pointed out to the President is redolent of a view of the world from the Oval Office that continues to be upside down.

-------------------------------------------------------------


トランプは間違っています - イランではなく、サウジアラビアが世界の「ナンバー1のテロリスト国家です。

ドナルド・トランプは彼自身が並んであからさまな偽りで不都合な真実を浴びせる傾向がある大統領であると証明しています。 それらの偽りの最も口汚いものの1つがイランが「ナンバー1のテロリスト国家」であるという彼の最近の主張です。

彼のキャンペーンの間じゅうずっとホワイトハウスのために2016年に、そして1月に公職を負ってから、イラン人が合衆国と共に軍事対決のまさに本当の見通しのために準備する正当性があるという程度を越えているという点に至るまで、トランプはイランを彼の怒りの焦点にしました - そしてより早く後によりむしろ。

イランのトランプアドミニストレーションの一貫した、そして進行中の demonization はアメリカ人に対する脅威となるまさしくその同じ Salafi - ジハード戦士テロリズムに反対の柱としてイランが立った現実、シリア、ロシア、と並んでクルド人とイラン人によって支持されたレバノンのレジスタンスヘズボラ、と真っ向から対立します。 それはイラン人が両方のリソースを費やした、そして近年の、そしてこのような裁判官としての流血が世界が、合衆国を含めて、それがテヘランに感謝の恩義を借りていることを認めることを要求する争いです。

実は、そしてたいていの人々がただあまりにも気付いている(とき・から・につれて・ように)、本当のナンバー1のテロリスト国家は世界中で今日それがサウジアラビア、アメリカの友人と同盟者であるイランではありません。 その上、ワシントンは長い間(今まで)十分に事実を知っていました。 2014年9月の電子メールでジョン Podesta からヒラリー・クリントン(ジョン Podesta 、 Wikileaks によって解放されたホワイトハウスとクリントンのためのヒラリー・クリントンのキャンペーンの議長の間の取り交わされた電子メールのバッチの間の多くの1人)まで Podesta は「この軍 / 準軍事組織オペレーションが前進している間に、我々は我々の外交的な、そしていっそう伝統的な情報資産を ISIL と地域の他の急進的なスンニ派のグループに秘密の財政の、そしてロジスティックのサポートを提供しているカタールとサウジアラビアの政府に対する圧力をもたらすために使う必要があります。」と、書きます。

活発に、そして本質的にテロリズムを支持することにおけるサウジアラビア人と他のメキシコ湾岸諸州の役割についてのそれ以上の証拠はサウジアラビアの王室のメンバーが(すでに)アルカイダを支援していたと主張するザカリアス Moussaoui 、いわゆる第20番目の 9/11 事件ハイジャック犯、の2015の宣誓証言です。 9/11 事件家族によってサウジアラビア人に対して起こされた民事事件の一部として、 Moussaoui は9月11日まで(すでに)金を寄付していたサウジアラビアの王室の特定のメンバーをリードしているテロリストグループに任命することと同じぐらい遠くに行きました。

しかしサウジアラビア人と種々の Salafi - ジハードのテロリストグループの間のダイレクトのリンク、 ISIS あるいは Nusra あるいはそれらのテロ組織のいずれの観念からでも識別できない、国教が近くである(とき・から・につれて・ように)、サウジアラビア人によって受け入れられたスンニ派のイスラムの極端な Wahhabi 通訳のどんな証拠もなしでさえ。 本当に世界じゅうのサウジアラビア人によってのモスクとイスラムのセンターの資金、イスラム教のこの極端な、そして変質的な解釈が説き聞かせられる場所、は近年の増大する懸念の源になりました。

2015年にUKの独立した新聞はドイツの BfV 国内の諜報局によって編集された漏らされた諜報レポートがサウジアラビア人と他の湾君主国家 - カタール人とクウェート人 - が活発にドイツの過激なイスラムのグループをサポートしていたと主張したと主張している物語を載せました。 (彼・それ)らは2015年8月に彼がNBCのミート・ザ・プレスで行なったインタビューでドナルド・トランプによって作られたそれらと一致する主張です。 インタビューの間に、 NBC リポーターチャック・トッドはトランプ氏に読む彼がサウジアラビア人に関してした2011年の陳述を与えました、「それはテロリズムの[サウジアラビアの]、世界、の最も大きい出資者です。 サウジアラビア人は我々が(彼・それ)らを保護することを当てにする間に、サウジアラビアは我々の人々を破滅させようと努めるテロリストに資金を供給するために我々の petrodollars 、我々の非常に自身の金、をつぎ込みます。」

サウジアラビア人の残酷さと虚偽は疑う余地がありません。 (彼・それ)らが家で(彼・それ)ら自身の人々を威嚇して、そして屠殺していないとき、(彼・それ)らはイエメンでの卑劣な戦争犯罪 - 合衆国とUKが complicit である戦争犯罪 - に従事しています。

それでなぜすべての証拠と後天的な知識に直面してテロリズムを支持して、そして極端論主義を煽動することにおけるサウジアラビアの役割の話になると、合衆国はイスラエルの後にリヤドを地域でその最も近い、そして最も貴重な同盟者として勘定に入れ続けますか? 単純な答えは貿易です。

サウジアラビアは米国の防衛産業の最も大きい顧客、ドナルド・トランプがイエメンでその人権侵害に関して王国へのそれ以上の兵器販売で Obama によって課された禁止令を撤廃する彼の最近の決定で維持するつもりである炉棚です。

イランがトランプのアドミニストレーション旅行禁止令リストの上に置かれる7つの主にイスラム教の国の1つである間に、サウジアラビアと他のメキシコ湾岸諸州の(どれ・何・誰)ものいずれもそれの上に置かれなかったことは同じく重要です。 これはそれだけで大統領が彼がうまくこなすことを好むより闘争テロリズムに関して同じぐらい真剣ではないことを証明します。

イランは、繰り返すために、テロリズムを後援して、資金を供給するか、あるいは煽動する国家ではありません、他方サウジアラビアは存在します。 これが大統領に指摘される必要があるという単なる事実は逆さまであり続ける大統領執務室からの世界の光景を思わせます。


------------------------------

終わり。


 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。