論拠 とは、議論のよりどころとなる話題です。どうぞ、ご自由にコメントやトラックバックを設定してください。但し、プロフィールにもありますように、削除される場合もあります。

過去ログ(日付順)    過去ログ(テーマ順)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-16 20:51:09

Ichiro Suzuki Moves Past Pete Rose, With an Aste

テーマ:
英語の勉強と表現方式と討論の参考のために、NYTimesの記事を引用します。
http://www.nytimes.com/2016/06/16/sports/baseball/ichiro-suzuki-ties-pete-rose-with-an-asterisk.html?ref=sports&_r=0

鈴木一郎氏の日米通算新記録について、今までのタイトルホルダーの心の葛藤と過去の論争の再来か? 合理的で紳士な意見であります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Ichiro Suzuki Moves Past Pete Rose, With an Asterisk.
By VICTOR MATHERJUNE 15, 2016

Ichiro Suzuki led off Wednesday afternoon’s game against the San Diego Padres by doing what he has so often done in his illustrious career in Japan and the United States: He beat out a ground ball for an infield single.

The hit gave him 4,256 for his career as a top-level pro baseball player in both countries, tying the record total of Pete Rose, who, of course, got all of his hits in this country.

Then, eight innings later, in his fifth and final at-bat of the game, Suzuki did what he has also done countless times — he doubled to right, which moved him one hit past Rose.

Suzuki’s two hits were not enough to keep his Miami Marlins from losing the game to the Padres. But that hardly mattered on a day when the 42-year-old Suzuki, who is hitting nearly .350 this season, once again made himself a big story.

After his first hit, which was essentially an infield dribbler, he was applauded by players and the crowd at Petco Park. More cheers came in the ninth.

Suzuki’s mark, however, does come with an asterisk: His 2,979 hits in Major League Baseball are supplemented by the 1,278 he compiled when he played for the Orix BlueWave of the Japan Pacific League at the start of his career.

While Suzuki’s chase of Rose’s mark has been big news in Japan, Rose himself, while praising Ichiro’s talent, has been dismissive of the feat.

“I don’t think you’re going to find anybody with credibility say that Japanese baseball is equivalent to major league baseball,” he told USA Today. He made similar remarks last fall as the record first came into view. “If you say those hits in Japan are professional hits,” Rose said, “then my hits in the minor leagues are professional hits, too.”

After Wednesday’s game, Suzuki took a more gracious tone than Rose did. “I don’t think you can compare,” he told reporters through an interpreter when asked about his numbers and Rose’s. Of his 4,257 hits, he said: “Obviously, it’s a combined record. So I always just say, What people think about that record, if they recognize it, I’d be happy.”

By one measure, Suzuki’s career hit mark is more impressive than Rose’s. Entering Wednesday’s game, Ichiro had 14,334 total plate appearances in Japan and the major leagues. In contrast, it took Rose 15,890 to collect his 4,256 hits.

On the other hand, Rose and Suzuki do have more in common than just their gift for hitting. Both were rookies of the year in the major leagues, though Rose was 22 at the time, and Suzuki was 27 after arriving in Seattle from Japan. Both showed baseball longevity: Rose played until he was 45; Suzuki, three years younger, is still going strong.

Suzuki dominated the Japan leagues, winning three straight Most Valuable Player Awards from 1994 to 1996. He made the switch to the majors for the 2001 season at a time when Japanese players, especially batters, were rare. But he quickly silenced the doubters, leading the league in hitting at .350 in his first season for the Mariners and winning the M.V.P. and Rookie of the Year Awards. He has led the league in hits seven times in his career.

At age 38, an age when many players are long out of the game, he finally moved on from Seattle to play for the Yankees. In 2015, he joined the Marlins at age 41.

In his long career in the United States, he has just two postseason appearances; he hit .600 in Seattle’s division series triumph over Cleveland in his rookie year and appeared 11 years later in the Yankees’ 2012 playoff run.

But championships have not entirely eluded him. He was a part of the Japan teams that won the first two World Baseball Classics, in 2006 and 2009.

The dispute over Suzuki’s mark is reminiscent of the storm when the great Japanese slugger Sadaharu Oh approached Hank Aaron’s 755-homer mark in 1977. Some American sportswriters grumbled that the marks were not equivalent, as Japanese ballparks tended to be smaller.

But Aaron was gracious in a taped message broadcast in Japan that night: “I would have loved to have been there tonight to put the crown on top of his head, because he certainly is quite a gentleman, and the people of Japan have a lot to be proud of.”

Oh ended his career with 868 homers.

The next milestone for Suzuki is 3,000 major league hits; he needs only 21 more. He would be the 30th to get to that number, and for that milestone, the hits he accumulated in Japan will be irrelevant. There will be no debate about his achievement.

“Obviously, 3,000 is a no-doubter,” Suzuki said on Wednesday. “It’s a record here. So that’s a goal I want to achieve.”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-13 19:50:35

どうもおかしい舛添要一知事叩き

テーマ:
どうもおかしい舛添要一知事叩き

 日本のメディアリテラシー(メディアの活用する力)が衰退してる。
つまり、メディアを活用するためには、いろんなメディアの意見を判断材料にして考える必要がある。

 しかし、日本のメディアは、自分の(会社の)意見を表明せず、多数に流される極めて危ない思想である。本日(6月13日)の午後のTVをみて考える。

 東京都の舛添要一知事を東京都議会総務委員会の集中審議(2時30分開始)で質問責めにしたが、驚いたことに日本テレビ、TBS、フジTVがほぼ中継放送、異常だ。(東京都議会がネット中継しているのに)

 過去の経験から(小沢一郎氏の期ズレ問題等)して、メディアが集中することに違和感を覚える。異常なほどに、国民を洗脳(扇動)したからなー。

 最初に質問した自民党の鈴木隆道氏。山形県酒田市出身(昭和26年3月生まれ)。ところが彼の質問は最初は厳しいつもりでも、最後は今後の対応を聞く始末。彼の役職は・・・
http://www.s-takamichi.com/profile.html

・東京都議会2020年オリンピック・パラリンピックを成功させる議員連盟幹事長
・東京都議会ラグビーワールドカップ2019日本大会成功議員連盟幹事長
とスポーツ関連が多い。特に2020年オリンピック・パラリンピックは利権の温床である。

 なるほど。
スポーツの親分は森氏だからな。

 デモクラシーっていうものは金がかかるもの。選挙にしても何にしても。日本国民は自分の生活レベルで議員を比較対象にしてはいかんぜよ。


 メディアの欠点は国民への有効な材料を提供できない点にある。例えば、「尖閣諸島問題」、「竹島問題」、「北方領土問題」等の領土問題。世界の法規、慣習、歴史の視点から述べるメディアがいないことは、日本民族にとっては不幸である。

 ヒントは・・・ 日本は戦争に負けたのである。

 日本国民も世界からどのように見られているかを意識しないといけない。「日本は米国の家来」と世界は思っている。そりゃ面と向かって言わないだろうが、心の中ではそう思っている。だって、米国軍隊が日本の領土にあるだろう。だって、米国の要人は横田基地から出入国してるだろー。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-02 20:58:41

当時小保方氏の上司であった若山照彦氏(現山梨大学教授)が沈黙??????

テーマ:ブログ

最近のSTAP問題は時系列で冷静に様子を


以下に最近の記事(できるだけ1次データ、発信元)を時系列に見てみます。



●2015.12.14 12:00【STAP細胞騒動が再燃…米研究者の新論文と”デマ・真実論争”の背景】(デイリーニュースオンライン)
http://dailynewsonline.jp/article/1056871/?page=all

昨年末のこの記事が再論争のトリガーとなったのではないでしょうか。
そして、小保方晴子氏擁護派は勢いつき、悪者派とのSNSでの罵倒になりましたが、肝心の科学者、専門家が沈黙しているのは、禁忌(タブー)があるからなのでしょうか、私にはわかりません。

<引用開始>
日本国内の一部ブログが、海外のWebサイト「Nature.com SCIENTIFIC REPORTS」へ11月27日に掲載された英語論文「Characterization of an Injury Induced Population of Muscle-Derived Stem Cell-Like Cells」を元に、"STAP現象の存在について、米研究者によって発表された"と主張。"小保方晴子の考えは事実だ"と説明した。
<引用終了>


●2016年1月28日(木)9時0分【小保方晴子氏が手記出版で反撃! STAP細胞は若山教授が黒幕、私は捏造犯に仕立てられた、と...】(BIGLOBEニュース)
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0128/ltr_160128_9634734187.html

小保方晴子氏の著書「あの日」で、「STAP細胞は若山教授が黒幕、私は捏造犯に仕立てられた」と著しているらしい。


●2016年02月01日【小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会】(小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会 ブログ)
http://blog.livedoor.jp/obokata_file-stap/archives/1051152724.html

 サイエンスライターの粥川準二氏の記事に対する指摘


●2016.02.26【STAP問題の元凶は若山教授だと判明…恣意的な研究を主導、全責任を小保方氏に背負わせ】(Business Journal、文=大宅健一郎/ジャーナリスト)
http://biz-journal.jp/2016/02/post_13989.html

 「STAP細胞」実験の過程が2ページにあり、理解しやすいし、文もわかりやすい。



●2016.03.19【STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明】(Business Journal、文=上田眞実/ジャーナリスト)
http://biz-journal.jp/2016/03/post_14306.html

この記事は多数のメディアで引用され、時にクレジットが打たれず(引用先を明示されず)拡散される。


●2016.3.25【STAP HOPE PAGE】(HP)小保方晴子氏HP開設
https://stap-hope-page.com/

全文英語で表記。STAP細胞発見の発表当時の資料のほか、理研による検証実験について、写真や図表とともに記載している。また、自身が行ったとするSTAP細胞の作製手順について、使った薬品やその濃度なども示されてる。


●2016.04.01【STAP現象、理研で再現されていたことが発覚…若山教授、不当に実験成果物を大量持ち出し】(Business Journal、文=上田眞実/ジャーナリスト)
http://biz-journal.jp/2016/04/post_14498.html


小保方晴子氏擁護派、悪者派ともに、ジャーナリストという人が記事にしてますが、どこまで取材しているか疑問です。だから、記事も信じられない。

理研を始めとする学者が、ダメな報告書を書いて沈黙しているのが気に入らない。政権が交代しないといけないのかな。

当時小保方氏の上司であった若山照彦氏(現山梨大学教授)が沈黙しているのが気に入らない。


以上です。


あの日/小保方 晴子
¥1,512
Amazon.co.jp

STAP細胞はなぜ潰されたのか ~小保方晴子『あの日』の真実~/渋谷 一郎
¥1,512
Amazon.co.jp


小保方晴子手記「あの日」への若山照彦の説明責任__日本人だけが知らないSTAP細胞、世界の現状/ベリー西村
¥価格不明
Amazon.co.jp

捏造の科学者 STAP細胞事件/須田 桃子
¥1,728
Amazon.co.jp

STAP細胞と若山照彦の罠__真実を歪めた方々のあの日と今後/橘 結城
¥価格不明
Amazon.co.jp


地図物語 あの日の神田・神保町/佐藤 洋一
¥2,160
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。