論拠 とは、議論のよりどころとなる話題です。どうぞ、ご自由にコメントやトラックバックを設定してください。但し、プロフィールにもありますように、削除される場合もあります。

過去ログ(日付順)    過去ログ(テーマ順)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-23 19:44:37

またNHK福島放送局へ質問をWEBからした。

テーマ:

 

NHKラジオ第一の19時の全国ニュース時に、BRAIKING NEWS として、福島放送局は、18:35 頃の福島県沖の震度2の地震ニュースを行った。
このときの全国ニュースは、昨日の地震時の避難状況を報道していたと思うが、そのニュースよりも緊急性が高いという根拠を教えて欲しい?。


また、その時に報道されるべきだった全国ニュース内容を再報道をしないのは何故なのか?

しかも、ローカルニュースの時間は、その約10分後の19:15からあるではないか。何故、この時間の放送にできないのかその理由を教えて欲しい?。

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-15 20:30:59

ヒラリーの脳血栓を切除する緊急手術を行った医師サンディープ・シェルレカーが死亡

テーマ:

 

6月にヒラリーの脳血栓を切除する緊急手術を行った医師サンディープ・シェルレカーが9月30日、アメリカン脊髄センタ―の入り口で死体となって発見される。Dr. Sandeep Sherlekar (1965-2016)

まずは、その英文と、My pasocom の機械翻訳(日本語)を掲載します、意味を理解してくださいませ。


-----------------------------------------------------------------------------------------
Doctor Who Removed Clinton’s Blood Clot Found Dead.
https://therealstrategy.com/doctor-removed-clintons-blood-clot-found-dead/
 October 13, 2016
 Christopher Kemmett

Maryland Doctor Who Treated Hillary Clinton For Blood Clot On Brain Mysteriously Dies

By: Sorcha Faal, and as reported to her Western Subscribers

A shocking new report circulating in the Kremlin today prepared by the Foreign Intelligence Service (SVR) says that the infamously named “Clinton Body Count” has now increased after a Maryland (US) based doctor was discovered dead this past week under mysterious circumstances—and who had, this past June, been part of a specialized medical team that removed a blood clot from the brain of Hillary Clinton. [Note: Some words and/or phrases appearing in quotes in this report are English language approximations of Russian words/phrases having no exact counterpart.]

According to this report, Hillary Clinton has long been known to have grave health issues since she collapsed in December, 2012, and that led to her first operation to remove a blood clot from her brain—and that her husband, former President Bill Clinton, recently stated took her 6 months to recover from.

This past summer, however, this report continues, on 30 June, SVR analysts state that Hillary Clinton collapsed on her private plan while in route to her Washington D.C. home and was unconscious when it landed at Joint Base Andrews—which is the home base of the 89th Airlift Wing that manages the flights of all top American officials, including the President.

Once landed, this report notes, Hillary Clinton was rushed by ambulance to the US Air Forces Malcolm Grow Medical Facility located on this base and put under the “urgent/immediate” care of doctors assigned to the 79th Medical Wing.

Though many aspects/details of this SVR report relating to what exactly happened when the unconscious Hillary Clinton reached the Malcolm Grow Medical Facility remain to highly classified to write about here, what is important to note is that her security guards refused to allow her to be treated, and when US Air Force doctors objected to removing her from their care, they had “numerous” weapons pointed at them—after which Hillary Clinton was taken from this medical facility by her just arrived motorcade.

With this potentially deadly situation being observed by many people, this report says, a number of them alerted Joint Base Andrews security police who put the entire base on lockdown—but was later “whitewashed/covered up” by US Air Force Colonel Brad Hoagland who told the media that “the reports of a real-world active shooter situation at the Malcolm Grow Medical Facility were miscommunicated”.

Malcolm Grow Medical Facility at Joint Base Andrews (photo credit: Airman 1st Class Aaron Stout / U.S. Air Force)

Upon leaving Joint Base Andrews with the still unconscious Hillary Clinton, SVR intelligence analysts in this report say, her motorcade rushed to a nearby (57 kilometers/36 miles) private MedStar Montgomery Medical Center hospital in Olney, Maryland, where she was rushed into emergency surgery.

The reason for Hillary Clinton’s security detail rushing her to the MedStar Montgomery Medical Center, this report explains, is due to this hospital having advanced non-invasive technology able to find blood clots in the brain—like an instrument surgeons their use to pick up light emissions from a digitized instrument, while a camera is placed above a patient’s head.

Performing the emergency brain surgery on Hillary Clinton at the MedStar Montgomery Medical Center on 30 June, this report continues, was the Islamic neurosurgeon Amjad Anaizi who is her private brain doctor whom she frequently visits at the MedStar Georgetown University Hospitalnear her home in Washington D.C.—and who, also, is the cousin of Hillary Clinton’s top aid Huma Abedin who is linked to the Muslim Brotherhood terror organization.

Attending Doctor Anaizi in his operating on Hillary Clinton’s brain to remove the blood clot that had rendered her unconscious, this report says, was Doctor Sandeep Sherlekar who was the on call anesthesiologist at MedStar Montgomery Medical Center—but who, exactly 3 months later, on 30 September, was discovered dead.

Latest Clinton Body Count victim: Dr. Sandeep Sherlekar (1965-2016).

Doctor Sandeep Sherlekar, SVR analysts in this report explain, was a deeply loved doctor by his patients who been in practice for more than 20 years before his death, spoke multiple languages, and had previously served as the chief resident in anesthesiology at Hahnemann University Hospital in Philadelphia.

Doctor Sandeep Sherlekar, also, this report continues, was by all accounts deeply religious—and that led him, in 2012, to file a lawsuit against the Chief Executive Officer, Muhammad Ahmad Khan, and Chief Financial Officer, Vic Wadhwa, accusing them of financial crimes at the medical practice where he worked called the American Spine Center.

Working closely with agents of the US Federal Bureau Investigation (FBI), this report notes, Doctor Sandeep Sherlekar was able to aid in them, in 2014, in their securing a guilty plea against CFO Vic Wadhwa for receiving $459,000 in “kickbacks/bribes”.

SVR analysts in this report, though, note a “severe abnormality” in the events since CFO Vic Wadhwa pled guilty, due to Doctor Sandeep Sherlekar aiding the FBI, stating that as of yet he has not been sentenced for his crimes over two year later.

And in an even greater “strangulation/choking to death” of American justice, and immediately after Doctor Sandeep Sherlekar assisted Doctor Anaizi in his operating on Hillary Clinton’s brain, the same FBI agents he had helped in conviction CFO Vic Wadhwa turned on him—and on 22 September filed charges against him accusing him of the same crimes he had reported to them in 2012.

Eight days later, at about 7:15 a.m. Friday on 30 September, Doctor Sandeep Sherlekar was found dead at the entrance to the American Spine Center with local police stating that “no obvious signs of trauma were evident when police arrived, and foul play was not suspected”—or in “intelligence speak”, he was suicided.

With Doctor Sandeep Sherlekar being a devout adherent to the Hindu religion that considers suicide a murder and against the code of ahimsa (non-violence), SVR analysts in this report say, the local police reports suggesting this is why he died can be quickly discounted—with the more logical explanation of his death being simply that he knew more about Hillary Clinton then she was ever going to chance his telling anyone else.

These SVR intelligence analysts, also, note that Doctor Sandeep Sherlekar’s death fits exactly the profile of all of the other deaths associated with the Clinton Crime Family—with the victim fist “knowing to much”, then having “their personal and professional reputations destroyed”, with the final act being “their mysterious death” as a message for others to not dare cross these most dangerous of criminals.

To the American people knowing of these events this report doesn’t say—but from the past knowledge of these American’s known by just about everyone else in the world, even if they did, they wouldn’t care.
-------------------------------------------------------------------------------------


以下は機械翻訳の結果、一切修正はしてません。

 

Doctor Who は生気がないことを見いだされるクリントンの血液凝固を取り除きました。

 2016年10月13日
 クリストファー Kemmett

脳の上にヒラリー・クリントンを血液凝固に対して治療したメリーランド医者が奇妙に死にます

「Sorcha Faal」によって、そして彼女の西洋の定期購読者に報告されるように

外国の諜報局(SVR)によって準備されてクレムリンで今日循環しているショッキングな新しい報告書が不可解な状況の下で、メリーランド(合衆国)ベースの医者がこれまでの一週間死んで見いだされた後、不名誉にも名指された「クリントン頭数え」が今増加したと言います - そして血液凝固をヒラリー・クリントンの脳から取り除いた誰が(それまで)、この前の6月に、専門的な医師団の一部であったか. [メモ:この報告で相場に現われている若干の言葉そして/あるいは句が正確な対応物を持っていないロシア語の言葉 / 句の英語近似です。]

この報告によれば、彼女が2012年12月に倒れたときから、ヒラリー・クリントンは長い間重大な健康問題を持っていることを知られていました、そしてそれは血液凝固を彼女の脳から取り除く彼女の最初のオペレーションに導きました - そしてその彼女の夫、前者ビル・クリントン大統領、が最近回復するのに彼女の6カ月を要したと述べた.

しかしながら、この前の夏、この報告は継続します、6月30日に、 SVR アナリストがヒラリー・クリントンが彼女のワシントン D.C. の家へのルートにある間に彼女の個人の計画の上に倒れて、そして、それが関節塁アンドリューズに着地したとき、意識不明であったと述べます - 大統領を含めて、すべてのトップのアメリカの審判員のフライトを処理する第89番目の Airlift ウイングのホームベースはどちらですか。

いったん降ろされると、この報告書が指摘します、ヒラリー・クリントンはマルコム Grow の医療施設がこれに関して見つけた空軍が第79番目の医療の派に指名された医者の「緊急の / 即刻の」ケアの下で基礎を置いて、そして置く合衆国に救急車によって急いで運ばれました。

意識不明のヒラリー・クリントンがマルコム Grow の医療施設に着いたとき、正確に起きたことに関連したこの SVR 報告の細部が大いに残っている / が書くために分類した多くの局面が彼女に治療されることを許すために、ここで、何が気付くことが重要であるについて彼女の警備員が拒否したということであるけれども、そして米国空軍医者が彼女を(彼・それ)らのケアから外すことに反対したとき、(彼・それ)らは「多数の」兵器が(彼・それ)らに対して向けられるようにしました - ヒラリー・クリントンがこれからとられました、彼女によっての医療施設がただ到着したそれの後に自動車行列.

存在が多くの(彼・それ)らが警告した、とこの報告書が言う、多くの人々によって一時監禁に全部のベースを置いた合同ベースアンドリューズ秘密警察を観察したこの潜在的に命取りの状態でけれども - が後にメディアに「マルコム Grow の医療施設においての実世界のアクティブな射撃者の状況の報告が間違えて伝えられました」と言った米国空軍大佐ブラッド・ホーグランドによって「ごまかされて / 包み隠されました」。

マルコムは関節ベースアンドリューズ(写真クレジット:空士第1番目のクラスアーロン黒ビール / 米国空軍)に医療施設を増やします

関節ベースアンドリューズをまだ意識不明のヒラリー・クリントンの元に残すや否や、この報告での SVR 諜報アナリストが言います、彼女の自動車行列はオルニー、メリーランドに近くの(57キロ / 36マイル)の私立 MedStar モンゴメリー医療センター病院に急いで行きました、そしてそこで彼女は緊急手術の中に急いで運ばれました。

ヒラリー・クリントンのセキュリティーの詳細が MedStar モンゴメリー医療センターに彼女を急いで運ぶ理由は脳に血液凝固を見いだすことが可能である執刀を要さない技術を推進したこの病院のためです、とこの報告書が説明します - カメラである間に、デジタル化された手段から軽い排気を拾い上げるための(彼・それ)らの使用がそうである外科医が患者の頭の上に置いた道具のように。

緊急脳の手術後に6月30日、この報告の上の MedStar モンゴメリー医療センターにおいてのクリントンが続けて、彼女がしばしば訪問する彼女の個人の脳医者であるイスラムの神経外科医、アムジャッド Anaizi 、であったヒラリー、ジョージタウン大学がワシントン D.C. の彼女の家を Hospitalnear する MedStar 、を実行すること - そして誰が、同じく、イスラム教徒友愛会テロ組織に関連づけられるヒラリー・クリントンのトップ支援 Huma Abedin のいとこです。

彼が彼女を意識不明にした血液凝固を取り除くためにヒラリー・クリントンの脳の手術をすることにおいて、 Anaizi 医師の世話をして、この報告書が言います、 MedStar モンゴメリー医療センター - しかし誰が、正確に3カ月後に、9月30日に、死んで見いだされたかにおいて存在した Sandeep Sherlekar 医師は電話麻酔医の上でしたか。

最近のクリントン頭数え被害者: Sandeep Sherlekar 博士(1965-2016)。

Sandeep Sherlekar 医師は彼の患者によって深く愛されている医者でした、とこの報告での SVR アナリストが説明する誰ですか、彼の死、が(すでに)多数の言語を話して、そして前にフィラデルフィアでハーネマン大学病院の麻酔学の最高の住民として勤めている前に20年以上の間、開業している.

同じく、 Sandeep Sherlekar 医師は皆の話によると深く宗教的でした、とこの報告が続けます - そしてそれ、2012年に、彼を、アメリカの Spine センターと呼ばれて彼が働いた医業において(彼・それ)らを金融犯罪の罪で告発して、最高経営責任者、ムハンマッド・アーマド・カーンと最高財務担当役員、ヴィック Wadhwa に対して訴訟を提出するように仕向ける.

しっかりと米国の連邦の局調査のエージェント(FBI)と共に働いて、この報告書が指摘する、(彼・それ)らが、「リベート / 賄賂」で459,000ドルを受け取ることに対して、ヴィック Wadhwa CFOに対して有罪の申し立てを確保することにおいて、 Sandeep Sherlekar 医師は、2014年に、その中に支援することが可能でした。

けれども SVR アナリストが、ヴィック Wadhwa CFOが、 Sandeep Sherlekar 医師が、まだ彼が2年以上後に彼の犯罪のために判決を下されなかったと述べて、FBIを援助するために、有罪であると申し立てたときから、この報告で、イベントで「ひどい異常」に気付きます。

そしてアメリカの司法のさらにより大きい「絞殺 / のどに詰まらせて死ぬこと」で、そして Sandeep Sherlekar 医師が Anaizi 医師彼がヒラリー・クリントンの脳の手術をするのを助けた、彼が有罪決定CFOヴィック Wadhwa に(すでに)助けていた同じFBIのエージェントが回転したすぐ後に彼の上に - と9月22日に彼を彼が2012年に(すでに)(彼・それ)らに報告していた同じ犯罪の罪で告発して彼を告訴しました.

8日後に、金曜日およそ午前7時15分に9月30日に、 Sandeep Sherlekar 医師が、地元の警察が「警察が到着し、そして犯罪が疑わしくなかったとき、トラウマの明白なサインが明白ではありませんでした」と述べるという状態で、アメリカの Spine センターの入口において死んでいることを見いだされました - あるいははやっている「知性のことば」、彼は suicided されました。

Sandeep Sherlekar 医師が自殺を殺人であるとみなすヒンズーの宗教へのそして彼が死んだ理由が速くそうであり得る地元の警察がこれがであることを提案したことを報告する、とこの報告での SVR アナリストが言う、非暴力・不殺生(非暴力主義)の規約に反対の信心深い支持者が割引したということであるという状態で、彼の死のいっそう論理的な説明がただそれであるという状態で、彼はそれから、いっそうヒラリー・クリントンについて彼女がいつか彼が他の誰にも話すのを思い切ろうとしていたことを知っていました。

これらの SVR 諜報アナリストは、同じく、 Sandeep Sherlekar 医師の死が正確にクリントン犯罪一家と結び付けられる他の死のすべてのプロフィールに適していることを指摘します - 被害者握りこぶしで「知っているような多くに」、それから、最終の法令が、他の人たちが勇気がない主旨が犯罪者について最も危険なこれらを横切る(とき・から・につれて・ように)、「(彼・それ)らの神秘的な死」であるという状態で、「破壊された(彼・それ)らの個人的な、そしてプロフェッショナルな評判」を持つ.

これらのイベントについて知っているアメリカ人にこの報告書は言いません - しかしアメリカ人がほかに世界中でほぼ皆によって知られているこれらの過去の知識から、たとえ(彼・それ)らがそうしたとしても、(彼・それ)らは気にかけないでしょう。

 

終わり

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-22 19:46:51

豊洲で有毒なベンゼンが検出されず

テーマ:

(JAPANTODAY)
https://www.japantoday.com/category/national/view/no-toxic-benzene-found-in-water-at-new-toyosu-fish-market-site


No toxic benzene found in water at new Toyosu fish market site
 Sep. 17, 2016


TOKYO —

Benzene, a toxic chemical, was not found in water in the basement of a main building at the new fish market in Tokyo’s Toyosu waterfront area, while a permissible level of arsenic was detected, a private company-led groundwater survey showed Friday.

The water was tested after Tokyo Gov Yuriko Koike said last Saturday that not enough clean soil was piled beneath the buildings, adding to concerns about site contamination and possibly further delaying the planned relocation of the famed Tsukiji fish market, a major tourist attraction as well as vital commercial facility.

The Tokyo metropolitan government has already spent about 85.8 billion yen on decontamination work since high levels of benzene and other toxic substances were detected in the soil at the relocation site.

The plan to move the aging Tsukiji market, which opened in 1935 in Tokyo’s Chuo Ward, to Toyosu area in Koto Ward has long been plagued by concerns about soil contamination, as the new site sits on land where Tokyo Gas Co. used to operate a gas production plant.

In the water test commissioned by Japanese Communist Party members of the Tokyo metropolitan assembly, the tiny amount of arsenic found was below government-set environmental standards. The party said a trace of arsenic of 0.004 milligram per liter was found, compared to the maximum permissible level of 0.01 mg per liter.

The Tokyo metropolitan government is also checking the safety of groundwater at the site. It has conducted seven groundwater surveys, which all cleared the environmental standards.

Still some issues remain, prompting Koike in late August to push back the scheduled November opening of the new site, as she first wants to see the results due in January of the latest series of groundwater tests.

In addition to the soil contamination issue, the fish market relocation project is also plagued by concerns over mounting costs.

 

arsenic ヒ素
a toxic chemical 有毒化学物質
Benzene ベンゼン
Communist Party 共産党
Tokyo metropolitan assembly 東京都議会
the soil contamination issue 土壌汚染問題
the fish market relocation project 魚市場移転プロジェクト

 

 


(以下は機械翻訳結果)

有毒なベンゼンが新しい Toyosu 魚市場サイトで水中に見いだされません

2016年9月17日


東京 -

ベンゼン、有毒化学物質、が水中に東京の Toyosu 海岸地区エリアの新しい魚市場の主なビルの地下室で見いだされませんでした、他方ヒ素の許されるレベルが検出されました、と個人の会社によってリードされた地下水調査が金曜日に示しました。

ユリコ Koike 東京知事が、サイト汚染についての懸念を増やして、そしてもしかするとさらに有名な Tsukiji 魚市場、肝要な取引きの能力と同様、主要な観光名所の計画された移転を延期して、この前の土曜日に十分なきれいな土壌ではなくが建物の下に積み上げられたと言った後、水はテストされました。

高いレベルのベンゼンと他の有毒物質が移転サイトで土地で検出されたときから、東京都庁はすでに浄化の仕事におよそ858億円を使いました。

江東区で、東京の中央区で1935年に開いた老朽化している Tsukiji 市場を Toyosu エリアに動かす計画は長い間、新しいサイトが東京ガス社がガス生産工場を操作したものであった土地に位置する(とき・から・につれて・ように)、土壌汚染についての懸念によって悩ませられました。

東京都議会の日本の共産党のメンバーによって依頼された水テストで、ごく小さい量の見いだされたヒ素は政府によって設定された環境基準の下にありました。 グループは1リットルについて0.004ミリグラムのヒ素のほんのわずかが、1リットルについて0.01ミリグラムの最大の許されるレベルと比較して、見いだされたと言いました。

東京都庁はサイトで同じく地下水の安全性をチェックしています。 それは7つの地下水調査を行ないました、そしてそれはすべて環境基準をクリアしました。

まだ、彼女が最初にまさしく1月に地下水テストの最新のシリーズの結果を見ることを望む(とき・から・につれて・ように)、若干の問題が8月下旬に Koike に新しいサイトの予定された11月のオープニングを遠ざけるよう促して、残っています。

土壌汚染問題のほかに、魚市場移転プロジェクトは同じく経費を取り付けることについての懸念によって悩ませられます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。