論拠 とは、議論のよりどころとなる話題です。どうぞ、ご自由にコメントやトラックバックを設定してください。但し、プロフィールにもありますように、削除される場合もあります。

過去ログ(日付順)    過去ログ(テーマ順)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-21 20:04:56

1982年 鈴木・サッチャー会談 尖閣「現状維持」日中合意

テーマ:

 1982年 鈴木・サッチャー会談 尖閣「現状維持」日中合意と伝達    


投稿日:2014-12-31 19:26:54 にある場所に投稿した記事ですが、最近、尖閣諸島は日本の領土(その海は日本の領海)というジャーナリストがおりましたので再度掲載します。

はっきり言えることは、「現状維持する合意」を日本が破った(勝手に尖閣諸島を日本のもの(世界は認めず)としてしまったことである。

 

ーーーーーーーーーー     

尖閣問題について、英公文書館が両首脳のやりとりを記録した公文書を機密解除して明らかになりました。

その記事が重要なので、東京新聞の記事と、NHK記事を掲載しておきます。

尚、東京新聞の記事では、最後に「78年10月に来日した〓小平氏は記者会見で、日中両国政府が72年の日中国交正常化交渉の際に「(尖閣諸島の問題に)触れない」ことで合意し、78年の日中平和友好条約の交渉でも同様のことを確認したと述べた。」(福島民友、12月31日朝刊より)が抜けています。

NHK記事では、外務省幹部「『棚上げ』合意した事実ない」と述べていますから、それを配慮したかもしれません。

しかし、外務省幹部の名前を公表し、その根拠(当時の速記録やメモ等)を明らかにすべきです。もし、間違えていたとしたら、どんな理由があれ罪に問われなければなりません。そのような法がなければ、制定しなくてはなりません。


過去に280番の発言として、関連文書があります。
> [280]日本の領有権に疑問 英、71年、尖閣問題で公文書

 

(引用開始)
82年 鈴木・サッチャー会談 尖閣「現状維持」日中合意と伝達
2014年12月31日 東京新聞 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014123102000121.html

【ロンドン=共同】一九八二年九月、鈴木善幸首相が来日したサッチャー英首相(いずれも当時)との首脳会談で、沖縄県・尖閣諸島の領有権に関し、日本と中国の間に「現状維持する合意」があると明かしていたことが分かった。英公文書館が両首脳のやりとりを記録した公文書を三十日付で機密解除した。「合意」は外交上の正式なものではないとみられるが、鈴木氏の発言は、日中の専門家らが指摘する「暗黙の了解」の存在を裏付けている。

日本政府は現在、尖閣諸島問題について「中国側と棚上げ、現状維持で合意した事実はない」と主張、暗黙の了解も否定している。

首脳会談は八二年九月二十日午前に首相官邸で行われ、サッチャー氏の秘書官らのメモを基に会話録が作られたとみられる。

鈴木氏は尖閣問題について中国の実力者、〓小平氏と直接交渉した結果、「日中両国政府は大きな共通利益に基づいて協力すべきで、詳細に関する差異は脇に置くべきだ」との合意に容易に達したと説明。その結果「(尖閣の)問題を明示的に示すことなしに現状を維持することで合意し、問題は事実上、棚上げされた」と述べた。

鈴木氏は尖閣問題で〓氏は極めて協力的で「尖閣の将来は未来の世代の決定に委ねることができる」と述べたと紹介。その後、中国は尖閣問題に言及することはなくなったと説明した。

〓氏とは七八年八月に園田直外相が北京で会談、鈴木氏も首相就任前の七九年五月に訪中し会談しており、鈴木氏のサッチャー氏への発言はこうした経緯を踏まえたものとみられる。

※〓は登にこざとへん
(引用終了)


(引用開始)
「尖閣は現状維持で合意」機密解除の英記録
NHK NEWSWEB 12月31日 14時29分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141231/k10014374941000.html

沖縄県の尖閣諸島を巡り、昭和57年、当時の鈴木善幸総理大臣がイギリスのサッチャー首相と会談した際、「中国との間で現状を維持することで合意し、問題は実質的に棚上げされたとサッチャー首相に伝えた」とイギリス側が記録していたことが明らかになりました。

これは昭和57年9月に当時の鈴木善幸総理大臣が来日したサッチャー首相と会談した際の内容をイギリス政府が記録したもので30日、機密解除されました。
それによりますと、鈴木総理大臣は沖縄県の尖閣諸島について、みずからが中国の当時の最高実力者※トウ小平氏と会談した経験を紹介し、「日中両政府は大きな共通の利益に基づいて協力し、詳細についての違いはひとまず触れないことで一致したと伝えた」としています。
そして、記録は「鈴木総理大臣は、その結果、問題を具体的に取り上げることなく現状を維持することで合意し、実質的に棚上げされたとサッチャー首相に伝えた」としています。
当時、サッチャー首相はイギリス領だった香港の将来の統治の在り方について中国側と本格的な話し合いに臨もうとしており、鈴木総理大臣は、トウ小平氏との直接対話を勧めたということです。
日本政府は尖閣諸島に関して、わが国固有の領土であり、解決すべき領有権問題は存在せず、中国との間で「棚上げ」や「現状維持」で合意した事実もないという立場を一貫して示しています。


外務省幹部「『棚上げ』合意した事実ない」

これについて外務省幹部はNHKの取材に対し、「鈴木元総理大臣の発言は確認できていないが、尖閣諸島を巡って中国側と『棚上げ』することで合意したという事実はない。尖閣諸島は、歴史的にも国際法上もわが国固有の領土であるという日本政府の立場に変わりはない」としています。
※「登」に「おおざと」
(引用終了)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-03 20:49:26

東京都知事候補 現る

テーマ:

おいおい、#NHK はどうなっているんだい!?

NHK斉藤孝信アナと早川美奈アナがカー不倫!!フライデー画像で番組降板!? http://www.netanetacatch.com/post-3335/

【このNHKニュースが終わったあと 2人でカーセックスしてたと思うと^^ 】(NHKから国民を守る党 公式ブログ) http://ameblo.jp/nhkto/entry-12176530112.html NHKアナウンサー NHK甲府 斉藤孝信 と 早川美奈 まるごと山梨 #NHK

【NHK女子アナとキャスターが路上不倫カーセックス フライデーが本日写真付きで報道 元NHK職員の解説】(孝志立花) http://tinyurl.com/hqckb7m YouTube,16:24 元NHK職員がいうのには、#NHK では不倫が日常茶飯事だということ。しかも契約社員の待遇が・・・、あ~ぁ。

TVメディアの政治関係報道は、参議院選挙ではなく都知事選挙に誰が候補かというメディア。しかし、立花孝志氏が立候補表明しているのにメディアは無視している。本人は「政見放送予行演習」を行っているぞ~。(続く)

【NHKをぶっ壊す 政見放送予行演習 東京都知事選挙 立花孝志 】(NHKから国民を守る党 公式ブログ) http://ameblo.jp/nhkto/entry-12176802969.html しっかり7時のニュースでも報道してちょ。 #NHK

公明党の山口氏がしきりに「民共」として、野党統一候補方式を批判しているが、そもそも、共産主義を作り出したのは戦後直後の米国であり、その米国のCIAから金をもらい自由民主党は躍進したのではないか。

以上、最近、感じた政治関係でした。


ロン・ポールの連邦準備銀行を廃止せよ/ロン・ポール
¥1,944
Amazon.co.jp

他人のカネで生きているアメリカ人に告ぐ ―リバータリアン政治宣言―/ロン・ポール
¥1,944
Amazon.co.jp

メルトダウン 金融溶解/トーマス・ウッズ
¥1,944
Amazon.co.jp




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-16 20:51:09

Ichiro Suzuki Moves Past Pete Rose, With an Aste

テーマ:
英語の勉強と表現方式と討論の参考のために、NYTimesの記事を引用します。
http://www.nytimes.com/2016/06/16/sports/baseball/ichiro-suzuki-ties-pete-rose-with-an-asterisk.html?ref=sports&_r=0

鈴木一郎氏の日米通算新記録について、今までのタイトルホルダーの心の葛藤と過去の論争の再来か? 合理的で紳士な意見であります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Ichiro Suzuki Moves Past Pete Rose, With an Asterisk.
By VICTOR MATHERJUNE 15, 2016

Ichiro Suzuki led off Wednesday afternoon’s game against the San Diego Padres by doing what he has so often done in his illustrious career in Japan and the United States: He beat out a ground ball for an infield single.

The hit gave him 4,256 for his career as a top-level pro baseball player in both countries, tying the record total of Pete Rose, who, of course, got all of his hits in this country.

Then, eight innings later, in his fifth and final at-bat of the game, Suzuki did what he has also done countless times — he doubled to right, which moved him one hit past Rose.

Suzuki’s two hits were not enough to keep his Miami Marlins from losing the game to the Padres. But that hardly mattered on a day when the 42-year-old Suzuki, who is hitting nearly .350 this season, once again made himself a big story.

After his first hit, which was essentially an infield dribbler, he was applauded by players and the crowd at Petco Park. More cheers came in the ninth.

Suzuki’s mark, however, does come with an asterisk: His 2,979 hits in Major League Baseball are supplemented by the 1,278 he compiled when he played for the Orix BlueWave of the Japan Pacific League at the start of his career.

While Suzuki’s chase of Rose’s mark has been big news in Japan, Rose himself, while praising Ichiro’s talent, has been dismissive of the feat.

“I don’t think you’re going to find anybody with credibility say that Japanese baseball is equivalent to major league baseball,” he told USA Today. He made similar remarks last fall as the record first came into view. “If you say those hits in Japan are professional hits,” Rose said, “then my hits in the minor leagues are professional hits, too.”

After Wednesday’s game, Suzuki took a more gracious tone than Rose did. “I don’t think you can compare,” he told reporters through an interpreter when asked about his numbers and Rose’s. Of his 4,257 hits, he said: “Obviously, it’s a combined record. So I always just say, What people think about that record, if they recognize it, I’d be happy.”

By one measure, Suzuki’s career hit mark is more impressive than Rose’s. Entering Wednesday’s game, Ichiro had 14,334 total plate appearances in Japan and the major leagues. In contrast, it took Rose 15,890 to collect his 4,256 hits.

On the other hand, Rose and Suzuki do have more in common than just their gift for hitting. Both were rookies of the year in the major leagues, though Rose was 22 at the time, and Suzuki was 27 after arriving in Seattle from Japan. Both showed baseball longevity: Rose played until he was 45; Suzuki, three years younger, is still going strong.

Suzuki dominated the Japan leagues, winning three straight Most Valuable Player Awards from 1994 to 1996. He made the switch to the majors for the 2001 season at a time when Japanese players, especially batters, were rare. But he quickly silenced the doubters, leading the league in hitting at .350 in his first season for the Mariners and winning the M.V.P. and Rookie of the Year Awards. He has led the league in hits seven times in his career.

At age 38, an age when many players are long out of the game, he finally moved on from Seattle to play for the Yankees. In 2015, he joined the Marlins at age 41.

In his long career in the United States, he has just two postseason appearances; he hit .600 in Seattle’s division series triumph over Cleveland in his rookie year and appeared 11 years later in the Yankees’ 2012 playoff run.

But championships have not entirely eluded him. He was a part of the Japan teams that won the first two World Baseball Classics, in 2006 and 2009.

The dispute over Suzuki’s mark is reminiscent of the storm when the great Japanese slugger Sadaharu Oh approached Hank Aaron’s 755-homer mark in 1977. Some American sportswriters grumbled that the marks were not equivalent, as Japanese ballparks tended to be smaller.

But Aaron was gracious in a taped message broadcast in Japan that night: “I would have loved to have been there tonight to put the crown on top of his head, because he certainly is quite a gentleman, and the people of Japan have a lot to be proud of.”

Oh ended his career with 868 homers.

The next milestone for Suzuki is 3,000 major league hits; he needs only 21 more. He would be the 30th to get to that number, and for that milestone, the hits he accumulated in Japan will be irrelevant. There will be no debate about his achievement.

“Obviously, 3,000 is a no-doubter,” Suzuki said on Wednesday. “It’s a record here. So that’s a goal I want to achieve.”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。