着物の葛籠 ーキモノ ノ ツヅラ-

着物を中心に、私・彩詠(さえ)の日々の生活での 和 なお気に入りと、美味しいモノ を 徒然なるままにご紹介します。
昔から大切なキモノを収納してきた葛籠(つづら)の箱のように、日本の大切なモノを詰め込んでいます!


テーマ:
{2E5FB72F-FDEF-4666-B848-7A0A5178452A:01}



宮島で宿泊した「ゲストハウス菊がわ」のおとうさんから、帰り際に頂いた 「瀬戸内ゴーランド 瀬戸内しまのわをめぐる13の読み物」


3/21~10/26 の間、広島県と愛媛県の瀬戸内海側のらまちや島を舞台に、まちおこしとおもてなしがひとつになった地域活性化プログラム「しまのわ 2014」

http://www.shimanowa2014.jp/index.html


そのガイドブックとして作られた無料の文庫のよう。

じんわりしたり、切なくなったり、13の物語から、その土地の空気や味が感じられ、あぁ行ってみたい、また行ってみたい!と読み終えた時に旅支度をしたくなる一冊。


1回目歩いて楽しかったら

2回目は誰かを誘って

3回目は知り合った人を訪ねて

しまのわの旅は続きます

まちと人とつながりながら

続きます


最後にかかれているこの文章の通り、

去年出会った宮島へ、今年は知り合った方を訪ねて、呉という新しいところへも行きました。

何度も行きたくなる、本当にそんな土地が瀬戸内には広がってるんですよね♪

人も本当温かくて、美味しいもんいっぱい。


13ある物語の中で、舞台は呉。

渡辺直子氏の「音戸の花嫁アゲイン」が一番好きかな。

今回、渡船は行ってませんが、「第2音戸大橋」から赤い橋「音戸大橋」たちを堪能しました!


{D48CB5B8-64EE-4D1B-BCE9-F2EBE2EC2AAC:01}

次回は渡船も良いですなも。

このフィクションの物語を書いた渡辺直子氏が、この「せとうち文庫」の編集長。

普通のガイドブックは写真やなどがたくさんで見ているだけで行った気分にもなっちゃうけど、コレは違う。

ゆるさと温かさが心地よく、実際に「行きたくなる、感じたくなる」行く想いを膨らませてくれるガイドブックかと^^

コレは、瀬戸内から離れている人にこそ読んでもらいたい。

何かお手伝い出来ることは、あるのかしらん。


#しまのわ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

着物の葛籠



毎月、旬な着物のコトが詰まった着物の月刊誌 アレコレ。
アレンジコーデや撮影なとでお仕事もさせて頂いたりしていますが、
最新号の 「今月の一冊」で、『はじめて着物を着る人のための41のステップ』 をご紹介頂きました!
vol.91、すごい!あと少しで100号です♪

photo:01

編集長のステキな解説文付き♪
ありがとうございます。

本の中でも、ステップ1の「着物を着てみたい」で、
着物を楽しむ為の情報源のひとつとして、アレコレも紹介させて頂いています。
書店では買えない定期購読の月刊誌。
キニナル方は、こちらへポチっとどうぞ♪ → 月刊アレコレ

最新号では、初の「きもの男子」特集。
京都のリアルなきもの男子がずらりといろいろなタイプで登場。
雑誌などの着せられている芸能人の姿とは違い、その人のリアルな着こなしに注目です。

そんな 「月刊アレコレ」 とは、来月のひな祭りに広島でのイベントに参加します♪
楽しいお祭りの情報は、後程^^




iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01



今年の私の笑い種♪

ずーっと気になっていた絵本を買いました。
もうね、無条件で笑みがこぼれるのです。
3冊、シリーズであるけれど、一番最初の 『が』 が秀逸かと。

おみくじ で、

笑う門には幸来る

と出てましたし、いつでも笑いの種があると、癒されまする。


今年はどんな年になるのか楽しみですが、常に笑顔は忘れないでおこうと
(^-^)

そすれば、きっと何事も乗り越えられるはず。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
7/26、小松左京 氏が、お亡くなりに(泣)
訃報をネットのニュースでみてから、久しぶりに4冊の本を取り出してきました。

着物の葛籠-未設定


日本沈没 上・下
日本沈没第二部 上・下

始めて日本沈没を読んだのは、小学校3、4年の夏だったかと。
まさに今頃、夏休みの宿題の読書の一冊で図書館で借りたのが出会いだったなと、もう、ウン十年も前のことを思い出したりして、読み返す。

今じゃ地球のことももっといろいろ分かってきてると思うけど、今、読み返してもとてもリアリティある内容で、小説とは思えない。

基本、SFモノは好きなので、こういうタイプの小説やら映画を時折触れたくなって、この本達も何年か毎に本棚から引っ張りだされるので、読むのはもう何回目だろうかなぁ。

読む度に、気になるところが違ったり、感じたり、いろいろ。

昨日の読売新聞朝刊のトコにも書かれていたけど、

アジア東部の大陸棚、とりわけ日本列島弧を中心にして、巨大な地殻変動が起こりかけている、というアメリカ測地学会の発表が電撃のように世界をゆすぶったのは、三月十一日、…

という一文が下巻のなかほど(p.147)に出てきた時、思わず思い出してしまったのは、東北の地震。
数字にはいろんな意味、力が込められているので、どんな意図でこの日になっているのか、いろいろと想像してしまう。
いろんな自然現象やら出来事が起こると、星回りや数字の意味に敏感になり、数秘をちゃんと勉強したいなぁと思ったり。

最近、いろいろ忙しさにかまけて気学の講座に全く行けてないので、ムムム…と。
少しだけ余裕が出てきたので、ボチボチ生活を変えていかねばと思うこの頃。

この小説に限っては、映画化もTV化もされてるけど、やはり昔に作られたモノの方が映像も荒いけど、それが妙なリアリティ感じさせているなぁと。
映像なども技術が進化して3Dのスンゴイ画像も出てきているけど、それよりも自然に撮られたモノの方がやっぱりすごい。
絵空事じゃないかも…と思っちゃう。


>

 


日本以外全部沈没

日本以外全部沈没
価格:4,442円(税込、送料別)


ネタで実は、まだ見てない、コレ↑も見てみたい。



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

着物の葛籠-未設定


今月、1冊目のお買い物。



 武士の食卓


加賀藩前田家・御食事係の末裔 饗応料理研究家 緋宮栞那 さん 著。


武士好きとしては、かなりキニナル題名で、即買い。


強く美しく健康だった先人たちの食の知恵。


と帯に書かれており、武士たちは、限られた食事から必要な栄養とエネルギーを効率よく摂っていた エッセンスがちりばめられたレシピ本。


・陰陽五行に基づいた「食べ方」

・必要なエネルギーと栄養素が取れる「食材」

・内側から体を整える「薬味」

・日本に昔から伝わる「調味料」


この4つを組み合わせ、無駄のない体をつくる28のご膳レシピ。


題名の「戦術アップご膳」とか「サムライ薬味ご膳」とか、そそられるタイトルが!

ほかにも、「大奥美肌ご膳」 とか 「正室美人ご膳」 とか。


ひとつ、ひとつのメニューはいたってシンプルで昔からあるものが多いんですが、これはやはり組み合わせて食べる妙かと。


そのうち、我が家の献立に 「殿様の陣中ご飯」 とか、出てくるかもしれません(笑)

忙しくとも、やはり、ちゃんと正しいものをしっかりと食べることが、一番の幸せ、楽しい、美しいへの道かも、と^^

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。