兵庫県 神戸市 の美容外科医 坂西寛信 若返り術・二重術・整鼻術・脂肪吸引・豊胸術・刺青(タトゥー)除去などが人気!

兵庫県 神戸市 の美容外科医 坂西寛信 若返り術・二重術・整鼻術・脂肪吸引・豊胸術・刺青(タトゥー)除去などが人気!ダウンタイムなし!腫れない!痛くない!なんて言うのは真っ赤な嘘!!甘い言葉に騙されないで、しっかりと効果的な方法を選んでくださいね☆


テーマ:

私 坂西は整形外科専門医です !!


現在、多くの専門医資格はあります。



そもそも専門医の定義とはなんでしょう はてなマーク


社団法人 日本専門医制評価・認定機構によれば


わが国では、医師国家試験に合格した医師は、自由に標榜科目を選ぶことができますが、日本専門医制評価・認定機構では、加盟している各学会と協調し、5年間以上の専門研修を受け、資格審査ならびに専門医試験に合格して、学会等によって認定された医師を専門医と定義しています。



注目すべき点は、専門医資格認定団体によって認められていることです。


日本専門医制評価・認定機構で認められている専門医  ←こちらをクリック




私の所属する日本整形外科学会では以下のように専門医を定義しています。


整形外科専門医は、あらゆる運動器に関する科学的知識と高い社会的倫理観を備え、さらに、進歩する医学の新しい知識と技術の修得に日々邁進し、運動器に関わる疾患の病態を正しく把握し、高い診療実践能力を有する医師である。


整形外科専門医とは    ←こちらをクリック



そして、専門医となるための道のりは長いのです。。。


整形外科専門医とは、大学医学部で6年間教育を受け卒業後、医師国家試験に合格し、さらに医師として6年間、主に整形外科を中心に研修を納め、専門医試験を受験し合格した医師です。 整形外科専門医試験を受ける資格は、日本整形外科学会の作成した研修ガイドラインに沿った研修、学会発表、論文発表などをクリアーして初めて得られます。




それでは、整形外科専門医であることが美容医療でどのように貢献できるのか?ということを考えてみましょう。


そもそも、整形外科の一般的なイメージを問うと


「大工のような手術が多く、大雑把な感じがする。」と言われることが多いです。


整形外科=外傷外科(骨折など) という感じでしょうか はてなマーク



実は、ちょっと違います


整形外科=運動器のプロ なのです。



運動器とは何か はてなマーク


運動器とは骨、関節、靭帯、筋肉、脊椎脊髄、手足の神経・血管をまとめたものです。


運動器とは人間の体そのものなのです。



実際、専門医を取得するためには全身すべてを網羅する必要があります。


そして、技術的な面では大工のようなダイナミックな手術のみならず、


顕微鏡を用いて神経や血管を縫うという繊細な手術まで行っています。


また、対象となる患者様は子供から青年、中高年、高齢者と多種多様です。


これほど広範囲に及ぶ知識や技術を持った専門医資格は他に無いと思います。



さて、本題に戻りますが、美容医療における整形外科専門医の役割についてです。


美容外科とは体表面の医療と思われがちですが、人間の体は運動器からできているのです。


整形外科専門医であるということは、人間の体全てを見て医療を行うことができるものと思います。


体の奥深くを知り尽くしているからこそ、安心・安全で効果的な美容施術が可能ではないでしょうか。



私は整形外科専門医であることに誇りと自信を持って日々の診療を行っております。


少しでも、私の知識と経験、技術が皆様のお役にたてることを心より願っております。






いいね!した人  |  リブログ(0)

SBC神戸院院長 坂西寛信さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります