グランバンと呼ばれるワインのことは以前もここに書いたと思います。

グランバンとは「偉大なワイン」を意味するフランス語で、

Grand」は偉大、「vin」はワインを意味します。

私は知識としてはグランバンのことを知っていましたが、

実際に飲んだことはありませんでした。

流石に数十万円するグランバンは購入できないので、

3000円ほどのものを探し、購入してみました。



グランバンには“セカンドラベル”と呼ばれる
一級品には届かないものの、味は一級品に及ぶものが存在します。
多くのグランバン愛好家も始めは
“セカンドラベル”から入り、
ワインの味や奥深さ
を知ってからグランバンを買うとのこと。


値段が安いので、味にはそこまで期待していなかったのですが、

これが結構美味しかったんです。

確かに高いグランバンの方が美味しいのかもしれませんが、

3000円程度のグランバンでも十分でした。


実際に飲んでみて、
この味なら2、3万は出してもいいかも
と思ったものでしたから。
値段は違っても
グランバンはグランバンだと
思えましたね。


味は好みによるものなので、

高いほうが美味しいと決めつけずに、

安くても自分に合ったグランバンを探してみるのも

いいかもしれませんね。





















AD