嗅覚障害に自然療法

テーマ:

青森のアロマとハーブと石けんの教室

工房さぢ です(^^)/

 

嗅覚障害になった時

一番効果を実感したのがクレイでした。

IMG_20170112_221608881.jpg

 

お医者さんに行く前から

鼻にクレイ湿布をしていて

呼吸が楽になることを感じていました。

 

薬を飲んで調子が悪くなったので

1日1回程度のクレイ湿布を

1日3〜4回に。

湿布をするのは、鼻の周りとおでこの辺り。

副鼻腔のところです。

 

湿布をしている時間は

鼻の通りがよくなって鼻呼吸ができます。

湿布をとって、しばらくすると

鼻づまりになって、また口呼吸しないと息ができない。

1日中クレイをしていたいくらいでした。

 

続けていると

少しずつ匂いが感じられるようになり

3、4日後には、ほぼ元通りになりました。

クレイってすごいです!!

 

アロマでもケアしました。

 

匂いがわからない間は

サードメディスンチェックはできません。

でも、ふだんの自分のマトリックス図が分かっているので

必要な精油をチョイスできました。

 

それをみぞおちに塗ると、

不安感がすーっと楽になりました。

匂いは感じないけど

成分は体に入るので、ちゃんと作用してくれます。

 

 

もちろんハーブも飲みました。

ローズヒップ、エキナセア、ペパーミント、カモミールなどなど。

ペパーミントの香りが分かった時は

ホッとしましたえーん

 

匂いを失う事が怖かった。

もともと鼻は調子を崩しやすい場所なので

ストレスやウィルスで一気にダメになっちゃった。

反省ショボーン

 

 

自然なものでケアできることを

試せたのは収穫でした。

いろいろなケアの手段をもっていることが

本当に大事だと実感。

 

お医者さんに頼りっきりではなく

セルフケアを取り入れながら

体と向き合うことをしていくことを広めたいです。

 

 

 

募集中の講座

【3/9開講】ハーバルセラピスト養成講座

【3/15開講】ジュニアソーパー養成講座

 

講座はリクエスト開催です。

ご希望の日時をお知らせください。

屋久杉蒸留会&屋久島精油でクリーム作り

ターシャのみつろうキャンドル作り

酒粕石けん作り

リキッドソープレッスン

はじめての石けん作り

ゆず石けん作り

 

 

 

アロマとハーブと石けんの教室
工房さぢ お申込み・お問い合わせ

お申込み・お問合せはこちら
→ メールはこちら sajisekken☆gmail.com(☆→@)
  090-5356-0339
  サイト  アロマとハーブと石けんの教室 工房さぢ
  
アロマとハーブと石けんの教室 工房さぢ 
AD