1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2007年09月11日(火) 01時05分12秒

自然と触れ合う

テーマ:サステナブル


shiga2




shiga



週末は、滋賀に住んでいる、前の会社の同期であり、

親友の家に遊びに行った。滋賀には、まだたくさんの

自然が残っていて、予想以上に素敵な街だった。



最近、環境教育っていうことで、環境問題に関しての

学問が増えている。それはとっても良いことだと思う。

ただ、ほんまに環境のことを理解するならまずは、

自然と触れ合うこと。



「~~が△△で○○だから、森を残そう!」



って感じで言葉で理解するよりも、



「目の前にある、この森を守ろう!」



って心で感じることの方が大切だ。



サーファーの中に、環境活動家が多いのと同じことやね。

自分達が海が好きだから、その海を守る活動をしている

っていう人がたくさんいる。



最近、自分自身環境の本ばっかリ読んで、理屈ばっかで

ちょっと頭でっかちになっていたような気がするぞ。

ちょっと反省。。。



環境問題は、頭で考えるのも大事だが、心で感じるのも大事。

2つのバランスを取りながら、あせらずゆっくりやっていこうと

改めて思った。



滋賀は琵琶湖だけじゃなく、それ以外にもたくさん自然が

残ってます。機会があればぜひ!



ではでは

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年07月22日(日) 20時08分21秒

3年目のap bank fes

テーマ:サステナブル

そろそろap bank fesの余韻もなくなってきた。

また次のfesまでの日常が始まる。そんな、

フラットになってきた今だからこそ、今年のfesを

一度振り返ろう。



今年で3回目のfes。

運良く1回目から参加できているので、今年で3年

連続の参加。



包み隠さずに自分が感じることを書くと、回数を重ねる

ごとに普通の音楽フェスに近づいてきている感はある。

好きだからこそ、きびしめに見てしまうところもあるけど。



ap bankという切り口でアプローチし、趣旨に賛同している

一部の人を集めるか、音楽という広い切り口でたくさんの人を

集め、ap bankやその他の環境の事を知らない人にも知って

もらうっていうやりかたがある中で、おそらく広くプロモーションを

していた2年目以降は後者で、1年目はap bankのHPくらいで

しかプロモしてなかったので、前者だろう。



こういったプロモーションの違いからだと思うが、参加してて

1年目は参加してて驚くくらい観客のマナーが良かったし、

ゴミ一つ落ちていなかった。



2年目以降、特に今年は顕著だったけど、列を乱す人がいたし、

ライブエリアが混んでるのにシートを必要以上に広げてる人も

たくさんいたし、ゴミも結構落ちていた。最終的にみんなが

拾うからゴミはなくなるのだけど、1年目はその拾うゴミさえ

なかった。



やはり広く人を集めるとこうなるっていうのが現状なんだろう。



だからと言って悲観的にはなっていない。

でも、こんなときだからこそap bank fesのようなイベントが

必要なのだとも思った。



これまで平気でゴミを捨ててた人が、もしかしたらこのこの

fesに来たことで、平気でゴミを捨てなくなったかもしれない。

これまで平気で環境のこととか全然考えてなかった人が、

fesに来たことで、少し環境のことを考えるかもしれない。



そんな人が年を追うごとにたくさん増えて、広くプロモーション

しても1年目の時のように、みんなが周りのことを考えながら

fesを楽しむっていう状況になるんだろう。



3回目にして改めて感じたのが、1年目のあの感じはap bankが

目指す理想の環境で、それは今はまだ当たり前の環境ではなく、

特別な環境だったんだと。



ちょっとずつの日常の積み重ねが大切なように、fesでも

1年1年の積み重ねが大切なんだろう。



来年も楽しみにしてます。

また行きます。ありがとう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年07月21日(土) 00時38分31秒

言いたいことは最後です。

テーマ:サステナブル

ちょっと時間空いたけど、まだまだap bank fesの

余韻モード。



今日はエコレゾノオトについて書こうと思う。



前回のブログにも書いたけれど、今年はエコレゾ

ノオトっていう企画のスタッフでfesに参加をした。



エコレゾノオトって何かというと、

ap bankが掲げているエコレゾっていうコンセプトを

応援するノオト。エコレゾっていうのは、気持ち良く

生きるってことを、押し付けがましくなく広げるって

いうこと。



ステージで歌うアーティストとそれを見に来る観客って

いうツナガリだけじゃなくて、それを見に来た観客同士の

ツナガリがあったらということで、企画されたのです。



内容は至ってシンプル。

会場でエコレゾノオトっていうノートを回して、それを受け取った

人が「fesの感想」や「自分が感じるエコ」や「次の人への質問」

などを書き込んで、書き終わったら近くにいる人にそれを回す。

ただそれだけ。



ノートを回すときに、「こんなノオトがあるみたいですよ」っていう

感じで話すきっかけになれば良いなということで、やっている。



実際にノートをいろいろな人に配って、そのノートをきっかけに

話している人たちを見るとなんかとっても幸せになった。

きっと自己満足な部分もたくさんあると思うけど(笑)

ノオトの企画メンバー数人は台風で中止が確定しているにも

関わらず、14日に静岡に入り16日までの時間を「あるのかなぁ?

ないのかなぁ?」などとソワソワしながら一緒に過ごした。



とっても不謹慎かもしれないっていうのを承知で書くけど、

僕はこの台風に感謝している部分がある。(もちろん、14日、

15日にしか来れなかった人は残念だと思うよ。)



なんで、そう思うかというと、この台風のおかげで、ノオトの

企画メンバーとゆっくり話すことができたし、僕個人としての

感想だが、一体感も芽生えたと思うから。特に僕は途中から

入ったので、ほとんどが1回くらいしか会っていない人ばかり

だったからなおさら。



この2日間があったからこそ、余計にまたこのメンバーで

やりたいなぁと思う。修学旅行の夜に急に仲良くなったり、

一体感が芽生えるあの感じかな。



結局、ここまでダラダラと書いたが、言いたかったのはこれで、

良くないことや嫌なことがあっても、見方によっては結構プラスに

感じれたりもするよねってことが言いたかったんです。

無理やりポジティブに考える必要はないと思うけど、感じ方の

ちょっとした工夫って結構大事やんねっていう結論です。

それはもちろん日常生活でも同じ。



というわけで、今読み返しても全然まとまっていない文だが、

このまま載せさせていただこうと思う。読み苦しいとは思うけど、

がんばって下さい。この文章を理解できたら大抵の文章は理解

できるようになるでしょう!(←感じ方の工夫♪)



というわけで、また来年も回すと思うので、fesでノオトを

見かけたら是非書いてみてくださいな。


3年目連続の参加で、fesに対して感じることとかもあるし。

次は、fes全体に対して書いてみようと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年07月18日(水) 01時12分52秒

心にポッカリ穴があく

テーマ:サステナブル

ap bank fes'07が終わってから一晩が経過した。
毎年のことだが、fesが終わった後は心に
ポッカリと穴があく。昨日の事なのに、遠い
昔のことのようだ。



空気が優しいって日本語は、ないかもしれない
んだけれど、ほんとにその表現がピッタリの
場所。



好きなアーティストの歌を聴きに来るというよりも、
アーティストだからとか、観客だから、スタッフ
だからといったくくりに関係なく、みんなで同じ想い
を共有するために集まっているような、ほんのりと
した会場全体の一体感。



やっぱり何度味わっても素敵だ。



これまでの2年間は観客という立場でap bank fes
に参加をしたが、今年はエコレゾノオトの運営
スタッフとして参加をした。



ライブレポートは公式サイトに上がるだろうし、
いろいろな人がブログなどでアップすると思うので、
僕はこのエコレゾノオトについて書いてみようと
思う。



遅いのでとりあえず今日はここまで、、、
続きはウェブで。



※嘘です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年07月17日(火) 01時19分19秒

ap bank fes'07

テーマ:サステナブル

この3日間更新していなかったのは、、、

何を隠そうap bank fes'07に向けて静岡に

行ってたから。



が、しかし、



本当は14日、15日、16日の3日間公演だった予定が、

マンニィの影響で、14日、15日は中止になっちゃたのです。

僕は3日間分のチケットを取っていたので、なんとか開催に

至った最終日には参加できたが、14日、15日しか取って

いなかった人のことを思うと残念でならない。



恐るべし自然の猛威台風



詳しくはまた明日以降に書きたいと思うが、今年も

とってもエコレゾな時間を過ごすことができた。

毎年言ってるが、いろいろなことに感謝をしたい気分。

アザーッス!



動き回って疲れたので、今日はすぐ寝よっとzzz

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年07月01日(日) 21時30分53秒

表現のくふう

テーマ:サステナブル

環境問題やらエネルギー問題やら、

世間には取り掛からないといかん問題ばかり。

そんなちょっと堅っ苦しくて、小難しいことを

工夫しながら表現してるサイトがある。



eco-reso web

http://www.apbank.jp/ecoreso/



ap bank fesで掲げているeco-resoというコンセプトを

表現したサイト。まだまだ情報量としては少ないけれど、

進もうとしている方向にめちゃくちゃ共感できる。



そもそもこのeco-resoってほんとに素敵なコンセプト

だと思う。もう少しeco-resoの意味を詳しく説明すると、



人が日常でふと思うエコ意識、言ってみれば「気持ちよく、

よく生きる」という意識をどんどん共鳴・共振させて広げて

いこうという思いとか活動のことを指します。


しかめっ面にならない、押し付けがましくならない、優等生にならない。


もっと、人間であることに無理なく素直でポジティブなエコ意識。
そういう意識こそ、ずっとその人の中でつづけていける、そして

その人の周りの人たちにも広がっていけるものだと思うのです。

(HPより抜粋)



という意味。

とくに、「しかめっ面にならない、押し付けがましくならない、優等生に

ならない」っていう部分がGOOD!こういうスタンスが大切だと思う。



そして、それをfesやこのサイトで実際に表現に繋げている

ところは尊敬に値する。小林武史のこういう血に足付いた行動は

素晴らしいね。



いつかこういう方面に行きたいなと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年06月27日(水) 01時19分01秒

もうすぐap bank fes♪

テーマ:サステナブル

いよいよ、ap bank fes'07が始まるぞ~



http://www.apbank-ecoreso.jp/



今年で3回目となるイベントなのだが、

1回目からこのイベントの大ファンだ。

音楽とエコと自然がバッチリ融合したとっても

平和なところなのです。



05'は1日だけ参加

06'は2日間参加



そして、07'こそ3日間参加したいなと思い、いろいろな

友人にチケットを頼みこみ、なんと今日3日分一気に

当たりました~♪イェイ!



これから一般発売があるみたいなので、もし興味が

ある方は是非、参加してみて下さいな。

きっと損はしないと思うよ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年04月22日(日) 06時20分33秒

coccoからのメッセージ

テーマ:サステナブル

中途半端に寝てしまい、ネットサーフィンをして

いたら、ズドンときて、泣いてしまった。



ほんとに素敵なメッセージだと思います。

まだ見たこと無い方は是非。



coccoからのメッセージ①

http://www.youtube.com/watch?v=xAsfuji-gSE



coccoからのメッセージ②

http://www.youtube.com/watch?v=3agpQJ-NZ-4&mode=related&search =



素晴らしい。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年04月22日(日) 04時17分06秒

アースデイ2007に行ってきました♪

テーマ:サステナブル

今日はアースデイ東京2007



イーココロ! がブースを出すということで、
そのお手伝いをさせていただいた。



無農薬野菜、エコショップ、NPO、NGO、
エコ貯金、フェアトレードなど、いろいろな
ブースが出ていて、やはりテンションが
上がる。



参加し始めて今年で3年目だが、
毎年アースデイでエネルギーが充電される。
ほんとに良いイベントだと思います。



去年と違ったのは、参加者に自分の知り合いや
一度話したことがある人が増えたってとこ。



イーココロ!はもちろん、kurkku の仲良しの
シェフやスタッフの方もいたし、NHKのプロデュー
サーもカメラマンのもいたし、この前一緒に花見した
シブハナ のみなさんもいた。偶然何人かの友達とも
会った。



なんか、同じような意識を持った人たちってやっぱり
同じような場所に集まるんだなぁと実感。



明日も行って来ます♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年04月20日(金) 08時34分30秒

「選んで買う」ってことについて

テーマ:サステナブル

前、kurkkuのワークショップに行ったので、
整理とメモがてら内容を書いておこう。


選んで買うというテーマの内容で、今回は
その中でも、「物を選ぶ」という内容の
ワークショップ。

グリーン購入ネットワーク(http://www.gpn.jp/ )

の佐藤博之さんが講師で、グリーン購入に関して
いろいろお話して下さった。


ちなみにグリーン購入というのは、
「購入の必要性を十分に考慮し、品質や価格
だけでなく環境の事を考え、環境負荷ができる
だけ小さい製品やサービスを、環境負荷の低減に
努める事業者から優先して購入すること(GPN
のHPより)」


その取り決めを行ったり、データベースを作ったりして、
グリーン購入を広めていく取り組みをしているのが
グリーン購入ネットワーク(GPN)だ。


もともとグリーン購入自体は知っていて、HPも見た
ことがあったので、結構面白い内容だった。


いくつか紹介。


物を選ぶときにどういう基準で選ぶかを教わった。


①必要かどうかを今一度判断する。

日本を含めた先進国は、世界のほとんどの物や
エネルギーを消費している。だいたいだが世界の2割の
先進国の人が、世界の8割のエネルギーや資源を消費
してるそうだ。

よく聞く話だが、年収が600万円ぐらいあれば、
世界の上位1%くらいに入れるらしい。そういう意味
では、日本は半分弱くらいがこの1%くらいに入る。

物がそんなになくても、ある程度は大丈夫で、物を
買ったり、捨てたりすることで自分の目では見えない
ところに負荷がかかっているということを認識する
必要があるね。


②必要な場合は、長期的な視点で選ぶ

安いものをとっかえひっかえ買うよりも、少々高くても
長く使う方が、財布にも心にも優しいっていう話。

例えば、オブジェと言うシリーズの食器を売っている
宮崎製作所と言う会社がある。

宮崎製作所
http://www.miyazaki-ss.co.jp/index.html

この会社でつくる食器の特徴は、とにかく長く使える所。
最初は割と高価な値段がするそうだが、めちゃくちゃ長く
使える。保障期間も最低でも5年、長かったら15年も
ある。部品の交換も磨きなおしに関しては、安くやって
もらえる。

これは凄い。さらに、HPを見れば分かるが、実は一言
たりともエコを謳っていないのが分かる。それでいて、
指示され続ける宮崎製作所。凄いの一言だ。何十年も
使えるこの鍋の方が、実は財布に優しかったりもする。

こうやって、無理せず、気持ち良く、長く使えるものを
選ぶのも大切っていう話。


③エコリュックサックを見て商品を選ぶ

エコリュックサックとは、商品が作られるまでの間で、
与えてしまう環境負荷のこと。

例えば、エコロジーなテレビがあるとして、
そのテレビは消費電力も少なく環境に優しいと謳われて
いる。けれど、そのテレビを売るまでには、希少金属、
プラスチック、鉄、ビニール、ガラスなどが必要で、
それらを生成、発掘するまでにまた二酸化炭素を排出し、
さらにはその輸送で石油を使うという感じで、見えない
ところで、環境には負荷を与えている。

表面的な部分だけでなく、見えないエコリュックサックの
部分を見て商品を選ぶのも一つの方法だ。GNPがデータ
ベースをまとめて、エコリュックサックを比較できる
ようにしているが、正直使いづらいので、これがもう
ちょっと使いやすくなれば良さそうだ。リニューアルに期待。

ちょっとビックリしたのは、銅1Kg、プラスチック
1Kg、牛肉1Kgを消費するに当たって一番二酸化炭素を
出しているのは、実は牛肉1Kgだそうだ。しかも、それぞれ
の排出量で見ても銅は2Kg、プラスチック1.5Kg、

牛肉36.4Kgとダントツで多い。

輸送や飼料生産、糞尿処理、蓄体(ゲップ)などでかなり
二酸化炭素を出すらしく、特に蓄体(ゲップ)は20Kg
ぐらい出すらしい。

一見分からないねぇ。

食べ物に関しても、旬の食べ物を食べる方が圧倒的に
環境負荷は少ないんだって。旬の食べ物は、その時々の自然の
力を借りて作物を作る。もちろん環境負荷はゼロ。その分、
食べれる季節が限られる。

ハウス栽培などで育つ植物は、年中暖房などをつける必要が
あるので、普通に育てるよりも7~10倍くらい環境負荷が
かかるんだって。けれど、年中食べることができる。

ま、どれくらい食べたいかとのバランスだとは思うんだけど、
なるべく旬の食べ物を食べた方が良いね。その方が、
「あっ、春だからイチゴやなぁ」とか「そろそろ冬やし茄子
食べれるなぁ」って思える。

食べたいものをいつでも食べれるっていう裕福さよりも、
食べたいものを、食べたい時期が来たから食べるっていう方が
心が豊かかもしれない。

旬の食べ物を知りたい方はコチラをどうぞ
http://health-info.jp/nutrition/kondate/shun/


と、こんな感じでいろいろお話してくださった。


印象的だったのは、グリーン購入の話の内容はもちろん

だけど、それよりもグリーン購入って別に我慢してやる

ことではなく、楽しんでやるものなんだなぁと感じたことだ。

こういう取り組みは、続かないと意味がないからね。


良い勉強になりました。
次回も是非参加したいと思う。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

募金サイト イーココロ!
[PR]ストラップ専門店ストラップヤ

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。