2012年09月16日(日) 22時00分41秒

寄席と小説

テーマ:笑い
めちゃ久々にブログを更新してみる。


昨日、生まれて初めて見た「寄席」。


思ってた以上に落語が面白くてびっくりした。
現代落語、古典落語など種類はあるようだが、
落語家さんが大体前置きで


「落語にはよく○○という人物が登場しますが~」


など、前置きを話してくれるため話迷子にならずに
聞くことができるので、大体理解できた。
たま~に分からんオチがあったりしたけどもね。


声や表情や動作や音を駆使して複数で役をやって
客を笑わせるっていうのは、率直にすごい技術やなぁと
感心しながら聞き入った。そして、笑った。


話を何個か聞いてる途中でふと気付いたのが、
結局のところ、落語も笑いの構成はボケとツッコミで
できているということ。


大体の話に、ちょっとおバカな登場人物があらわれて、
小ボケをかまして他のまじめな登場人物が訂正(ツッコム)
という構成になっている。


ただ、漫才やコントのように目の前の光景に笑うのではなく、
落語家さんの話から連想する頭の中の光景で笑うって感じ。


これは小説と映画との違いとも似ている。


小説家の書く台詞や情景説明はあるものの、ある程度の
ところからは見る側の想像力に委ねる小説。監督の頭に描く
世界をしっかりと演者や風景などではっきりと描く映画。


うん、これは結構的を得てるような気がする。


だとすると、小説の映画化やその逆があるように、


米朝師匠の「地獄八景亡者之戯」をコントや漫才でやったり、
笑い飯の「鳥人」を落語で話したりするのも意外といけるん
じゃなかろうか。


と、思いを寄せ(寄席)てみた。


チャンチャン
AD
いいね!した人  |  コメント(27)  |  リブログ(0)
2007年12月24日(月) 12時33分06秒

M-1グランプリ2007 ※ネタバレ注意

テーマ:笑い

12月23日クリスマスイブ前夜。
とうとうM-1グランプリが終わった。



去年のチュートリアルやおととしのブラマヨ
みたいに、飛びぬけたネタはなかったけど、
ネタの平均点は例年と比べて高いと思う。
ネタを見た上での順位は、今年は妥当やったね。



結局、敗者復活組のサンドウィッチマンが優勝!
敗者復活組が優勝すると予想はしてたけど、
まさかサンドウィッチマンが優勝するとは思って
なかったからビックリ。



でも、ネタはおもろかった。
上位3コンビの決戦になったときに、まさかおもろい
ネタ2つは持ってないやろうって思ったけど、
結局最後まで期待を裏切っておもろかった。



3コンビの残りの2組の、トータルテンボスと
キングコングやけど、個人的にこの2組ともあんまり
好きじゃなかったんだけど、ネタはやっぱり
おもろかったな。2組とも練習してるんやなぁって
いうのが良くわかってちょっと好きになった。



注目してたポイズンはやっぱり島根と鳥取のネタを
持ってきたが、シュールすぎて一般ウケはしなかった。
M-1の結果はアカンかったけど、評価を上げたネタだと思う。
準決勝のときのようなキレがなかったのがちょっと残念。



ただ、この日一番おもろかったのは、
ハリセンボンのネタの後に、上沼恵美子のコメントで、
「女同士のコンビは、どっちかが恋するとおもろくなくなる」
って言ったときの、はるかの微妙な顔が一番おもろかった。



だれか、youtubeであげてくれへんかなぁ。



書けばキリがないので、このくらいでやめときます。



というわけで、まとめると
僕の中での裏優勝はハリセンボンはるかです(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年10月04日(木) 23時36分05秒

あのバンドが解散!

テーマ:笑い

つ、つ、ついに!

あのバンドがついに解散!



「雷波少年」で大ブレイク、Something ELseが解散!

http://www.oricon.co.jp/news/music/30314



・・・



・・・


・・・


いや、まだ解散してなかったことに逆にビックリやわっ!




すいません。

今日はネタです。



明日は毎年恒例の植林現地視察なので、

朝早くから山に登ってきます!

ではでは

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年06月10日(日) 08時09分59秒

三回目

テーマ:笑い
昨日、友達の付き添いで3回目に行ってきましたよ。大日本人の。


さすがに、一週間の間に3回目となると笑いを拾い尽くした感があり、大爆笑はなかった。


そのぶん、まわりの観客観察ができた。「あっ、前のあの笑い声の人、ここで笑うんや。じゃああっこでも笑いそうやな。」とか「隣の人、笑うポイント的にごっつ好きやな。」って感じでまた違った視点で映画を見た。案の定、隣の人は見おわった後、「これ、ごっつじゃん!」ってゆってたのはおもろかった。


ごっつだけやないねんけどなぁと思ったが、まぁよし。


隠し絵的に、いろいろ小ネタがあるんやけどなぁ。それが一番おもろいんやけどなぁ。


一緒に行ったツレも、終わった後、「笑うとこどこ?」って感じだったので、自分で理解してる範囲で説明してあげると、「そんなとこあったんや。そらおもろい。」「その見かたなら確かにいいな。もう一度くらい見てもえうかも」ってなっていた。


ここからは、ちょっとネタバレなので見てない人は読まない方が良いよ。


板尾さんが出てくる部分や、最後のかけあいのごっつ的な部分はわかりやすいので置いといて、その他の部分でおもろいなぁと思うとこを書こう。


まず、インタビュアーのちょっと失礼な感じとか絶妙。おとんの死に方をあっけらかんと言う部分とか、タメ口になったりしてるとか、おじいちゃんのことをボケてるってゆうてもうてるとか、もうね、あんなん見てる側は「なんでやねへん」ですよ。そんなインタビューのされからが似合う大佐藤が悲しおもろい感じで。あれはおもろいかったなぁ。


まだまだありますよ。


電変場のおっさんたち。あんなん完全にアドリブで答えとるからね。突然の質問に必死に答えようとしてるおっさんの姿。あげくのはてに、「変身なんてどこでもできる」ってゆーてもうてるとことか、働くおっさん劇場を彷彿させるあの感じ。後ろでスタッフが笑い堪えてるのまで想像してまう。


あと、あんだけ電気をかけられてるのに家に「エレガード」置いてるとか。何を静電気びびっとんねん!と。


細かい部分やと、「大きい電気流すとさらに大きくなるか?」と書かれて、食い気味で「ならないよ」って答えるタイミングとか、インタビュアーが「子供におとうさんほしい?」って聞いたときまた食い気味で「どっちでもいい」って答えるタイミング。子供にはスタッフが指導してるんやろうけど、間がバッチリ。


壁の落書きもは好きだ。個人的には「大は小を兼ねない」とか書かれて、プチおもろかった。


あと笑いとは少し違うが、日本とアメリカの関係や視聴率市場主義、家庭崩壊とかを皮肉って表現してるのもなかなか見所だと思う。

ヤフーのレビューなどで、まっちゃんには浜ちゃんが必要だとか書いてる人も結構いるけど、浜ちゃんが必要なのは、まっちゃんではなく、あんたらや、と思ったりする。


僕も見れてないとこまだまだあると思うから偉そうなこと言えないが、批判する人は、全部を感じた上で批判すべきだ。というより、そうなると批判とゆうよりは、好き嫌いとか壺の違いの話しなだけだと思うけどね。


壺が違うという批評は良いと思うが、おもろないという批判はナンセンスだ。


ナンセンスなんじゃー!!(ごっつええ感じ しょうた 板尾風)


おしまい
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年06月08日(金) 09時49分17秒

創造力と想像力

テーマ:笑い
大日本人や放送室の影響で、最近はもっぱら
お笑いモード。エコレゾ的なテーマはブログでは
しばらくお休みです(笑)


来月はap bank fesがあるので、その付近に
なったらエコレゾモードのテーマばっかりに
なると思います。


影響受けやすいタイプです。
誉めたら伸びるタイプです。
だから、優しくして下さい。はい。
(意味分からん)


今日は、最近感じることについて。
もちろん、「笑い」がテーマ。


笑いは創造力と想像力が大事ということについて。


最近、聞いた過去の放送室(第262回)で話題になっていた
のだが、飛脚についてまっちゃんと高須さんが話している
くだりがあった。


飛脚って、江戸時代くらいに手紙とかを運ぶおっさんのことね。
あの、佐川急便のトラックに描かれてるふんどしのおっさん。


タイムマシーンに乗って飛脚を見てみたいというところから
始まり、そこから二人でどんどん話をふくらまして、
ただただ飛脚について10分くらい語っている場面があった。


やれ、飛脚同士が信号待ちで隣同士になったら微妙やなぁとか、
やれ、財布落としたりしたらへこむなぁとか、
やれ、財布を落とさんように首から財布をかけてても、だんごを
食べたときにテーブルに置いてもうて、気付いたときにはだいぶ
進んでるんちゃうかとか、
やれ、ちょっとでも歩いてたら「私、あの人歩いてるとこ見ましてん」
って言われて、打ち首にされるんちゃうかとか、
やれ、雨とか雪の日には、スベッてズルーッってなってまうとか、
やれ、そのズルーッってなってるところをまた「私、あの人ズルーッ
ってなってるとこ見ましてん」って言われるんちゃうかとか、


話が脹らむ脹らむ。活字だとなかなか伝わらないけど、
かぶせてかぶせて、突っ込んで、乗って、乗ってって感じで、
おもろいなぁと。


こうやってコントできるんやろうな。
なんか、この話を元に、板尾さんとかまっちゃんで「飛脚」っていう
コントできそうやし。


たわいのない話題を、こうやって話だけでおもろい話題に変えて
いくのって凄いなと。これって、でも何がおもろいって、話す感じも
そうやけど、そのシチュエーションを想像したときにおもろい。


一人ごっつの「写真で一言」に近いおもろしろさ。


やっぱり笑いは想像力やなぁと思った。


想像力があるかないかで、日常のおもしろさは変わる。
日常がよりおもしろくなるように、これからも想像していこう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年06月06日(水) 01時07分44秒

2回目

テーマ:笑い

今日は予告どおり早めに仕事を切り上げ、

2回目の大日本人を見た。



ネタフリ・・・ドカン!



っていう笑いどころには、さすがにおもろく

なかったけど、その分、シュールで小ネタ的な

部分や間をゆったり堪能できた。



1回目とはまた違った意味でおもろかった。



2回見て改めて思うが、ごっつ好きなら60%

くらい笑えて、さらに働くおっさん劇場好きなら

残り40%笑えるって感じだ。



2回目は完全に、働くおっさん劇場的な部分が

おもろかった。きっとあれは何べん見てもおもろい。

あー、誰かと語りたい。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年06月05日(火) 01時42分36秒

スルメみたいな映画

テーマ:笑い

やばい。



突然だが、何がやばいかと言うと、
大日本人をまた見たくてたまらない。



実は、大阪から帰ってきた後にも渋谷に足を
運んだのだが、満席で入れなかった。
その時は、なんとか我慢できたが、日が経つに
つれて、見たさがドンドン大きくなってきている。



あのシーンのあれが見たい。
あのシーンの背景にあったあれが見たい。
あの絶妙な間をもう一度感じたい。



という具合で、思い出せば出すほどまた見たくなる。
こんな思い出し笑い的な面白さを提供できる映画
なんて聞いたことがない。おそるべし松本人志。



ミクシィの感想トピックスでも誰かが「スルメみたいな
映画」という表現をしていたが、なかなか的確な
表現だ。噛めば噛むほど味が出る。



明日、仕事を早く終えて見に行こう。



あ、でもこんなに嵌る人ほんまにいないと思うので、
まだ見てない人は、そんなに期待しないほうがよいと
思います。



最近のお笑いブーム的な笑いが好きな人や、
カンヌに行った映画から見とこ、って人には、たぶん
おもろないと思うので、それは付け加えときます。



実際に、ミクシィの松本人志コミュニティでの感想と

yahoo映画の感想では天と地の差がある。

それもまた良し。



ミクシィの感想

http://mixi.jp/view_bbs.pl?page=28&comm_id=4025&id=3865843



yahoo映画の感想

http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id327082/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年06月03日(日) 04時10分49秒

カンヌで途中退室したフランス人は損をしている。※ネタバレなし

テーマ:笑い

大日本人を公開初日の朝に見に行った♪



ネタバレしないように、内容は書きませんが、
もうね。個人的にはめちゃめちゃおもろかった。
こんな笑いを見れて俺は幸せやなと。



料理にたとえると、しょうもない前菜もあり、
中途半端においしい春巻きとか、シュウマイとか
もあり、ステーキや焼き魚的なメインディッシュも
あり、それでいてコース料理としてまとまっている。
そして、そのコース料理を出している店の客は
めちゃ少なく、終始哀愁が漂っている。て感じ。



うん、例えて余計わかりにくくなった。



これまでのまっちゃん作品でいうと「正義の見方」
「とかげのおっさん」「働くおっさん劇場」の3つを
足して3で割った感じかな。


まぁそれぐらいおもしろかったということだ。


ただ、それこそ日本人全員に受ける作品ではないことも
よくわかる。


突っ込みがない笑いが理解できない人にとっては、
正直きついと思う。自分の頭の中で突っ込む必要が
あるので、その突っ込みどころに気付くか気付か
ないかは、笑えるか笑えないかに大きく影響する
と思う。


パンフレットでも書いていたが、笑いの情報量が多すぎて
1度に理解できず、だからこそ何回も見たくなる映画だと
書いている。


まさにその通り。
自分はあと4回は見に行こうと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年05月19日(土) 08時56分26秒

ごっつええデスノート

テーマ:笑い

やばい。



これはおもしろい。



作った人センスあるねぇ。



もとのコントを知ってるから余計におもろい。



見る価値あり。



ごっつええデスノート死

http://www.youtube.com/watch?v=25D2XwsnSxQ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年03月29日(木) 08時11分13秒

すべらない話第9段

テーマ:笑い
ショック!
火曜日の夜、すべらない話第9段があるのを
忘れていて、半分くらい見逃してしまった。
三度の飯より、お笑い好きの自分としては
なんとも不甲斐ない。


今回は、レギュラーのまっちゃん、千原ジュニア、
宮川大輔に加え、キンコン西野、よゐこ有野、
ブラマヨ吉田、アンタッチャブル山崎というキャスト。


ケンコバ、次長課長河本、ほっしゃんがいないと
いうことで、微妙なキャストではあったのだが、
それでもちゃんと全部見たかった~。


半分くらいしか見てないのだが、やはり千原ジュニア、
宮川大輔は圧巻。もうね、格が違う。特に千原ジュニアの
トークは芸術だ。話のテンポといい、内容といい、全く
無駄がない。


漫談だけで比較するとまっちゃんよりおもろいと思う。


あー、最初から録画した人貸して下さいな。。。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

募金サイト イーココロ!
[PR]ストラップ専門店ストラップヤ

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。