2015年05月27日(水) 01時08分54秒

おもしろ広報、三芳市

テーマ:仕事
世の中には様々な"みよし"が存在します。


人の名前、地名、お店の名前、、、などなど。
今日はその中の、埼玉県入間郡三芳町について書いてみる。


みよし市といえば、、、


・関東で車乗る人ならPAエリア聞いたことあるかも
・駅で言うと「ふじみの駅」らへん
・人口38,000人 全国町人口ランキング25位
 ちなみに市町村でこの人口だと650位/813中


という、ここまでの情報だけ見ると微妙な町なのですが、
実は、、、


・「全国広報コンクール」最高賞である内閣総理大臣賞


を受賞してる、知る人ぞ知る町のようです。


その秘密は、AR(オーグメンテッド・リアリティ、拡張現実)技術を
広報誌に導入してるらしい!


AR自体は知ってる人も多いと思うけど、実際に動画で見てみると
意外と凄いなと思うかも。





ね、意外と表現力侮れないでしょ?


実は一番の驚きは、印刷以外は市の職員一人が担当しているってとこ。
きっと趣味と実務が完全にリンクしたんでしょうね。
このクオリティならプロになれるんじゃないかとすら思ってしまいます。


じゃあ自社に視野を広げてできることを考えてみると


◆メリット
・カタログでの表現力UP
・名刺で何か面白いことができるかも
・自社アプリと組み合わせれば、DL促進になるかも
・新卒採用の会社説明会資料にも使えるかも


◆その弊害、デメリット
 ・技術導入のコスト
 ・コンテンツ制作のコスト、難易度


って感じですかね。


いずれにしも、AR自体知ってるようで知ってなかったので、
これを知ったことをきっかけに少し視野を広げてみるのもありかも。
って思った夜でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015年04月30日(木) 00時08分06秒

一歩踏み出せば日常は冒険となる。それが人生。

テーマ:トップページ
DVDで「LIFE!」を見た。


LIFE!/ライフ [DVD]/ベン・スティラー,クリステン・ウィグ,シャーリー・マクレーン

¥3,590
Amazon.co.jp


めちゃくちゃ良い映画だった。


有名な写真雑誌「LIFE」の写真管理室で働く、冴えない主人公。
休刊前の最終号の表紙を飾るはずのネガが見当たらず、そのネガを
探しに行くことがきっかけで、何故か日常からかけ離れた冒険へと
出ることになる。


その冒険を通して、冴えなかったはずの主人公が、自信に満ち溢れ
たくましく変わっていく。もちろん、映画だから話は出来過ぎてるし、
うまく行き過ぎな部分もあるけど、そんな小さいところは気にしない。


あと、「LIFE!」という写真雑誌を扱う映画だけに、とにかく絵が綺麗。
どこを切っても絵になる。見始めてすぐに映像のとりこになった。
物語後半のアイスランドの大自然、広大な海、壮大なヒマラヤ山脈
などの映像も圧巻。自然という被写体を贅沢に使い迫力満点だった。


「一歩踏み出せば、日常は冒険となる。それが人生。」


見終わった後に、そんな気持ちになって、スカッとした。
そして、無性に海外旅行に行きたくなった。どっか行こうかな。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015年04月22日(水) 00時33分41秒

まるでタイムマシンみたい

テーマ:日記
久々にブログを書き始めてるってことで、
何気なく、過去の自分の書いた記事に目を通してみる。


書き始めたのが2004年からやから、かれこれ10年近く経つけども、
今見ると中々ええこと書いてるやんって思う。これぞ自画自賛(笑)
決して文章が読みやすいとかじゃないけど、その時の気持ちに素直に、
ありのままを綴ってるように感じる。一生懸命生きてる感じがする。


今の自分は、当時のように全身をアンテナにして感じれてるのか?
いや、当時ほどは感じることができてない気がする。
これも歳のせいだろうか。


不思議な感覚やけど、数年前に自分が書いた内容に今の自分が
励まされてる部分がある。他人に言われてるようで、
そうではない変な気持ち。で、何故か感動もしてる。


もしかしたら、未来の自分に向けて書いてたのかと思うくらい。
タイムマシンみたいや。


やはり自分の気持ちをブログでも何でも、記録するのは大切やな。
数年後に自分のブログを読み返した時に、あの時一生懸命に生きてたな
って思えるように、これからも生き、そしてできるだけ書き綴って
おきたいと思う。


過去の自分、ありがとさん。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年04月21日(火) 00時22分15秒

いろいろな生き方

テーマ:生き方
久々にFacebookをちゃんと見た。


いろんな人の、いろいろな生き方がある事に驚いた。


・数年間住んでたサイパンから帰国して、またハワイに行こうとしてる人
・世界中を点々と移り住んでて、今はハワイに住んでる人
・急に山奥のペンションの女将になった人
・書道家としてコトバを書き綴ることをライフワークとしている人
・世界を飛び回るバイクレーサー
・ツアーコーディネーターとしてフリーランスで活躍する人
・独立して自分の事務所で楽しそうにしている人
・映像クリエイターとしてフリーになり頑張ってる人
・役者として夢を追いかけてる人
・画家として活躍する人


自分の狭いネットワークの中でも、こんなに生き方がある。
なら、世界中にはどんな生き方が存在してるのだろうか。
何が普通で、何が普通じゃないか、もはやわからない。


きっとみんなそれぞれのフィールドで幸せを感じ、苦労も感じてる(だろう)。
人生ってそんなもんだと思う。何が良いか、何が悪いかなんかわかない。
少なくとも自分以外には。


自分の選んだ道を正解にするためだけにひたすら走るのみだと思う。
さて、自分はどんな生き方していこうか。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015年04月18日(土) 20時53分41秒

自分の力で生きていけるか?

テーマ:トップページ
超絶久しぶりにブログを書く。
数年ぶり。


なぜ急に思い立ったかというと、インプットとアウトプットの
バランスを保ちたいと感じたから。数年前にブログを定期的に
更新していた時は、良いアウトプットの場になっていて、
自分の考えが整理できていた。


けれど、最近はインプットしてばかりで中々アウトプットする
機会がそれほど無い。仕事などでもちろんアウトプットしているが、
そういう場面がしょっちゅうあるわけではないので、どうしても
アウトプットの量が少なくなる。


ということをなぜか急に思い立ち、久々にブログをまた始めたいと思う。


久々のネタはこれ↓↓


近畿大学の卒業式で、堀江貴文氏が卒業生に贈ったメッセージが素晴らしいと話題に
http://spotlight-media.jp/article/136496300602304813


まさに卒業生に贈る言葉。素晴らしいメッセージだ。


冒頭で、情報をインプットし、ブログ、SNS、Twitterでその情報を
アウトプットした方が良いって出てきてるけど、自分はそれに影響を
受けて書き始めたわけじゃありません。


いえ、、、うそです。影響を受けました(笑)


とにかく素晴らしいメッセージ。
敷かれたレールの無い、競争が激化する厳しい世界に突入すると
連呼されているが、これは全然間違っていない。気を抜いていると、
企業も個人も取り残される時代にあると最近良く感じる。


自分は、今の会社から急に世界に放り出されても、
自分の力で食いつないでいける力があるのか?
間違いなく必要になのは、


・英語力
・何かしらの専門能力


この2つ。


うーん、残念ながら今の自分には2つとも足りないな。


営業、人事、システム、マーケティングなど幅広い経験を積んでは
来たけれど、何が専門かと聞かれればどれとも言い切れない。
というわけで、そろそろ専門領域を決めて、その分野で突き進んで
いきたいと思う。


よし、動けば変わるっ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年09月16日(日) 22時00分41秒

寄席と小説

テーマ:笑い
めちゃ久々にブログを更新してみる。


昨日、生まれて初めて見た「寄席」。


思ってた以上に落語が面白くてびっくりした。
現代落語、古典落語など種類はあるようだが、
落語家さんが大体前置きで


「落語にはよく○○という人物が登場しますが~」


など、前置きを話してくれるため話迷子にならずに
聞くことができるので、大体理解できた。
たま~に分からんオチがあったりしたけどもね。


声や表情や動作や音を駆使して複数で役をやって
客を笑わせるっていうのは、率直にすごい技術やなぁと
感心しながら聞き入った。そして、笑った。


話を何個か聞いてる途中でふと気付いたのが、
結局のところ、落語も笑いの構成はボケとツッコミで
できているということ。


大体の話に、ちょっとおバカな登場人物があらわれて、
小ボケをかまして他のまじめな登場人物が訂正(ツッコム)
という構成になっている。


ただ、漫才やコントのように目の前の光景に笑うのではなく、
落語家さんの話から連想する頭の中の光景で笑うって感じ。


これは小説と映画との違いとも似ている。


小説家の書く台詞や情景説明はあるものの、ある程度の
ところからは見る側の想像力に委ねる小説。監督の頭に描く
世界をしっかりと演者や風景などではっきりと描く映画。


うん、これは結構的を得てるような気がする。


だとすると、小説の映画化やその逆があるように、


米朝師匠の「地獄八景亡者之戯」をコントや漫才でやったり、
笑い飯の「鳥人」を落語で話したりするのも意外といけるん
じゃなかろうか。


と、思いを寄せ(寄席)てみた。


チャンチャン
いいね!した人  |  コメント(27)  |  リブログ(0)
2012年01月29日(日) 11時23分23秒

一人ひとりのリーダーシップ

テーマ:日記

3月11日から10ヶ月経過した。
震災直後からgoogleが震災支援サービスを次々に
オープンしていったのは、1年近く経過した今でも
記憶に残っている。



こんなスピードで次々とサービスを展開するなんて、
いったいgoogle社内ではどんな統制が取られてるんやろ?
凄いリーダーシップを取れる人がいるんやろか?
と単純に疑問に感じたことを覚えている。



けど、震災に携わったgoogleの川島さんの講演を聞き、
一人のリーダーシップではないことが分かった。世界中の
一人ひとりがリーダーとなり、信頼し合って、同時並行で
プロジェクトが立ち上がっていったらしい。



上司に指示されたり、指示を受けることもなかったらしい。



googleのその動きは、社員の理想の動き方だと思う。
けど、「言うは易し、行うは難し」で難易度は凄く高い。
一人ひとりのリーダーシップ、調整能力、判断力などが
相当に高くないと実現できないだろう。



誰か特定の人が引っ張るのではなく、全員で一枚岩となり
共通のゴールへ進んでいく。それぞれ受身ではなく自発。



うん、正直うらやましい。



今手がけているプロジェクトもあと残すところ約1年半。
ようやく3/4が終了した。今のところ規模の割りにうまく
進んでいると思う。ただ、googleと比較するのは恐れ多いが、
やはり一部のメンバーが引っ張っている間は否めない。



残り1年半の裏目標として、いかに多くのメンバーに
自発的な意識を持ってもらえるかを掲げてみようとふと思った。
そうなればもっと楽しいやろうな。



がんばろうと思う。



Google川島さんの講演動画はコチラです。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=9xyZ8U4bkIs


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年09月20日(火) 23時29分33秒

現代版花咲か爺さん

テーマ:日記

久々に仕事が早く終わって、
家でのーんびりゴールデンのテレビを観賞。



岡村さんとさんまちゃんのテレビを何気なく見てたんやけど、
久しぶりにテレビ見てわろた。やっぱさんまさん天才や。
ゲストが入れ替わるんやけど、誰が来ても笑いをかっさらう
かっさらう。



たけしさんとのビッグ2のツーショットは圧巻でございました。



おもろいなーと思いながらふと気付いた。



街でさんまちゃんやらを見かけるだけで、ほとんどの一般人は
きっと自然に笑みになる。さんまちゃんみたいなキャラやと
ビクビクせんでええからきっとみんな笑顔になるよね。



自分が歩くとこ、歩くところで、ほとんどの人を笑顔にできるって
実はめっちゃ凄いことなんやないかと思ってきた。
自分も幸せやし、他人も幸せ。



これぞ現代版花咲か爺さんやね。



未来の大人が未来の子供にさんまちゃんの話を
昔話で読み聞かせてるのもまんざらではないね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年09月16日(金) 00時42分25秒

充実した30代を過ごすために

テーマ:日記

※久々に開いたらなんかタイトルがしっくりこんから、
 またまた変更しました。しばらくは試行錯誤かな。



最近なんだかFacebookの居心地が悪い。



きっと会社の人が増えたやろなー。別にいいんやけど、
なんか日常をさらけ出したり、同僚のプライベートな情報が
要不要に関わらず飛び込んでくる状況に、やりづらさを
感じてるのは自分だけかな?



最近、もっぱら見てなかったmixiやブログの方が、
実は居心地が良い空間なんじゃないかという気がしてきた。



というわけで久々のブログ更新。



とつぜん話は変わりますが、とうとう30歳になりました。
ついこの間まで、中学生くらいやと思うけどなぁ、
人生はあっという間です。



気付いた時には若さが足りないってならないように、
どうすれば良いか考えてみた。こんなのはどうか?



40歳になった自分になりきる。限界までなりきる。
そして、30歳の自分に対して何をアドバイスしたいかを
想像を膨らまして考えてみるのだ。



というわけで、考えてみた。
想像を限界まで膨らまして考えてみた。



・・・



・・・



やはりわからん。



なにクソということで、今度は逆に30歳の自分が20歳の自分に
対してどんなアドバイスをしたいかを考えてみる。それを参考に
40歳になりきって30歳の自分へのアドバイスを考える作戦だ。



というわけで、考えてみた。



・時間あるうちに旅行行っときなさい。
・友達と遊びまくりなさい。
・でも、身になる勉強には時間をしっかり割きなさい。
・お金より経験を大事にしなさい。お金はなんとかなる。



うん、こっちは割りとスラスラ出てきた。
その余韻に浸りつつ、頭をサッと40歳に切り替えて
30歳の自分に向けてのアドバイスを考える。



・・・



・・・



整いました。



・時間とお金に余裕があるうちに旅行しなさい。
・できるだけ外に出て、仕事以外の視野も広げなさい。
・家族を大事に



もうね、理屈ではなく感覚でストーンと落ちてきたね!
「よしっ!」と思ったのはつかの間で、時間をかけて答えを
出した割にめちゃ普通のアドバイスになったことに驚きです。



ま、どうやって導き出したかはさておき、妄想40歳の俺から
もらったアドバイス通り、家の外にも目を向けて、世界を広げて
やろうと意気込んでおります。



「30歳の俺やるやんっ!」



ってブログを読みかえした40歳の俺に言わせてやりたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011年06月14日(火) 00時46分00秒

NoじゃなくYes

テーマ:日記
最近ほとぼりがさめてきた「管降ろし」。
政治家のあーいうやりとりはほんまにテンションが下がる。


今の政府に対してどう思うかは、個人の自由やけども、
すくなくとも誰かを降ろす動きじゃなくて、誰かを立てる動きを
とってほしいものだ。


それは、仕事でも同じ。


「No」を突きつけるより、「Yes」を掲げて生きてきたい。


これでも聞いて元気出していきましょー。


昨日のNo、明日のYES
http://www.youtube.com/watch?v=dUuhJMkfSGs



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

募金サイト イーココロ!
[PR]ストラップ専門店ストラップヤ

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。