2010年05月17日(月) 00時32分08秒

まさかの有料

テーマ:日記
4月の奄美大島一人旅は楽しかったものの、
大事な大事なGX200が故障してしまったことは前回書いた。


帰ってきて、てっきり保証書の無料修理範囲内やろうと思っていたら、
なんと有料修理で、全部で35000円くらいかかると言われてしまった。
いやいや、35000円って!価格コムで本体39000円ですよ!
高すぎやろ。


販売店に何度か交渉したものの、結果は変わらずやっぱり35000円
くらいかかるらしい・・・。


カメラが無い休日は、嫌や。
けど、修理代で本体と同じくらいの金額を出すのも気持ち的に嫌。
もうこうなったらいっそのこと、来月のボーナスに期待して新しいのを
買ってやろうってことで、奮発して念願の一眼レフを購入。


※ただ、GX200はまだあきらめずに、とりあえず返してもらって、
 メーカーに直接交渉しに行こうと思ってます。
 万が一直ったらサブ機として使おっと。


PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-x ダブルズームキットホワイト/ペンタックス
¥価格不明
Amazon.co.jp

ニコンD3000、キヤノンx3と迷ったんやけども、いろいろ調べたところ、
入門機の中では一番性能が良く、値段も割とリーズナブル、カラーも
たくさんある中から選べるので迷った結果k-x(ホワイト)に決定。


さっそく、新宿御苑に試し撮り散歩に出かけた。
もうかれこれ7年間くらい東京にいるのに、新宿御苑に入ったのは初めて。
初めて入ってみた感想としては、、、


「こんな大都会の真ん中にこんな公園があるとは!!」


って感じ。



動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



東京ってこういう光景が普通にあるから凄いなと思う。
生まれ故郷大阪ももちろん愛してるけど、正直街並みは
東京の圧勝やな。


で、写真を撮りながら散歩してるとちょうどロハスデザイン大賞
っていうイベントが開催されていたので、よってみた。


ロハスデザイン大賞の旗。逆向きから撮ってもた。
動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



ミニコンサートが開かれていた。
70-300mmの望遠レンズで、アーティストが大きく撮れる♪
動けば変わる! ~奇跡への軌跡~


のんびりライブを見るカップル。
トイカメラ風に編集。
動けば変わる! ~奇跡への軌跡~


子供もたくさんいて、試し撮りするには最高の環境だった。


GX200もコンデジとしては、非常に良いカメラだったけど、
一眼の表現力は半端じゃないな。正直、もっと早く買っておけば
良かったと思った。背景をぼかしたりするのも簡単にできるので、
写真を撮るのがより楽しくなる。


こんな感じや
※手前に花とかあれば良かったんやけども。
動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



こんな感じも
動けば変わる! ~奇跡への軌跡~


こういう立体感はハイエンドなコンデジでも中々難しい。


鳥も簡単!近くにいたカラスを試し撮り。
動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



いろいろなパターンで編集可能。
モスのコーヒーをパステルモードで編集。
奥に水かバーガーか置けば良かったかな。
動けば変わる! ~奇跡への軌跡~


って感じで、今日はあくまでも試し撮りの一日だったが、
一眼のおもしろさは堪能した。今度こそ、丁寧に使おうと思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2010年05月06日(木) 19時30分06秒

奄美大島一人旅 ~その5 シーカヤックから見る海~

テーマ:
気付けば奄美大島に一人旅に行ってから1ヶ月。
のんびり更新するとは言ったもののこんなに
遅くなるとわ(笑)


今日でラストの更新です。


前回、加計呂麻島でのスキンダイビングによって
知った海の中に潜った海の美しさを書いたが、
今日は海の中ではなく、シーカヤックで知った
海の上からみた海の美しさを書きたいと思う。


加計呂麻島3日目。
『女心と秋の空』とは言いますが、いやいや女心にも
秋の空にも負けじと、『奄美の空』も同じくらい読めない。
なんてったって、天気予報では前日の夜まで雨って言って
たのに、この日は朝から「だまされたやろっ!」と
言わんばかりの快晴やったし。


やっぱり海は晴れに限る!



動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



2日目と同じくLittle Lifeさんにガイドをお願いした。
素晴らしく晴れ、かつ風が穏やかな日になったという
ことで、この日は午前中はシーカヤックでオススメの
浜辺を目指した後、加計呂麻島で一番大きいであろう
ガジュマルの木で木登りをし、午後はスキンダイビングを
楽しむというなんとも贅沢なプラン。


2mくらいの一人乗り用のシーカヤックを借りて、
目的地を目指す。シーカヤックは手で自転車のペダルを
漕ぐような動きでオールを漕ぐのだが、これまた難しい。


最初は慣れずに、まっすぐ進むのに苦労したが5分程
漕いでたらだんだん慣れてきて、思うようにコントロール
できるようになった。Little Lifeさんにも褒められて
気をよくし、グイグイと目的地を目指した。


海の中も素晴らしく美しいが、海の上から見渡す景色も
これまた絶品だ。この日は風も無く、波も立っていない。
まるで、太陽と海と山と自分しかこの地球には存在しない
かのような気持ちになってくる。1ヶ月経った今でも、
あの感動ははっきり記憶に残っている。


カヤックの上から覗く真っ青な海を良く見れば、色とりどり
の魚たちの姿も見える。耳を澄ませば、うっすら波の音が
聞こえる。手を伸ばせば程よい温度の海水が指先を濡らし、
鼻をクンクンすれば、海の塩のにおいがする。


東京のコンクリートジャングルの中で生活しながら、
今か今かと活躍の場を伺っていたかのように、自分の五感が
一気に動き出し、研ぎ澄まされる感じがした。


シーカヤックはほんとオススメです。


そしてようやく目的の浜辺に到着。



動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



浜辺で焚き火をたいて、フライパンを広げて作るキムチ
チャーハンがこの日の昼飯。火を焚くのに若干苦戦した
ものの、無事に火が着きキムチチャーハンが完成。
やはり晴れの屋外で食べるご飯はおいしい。



動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



ご飯も食べ終わってのんびり浜辺でも散歩しようかと
思っていたらここでトラブル。大事なGX200を浜辺に
落としてしまい、砂がレンズに詰まって写真が撮れなく
なってしまったのだ。なので、残念ながらこの先も
素晴らしい場所に行ったのだが、写真を撮ることは
できなかった。残念無念。


これがラストの写真(泣)
動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



カメラが故障していじり倒しているが一向に直る気配が
ないので諦めたくらいのタイミングで、そろそろ
ガジュマルの木に行ってみようということになった。
浜辺からすぐのところにそのガジュマルの木があった
のだが、これがほんとに大きかった。


天空の城ラピュタにまとわり付いてるかのように、
くねくね曲がって、絡まりあった根っこ。茎なのか
根っこなのかわからない不思議な形状。見れば見るほど
ガジュマルの木って変やなぁと思ってしまう。変やけど
なんか見入ってしまうなんとも不思議な木だ。


Little Lifeさんが「ガジュマルの木の上で本でも
読みながら過ごすのって最高でしょ」と言ってたが、
ほんとにその通りだ。六本木の高級料理店や、代官山の
おしゃれなcafeで過ごす休日よりもなによりも贅沢な
時間だなと思う。


あー、これこそ写真に取れなくて残念だ。
もう一回カメラを持ってこのガジュマルの木にやって
こようと誓った。


そして、帰りにスキンダイビングを楽しんでこの日は終了。
と同時に、僕の加計呂麻島での生活もここで終わり。
次の日が最終日ということで、名瀬でのんびりしたかった
ので、加計呂麻島を後にした。


3日目の夜は名瀬の「たつや旅館」に宿泊。


ここもほんとに素晴らしい旅館だった。
素泊まり3000円という激安の値段なのだが、安いという
特徴以上に、宿のもてなしのサービスが素晴らしい。
部屋の設備もそうだし、ほぼ毎晩開かれるという宿泊客と
オーナーたちとでワイワイさわぐ焼酎パーティがまた楽しい。


僕も混ぜてもらったのだけど、初対面だろうが、東京から
だろうが、結婚してようが、男だろうが女だろうが、
外国人だろうがそんなことは関係なくみんなでこの瞬間を
楽しもうよっていう雰囲気。かと言って、一人で部屋に
いたければそれもよし、途中参加もよし、っていうなんか
ゆるい場でそれもまた良かった。


そんな素晴らしい宿を見つけることができてほんとに幸せ。


そんな素晴らしい最終日の夜が明け、次の日はcafeに行ったり、
公園を散歩したりしながらのんびりと過ごしあっという間に
帰りの飛行機。


久々の一人旅の不安とは裏腹に、終わってみれば100点
満点の一人旅だった。


こんなに楽しい旅になったのも、お世話になった宿泊先や
ガイドのおかげだったと思う。正直、それぞれの選択は
直感で決めたのだけど、やっぱり直感って間違ってないん
やなと改めて思った。最後に改めてお世話になった人や
宿泊先を紹介したいと思います。もし、これから奄美大島の
旅行を考えてる人がここにたどり着いたら、参考にしてみて
下さい。


------------------------------------------------------
加計呂麻島 宿泊先
「ペンション芝」
HP  : HPないので紹介してるページを載せときます。
     http://www.kyurajima.com/stay/003
住所  : 瀬戸内町芝294-1 
TEL   : 09977-5-0553
宿泊代 : 1泊2食付き7000円でした。
コメント : ご飯めちゃおいしいです。ママさんすごい親切です!
       お母さんみたいに温かいです。
------------------------------------------------------
加計呂麻島 ガイド
「Little Life」
HP   : http://little-life.com/
ブログ : http://kakeromablue.blog116.fc2.com/
料金 : いろいろなツアーがあります。HP参照。
コメント : マイルドでとっても話しやすい素敵なお兄さん。
       加計呂麻島の自然博士です。
------------------------------------------------------
名瀬 宿泊先
「たつや旅館」
HP   : http://www3.synapse.ne.jp/tatsuya/
料金  : 素泊まり3000円
コメント : この旅館の売りは安さじゃないです、
       おもてなしの心だと思います。
       ほんとに気持ちよく泊まれます。
------------------------------------------------------
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

募金サイト イーココロ!
[PR]ストラップ専門店ストラップヤ

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。