2010年04月21日(水) 01時39分57秒

奄美大島一人旅 ~その4 海の中のエレクトリカルパレード~

テーマ:
 

初日はほぼ移動日で、いよいよ2日目が始まった。
この時期は雨が多いのか東京の天気と同じく曇りやら雨やらが
中心の予報。実際、2日目の天気は雨。綺麗な山やら海やらが
あれば天気はそんなに気にしないと思っていたもののやっぱり
晴れの方が良かったなぁ。




動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



この日の予定は、大自然がそのまま残る加計呂麻島を周り。
人の手が入っていない美しい海で泳ぐ。



旅行前に奄美について調べた時に、たまたまLittle Lifeさんの
情報を知り、HP 写真やブロ グを見てたら、みるみる惹かれて
いった。スキンダイビング(素潜り)についても興味があったし、
少人数でのガイドを中心として受けているところも良かった。
ということで、これまた直感と勢いでその日のうちに予約。



自意識過剰かもしれないが、自分の直感はやっぱり当たってると思う。
奄美旅行自体も、Little Lifeさんにガイドをお願いしたことも、
ほんとに良い選択肢だったと思うから。これからも自分の直感を
大切にしたいと思った。



で、話を戻して2日目の朝。
車で「ペンション芝」の前まで迎えに来て下さった。
Little Lifeさんはメールの印象通り、とても感じが良く、
加計呂麻島の大自然が似合う素敵なお兄さんだった。



僕以外にも、もう一人女性(Aさん)のガイド予約が入っている
ということで、その方も合流して今日一日の予定を確認することに。
結局、この日は午前と午後それぞれLittle Lifeさんのオススメ
スキンダイビングスポットで泳ぐことになった。



Little Lifeさんのツアーは日によってプランが違って、
その日にあったオススメを紹介してくれる。そこがまた良い。
風がどこから吹いていれば、この海は透明度が高いとか、
晴れていて風が無ければこのスポットだとか、シーカヤックに
乗って海を楽しむならこのコースとか、加計呂麻島の自然すべてを
使って遊ぶという感じだ。



スキンダイビング初めてだったので、基本知識や潜水方法、呼吸法
を教えていただいた。その後、スキンダイビングはヨガとの相性が
良いとのことで、ヨガで準備体操を行っていよいよ海へ。さすがに
海温はまだ冷たく、水着だけでは入れないので、ウエットスーツ
などは借りて海に入る。



今年入った初海は、それはそれは素晴らしかった。
水中カメラ持ってないから画像で伝えることができないのが
残念でならない。これまでも沖縄、フィジー、グアム、ハワイなど
の海には行ったが自分の中では今回の海が一番綺麗だった。



赤、青、黄のカラフルな魚、そして、その美しい魚を守っている
かのようなイキイキとした珊瑚のお城。どこからかディズニーの
エレクトリカルパレードの音楽が聞こえてきそうなくらい海の中は
賑やかだった。



初めてスキンダイビングに挑戦したが、そこはやっぱり初心者。
深く(といっても3mくらい)潜ると耳痛いし、息もすぐに限界が
来る。Little Lifeさんはもちろん、一緒に参加したAさんも
スキンダイビング経験者ということで、10mくらい下まであっと
いう間に潜る。それに潜っている時間も長い。あれだけ潜れたら
もっと楽しいやろうな。もっと練習して潜れるようになろうと誓った。



午前中1時間半ほど潜っていたのだが、ほんとあっという間だった。
しかも、海から出る頃には雨が止み、たまに雲の隙間から太陽が
顔を出すくらい天気が良くなっていた。イェイ。



お昼はLittle Lifeさんの家の庭でパスタを食べてコーヒーを飲み、
のんびりとしながら過ごした。ただでさえおいしいパスタが、
庭で食べることでおいしさ倍増だ。




動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



お昼を食べてのんびりした後、また別のスポットまで泳ぎに行く。
午後のスポットは、綺麗な白い砂が海底に広がっているという
これまた美しい場所だ。ちょっと深めの海底に広がる砂浜(?)
もとても綺麗だ。午後も1時間半ほど潜っていたのだが、
午前中と同じくあっという間だった。



この日のガイドはこれで終了。



実は次の日は特に予定を入れていなくて、加計呂麻を行き当たり
ばったりでウロウロしようかと思っていたが、Little Lifeさんに
お願いすれば間違いないと確信し、3日目のガイドもお願いする
ことにした。



つづく。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2010年04月19日(月) 01時40分55秒

奄美大島一人旅 ~その3 加計呂麻のオカン~

テーマ:

その1

http://ameblo.jp/saiyou/entry-10508781989.html


その2

http://ameblo.jp/saiyou/entry-10511242944.html



ようやくフェリーの時間が来た。
古仁屋から瀬相まではフェリーで20分くらいだ。



周りには加計呂麻島から古仁屋にフェリーで通学してる
らしき学生さんが数人帰り支度をして乗り込んでいた。
歩き、自転車、電車などが通学手段なのは良く聞く話だが、
フェリーで通ってるっていうのはこれまた新鮮。



曇ってきて、少し肌寒くなってきたので外には出ず、
フェリーの中でのんびり本を読んでいた。船は全然揺れず、
なかなか快適な移動だった。



そして、瀬相港に到着。



瀬相から宿泊先の芝まで車で30分近くかかる。
インターネットで調べて、評判の良かった「ペンション芝」
ってとこを押さえた。とても温かい女将さんがいるという
ことですぐに予約を入れたのだが、奄美に来る前からその
優しさを感じる出来事があった。女将さんもちょうど同じ時間帯に
古仁屋から芝に帰るということで、僕も乗せてもらえることに
なったのだ。



瀬相港に到着して、しばらくして女将さんと合流できた。
女将さんは目がクリクリして可愛らしく、オカンと似てる
わけではないのだけども、おかあさんって呼びたくなるような
温かーい雰囲気のある素敵な方だった。



合流して女将さんの運転する車で芝に向かうのだが、
芝に向かってる道中、バスの運ちゃんに言われたあの一言、
「加計呂麻島は海と山だけで他はなーんもないからね。」
をさっそく目の当たりにした。



それはもう森だらけ。
後部座席から周りを見渡すと大きな木だらけで、車道が無ければ、
ジャングルに迷い込んだと勘違いするんじゃないかと思うほど
たくさんの木に囲まれた場所だった。島が丸々山といっても
過言ではない。僕のテンションは一気に上がった。



会ってまだ間もない僕に、女将さんはいろいろな話をしてくれた。
昔の加計呂麻島は今よりもさらに自然が多かったとか、加計呂麻に
パルプ工場ができそうで森の木がが切られるかもしれないとか、
自分のお子さんの話とか。



古仁屋のバスの運ちゃんもそうだが、この島の人たちはなんか
とってもオープンだ。よそよそしい感じが全くしなくて、
自分が勝手に思ってるだけかもしれないが、なんか受け入れて
くれてる感じがする。バスの運ちゃんと同じく、あっという間に
僕は女将さんが好きになった。



そうこうしてるうちに「ペンション芝」に到着。
初日の移動がようやく終了!



※最終日の朝に撮影した「ペンション芝」
動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



しかも、オフシーズンのため、宿泊客は僕しかおらず、贅沢に
貸切状態だ。「すぐ晩御飯作るからちょっと待ってねー」と
いうことでちょっと散歩に出て時間を潰す。



ぷらぷらと散歩をしてみたが、やはりここでも運ちゃんの言葉を
目の当たりにする。コンビニ的なお店が一つもないのだ。
かろうじて自動販売機があるくらい。時間も遅かったので周囲の
民家も静かで、20分ほどの散歩の間人とは誰もすれ違わなかった。
ただ、猫は何匹もすれ違ったけども。



やたらと猫が多かった
動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



海の見晴台
動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



散歩を終えて宿に帰ったらちょうど食事が用意されていた。




動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



さすが古仁屋でも小料理屋を経営している女将さん。
島の魚をふんだんに使った料理が出てきたんだが、すべて絶品!
黒糖焼酎もいただいたのだが、これがまた合う。焼酎はあまり
飲まない方なんやけど、この時ばかりはぐいぐい焼酎が進んだ。
やっぱり料理とお酒はセットなんやろか。



おいしい料理とおいしいお酒、それはそれは贅沢な晩飯だった。



その後、移動で疲れていたので、晩飯を食べてお風呂に入り、
気持ちよくなって一瞬で眠りに入ってしまった。



つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年04月18日(日) 00時55分39秒

奄美大島一人旅 ~その2 あったかいバスの運ちゃん~

テーマ:

前回の続き
http://ameblo.jp/saiyou/entry-10508781989.html


空港から古仁屋に向かうバスが到着。
さっそく乗り込み古仁屋に向かう。確か、バスの乗客は

自分を入れて4組くらい。シートも倒せてゆったりと座れた。




動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



空港から第一目的地の古仁屋まで2時間半。
電車、バス、飛行機など移動時間ほんま大好き。
本をゆっくり読んでもよし、音楽を聴いもよし、外の景色を見て

ボーッとできたりするもよし、それにも飽きたら寝ればよい。



なんて贅沢な時間。



しかも、目的地の古仁屋に到着する頃になると地元の乗客と
バスの運ちゃんが何やら話をしている。耳を傾けてると、どこどこの

郵便局の曲がったところで降ろしてほしい、とかスーパーの手前で
止めてなど。


そしてしっかりバス停も無いのにそこ経由で走る。

島では当たり前の光景なのかも知れないが、都会では絶対に
ありえない光景なので温かい気持ちに。そんな感じでバス移動の

2時間半はあっという間だった。



古仁屋に到着。



まだ移動は3分の2が終わったところ、次は古仁屋から
30分ほどフェリーに乗り、加計呂麻島の瀬相港に向かう。




動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



ここで問題が発生。
ま、分かっていたことではあるがバスとフェリーの乗り継ぎが
うまくいかなくてフェリーが出発するまで2時間ほど時間が
空いてしまったのだ。



さぁどうしようかなと考えようとしたら、先ほどのバスの
運ちゃんがバスから降りてきた。



(方言で)

運ちゃん 「兄ちゃん、フェリーの切符売り場向こうやで。
      フェリーまで時間が結構あるんちゃうか?」


僕    「そうなんですよ。それまでこの辺散歩でも
      しよかと思ってるんですけど、ちょっと肌寒く
      なってきましたからどうしよかなと思ってるん
      ですわ。」


運ちゃん 「兄ちゃん、内地から来たん?ここはのんびり
      しててえーとこやで。」



と、こんな感じで運ちゃんとの会話が始まる。
運ちゃんは50歳くらいの松崎しげる似で、松崎しげるのガタイを

少し大きくしたような人の良い島のおじさん。
ザ・島んちゅという感じの人だ。



初対面やのに壁が無く、あっという間に僕はこのおっちゃんが
好きになった。



出発まで1時間くらいあるということで、それまでプチ奄美ガイドを

してもらった。ま、とはいっても、奄美の情報よりも、運ちゃんの

子供さんの話とか、飲み屋の女将さんの話とかなんやけども(笑)



運ちゃんとの話で特に印象に残っているお子さんの話。
お子さんは小学校高学年で、ずーっと奄美で暮らしているらしい。
で、奄美には電車が通っていないので、生で電車を見てみたいと
運ちゃんにせがんでくるらしい。



島で育っている子からしたら自然なことなのかもしれないが、
「電車を生で見たい」っていう欲求があることにとても新鮮だった。
自分が当たり前だと思っていることは、場所が変われば当たり前
ではなくなるっていうのに改めて気付いた。



ちなみに、このバスの運ちゃんのもっかの目標は子供さんとの
旅行計画を立てることらしい。なんと微笑ましいことやろか。



あとこんなこともあった。



(方言で)

運ちゃん    「兄ちゃん、名瀬(島一番の都市)には泊まらんの?」


僕       「初日と2日は加計呂麻島ですけど、3日目だけ
         名瀬に泊まりますよ。」


運ちゃん    「そうか、残念2日目名瀬なら一緒に飲みに行けた
         のになぁ。オススメの飲み屋で焼酎飲めたのにな。」



この数時間で仲良くなった自分を飲みに誘ってくれたのだ。
いやーこのオープンな感じ好きや。こういう経験があるからこそ南の島に

一人旅来た甲斐がある。



正直、2日目も名瀬に泊まって運ちゃんと一緒に飲みに行こうかと気持ちが

グラグラしたけど、宿も予約してるし、加計呂麻島でやりたいことたくさん
あるということで予定はそのままに行くことに。



こんなやりとりをしているうちに運ちゃんのバスの出発時間が来た。



バスの運ちゃんは、
「気をつけてな、加計呂麻島は海と山だけで他はなーんもないからね。」
というコメントを残して仕事に戻っていった。




動けば変わる! ~奇跡への軌跡~



今回は綺麗な海と山だけを求めて旅に来たので、それはええんやけども、
改めてこう言われるとちょっと不安になってしまう。あまり気にしてなかった
けども、改めて地元の人から聞くと、都会の生活に慣れてる自分に合うかな?

っていう若干の不安を感じた。



数時間後、不安は的中しなかったものの、運ちゃんの言っていたことが
決して大げさに言ってるわけではないってことを知ることとなる。



続きはまた今度
(のんびりいきますw)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年04月15日(木) 01時36分43秒

奄美大島一人旅 ~その1 直感で行く奄美大島~

テーマ:
先週末、有給と合わせて3泊4日で奄美大島一人旅に行ってきた。
よく、嫁と喧嘩でもしたんかと聞かれるが、世間的には嫁が
おるのに一人旅って不思議なんかね?嫁は休み取れなかったから、
「じゃ一人旅してくるわー♪」っていう感じで行ったんだが、
なんか不思議な光景のようだ(笑)


12月から3月くらいまでプロジェクトが忙しくて、気持ち的に
あまり休まる機会がなく、一段落したこのタイミングで有給が
取れたので、直前になってなんとなくで奄美大島に決定。


こういう時は悩むより直感が一番正解というなんとも説得力に
欠ける方法で決断したのだが、旅を終えてみてやっぱり正解
やったと思う。


純粋な一人旅は学生時代の東南アジア一人旅以来だったので、
国内といえど、前日までドキドキしていて、いつになく新鮮
だった。小学生の時の遠足前日と同じ感じ。


まず初日。


羽田から奄美へは1日1往復だけ直行便が出ていて、
行きは羽田8時半発、奄美11時着の便のみ。株主優待料金と
同じ価格でいけるサイトを発見し往復55000円で購入。
おそらく直前にしては安く取れた方じゃないかと思う。


Jチケット
http://j-ticket.net/index.php


ただ、羽田⇔奄美間はJAL便しかなく、JALの株主優待料金で
購入したのだが、JAL株持ってる人まだいるんやろうか?
というちょっとした疑問も残った。もちろんスルーしたが。


羽田空港まではいつも蒲田から路線バスを使っているのだが、
平日のため、空港の近くで働いていると思われるおっちゃんが
たくさん乗車していた。こういう時、なんだか微妙に罪悪感を
感じるのは自分だけでしょうか。


「皆さんが働くのに、自分は南の島に行ってきます。
ごめんねごめんね~」


って感じです。
きっとおっちゃんからしたら余計なお世話だと思うけど。


初日と2日目の宿は、奄美大島を南に下りフェリーに乗って
島を渡り、さらに車で20分行った加計呂麻島の芝ってとこ
だったので、ほぼ移動だけの1日。



より大きな地図で 無題 を表示


動けば変わる! ~奇跡への軌跡~-奄美空港


奄美空港に11時に無事到着。天気は晴れ。
ようやく一人旅が始まったような気がしてくる。
空港からフェリー乗り場がある古仁屋までのチケットを購入し、
バスが来るのを待つのみなのだが、バスの時間まで1時間ほど
あったので、待っている間空港の食堂でさっそく鶏飯(けいはん)
を食す。


はじめて食べた鶏飯は、
特段おいしいわけではなく、
かといってまずいわけでもなく、
一言で言うとあんまり味がしなかった…。


動けば変わる! ~奇跡への軌跡~-鶏飯


まぁ、きっと空港の普通の食堂やし、本場はもっとうまいで!
という、自分自身に対する慰めの言葉をかけ、気付けばバスが
到着していた。


なんやかんやで半日しか過ぎてないんやけど、長くなったので
続きは次回。この調子やと3泊4日めちゃかかりそうやん。
まぁのんびり更新していこう。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

募金サイト イーココロ!
[PR]ストラップ専門店ストラップヤ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。