買取王国新入社員たちの日記

新入社員がんばってるよー!


テーマ:

アメリカ大統領選挙がついに決着がつきましたね。

 

トランプ候補がついにトランプ大統領になるそうな。

アメリカの大統領って次で大45代なんだそうですが、初代のジョージ・ワシントンが1798年に大統領に就任してから200年ほど経つワケですがまだ45人目なんですね。

日本なんて伊藤博文が1885年に初代内閣総理大臣に就任し、現在の安倍さんで97代目。

1人で複数の代でカウントしているので、多めになるのを見ても、日本ってリーダーから変わりすぎなんじゃないか、心配になります。

 

今後の世界情勢が気になります。

 

さて、昨日は豊田市とNPO法人働く人の笑顔創り研究所がコラボして開催された

「学生とハタラクをつなぐプロジェクト」の”語る!ハタラクカフェとよた”に参加してきました。

http://tsunagu-prj.org/

 

今回は2回目のハタラクカフェ(ハタカフェと呼ぶことにした)なだけあって、1回目よりも多い、20人以上の大学生や高校生が集まりました。

 

企業さんの参加も新しい顔ぶれの企業さんが多く、就活居酒屋からずっと参加させてもらっている私たちもフレッシュな気持ちでの参加になりました。

 

このハタカフェでは学生と社会人が採用や選考とは関係なく、フラットな立場で情報交換をし合う場所だと私は捉えています。

ですので、毎回私は学生さん達に対して、「話を聞くだけでなく、聞いて感じたことや、普段どんなことを考えているのか教えてほしい」と事前に伝えますし、企業側も自分が必死に語り続けてもダメなんだと、思う。

相互間のコミュニケーションがあって初めて、意義深いものになるんでしょうね。

 

じゃあどんな話をしているのかというと、最近のお題は「経営理念」です。どうせなら強い思いを持った企業に入り、熱い思いをもった先輩と働いたほうが自分にとってもプラスなことがある。

このことは昨日お話しした学生の皆さんは気づいたそうです。

 

本題はここから。

「あなたにとって、どうなんですか?」と言われるととたんに難しくなります。

だって会社の経営指針書や、クレドなどに書かれている言葉でなく、自分の心にある感情や、想いを言葉に変換しないといけない。

質問されて答える側の我々ですら、難しいと思うことを

まだ入社していない学生に対して採用試験で「経営理念のどんなところに共感しましたか?」と質問してもそれは検討はずれだろう。

私はそう思います。

 

ただ、ちゃんと先輩を見ていれば、見えてくることもあります。

それは行動です。

その経営理念について語っている先輩社員の人の雰囲気や、人柄、印象はどうですか?

カッコよくみえますか?立派に見えますか?それとも・・・

その経営理念について語っている先輩社員の人は普段どんな行動をとっていますか?

言ってるだけでやってること全然違うじゃないなんてことはありませんか?夢追い人らしい行動に感じますか?

ここを見てほしいと思う。

 

想いや言葉が「経営理念」だとすれば行動や見た目が「社風や人柄」に表れてくると思うのです。と私は昨日学生の皆さんと話ながら、感じました。

言ってることややってることが一致しているか?

一致してなかったら、自分自身、経営理念が腹におちていないだろうし、共感できていないのかもしれませんね。

 

自分たちの会社を創っていくのは経営理念でなく、そこで働く人です。

目の前の人間をみて、かっこいい!と思えるかどうか、その人間の普段の行動はどうなのか?ってところを見極めてほしいです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

「なぜあなたは働くんですか?」


そう就活生や家族や恋人に聞かれたとしましょう。


「お金をかせぐため」

「生活をしていくため」

「愛する家族のため」

「将来のため」

「ほしいものがある」

「やりたいことがある」

「なりたい自分がある」


ひとそれぞれ「なぜ働くのか?」に対する答えはきっとあるでしょう。


今日は私の働く目的について少しお話しさせていただこうと思います。




------------------------------------------------------------------------------




私は中学卒業までを地元ですごし、高校入学を機に自宅を離れ姉と一緒に賃貸アパートで生活をし、

高校に通学をし始めました。


私の田舎は本当に田舎で、”信号がない””コンビニがない””なにもない”そんな場所でした。

ともだちと遊ぶのも小学校のグラウンドで野球をしたり、ゲーム機を持っている友達もいるものの

最新機種とかではなく、世代遅れのゲーム機で遊んでいました。


たまの家族と出かける際に遊園地とかではなく、イオンとか、当時はユニーとかそんなところに行けることが私にとってはビッグイベントで楽しみでしょうがなかったことを覚えています。


それなりに地元への愛着心もありましたが、高校入学をきっかけに仲良くなった友達の生活ぶり(当時の私からしたらびっくりするようなエピソードをもっていたんです)を聞き、私もその生活の仲間入りをしていったことで地元愛は急速に冷めていきました。



社会人になってからは高校・大学生時代ほど、地元への劣等感を持つことはなくなり、

伝統芸能を次世代につないでいく使命感や、甥っ子たちが実家で楽しく遊んでいる姿を見て

逆にアイデンティティが少しずつ高まってきました。



-------------------------------------------------------------------------------



話は変わり、あるドラマを見ていたことです。 


業界では名前を知らない人がいない有名人で回りからチヤホヤされていたのですが、

独立をしたとたん、誰にも相手にされなくなり、「自分はなんて小さくて無力な人間なんだ」

と項垂れているシーンがありました。


ちょうどそのとき私は店長になったばかりのタイミングで店のスタッフたちや、

お客様方から、頼りにしていただくことが多く、モチベーションがピークに達しており、

また給与もそれなりに増え、浮かれていたいた時期でした。


その時私は感じたのです。

「買取王国の店長」という看板が無くなったらこの人たちは私のことをどう評価するのだろうか?

とても怖くなったのを覚えています。

また同時にこうも思いました。人間は誰に必要とされ、評価されないと生きていけない弱い存在であると。


マズローの欲求段階説を勉強する機会があり、社会的欲求とか承認欲求とかいてあり、

私が感じたことが学説としても明らかにされており、いよいよ私は「買取王国の看板」にしがみつこう

とも感じてきたのです。そうすれば安全だとおもったのです。そのことを他人に悟られないように

「会社をよくしていかなくてはならない!」「今はこんなことが課題だ!」などいかにも会社のために

私はがんばってますよ!感を強く出していましたが、自分の為でしたね。




-------------------------------------------------------------------------------



さて、私の「なぜ働くのか?」をお伝えしようと思います。

今まで綴ったものを読まれて気づかれた方もいるかとおもいますが、

「自分の存在価値」を高めるために私は働いています。


会社の人間として、必要とされるのではなく、プライベートでも、肩書と呼ばれるものがなくなっても

「あの人はすごかった」「あんな人になりたい」「あの人と一緒に働きたい」

そう求められる人間になるために自分を磨こうと働いています。仕事以外の時間もどんどん使ってます。


世の中から必要とされる人材でありたい。

これが私の原動力でもあるのです。



--------------------------------------------------------------------------------




冒頭に私の生い立ちをお伝えしましたが、私は40になったら地元に戻ると決めています。

長男ですから、家を継いでいく使命感もあり、なにより

存在価値の高い人間はどこ住んでいても存在価値は高いと私は思っています。


アドラー心理学では「劣等感は他人に感じるものではなく、理想の自分とのギャップが劣等感である」されています。「劣等感は無くなることはない」ともされています。


だったら上手に付き合っていき、劣等感を成長意欲の源泉にしてしまおうと思ったのです。




--------------------------------------------------------------------------------




これが私の働く目的です。

自分自身の存在価値を高め、胸を張って地元に戻ろう。

どこにいても、なにをしていても、社会から必要とされる人間になる。

そのために私は働くのです。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!


採用担当の後藤です!


ジメジメする日が続きますね


昨日は室内がとにかくジメジメしていて、窓を開けた方が涼しいなんてことも。


凍らせたペットボトルを置いておくと、ジメジメ対策ができると紹介するテレビ番組で紹介されてましたね。


ジメジメ続きの6月です!


今日の買取王国はひょんなことから私のデスクが席替えされてました!


犯人はこの人!





「ここの席の方がやりやすいもん」と他人の席を牛耳るこの人こそ!


買取王国の何でも屋!さとしさんです。


ここ最近は何でも屋感がだいぶ減りましたが、以前はほんとに何でも屋でいろんなことをしてましたね!


普段は情報システム課というところで仕事をしています。(本業は秘書ともw)


店舗のみなさんからの信頼も厚く、「なにかあればさとしさんに聞いて」と私も先輩から教わり、


そして後輩たちにもそう指導してきました。


さとしさんへのホットラインは休むことなく、ジャンジャカ鳴ってます(鳴ってない)


※入社したらさとしさんに気軽なんでも聞かないように!(聞いて!)


本来の仕事は情報システムという課の”分析”を担当されてます!


こういう裏方の人のおかげで店舗のみなさんも働きやすく、かつ正しい行動がとれるのです。


さとしさん、ありがとう!!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!


買取王国 採用担当の後藤です。


みなさんお久しぶりです。


更新滞ってました。


ごめんなさい。


前回も「忙しい」を言い訳にしてたブログ


さて、昨日は大阪電気通信大学さんに学内説明会に行って参りました。






新入社員の小野くんも説明会に参加してくれました!!


実はこの小野君くん、大阪電気通信大学の卒業生でつい2か月前まで学校に通っていたそうです。


卒業生として、別の立ち場で学内に足を踏み入れるのはどんな気持ちだったのでしょうかね?


今度インタビューしておきます!





当社の企業説明のなかで、小野くんにも自分の就活エピソードや買取王国はどんな会社なのか


話していただきました。


私が印象に残っているのは


「靴でも、服でも、ウルトラマンでも、アニメでもなにかひとつ好きなものがある人が活躍できるのが買取王国という会社です。好きなことを仕事で活かすって全然OKなんだって感じてます」


としっかりとした口調で小野くん目線からの当社の魅力をお話ししてくれました。


お疲れ様でした。


まだまだ買取王国の会社説明会は続きますので


ひきつづき説明会へのご参加や、学内説明会のお誘いをお待ちしております。


マイナビ【買取王国】はこちら!


リクナビ【買取王国】はこちら!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんちには!

採用担当の後藤です!

新入社員が入社して1週間が経ちました!

昨日は買取王国の家電部門の稼ぎ頭であるアイフォンの扱い方を実習しました!

さて今日は社長の日です。

{A0BAE6F4-9F74-4CCE-AE8D-DD6F68FB577C}


経営理念の話をしていく予定ですが、まずは社長の長谷川の半生をお話ししています。

何度も社長の話を聞いていますが、初めて聞く話もあり、スゲー人生だなー
と感じました。

ある先輩が「百戦錬磨」って表現していたのを思い出しました。

{91844DC3-E9B7-4FD0-86F6-0F9345D5DF02}


まだまだこれから続きます!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。