船井総研 IT・ソフトハウス専門コンサルタント斉藤芳宜のブログ

経営コンサルタントの斉藤芳宜がコンサルティングの現場から業績アップの秘訣をお届けします!



テーマ:

IT業界の人事関係のお悩みでよく聞くのが、


「技術者としては優秀だけど管理者としてはちょっとねぇ・・・」

「最近の若手は管理職になりたがらないんですよ・・・」

「腕はいいけど、会社の言うことを聞かなくて困ってるんです・・・」


もちろん、すべての人が管理職になれるわけではないし、自ら目指さない人がいてもおかしくありません。


でも、多くの会社のキャリアプランはこうなっています。


 一般 < 主任 < 係長 < 課長 < 部長 < 役員


このキャリアプランに特に違和感は持っていなかったのですが、ある時、ふと気づいたのです。


船井総研とは違うなと。



船井総研では、こうなっています。


 一般 < 主任 < チーフ < シニア < エグゼクティブ


「課長」だとか「部長」だとかいう言葉は出てきません。

これはあくまでも等級の呼称です。


皆さんの会社にも等級はあるはずです。

1等級、2等級、3等級、4等級、5等級・・・という具合に。


それぞれにどのような名称が付いていますか?


 一般 < 主任 < 係長 < 課長 < 部長 < 役員
 (途中から役職が出てくる)


のような感じでしょうか?

それとも、


 一般 < 主任 < チーフ < シニア < エグゼクティブ
 (役職が出てこない)


に近いでしょうか?


等級とは、スキルのレベルと考えてください。

あくまでも管理職(マネジメント)の話ではないのです。


なので、等級に役職が出てくるということは、スキルレベルとマネジメントレベルがごっちゃになっているということなのです。


 一般 < 主任 < 係長 < 課長 < 部長 < 役員


この等級制度だと、技術者は上を目指そうと思うと、必ず管理職にならないといけないということです。


でも、技術で勝負したい!という職人タイプの人もいるはずです。


その人が評価されづらく、その強みを活かしきれないのです。


このことは、IT業界の大きな問題点だと思います。



そのため、等級制度はあくまでもスキルレベルとし、


 一般 < 主任 < チーフ < シニア < エグゼクティブ


のような形をおすすめします。



では、役職はどう考えればいいのか?



(次回に続く)




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。