2012年01月10日 01時25分05秒

吸玉(カッピング)療法

テーマ:さいとう治療師が教えるツボ
体の細胞が若返る!?と言われている大好評のカッピングをご紹介します。

☆ カッピングコース
$さいとう出張治療師-吸玉療法







”完全滅菌”した容器を使用しますので、安心です(感染防止の為)


カッピングとは、吸玉療法とも呼ばれる、伝統的な民間療法です。
跡が気になる方は、予め申し出て頂ければ調節しますからご安心下さい。




お腹、背中や首の東洋医学の「経路」に、ガラスかプラスチック製の容器を置き、カップの中を真空に近い状態にして皮膚に吸着させます。

ポンプ式でカップ内の空気を抜いていきますので、カップ内の圧力をお客様の皮膚や筋肉を見ながら調節します。痛くないのでご安心下さい。

施術の中身 :
カップの中を真空に近い状態にすることで、皮膚が引っ張られ、体内(特に皮膚の表面付近の毛細血管内)に滞っていたドロドロとした血(東洋医学のオ血)が、皮膚の表面にまで引き上げられます。

そうすることで、血液の循環を良くして、さらに、血行を促進する療法です。

黒くなった箇所をご自身で認識して頂きます。跡は3~10日程で戻ります。ご希望に応じて跡が残らない方法もありますので、こちらでもお聞きしますが遠慮なく予め申し出て下さい。

カッピングの効果と効能 :
カップの中を真空に近い状態にして皮膚に吸着させるという、原理はとても簡単なカッピングですが、その効果はあなどれません。

カッピングの効果(諸説あり)を大まかにまとめると次のとおりです。


• 血行を良くする。
• 血管をはじめ、組織を強くする。(らしい)
• 免疫力が強化される。(らしい)
• 皮膚の若さを保つ。(アンチエイジング効果が期待される!?)
• 体内から体外への老廃物の排泄を助ける。(デトックス効果が期待される!?)
• ストレッチ効果



カッピングは様々な場面で活用されています。

スポーツ選手やオリンピックの選手、お相撲さんやプロレスラー、さらに、米国のハリウッドの女優さんまでもが、健康と体調の維持のためにカッピングを活用されています。

最近は、アンチエイジングやデトックスという言葉がはやっています。




$さいとう出張治療師-カッピング跡


お客様の声 :プライバシーがありますので、イニシャルのみ
○看護師 TKさん(25歳)

うー内蔵が引っ張られる、しばらくして気持ちい~、その後しばし寝てしまいました。
その後、真っ黒になった箇所を自分で鏡で見て、ここの部位どこですかと質問したら多分子宮にツナガル神経だと思います。で.......きちんと精密検査をすすめられて大学病院で検査したら、なんと子宮に筋腫が見つかりました。ごく小さいので経過観察しましょう。と言われ、ひと安心。でもなんで婦人科のドクターから超早期発見できたの?と聞かれて実は、吸玉をして色が真っ黒だったんです。
婦人科のドクター : ほー、皮膚でもそんな事あるんだね、レントゲン被爆よりいい。(私感)

さいとう出張治療師さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。