風間観察日記 2

精神安定剤日記

NEW !
テーマ:

バンドが売れたらやりたい3っつのこと

 


①池袋Admに恩返しをしたい。
Admが無かったらうちらはとっくに解散していた
本当にお世話になった。


汚い池袋Admを綺麗にしてあげたい。



②売れたバンドマンっていう曲書きたい。

引用)「売れないバンドマン」

埼玉での生活も もう10数年が経った
田舎よりは都会 都会よりは田舎
中途半端な街で 中途半端な人になった
だけど それほど
悪い気がするわけじゃない



売れたら)「売れたバンドマン」

東京での生活も もう3ヶ月が経った
田舎よりは都会 都会中の都会
渋谷六本木赤坂 セレブな人になった
だけど なぜだろう
ここは居心地が悪い

あと 駐車場が高い

 

こんな曲書いてるやつは売れない。



③バイトを辞めたい

バイトを辞めたい
マジでバイト辞めたい


まだ自分のバイトは楽だからいいんだけど

この間、
出先で携帯の充電がなくなって
下北沢のmosaicというライブハウスに電気泥棒しに行った時のこと。


その際、手が空いていたから
アホなバンドマンがベタベタ貼っていった
ステッカーを剥がす作業を手伝った

アホバンドマン、ステッカー貼るな


ステッカーを剥がす作業しながら思った


俺、普通の仕事…できない。


こんな自分じゃなくてもいい仕事を
毎日毎日やり続けるなんて

気が狂いそうだ


毎日働いている人を
本当に尊敬してる。



なんというか
売れた時のことはあまり考えてないみたい

CDを出すにあたっても

売れなかった時のことばかり考えてる


 

売れなかった時の反動に耐えるように
先に最悪なことを考えてる癖がついてる


売れないって言ったほうが楽だし
嫌われてると思ってた方が傷つかないし

先に謝ったほうが
攻撃されないで済むし。


いい加減自分を責めるふりして
傷つかないように生きるのはやめにしたい。


ただ フラットに生きていきたい。

他人に対して
自虐的でも
攻撃的でもなくフラットでいたい

なんでもかんでも敵か味方にわけるの辞めたい。

敵か味方かどうでもいいかは

話してみてから考える。



売れてからしたいことは
売れてから考える。

何も変わらないねって言いそうだけど。



あ、
やりたいことあった。


④Mステに出たい。

そんで突然違う曲やりたい。

「金曜20時、音楽の駅」
っていう

Mステバッシングの曲やりたい。

 

 

 

またバッシングか…

 

敵がいなきゃ

なんにもできないのか

 

 

俺みたいなやつが

戦争を起こすんだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日はとても落ち込んでいた

理由はたくさんある
たくさんありすぎてわかんないくらい

たくさんある


やる気がでなくて
やりたいこともなくて
でもやらなきゃいけないことがあって
なにをしても楽しいと思えなくて
疲れて

眠くて
人生に価値が見出せなくなって
価値も感じられないし

さらにお金もない
でも仕事に行きたくない




自分のせいなんだけど

自分のせいにしてばかりいるのも飽きたから

人のせいにしてみた



 

全部世界のせいだ



あのね

ずっと病院の受付のバイトをしているんだけど
最近、来た人が精神を病んでいるのかどうかが
なんとなく判別できるようになった


なぜだかわからないけれど
感覚的なもので

この人病気っぽいなって思うと
カルテには精神的な病気の既往が書かれていた


これって恐らく
空気的なものを感じ取っているんじゃないかと。


雨が降る直前の空気がわかるように

背中を向けているのに
その人が怒っているのがわかるように


鬱になった人が出す空気が
伝染して連鎖して
世界を覆って伝わってくる


そんな日があってもおかしくないんじゃないか


だから昨日はそういう日だった

世界が悪かった
誰も悪くない



最近は気圧のせいで落ち込む
みたいなことをよく見かけるけれど


そのうちに
天気予報ならぬ

鬱予報なんてものが
テレビにでる日もある気がしてきた


「今日は関東を中心に鬱になるので

出かける際は安定剤を忘れずに」


なんてね。



はぁ

バイト行きたくねぇ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、ドラムのゆうちゃんに会った。
ライブでたまたま。

二人で少しだけ飲んだ。


ゆうちゃんというのは
もう三年も前に辞めたドラマーだ。

とても黒かった。


前から黒いなぁと思っていたけど
ますます黒くなっていた気がする


肌は黒いけど性格は黒くない

いい意味でも悪い意味でも
まっすぐな男だった。



俺はそのまっすぐさが好きだったし
嫌いだった。


「大嫌い大嫌い大嫌い大好き」

という曲を作って聴かせた。
彼の曲だと言わずに。


「君のこと嫌いなんだ」
で始まってそのまま終わる曲なんだけど


その曲を初めて聴いた彼は

「いい曲だね」って泣いていた。
自分の唄とも知らずに。


人の痛みにも
自分の痛みにも感受性が豊かな人間だった



そんな彼と久しぶりに飲んだ。


とても緊張した

久しぶりに会う人って
こんなにもよそよそしく
他人と話してるような感覚になるのか


知ってるんだけど
知らない人と話してるような。


お酒の力を借りて
あの頃の辛かったことを話してるうちに

いろんなことを思い出した


あの頃

本当にお金が辛かったこと

 

ケンカばかりしていたこと

 

そういえば元々黒かったこと


ゆうちゃんの愛想笑いが
好きじゃなかったこと



他人を思いやりすぎて
笑う彼に

もっと思いやらないで
悪い人間でいて欲しかった

気を遣わないで
俺と付き合って欲しかった

無理をしないで
好きなように生きていって欲しかった


勝手にそんなことを思ってた


俺の前でくらい
笑わなくたっていいのに



三年経っても
変わらない愛想笑いに

懐かしかったし
嬉しかったし
寂しかった


君のこと、
やっぱり嫌いだなって歌いながら帰った。




最後会計の時に

「細かいの無いからビール奢ってもらっていい?」
って言われた時、

やっぱり嫌いだなって思った。


なに言ってんだ。
こっちはバンドマンだぞ。

 

 

元気でいてくれて

なによりも嬉しかった。

 


 

みんなドラム。

 

バンドやってると思うけど

ドラマーが一番ボーカルに近いと思う。

 

みんないいドラマーだよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は友達の誕生日だった


何回も書いているけれど

誕生日というものが苦手



子供のころは大人になるのを喜んでいたのに


いつからか

歳なんて邪魔なものでしかなくて


ステータスとして

本当にいらないものになった


ステータス異常だ

一生治らずに進行していく病気にすら感じる


ステータス毒か



これはきっと音楽をやってるせいだ


若ければ若いほどいいような世界だ


彼女がいることは晒しても

年齢だけは人に聞かれてもはぐらかしてしまう




はぐらかしてもしつこく聞いてくる人は


もう

神経が無いんじゃないかとすら思う


何歳ですかって問いは

音楽辞めちまえよくらいの効果がある



こないだのライブイベントで他の若いバンドとのトークから始まったんだけど


始まった瞬間

何歳ですかって聞かれたから


「合コンだったらお前を殺してるよ?」


っていう波乱のイベントスタートになった



悪気が無いのはわかってるんだけど


悪気の無い悪って

本当の悪だと思った





誕生日がくればくるほど

自分の価値がどんどん下がっていく気がして

人に祝われるたびに気持ちが下がった



それで

バースデイという曲を書いた


音楽を辞めたときに

誕生日をはじめて祝えるような気がして書いた





今日は数少ない友達の誕生日だった



去年も祝って

今年も祝えた



その人も自分の価値がないとか言ってるから

祝われたらもしかして嬉しくないかもしんない


でもしかたない


俺が祝いたいんだから。



自分のことは神棚レベルで棚にあげるけど



俺がこうやって祝うことで

その人の価値になったりしないかななんて


傲慢なことを思ったりしてるんだ


{9118C1A9-A01F-494B-A829-CD23291E1DC5}

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ギターを弾くなんか三角形のやつ、

「ピック」。


ピックについてずっと思ってることがある。


かっこよくないか

ギター始めた中学生の時から思ってるけど

ピックのその形も
ピックという名前も

かっこよくないか


さらに絵まで印刷されているなんて最高
持ってるだけでミュージシャン気分になる


正直に言えば
まだギターを買ってもいなかった中学生の時に
楽器屋さんでピックを買ってきて
いつも持ってた


当時、BOYというバトル音楽漫画があった。


ピックを武器にして投げて
スチールの下駄箱に刺すというトンデモ設定だった


それをどうしてもやりたくて
ギターの練習もせず
ひたすらピック投げの練習をしていた


クラスでもピックがファッションとして流行りだし
冬の教室のストーブの上で

「誰のピックが一番早く溶けるか」
という大会もしていた


その結果、
プラスチックが溶ける際の有毒成分が教室に蔓延して
先生に怒られた




あれから何年も経った


財布にお金は入ってないけれど
ピックだけはいつでも入ってる


ピックはスチールに刺さらないし
武器として使えなかったけれど


ギターとピックを武器にして
今日も人の心に刺さる音楽を歌いたい




文章って綺麗ごとみたいなことをやりすぎると
途端に嘘臭く感じるラインがあるんだけど

上の文章は本当それ。


書いたやつのドヤ顔が見えてきて
イラついてくる



こいつの顔にピックを刺したい
髪の毛を弦に変えて
掻きむしるように弾いてやりたい

お尻にシールドさしてアンプに突っ込んでやりたい


使用後はちゃんとギター拭く布で
優しく拭いてあげたい


なんでもないです。


---------------------------------------

 



twitterで行われている

世紀末さんのピックのプレゼント企画よかったら。
ついでにMV中のここで使ってるんだっての見てみて。

 


抽選は
ネットの抽選サイト使ってやる。
デキレースとかはないのでお気軽に。

期限はまだ決まってないんだけど
おそらく今月終わりか来月頭くらいまでになるはず。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ライブ後に
「セットリスト書いてください」

っていう人増えたなぁと思う


言われたら全然書くんだけど

嬉しいよりも
怖いほうが強い


話しかけられるのは嬉しいんだけど、
こういうのをもし断ったら

「あ、このバンド調子に乗ってんのかよ」
「裏アカで悪口書いたろ」

みたいになったらどうしようって
想像して怖くなる


もしかしたら
友達に借金の保証人になってくれって言われたら
断れないタイプの人間


違うか。



セトリ頼む本人たちは悪気なんてないし
バンドマンとのコミュニケーションツールだと思うんだけど

売れてるバンドは書いてないというか
そもそもファンと話してないだろって思うと


「売れた」の定義は
ファンと話さなくなることなのかもしれない


違うか。


ファンってなんだ
不安。



そもそも
セットリスト書く意味って
なんだろうって考えたんだけど


セトリなんて調べればだいたいわかることだから
単純に自分で調べる労力を
こっちに負担させているのか??


違うか。



それだったら
セトリのコピーあるんでそれ見てください

って言えば終わる話なんだけど
そんなコピー欲しいわけじゃないと思うし


やっぱり手書きというところに
意味があるのか



正直セトリだけ書いたところで
あとあと見返した時、
面白くないんじゃないかって思うんだけど。

10年後に見返したときに

私、何やってたんだろうって思うアイテムになりそう

 

 


どうせなら

「今日のライブの感想を一言で書いてください」

とか言われたほうが楽だし
見返した時、楽しい気がする

個性でそう。




俺はたぶんだいたい

「疲れた」
って書くと思う




本当のところ
何が怖いかって

字が汚いから書きたくない

字は心の美しさだから。


違うか。


コピペしたい。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヘタレなことを言うと


曲を評価されないのが怖い


何日もかけて書いたブログが
ボタンひとつでうっかり消えたような

いや、それ以上に辛い

 

 

自分の想いが時間が込められているものが
評価されないのは本当に怖い


いいも悪いも
なにもないのも


評価すべてが怖い

何年もやってるけど
未だにメンバーに曲を持っていくのが怖い



なので、

こういう時は
評価してもらえる作戦をとるようにしてる。


いいものができればそれに越したことはないんだけど
どれだけ時間をかけても
いいものができない時はできない

お米みたいなものだ ちがう




そんな時は
これいいよな…

と思ったものに
これはつまんないだろ


という曲を一曲忍ばせて

複数曲で持っていく


人間は選択肢を与えられると
選んでしまう生き物だ


今回おそるおそるメンバーに3曲をだした



そうしたら

「気を使ってるとかじゃなくて
3曲ともどれもすごくいい!」


って言われた。


泣いた。



本当は捨て曲なんてなかった
ただの逃げの言い訳だったんだ


どんな曲も
自分の一部分だった

ゲロ吐きそうな気持ちで書いた

自分の一部だったんだ


うれしかった


俺は未だに
褒められたくて音楽をやっているのかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近自分のバンドのグッズについて
メルカリに出されているよと何人かの人に言われた


サインの入ったCDが売られていることと、
完全オーダーメイドのパーカーが出されていること。




うーん…


なにも思わない…



散々メルカリについてはいろんなバンドマンが言ってきてると思うけど
あまりなんとも思わない

ブックオフみたいなものだと思ってしまう


だって捨てられるくらいなら
売ってもらって
誰かに聴いてもらえたら嬉しいし

着てもらえたら嬉しいし

その人にお金が入るなら尚いいじゃん。


 

ただ、
まずはパーカーについてなんだけど


 

 

高い。

安くしてくれ。


8500円て。
うちのバンドを過大評価しすぎだ。

どこのブランド品だよ。



3000円くらいでいこう

 


これ

売れ残り続けたら
自分のバンドの人気がないことを
目の当たりにさせられる気分だ

メルカリ、
なんとも思わないことなんてなかった

悲しくなってきた。





あとCD。


 

サイン付きって書いて売ってもらっているけど
むしろ申し訳ない

価値がないんだ


今ならサインくれって言われれば書くし。



書けないくらい有名になってから
売ってくれればいいのに


もう売れないと思われたのか

やっぱり悲しくなってきた。





メルカリに出したいって思ってる人は
廃盤になってるのかどうか

調べてから出すのが一番いいと思う。


この一覧だと、

 

 

 



 

ポストカードがいいな。

 

これはもう無いものがたくさんあるから

1000円でもいいんじゃないか。

 

描いてるナツナさんも

人気だし。とてもいいし。

 

 

あとこれ。

 

 

 

 

なにこれ…

 

たぶん俺が書いた気がするんだけど

なにが入ってるのかさっぱりわからない…

 

気になる…ほしい…

 

 

でも誰もいらないだろ。

 

 

 

メルカリは匿名性が強すぎて

怖くて自分では無理。

 

みんな強い。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

高校の時の部活仲間から
結婚式の招待状がきた


特に嬉しくないのは
こんな時だけ連絡をくれるからだ

こんな時だからこそ
連絡をくれるんだろうけど

もう顔も覚えてないような相手から
祝福されて嬉しいのだろうか


いっそのこと影武者を出席させてみたい

もう十年以上会ってないし
やろうと思えばできる気がしてきた


誰か顔の似てる人いませんか


加瀬亮に似てるって言われたことあるんですよ

ほら



はい
ごめんなさい



頭と顔と声と目と耳と性格が悪い

育ちは父と母のおかげで悪くないありがとう

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日やついフェスというイベントを観に行った

やついいちろうさんという
お笑いの方がやってるサーキットフェス。


PUFFY
川本真琴
ザ・なつやすみバンド
Charisma.com
オワリカラ

ラブリーサマーちゃん

と観てた


空いてる時間でふらっと入れるのが
サーキットの醍醐味だと思ってるんだけど

そこで名前も知らなかったアーティストをみた


入った瞬間、
聴こえたのはアイドルの音。


アイドルなんてちゃんと観るのが
仮面女子以来久しぶりで

二階席からちょっと観るかくらいの気持ちで観てたんだけど


凄まじかった。



もともとアイドルが嫌いじゃなくて。

そこら辺のバンドマンよりも
毎日毎日必死に頑張ってると思ってたから。



ただ、アイドル好きになると
自分が音楽できなくなりそうだし
オタク扱いされそうだし


なによりこっちが男で
相手が女だと

本能的に異性のほうが好きになりやすいから

素直に音楽として聞けなくないかなと

通らないようにしてたんだけど



そのライブは
あまりにパフォーマンスが圧倒的で
たぶん10年ぶりくらいに
人のライブで手拍子したかもしんない。



5人組だったんだけど
その中で一人だけ飛びぬけてる子がいた。

表すなら、
化け物。求心力。

人に与えるエネルギーも
人から受けきるエネルギーも
ハンパじゃなかった



基本ライブを観に行くのがバンドばかりだけど

バンドマンって
「もっと来いよ」

とか言うんだけど

もっと来いよって言うなら
お前がもっとやれよ

もっと本気でやれよ
って思うことが多いんだけど


まさにそのラインを超えてきて。
手拍子してしまった。




家に帰って
冷静に考えて

これはやっぱり俺が男で
向こうが女だから

こういう風に受け入れやすくなるのかな
なんかやっぱりよくないな


と思い、
とりあえず彼女に


「今日すごいアイドルがいたんだ。
『TEMPRA KIDZ』って名前なんだけど

飛びぬけてすごい女の子がいてさ…」


って話したら、


「知ってるよ」
「その子、男だよ」


って言われた。



その子、

男だった。

女じゃなかった。


負けられないと思った。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。