彩ずる仏の鼻を欠く

彩匠堂 代表ブログ


テーマ:

カラーマネジメントとは、異なる色の世界間において、同じ色を表現することを指します。

印刷の場合ですと、パソコンのモニタで見る色とプリンターからプリントされる色とは異なった色として見えます。この異なった色を、同じ色として見えるようにすることを、カラーマネージメントと呼びます。

今回はわかりやすいようにプリンターでのカラーマネージメントを解説します。

 

カラーマネージメントが、印刷業界において極めて重要となってくる理由は、パソコンのモニタで見る色と、プリンターで出力されてきた印刷物の色がマッチしている必要があるからです。モニタ(RGB)とプリンター(CMYK)の違いを最小限にする技術とも言い換えることが出来ます。

 

カラーマネージメントの定義としましては、異なる機器の間で同じ色を扱うための環境を整備する、ということになります。

つまり、パソコンなどのデバイスと各種プリンターの間で同じ色を表現できる環境を整えるということです。

 

このカラーマネジメントをしっかりと行っていなければ、パソコンのモニタで見る色と、プリンターでプリントされた印刷物の色が異なった色として表示される訳です。さらにAプリンターでもBプリンターでも同じ色の印刷物を印刷するための技術です。それを実現する為に、カラーマネージメントシステム(CMS)の構築が必須となります。

 

まず、プロファイル(仕様情報)が重要となります。プロファイルには、モニタの色を定義するプロファイル、プリントするプリンター・その用紙のデータが入っているプロファイル、データがどのカラー空間で作られているかを表すプロファイルなど、色々なものがあります。OSに用意されているモニタプロファイルもあります。

 

プリンタープロファイルに関しては、プリンタードライバーに用意されているものや、用紙のメーカーが用意したものもあります。

自分でカラーチャートを印刷してプリンター用のキャリブレーターで測定し作成することも可能です。

カラープロファイルについては、色々な種類があります。全ての仕様を理解して合わせることが難しいことがプロファイルの種類の多さからもご理解いただけると思います。

 

そこで「ICCプロファイル」を用います。ICC(インターナショナル・カラー・コンソーシアム)プロファイルは、デバイスがどのようにカラーを再現するか、デバイスのカラースペースを記述したファイルです。

ICCプロファイルから、対象となる機器が取り扱える色を読み取って、正確に色の変換を行います。

 

つまり、各機器のICCプロファイルを、相手の機器が読み取って、正確な色に変換する、という事がカラーマネージメントシステムになります。

この作業が出来る環境をしっかりと整えておくことが、印刷会社では必須となります。これがカラーマネージメントです。

 

 

彩匠堂

https://www.saisyoudo.com/

当社は技術認定制度 Fuji Xerox Color Management Professional 取得企業です。自社内でのカラーマネジメントはもとより、Fuji Xerox社機器を活用して質の高い一貫したカラーマネジメントを提供することが可能です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。