sairo_.log

それでは。


テーマ:

君はもう""を受け入れたか?

 

こんばんは、さいろです。

 

コミケ2日目、3日目でのKL!3の頒布も無事に終わりました。まだ完売はしていないようですので欲しい人は店舗委託を切に願うなり、主宰に直接もらうなりしてください。私は献本しか持っていませんので。

 

さて、今回はアフタートークです。

自分が関わった部分についての裏話的なモノを適当につらつら書こうかなと思います。

 

----------

 

0.参加経緯

 

2016年8月7日、朝。

 

r「こえらぶ!書かへん?」

 

それは、ここさけのイベント「秩父ふれあい交流会」の物販に並んでいたときに起こった。ちょうど前日から秩父観光を一緒にしていて、物販列にも隣に並んでいた主宰(@r_kohakusui)にそう声をかけられたのが全ての始まり。今回の本には音楽CDが付くこと、題材も音楽メインの本になることは知っていたので、声はかからないだろう、と思っていたところへの突然のオファー。

 

s「今回は音屋とワイワイやるやつじゃなかったっけ?」

r「そうなんだけど、音屋はみんな音に行っちゃって文を書く人がおらん」

s「なるほど」

 

細かいところは違うだろうけどこんなやりとりをしたと思う。まぁそういうことなら〜と思って軽い感じで引き受けてみたらどうだ。特設ページのスタッフリストをみていただければ分かる人には分かるが、私以外は(当然だが)基本的に音屋で同人活動をしているわ、なんなら金を稼いだりもしている連中だわ、イラストは神絵師っちゅーかプロだわ、で一体なんだこれは。こわいわ。この中で主体的に活動をしていないのは私くらいなもんです。この事実を認識してからは「なんだかヤバいところに足を突っ込んじまったな……」という感じでビビったりビビらなかったりしたものです。

 

このときから「何を書こうかな〜」と悩む日々が始まったり始まらなかったり。

 

 

1.Pray Word Sky World ~ここさけイベントレポート~

 

私が最初に手掛けたのはこのページです。このページは「ここさけ上位者同士でページを二つに分けてレポート的なのを書いてみようぜ」っていうのを夏コミの日あたりに主宰から提案されて二つ返事で承諾した気がします。

 

ページを二つに分ける、というのは、参加者に当日配布された歌詞カードのデザインから来ています。左側が水瀬いのりさん、右側が雨宮天さんなのも歌詞カードが『心が叫びだす』、『あなたの名前呼ぶよ』の順(not 成瀬)だったからです。というかあのページのデザインは全体的にそのまんまです。イベント参加者にしか分からないお遊びですね。

 

読んでいただいた方には分かるかもしれませんが、このページはレポートになっているようで、いまいちなっていないと正直書いている側も思っています。いやぁ途中までは真面目なんだけどなぁ……どうしてこうなったのかなぁ……。私達の間で当時『bloodborne』が大流行していたばっかりに……。

 

イラストはまっつん氏が担当してくださいました。上江市です。まっつん氏もイベントの参加者なので、このページはここさけ上位者によって生み出された啓蒙の高い1ページになりました。

 

文章は二人ともかなり早い段階であんな具合に書き始めていたので、イラストが上がってきた時には「この神々しいイラストをあの文章に添えていいのか……?」ってビビっていたのは内緒です。言うて文章にはほとんど修正入りませんでしたが。ついぞ頒布まで文章を見せていなかったので心が痛みましたね。

 

あ、これは誰にも分からないと思うんですが、左側が上位者目線で、右側が人形目線だと勝手に思っています。ブラボ脳やめろ。

 

ハッ

 

 

2.2016年女性声優版ドチャクソアンセム3選

 

次に書いたページはこっちです。

 

話を受けた時からミューレで縛ろうと思ってたのであんなことになりました。反省はしていません。

 

実は勝手に「MusicRay'n of the Year 上半期ノミネート作品」という副題をつけていました。上半期としたのは、ちょうど11月の締め切り間際に高垣彩陽さんと麻倉ももさんのリリースが重なったことが影響しています。これだけならまだ良かったものの、12月に寿美菜子さんとTrySailのリリースもそのあとに判明したので、結果的に範囲を絞っておいて良かったかなと個人的には思っています。

 

裏話っぽく、上半期で選外になったものを挙げておきます。

・『一千年の散歩中』 / 豊崎愛生 / 3rd AL 『all time Lovin'』
・『Resolution』 / 万由里(CV.雨宮天) / 劇場版デート・ア・ライブ万由里ジャッジメント キャラソン・アルバム "Music Judgement"

 

『一千年の散歩中』は聞いていると泣けてきます。なんか。「僕らは何もない」っていう歌詞がなんか刺さります。

 

今回はキャラソンを外そうと思って『Resolution』をあえなく選外にしています。当時書いていたメモから抜粋すると「万由里の『Resolution』はすごい。これはすごい。2016年版の『絵本』と言っても差し支えない。聞いている人がほとんどいないのが悲しい。」とのことです。

 

2016年が終わった今、通年で3曲を選ぶとどうなるんでしょうか。私、気になります!

 

 

3.天青人語

 

最後に仕上げたページがこちら。雨宮天さん語りです。

単純にライブの時期が遅かったので、終わるまで書くのを控えていただけです。

 

当初はキャラソン、TrySail、ソロ活動という流れを予定していたものの、気づけばソロ活動だけで1ページ使っていました。なんか宇宙論とか展開してたら文量が増えて他のこと書けなかった。

 

キャラソンではミリオンのライブで一目惚れしたところから始まって、初めてキャラに堕ちた一週間フレンズ。の『奏』に触れて、先述の3選にも書いた万由里のことなんかを書こうと思っていたんですが、多分これだけで1ページ使いそうだったからやめました。本当に書きたいことをまず書こう、と思ってソロ活動から手をつけたらやっぱり1ページは必要だったなって感じですね。


1stアルバム『Various BLUE』についての節。
本当は、『After the Tears』はX JAPANと繋がっている、とか、『RAIBOW』はミュージックレインのことを歌っている、とか謎論があったりしたんですが初稿に至る前に削っておきました。

 

1stライブ『Various SKY』についての節。

ただただ"青かった"ということを書きたかっただけのセクション。
 

タイトル。

小題2つは割と早い段階で決まったんですが、主題『天青人語』は出て来るまで結構時間がかかりました。他の案としては「“青”が彼女で彼女が“青”で」とか「青即是天、天即是青」とかがありました。ただ、語呂が悪いな〜なんかないかな〜と思っていて、そんなときにライブグッズの湯のみにある「雨過天青」を見て「"てんせい"ってまさに青い人やな〜……てんせい……天声人語か!?」ってピンときました。割と偶然です。そのままでも字面的にはいいかなと思ったんですが、君、"青"を受け入れ給えよ……ということで「天人語」になりました。

 

イラスト。

青教様(誰なんだ……)に「青い人」を描いていただきました。「青い人」というのは青い人(雨宮天さん)が描く自画像のことです。さっきのライブグッズのページにも載っています。「青い人がこのページに居たら面白いよな〜」とは話していたものの、さすがにこのテイストのイラストを神絵師に頼むのも気が引けたので、青教様にご協力いただくことになりました。これはこれでやっぱりちょっと難しいらしく、ちょっとデフォルメされた感じのかわいい青い人になりました。青い青い青い青い青い……というのはいつぞやのTrySailミュージアムで描かれた本人のイラストから来ています。実はこれ再現度高いんです。

 

全体的に。

本当は他の人みたいに曲ごとに枠で囲ってピックアップ!みたいに書けば多少は読みやすかったんでしょうが、当時の私にはそんな発想がなかったことと、ああいう風に文章をだらっと書く方が得意なんで勘弁してください。ただ、このおかげで他ページと差別化できたかな、というのと、某新聞のコラムをパクったインスパイアしたタイトルと相まっていい感じに固めの文章がマッチしたんじゃないかな、という趣きになりました。

ほかにも、こえらぶ!(無印)から文章を引っ張ってきたところがあったり、歌詞を文中に入れていたりします。そして何故か当然のように『bloodborne』も使われていたりします。やっぱりブラボなんだよなぁ

 

----------

 

そんな感じで、私が見える範囲についての裏話的なものを書いてみました。一応まだ読んでいない人向けに内容そのままは書いていないつもりなので、こっちを先に読んでもあんまり関係なく本文をお読みいただけると思います。

 

前の記事にも書いていますが、できれば感想なんかをいただけるとうれしいです。私宛じゃなくても、私以外の部分に関してでも構いませんので。あいにくこのブログにはコメント欄を設けていませんので、適当にTwitterなんかでぼそっと呟いてもらえれば勝手にエゴサします。えっこわい。

 

今後ともミュージックレインをよろしくお願いいたします。

 

 

それでは。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

さいろさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。