朝日杯セントライト記念(2017年)の予想|登録馬・出走馬・軸馬データ速報

「第71回朝日杯セントライト記念2016」に関する予想やデータ分析を掲載。出走馬に関する情報や見解などお役立ち情報が満載!


テーマ:
9/18(日)中山11R・芝2200mにて
《朝日杯セントライト記念》が開催されます。





菊花賞への夢を乗せてスタートする一戦。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


まずは出走馬を見ていきましょう。


==============
セントライト記念の出走馬
==============


枠 馬番 馬名 騎手
1 1 メートルダール 北村 宏司
2 2 ピースマインド 大野 拓弥
3 3 プロフェット 石橋 脩
4 4 ディーマジェスティ 蛯名 正義
5 5 マウントロブソン 川田 将雅
5 6 キークラッカー 柴田 大知
6 7 ネイチャーレット 野中 悠太郎
6 8 ケンホファヴァルト 柴田 善臣
7 9 プロディガルサン 田辺 裕信
7 10 ゼーヴィント 戸崎 圭太
8 11 ノーブルマーズ 高倉 稜
8 12 ステイパーシスト 吉田 豊


以上、出走馬12頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ディーマジェスティ

皐月賞の勝ち馬であり、
前走の日本ダービーでは3着。

世代トップレベルの実力と能力を示した。

今回のメンバーを見渡してみても
圧倒的に抜けた存在であり、

本番へのステップ戦とはいえ、
ここで取りこぼすわけにはいかない。


ゼーヴィント

前走のラジオNIKKEI賞は戸崎騎手の
好騎乗もあり強い内容での勝利。

春はG1出走に届かなかったが
秋は飛躍が期待される。

2戦2勝と得意の中山コースで
G1経験馬に真っ向勝負を挑む。

一瞬の切れ味勝負になれば台頭の余地あり。




マウントロブソン

未勝利勝ちまでに時間がかかったが
そこから3連勝でスプリングSを制覇。

スプリングSを制した舞台である
中山コースで秋初戦、皐月賞馬喰いを
見せることができるか。

派手さは無いが脚質に自在性があり
間違いなく中山向き。

開幕2週目の馬場を活かして、
積極的に先行できれば勝機は十分。


プロディガルサン

期待された春は青葉賞・ダービーと
残念な結果に終わってしまった。

ただ、ひと夏を越して馬体は一回り成長。

中山は芙蓉Sで勝っている舞台だし
人気を落としそうな今回は狙い目。


メートルダール

5月の白百合S2着以来の出走。

共同通信杯ではディーマジェスティと
差のない3着と実力は証明済み。

現在収得賞金900万円なので、
ここは権利確保は最低条件であり
2着以内で本賞金まで狙いたい。

メイチ勝負を仕掛けてくるだろう。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-1-1-5】
2番人気【1-2-1-6】
3番人気【1-2-0-7】
4番人気【1-2-1-6】
5番人気【0-1-1-8】
6番人気【2-0-1-7】
7~9番人気【1-1-2-26】
10番人気以下【1-1-3-74】


人気薄の好走が目立ち波乱傾向。

6番人気以下が計12回も
馬券に絡んでおり、

さらに馬券に絡まなかったのが
過去10年で1度しか無い。

人気薄を最低1頭は押さえておきたい。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

※2014年新潟開催除く

1枠【0-3-1-12】
2枠【1-0-2-15】
3枠【1-2-0-15】
4枠【1-0-0-17】
5枠【1-1-1-15】
6枠【2-1-1-14】
7枠【2-0-3-16】
8枠【1-2-1-20】


枠による有利不利はそれほど無いが、
データ的には内よりも中から外の方が
良い成績となっている。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

※2014年新潟開催除く

逃げ【0-2-0-7】
先行【6-2-3-22】
差し【3-4-5-62】
追込【0-1-1-31】


4つのコーナーをまわる
内回りコースを使用する為、

ペースが速くなりにくく
先行馬に有利。

追込みはほぼ届かない。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==========
予想情報局の総括
==========


3着までに菊花賞への優先出走権が
与えられるトライアルレース。


まず、昨年のキタサンブラックを筆頭に
近年はダービー組の活躍が目立っている。


菊花賞への大事な一戦だけに、
春の実績馬が好走するのは当たり前だが

ダービーで大負けしていても、
一変する可能性がある事は見逃せない。


勝ち馬の前走を調べてみると、
日本ダービーが5勝、ラジオNIKKEI賞が2勝
その他が3勝となっている。


やはり、前走日本ダービー出走馬、
そしてラジオNIKKEI賞で好走した馬が中心となりそうだ。


前走OP特別出走馬の3着以内無し。


しかし前走条件戦だった馬に
意外と好走馬は多く、
特に人気があった馬の傾向がいい。


よって、前走ダービー・ラジオNIKKEI賞
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
で好走した馬を中心に、脚質も踏まえて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
予想したいと思う。
~~~~~~~~~




対抗は皐月賞馬【ディーマジェスティ


共同通信杯から皐月賞への連勝で
完全にトップクラスの馬となった。

ダービーで3着に敗れたのは
仕方ないというしかない。

世代トップの激突で上位独占しての結果だからだ。

本番前のひと叩きとなるが、
そんなことで取りこぼしていられない強さの持ち主。


対抗は【ゼーヴィント


ラジオNIKKEI賞の勝ち馬。

中山で中段から前目の競馬で2勝しており
今回も同じような競馬が出来れば、
菊の季節での巻き返しがあるとみた。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ディーマジェスティ
○:ゼーヴィント
▲:マウントロブソン
☆:ステイパーシスト 


人気馬の好走が多いが、
穴馬の好走も見落とせないレース。

思い切った予想もありかもしれない。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!



その他の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


今号は以上となります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。