かとうちかこのnicoa語り-__.JPG

5/4(土)シンポジウム・朗読会で幕を開けた

寺山修司没後30年 寺山修司演劇祭in盛岡。


本日、寺山氏の戯曲1作目の公演初日を迎えました。


劇団赤い風公演「盲人書簡・上海編」

5/25(土)14時~・19時~・5/26(日)14時~

一般:前売・予約1500円 当日1800円


かとうちかこのnicoa語り-__.JPG


かとうちかこのnicoa語り-__.JPG

技術不足により縦方向に修正できないままの掲載ですが、

横にすると、某Eさんがより一層際立ちますね。


あとの2作品は6月に上演します。

劇団かっぱ公演「コメット・イケヤ」

6/15(土)14時~・19時~・6/16(日)14時~

一般:前売・予約800円 当日1000円


かとうちかこのnicoa語り-__.JPG


かとうちかこのnicoa語り-__.JPG

チラシが包帯つながりですね。

そして星つながり、パステルカラーつながり、

実行委員会プロデュース公演「星の王子さま」

6/22(土)14時~・19時~・6/23(日)14時~

一般:前売・予約1500円 当日1800円


冒頭に、映画「書を捨てよ町へ出よう」主演俳優の

寺山修司記念館長 佐々木英明さんの詩朗詠があります。


かとうちかこのnicoa語り-__.JPG


かとうちかこのnicoa語り-__.JPG

盛岡市肴町 いわてアートサポートセンター 風のスタジオまで

お越しいただけたら嬉しいです。

AD

盛岡の舞台

テーマ:
かとうちかこのnicoa語り-__.JPG



6/22.6/23公演「星の王子さま」の稽古帰りに、「盲人書簡・上海篇」稽古帰りのEさんと遭遇し、もりげき八時の芝居小屋委員会プロデュースの「銀河旋律」の制作Nさんと、ご飯を食べながら寺山ワールド・役づくりについてしっとりと語りました。
不思議な世界が楽しくもあり、難しく。いざ自分が演るとなると手探りで、判らないながらも、やってみるしかないような。
Eさんは「星の王子さま」の照明も担当、Nさんは役者として一緒に稽古中です。

「銀河旋律」(盛岡劇場タウンホール)5/22-24 19:30会場・20:00開演 前売1000円・当日1200円

「盲人書簡・上海編」(盛岡市肴町 風のスタジオ)5/25 14:00 19:00開演・5/26 14:00開演 前売1500円・当日1800円
AD

まとめてみました。

テーマ:
かとうちかこのnicoa語り-__.JPG



①5/11~
映画「家」全国順次公開中
西村知美さん主演・秋原正胤監督・島崎藤村原作
http://www.kaerucafe.co.jp/ie/


※あらためて同世代の西村さんが綺麗だなと感じています。
劇場まで足をのばしてくださると嬉しいです。
ロケ情報掲載のガイドブックもご一緒にお楽しみください。

②6/15(土)13:40~. 6/29(土)13:40~
会場 なかのゼロ視聴覚ホール
「浅草ゆうれい」加藤純平監督作品
「愛し合ってるかい?」鳥井邦男監督作品
「とにかく大変でどこか変なんです」(仮題)五木田亮一監督作品
3本立て上映後

15:40~「浅草ゆうれい~悪人退治騒動記」加藤純平監督作品
http://cinemaproduce.com/

※「またまたあぶない刑事」でエキストラ体験、
そしてD3の自主映画や某私塾でもお世話になった
鳥井監督のショートムービーに参加させていただきました。
出演者ひとりひとりの個性が凝縮されています。
お昼に食べたカレー屋のナンの大きさが忘れられません。
店内はインドのタレントの美しい写真やムービーで溢れていました。
向かいの彼女もインドに旅行してきたそうです。
インドいいですね。インド。インド。インド。インドは関係ありませんが、
「愛し合ってるかい?」は、ハートフルなラブコメディです。
どうぞお楽しみに。
チケットはイープラスで発売中です。

③6/22(土)14時~・19時~ 6/23(日)14時~
会場 盛岡市肴町4-29
いわてアートサポートセンター 風のスタジオ
寺山修司演劇祭in盛岡
実行委員会プロデュース公演
舞台「星の王子さま」寺山修司氏脚本・坂田裕一氏演出

一般 前売・予約1500円 当日1800円

大学生以下 前売・予約1000円 当日1200円


※サンテグシュベリ「星の王子さま」のオマージュ。
本編では、王子さまとキツネ、王子さまとバラのやりとりが大好きです。
そして寺山氏好きと公言していたものの、戯曲を読むのは初めてで、
なんと!キツネはバッサリ流されちゃうんですね(登場しない)…
この戯曲を通して、これまで、自分の好きな部分の寺山氏しか
見ていなかったことに気づかされました。

見えないものを見る、が作品のキーワードのひとつにもなっています。

少人数での取り組みですが、面白い役者が集まっているので、
わたしも一皮も二皮もむけるよう楽しみます。

AD