おはようございます!
才能のない人でも勝てるシングルス代表、花木です(^^)


今日は、


日本ランク100位以内への道のり…11 フィジカル面強化に徹する

というお話。




試合を行う中で、


「あと一歩が届かない」


「パワー負けしてしまう…」


などなど…自分自身よりも早いテンポやパワーがある選手に負けてしまい、また長時間の試合になると呼吸が上がってしまうことがありました。


自分自身の中で、フィジカルトレーニングということを本格的に行ったことがなくトレーニングに徹する期間を1年半ぐらい作りました。


その時、トレーナーさんにお願いしメニューを作ってもらいましたが、身体を鍛えるにあたって大事なことを学びました。


一つ目が、
 


ストレッチの重要性


です。トレーニングを行うにあたって身体のケアをする習慣を先に身につけていきました。


1週間に約300分のストレッチを行い(一日約40分以上)、柔軟な身体を作っていく。また、週に最低でも一度マッサージを行いにいきました。


前屈は手がつくようになり、そして股関節が柔らかくなり身体が柔軟になることで走りやすくラケットをより振りやすくなりました。


ですが、トレーニングの本当の厳しさはここからでした…


日本ランク100位以内への道のり…12へ続きます。


それでは(^^)


■才能がなくても人でも勝てるシングルス
■テニスビズ
■アップルテニスクラブ

AD