おはようございます!
才能のない人でも勝てるシングルス代表、花木です(^^)


今日は、


「コンディション管理をし、身体の声を聞けるようにする」


というお話。




コンディション管理=体調管理


です。


テニスの調子が、昨日は良くて今日は昨日のようにできなかった。


そんなことって必ずあります。


そこには、相手や環境の違い。そして、体調の違いがあります。


その体調の違いを感じるために行っていたことは、


「脈拍数や心拍数を測る」


ことです。



脈拍数は、左手の親指の下(左手首)にあるところを指で抑えるとドックンドックンと感じることができます。


ドックンが一回となり、15秒ぐらい測ります。
(心拍数はその4倍と言われています)


毎日測るとわかりますが、その脈拍数、心拍数の違いでその日のコンディションがわかることがあります。


数値的に高ければ風や体調不良を起こす可能性もありその日のコンディション管理の一環として行えると良いです。


理性を持ち今日は気合い入れていくぜ!


というのも大事ですが、身体の声を聞き冷静にその日の体調を確認するのも大事です。


どこかが痛みがあると感じたら早めの対処です。


試合中、フルに集中するためにも日頃から体調を整えていきましょう(^^)


では♪

■才能がなくても人でも勝てるシングルス
■テニスビズ
■アップルテニスクラブ


AD