試合中にミスを減らしていく方法

テーマ:
おはようございます!
才能のない人でも勝てるシングルス代表、花木です(^^)


今日は、


「試合中にミスを減らしていく方法」


というお話。



ミスの原因は、様々ですが今まで自分自身が試合をでてもレッスン中に生徒の皆さんが効果が出たアドバイスを投稿します。


ミスを減らしていく方法は、


「打った後に止まる」


ということです。


打った後=フォロースルーの部分になりますが、打った後に1秒か2秒ほど止まってみて下さい。


打った後に止まることで身体が流れずストロークは最後まで振り抜くことができます。


またボレーであればボールを捕まえて打つことができます。


実際にテイクバック→打点→フォロースルーの順番で流れていきますが、この3つのリズムをスムーズに行うためには身体をおよがせないことです。


特にストロークではあれば、打った後にフラフラしているようであれば、手首は動きやすく面がブレてボールをうまく捉えることができません。


しっかりとしたあたりでボールを打つためにも打つ前から打った後にかけて身体をおよがせないことです。


打ち終わった後に身体を止めることバランスが良くなり次の構えもでき次来るボールに対しても対応することができます。


試合中にミスが減らなくて困ったときは今回の記事を思い出して下さいね(^^)


では♪
■才能がなくても人でも勝てるシングルス
■テニスビズ
■アップルテニスクラブ

AD