こんばんは!才能のない人でも勝てるシングルス代表、花木です(^^)


今日の投稿は、


「厚いあたりのストロークと薄いあたりのストローク、打ち分けられていますか?」


というお話。



厚いあたりというのは、ボールに対してラケットが接している時間が長く、ボールを押しだしたり潰していくような感覚。


薄いあたりというのは、ボールに対してラケットが接している時間が短くボールをこすっているような感覚になります。


実際に試合の中ではこの「厚い」と「薄い」のあたりを使い分けていくことで緩急になります


ストロークは絶対に厚いあたりの方が良いとは限りません。厚いあたりはパワーやスピードあるかわりに深いボールがメインとなり角度をつけるボールは打ちづらくなっていきます。

薄いあたりはパワーやスピードはありませんが、角度をつけやすくコートを広く使うことができます。

厚いあたり、薄いあたり。両方の感覚を使い分けていきプレーの幅を広げていきましょう!

では(^^)

■才能がなくても人でも勝てるシングルス
■テニスビズ
■アップルテニスクラブ


AD