ジャンゴ・ラインハルトの研究その2

Djangology/Django Reinhardt

¥883
Amazon.co.jp


前回に引き続き(前回の記事はこちら)4コーラス目のソロを採譜しました。個人的に3コーラス目のコードソロと4コーラス目のシングルラインがとても気に入っています。

ジャンゴはマイナーコードの時に□m7(♭5)を代理コードとして多用します。この曲で言うとAmとDmです。

Am→F♯m7(♭5)→結果的にAm6になります。
Dm→Bm7(♭5) →結果的にDm6になります。

Amの時にF♯の音が入ると僕はゾクッときます。この音使いはジャンゴの魅力の一つだと僕は思います。みなさんも是非聴いてみて下さい!




AD