40代女性 白髪染めをやめて、かっこいい白髪を目指す!

1971年生まれ、主婦、仕事あり。
10代より若白髪に悩まされ続けた私が、ヘアカラーを止めてグレイヘアに生まれ変わるまでの経過を、写真付きでつづります。


テーマ:

ここまで全10回にわたり、私の白髪遍歴やグレイヘアを目指すに至るまで、そして、グレイヘア計画に賛同してくれる美容師さんに出会うまでをつらつらと書いてきました。

 

このあとはリアルタイムに近い形で、グレイヘアに生まれ変わる過程における心の葛藤や、周囲の視線や言葉、自分自身の心境の変化などをつづっていきたいと思います。

 

そのひとつひとつが、私と同じように、40代でもグレイヘアで素敵に生きていきたいと思う人の参考になれば幸いです。

 

とはいえ、あえて白髪を生かしていきたいと思っても、大きな障壁がある人もいらっしゃるということは重々承知しています。

 

たとえば、まだ小さなお子さんがいらっしゃるお母さん。

 

白髪=お爺ちゃんやお婆ちゃんという印象がある子供さんから、「白い頭はイヤ!」と言われることもあるかもしれません。

 

また、接客業で、黒髪でいることを強いられている人。

 

さまざまな理由から、髪は黒や濃い茶であるべき――白やグレー、はたまた金髪などはありえないという環境があるということも分かっています。

 

だから会社員の方の場合、定年までは我慢して染め続け、定年後にサッパリとグレイヘアに変身される方が多いんですよね。

 

そんなわけで、「40代で白髪頭だなんて……」と不快に思う方もいらっしゃることでしょう。

 

実際に私も、直接そういったご意見をいただいたこともあります。

 

でも、私は思うんです。

 

加齢による変化を受け入れて楽しんでしまう人間がもっと増えてもいいんじゃないかなって。

 

美魔女とかアンチエイジングとは方向性が異なるけれど、受け入れてしまうことによって気持ちや生活が前向きになるのなら、それもいいんじゃないかと。

 

私の場合、髪の白さは受け入れる覚悟ですが、姿勢や体型の変化には、徹底的に抗っていきたいと考えています。

 

変化にどう対応するか? それは、100人いたら100通りの考え方があるはずだし、100通りのエイジングの仕方があるはずで、それぞれが個性だと思うんです。

 

おそらく、髪が白くなっていく過程で聞こえてくる外野の声や、自分に対する自信のなさから、心が折れそうになることもあるのではないかと予想しています。

 

それでも、こうやってブログにつづっていくことで気持ちを整理し、自信を取り戻していきたい、そして初心に立ち返り、個性的なエイジングを目指していきたいと考えています。

 

よろしければ、たまには読みに来ていただき、ご愛顧いただけると嬉しいです。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。